RSS | ATOM | SEARCH
J・ハーバーマス著『デモクラシーか資本主義か 危機のなかのヨーロツパ』(岩波文庫)

1月18日(土)

 

朝、9時起床。 寒い! 窓の外は雪が舞っている。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 湧き水の備蓄もあるので、市場に行くのは中止。 「スカーレット」昼の部。 熱々の卵入りきつねうどんで、昼食。

 

J・ハーバーマス著『デモクラシーか資本主義か 危機のなかのヨーロツパ』(岩波文庫)を読み終える。 文庫にしては1300円(+税)とかなり高い本。 EU・ヨーロッパ共同体の危機的状況を論じ、対案を出しているのだが、今一つ興味がわかない。 

 

ヨーロッパにおける極右の台頭について、 訳者によると、「ヨーロッパ各国における右翼化の原因を、難民その他よりも、ここ数十年続くネオリベラリズムがもたらした社会的荒廃に求めている」ということだが、日本の政治状況に照らせば、旧民主党の不甲斐なさということだろう。 エピローグの「左翼ヨーロッパ主義者たちよ、どこに行った」にすべてが凝縮されている。

 

風呂に浸かって、疲れを癒す。 7時に夕食。 豚肉入り野菜炒めをおかずに、ビビンバ仕様のご飯の大盛り一杯。 アルコールなし。

 

NHKの新番組・土曜ドラマ、阪神大震災と在日を生きる家族の物語。 重厚な演技陣。 明日の中央競馬、WIN5の検討。 ストレッチをして、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:09
-, -, - -
平塚の読者から電話

1月17日(金)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 晴天下、 500m歩いて、以前の停留所からバスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

11時に、パソコンと電話回線の業者が来て色々と打ち合わせ 。 神奈川新聞の広告を見たという年配の男性から、『差別語 不快語』を購入したいとの電話。 神奈川の平塚市界隈では、「穢多」など賤民の蔑称で「かんぼ」という差別語が昔からあることを教えてもらう。 どこで購入できるかと尋ねられたので、伊勢治書店の名を挙げたところ、すでに閉店していると聞き、驚く。 その後平塚の書店から注文ファックスが入る。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 郵便受けから新聞を持ってくるのを忘れていたことに気付く。 なんとなく食後のルーティーンが乱れ、手持無沙汰。 

 

『週刊金曜日』の副編・Iさんが来られ、車庫証明違反で逮捕拘留された反ヘイトカウンターのメンバーの事件について、意見交換。 書店からの注文電話ももそこそこある。 

 

夕方、学生時代の後輩で、不動産の仲介業をしているNが新年の挨拶に顔を見せる。 仕事も順調そうで、なにより。 大阪地裁で、ヘイトスピーチは表現の自由に当たらず、との判決が下る。 当然の判決。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物をせず、気温9度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 サワラの西京焼きと鶏の胸肉入り野菜鍋、そしてラーメンを入れて夕食。 白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」〜ニュースウォッチ9。 伊方原発稼働中止と大阪地裁のヘイトスピーチ判決を報道。 昨日のNHK朝のニュースでは、ネット上のヘイト個人攻撃投稿を徹底批判し、処罰を受けたネトウヨの自宅を突撃取材するという積極性に、NHK社会部の矜持を見る。

 

BSで、「スカーレット」夜の部。 TBSで、遅いニュース23。 田原総一郎さんが出演して、ハチャメチャ漫談風、安倍自民党批判。 ストレッチをして、1時に就寝。

 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:13
-, -, - -
調布で新年会

1月16日(木)

 

朝、8時半起床。 睡眠不足気味。 昨日の夕食で、サバのみりん干しに付けた大根おろしを思いっきり食し、汁まで飲んだのが原因で、夜中3回もトイレに起きる羽目に。 以前にも同じ目に合ったのに忘れていた。 大根おろしには強い利尿作用がある。 

 

豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温6度の晴天下、バスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

昨日の続きで部落問題論文を読む。 軍港で知られている舞鶴に、明治維新以降新たにつくられた、被差別部落成立の歴史と背景を丹念に研究した論文で、なかなか面白い。 近世の賤民身分(穢多・非人など)の居住地域を引き継いだ被差別部落ではなく、近代になって近世の賤民とは無関係に作られた被差別部落の論究はあまりなされていなかった。 

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 届いた『週刊新潮』と『週刊文春』を読む。 相模原障害者殺傷事件について、それなりに誌面化している。 

 

今日は書店からの注文もそこそこありホッとする。 溜まっていた雑誌を読み飛ばして、6時に事務所を退出。 電車に乗り調布駅。 7時から、光文社のTさん、Fさん、元徳間書店で業界の名物おじさん・Mさん達と駅近くの、もつ焼き屋爐せ岼“で、新年会。 楽しい時を過ごし、11時過ぎにお開きにして、タクシーに乗り帰宅。 

 

BSで、「スカーレット」夜の部。 トイレに行くタイミングを計って、1時に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:14
-, -, - -
度し難い差別者・麻生太郎

1月15日(水)

 

朝、8時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 「スカーレット」朝の部を途中から。 何か不穏な空気が流れている。 シャワーを浴びて、小雨降る中バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

銀行に寄って記帳。 来週行う研修のレジュメを点検し、最後に麻生太郎の「単一民族」発言の差別性を追加記入。 確信犯と言うか、どうしょうもない居直り反省発言にあきれる。 故・野中広務さんに対する部落差別発言を一切糾弾しなかったことが、大バカ・麻生をのさばらしている。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 魚をすりつぶして作った本物の竹輪は、本当に美味しい。

 

転寝30分。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省。 Kさん、4億円配当のWIN5を4勝1敗で逃したという。 第1レースで外していたのだが、それでも悔しいという思いが後を引く。 今日発売の競馬月刊誌から貴重なデーターをコピーさせてもらう。

 

相模原の障害者殺傷事件に時間を割きたいとのコメントを付けて、研修の責任者にレジュメを送信。 『被差別部落の真実』の著者・小早川明良さんから送られてきた、部落問題関係の論文を半分読む。 来週上京した折に次作についての打ち合わせ用の資料。

 

昨日とは打って変わって電話注文がない、静かな一日。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコで買い物をせず、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 

 

軽く筋トレをして、夕食。 鯖のミリン干しに大根おろし+昨日の肉じゃがで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。

 

NHKの「ガッテン」で腸内細菌の重要性について学習。 長芋が便秘に効くとのことで、明日のスーパーから長芋類が消えるだろう。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜「クローズアップ現代+」。 かんぽ問題の特集だが、ゲストの郷原信郎さんが、もう一つ歯切れが悪い。 

 

歴史ヒストリーで、前畑頑張れ! 物心ついたころからくり返し聞かされた、1936年、ヒットラー政権下での、ベルリンオリンピック女子200M平泳ぎ決勝の実況中継。 

 

BSで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:41
-, -, - -
e- ラーニング「ドリルメイト」の打ち合わせ

1月14日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 顔を洗って、気温7度の雲一つない晴天下、久しぶりに20分歩いて駅。 うっすら汗をかき、区間快速で、10時に神保町。

 

事務所のドアを開ける前に、電話の着信音が聞こえる。 注文電話だったが、それから立て続けに書店から7件と、1件の直接注文電話の応対に追われ、うれしい悲鳴。 午後も電話とファックスの注文があり、本日合計15件の注文に気分を良くする。

 

度し難い差別者・麻生副総理兼財務大臣がまたやらかした。 日本について「2千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と、国政報告会で発言。 「単一民族」について、二度目の差別発言だが、「ナチスに学べ」と同じ発想。 「一つの民族、一つの総統、一つの国家」(ナチスのスローガン)。 アイヌ協会は徹底的に抗議すべき。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、市場で買った、安いが歯ごたえのある特性の竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

1時に、かって一緒に仕事(『香山リカのメンタルヘルス』と『差別語 不快語』)をしたことのある、Wさんが新潟の銘酒・山田錦の〆張鶴を持つて来られ、これから始めるネット上の「ドリルメイト」についての打ち合わせ。 

 

「ともにまなび シェアするよろこび」をキーワードに、e−ラーニング編集機能を無料開放する爛疋螢襯瓮ぅ“の内容を教えてもらう。 「ことばと品格」的な内容で定期的に投稿することになる。  3時半に打ち合わせを終え、Wさんを見送り、「ドリルメイト」の初回の投稿内容を考える。

 

開かれたネット空間での豆知識的内容の、肩の凝らないテーマを毎週出稿するのだが、例えば狃優と俳優“についてなど、PCの身近な問題を取り上げて面白くかつ簡潔に解説する予定。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温9度、バスに乗り6時半に帰宅。 軽く筋トレをして、刺身4点盛りと生シラス+肉じゃがとで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率は70%でまずまずだったが、プレミアムは明治の1円銀コイン60枚を2500万円と評価するも、30、075、000円と言う中途半端な、おかしな値付けで、ピタリ賞なし。 

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKと同じく、出雲の立てこもり事件を冒頭から長く報道。 包丁を持った男には、警棒と爐気垢泙“があれば充分仕留められるだろうに、なぜか躊躇している。 麻生の差別発言をそれなりに報道。

 

BSで「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、早め12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:40
-, -, - -