RSS | ATOM | SEARCH
サッカー・ワールドカップロシア大会決勝、フランス対クロアチア戦

7月15日(日)

 

朝、9時起床。 エアコン調整が上手くゆき、熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 猛暑に布団干し。 

 

炎熱下、産地直産市場前の湧き水汲みを敢行。 湧き水が冷たくて本当に美味しい。 4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜などを買い川縁を歩く。 酷暑に抗し、若い夫婦のグループがバーベキュー、子供たちは水遊び。 大型鯉も姿は見えるが、動きが緩慢。 初セミの鳴き声。

 

大汗をかいて戻り、酵母パンを焼きバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 昼のニュースで、都心で35度だという。 ビルとアスファルトに囲まれている神保町は、間違いなく40度近い。

 

クーラーが効いた部屋で、分厚い本を読み進め、午睡。 幾分しのぎやすくなった、夕方、バスに乗りホームセンターに、蛍光灯など日用品を買いに行く。 

 

6時半に、 野菜炒めと自家製スパゲッティ―ポモドーロで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 NHK、大河ドラマ、「西郷どん」。 歴史的人物と配役が一致せず、違和感がある。

 

フジ、Mrサンデー。 大雨災害の詳報。 この三連休に、広島や岡山の水害被災地に、ボランティアが大勢参加している。 副業で、日本酒バーの女将をしているという、元ミス日本酒が飲む冷酒を見ていて無性に冷えた吟醸酒を飲みたくなり、コンビニまで走って四合瓶の大吟醸を買う。 エレベータ内の暑さが、半端ない。

 

チェアーマッサージを45分受け、体調を整え満を持して、NHKで、12時開始のサッカーワールドカップ、ロシア大会決勝、フランスvsクロアチア戦。 

 

前半10分、フランス先制点。 その10分後にクロアチアが、見事な乾のような同点ゴールを決める。 前半終了前に、PKでフランスが再びリードで、2対1で前半終了。 前半の試合内容は、クロアチアが圧倒していた。

 

後半フランスが2点取るも、フランスのゴールキーパーが、川島でもしないような凡ミスで、クロアチアが1点返し、4対2。 その後の、クロアチアの怒涛の進撃にフランスのディフェンスが耐え、フランスが史上二度目の優勝に輝いた。 

 

しかし、正直なところゲームはクロアチアが支配していた。 恐るべき人口400万人の小国、クロアチアのサッカーレベルの高さ。 決勝戦にふさわしいいいゲームだった。

 

土砂降りの中の表彰式とハイライトを見て、3時に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 11:07
-, -, - -
酷暑、猛暑、極暑、大暑、炎暑!!

7月14日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 猛暑に布団干し。 無茶苦茶暑い! 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 地下水が冷たくて美味しい。 酵母パンなどを買って川縁を歩くも、大型鯉は高速下の日陰に逃避し川に生物の影なし。 

 

大汗をかいて帰宅。 豚まんとカレーパンを、淹れたてコーヒーで昼食。 分厚い本を読み進めて、午睡30分。 夕方、散歩に出かけるも、サウナ並みのムッとした暑さで、黄昏の情緒なし。経験したことのない異常な暑さ。

 

7時に、隣の精肉店で揚げたてのローストンカツとメンチカツ+コロッケを仕入れ千切りキャベツを添えて、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

地方にいる後輩から、部落解放運動の古い友人が危篤状態とのメール。 新聞各社が予定原稿を作っているという。 歳は私より若かったと思うが、無念があると思う。

 

テレ朝で、プロ野球・オールスター戦。 熊本で行うことに大きな意義を感じる。 TBSでタケシのニュースキャスター。 西日本の水害の詳報。 岡山・倉敷の真備町。 「おめー、てごーせー」に、「お前、早く手伝え」と正確な字幕スーパー。

 

明日の気温が40度を超えるという。 水汲みは決行するつもりだが、ジョギングは状況を見て判断する。 

 

11時から、テレ朝で、サッカーワールドカップ、3位決定戦、ベルギー対イングランド戦。 ベルギーが一枚上手で、イギリスの攻撃は見てて欲求不満が溜まる。 ベルギーとフランスの試合が事実上の決勝戦。 1時半に就寝。

author:小林 健治, category:健康, 10:19
-, -, - -
極暑!

7月13日(金)

 

朝、10時起床。 大酒飲んだ割にはしっかりしている。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

シャワーを浴びて、気温すでに35度の炎天下、来たバスに乗り駅。 区間急行で、12時半に神保町。

 

「半分、青い。」、昼の部。 視聴率は相変わらず高いが、訳が分からん展開。 コンビニで買ったぶっかけ玉子冷やしうどんで、昼食。

 

朝日新聞の記事を手掛かりに、ネット上の差別表現規制についての、短文を書き上げて、ウエブ連載「差別表現」にアップする。 

 

用事で銀行に寄るも、異常な暑さで目まいがして倒れそう。 注意すべき、“13日の金曜日”。  6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。

 

NHKで今人気急上昇の、爛船海舛磴鵑房犬蕕譴“。 1年ほど前からなぜか見ているが、それは土曜日朝の再放送。 ところが、その再放送の方が視聴率が高いという、摩訶不思議な番組。 5歳・チコちゃんの声主は、木村祐一。

 

ブログで批判した成果か、定価も10%安く1割引きの、内容も満足の刺身5点盛りとヒラメの板刺身+餃子を焼いて、柚子入り焼酎のお湯割り二杯と水割り一杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 なぜか、沖縄問題などと関連付けて、今年亡くなった野中広務さんを大きく取り上げる。 NHKの意図は測りかねるが、良い内容。 

 

久しぶりに、LIFEで笑う。 広末涼子の、お笑い演技が光る。 テレ朝報道ステーション。 民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:健康, 12:19
-, -, - -
“「敗退行為」フェアでない”−サッカー・ワールドカップ、日本対ポルトガル戦―

7月12日(木)

 

朝、10時起床。 昨夜は気温が下がるとの予報に、クーラーを切って寝たところ、明け方暑くて目が覚め、冷房をつけ二度寝し、寝過ごす。 

シャワーを浴びて、気温29度の薄曇りの下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時半に神保町。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞朝刊、「記者有論」で、スポーツ部の 忠鉢信一記者が、“サッカーW杯日本代表 「敗退行為」フェアでない”と題した記事を載せている。 

 

決勝トーナメント進出を賭けた日本対ポーランド戦の、無気力試合のことだ。 「勝ち進むための敗退行為」を是認する社会的風潮と、「サッカーを熟知した関係者や識者が、フェアプレーを軽視し、目的を果たせばどんな手段も肯定される、と力説していた」ことに危機感を覚えて記事を書いたという。 

 

「過ちを認めることもフェアプレー。結果がすべてなら、サッカーは文化にならない」と、締めくくっている。 論旨明快で秀逸のサッカー・スポーツ論評。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、サッカーと競馬の話。 WIN5をまたしても最終レースで逃したという。 もう3ヶ月近く4勝1敗が続いているが、メゲている様子はない。

 

入れ替わりに印刷会社の担当者とデザイナーが来て、『最新 差別語 不快語』の増刷について打ち合わせ。 本来なら電話で済む増刷依頼だが、何せ訂正個所が50を超えるものだから、直接雁首揃えて打ち合わせすることになる。 しかし、50箇所の誤字・脱字・訂正は恥ずかしい。 講談社のKさんに感謝¡ 8月中旬に増刷が出来上がる予定。

 

6時前に事務所を退出して、6時半に、調布駅近くの高級焼き鳥料理店、“い志井”で光文社のTさんFさんと暑気払い。 話しは盛り上がったが、ワールドカップ 、日本対ポルトガル戦の西野監督の采配については、意見が対立。 私の批判的意見を、狢琉蕾餬“とTさんは受け入れないが、今日の朝日新聞を読むべきと諭し、話題転換。

 

10時半まで楽しい時を過ごし、バスに乗って帰宅。 テレ朝、報道ステーション。 NHK・BSで「半分、青い。」夜の部。 

 

民放各社、とくにフジTVを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:54
-, -, - -
タイの洞窟から少年ら13人全員救出!

7月11日(水)

 

朝、9時半起床。 サッカーワールドカップは結局見なかったが、寝不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、猛暑の中バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

広島、岡山の大雨水害の最新情報を見る。 岡山の一級河川・旭川にも堤防決壊警報が出たことを知る。 想像を絶する事態。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 サッカー・ワールドカップ、フランス対ベルギー戦が全く載っていない。 

 

小学館の地下にある、都営新宿線の定期券売り場に行き、3ヵ月更新。 結構高い。 行き返り500Mほどだが、サウナ風呂のような暑さに閉口する。 

 

事務所に戻りハッと気づいたが、アレルギー症状がここ10日間以上全く出ていない。 アレルギーとの30年戦争に、完全勝利したことを確信する。 くしゃみも鼻水も咳も、なくはないが普段通りで全く気付かなかった。

 

資料を読んで、早め6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 ヒラメの刺身とピザで梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 

 

BS・朝日で巨人vsヤクルト戦。 余裕の勝利で、オールスター前、四連勝。 NHK、ニュースウォッチ9。 岡山・倉敷・真備町の大雨災害報道。 

 

クローズアップ現代。 タイの洞窟に閉じ込められていたサッカー少年ら13人無事救出の舞台裏。 数年前のチリの鉱山労働者が地下数百メートルに閉じ込められた時もそうだが、なぜ国も民族も違うのに、救出を心から願い、心配し、共感するのか。 ここに人間の類としての普遍性がある。 「朝鮮人殺せ」「部落民は人間ではない」と叫ぶ、ネトウヨのヘイトスピーチの愚かさと、非人間性がダイレクトに理解できる。 人間は社会的諸関係の総体であり、社会的動物。  「他者は手段であり、かつ目的である」(カント)。

 

民放各社の、ニュースを見て、BSプレミアムで、「半分、青い。」夜の部。 展開が早いのでまた置いて行かれそう。

 

フジ、プライムニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:14
-, -, - -