RSS | ATOM | SEARCH
年賀状闘争開始!

12月12日(火)

 

朝、8時45分起床。 シャワーを浴びて、気温7度の、雲一つない晴天下、歩いて駅。 区間急行で、11時前に神保町。

 

娘の応援を得て、一日遅れで年賀状闘争開始。 裏面の印刷を始める。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞二紙を読む。 朝日新聞政治面に、民進党・有田芳生参議院議員の離党が大きな見出しで載っている。 有田議員が民進党に提出した、離党届の文面は、誠実さに秘めた強い意志が伺われる。

 

ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 題は、日本維新の会の共同代表・片山虎之助参議院議員の、差別語、「特殊部落」を使用した部落差別発言について。 ラフ原稿を書き上げて、半年ぶりに、神保町の中国整体「萬寿堂」。 

 

腰、背中、肩を45分間、強め整体、そして、足の裏とふくらはぎのマッサー30分、あまりの痛さに涙する。 終わってから事務所に帰る足取りが軽いし、背筋も伸び、気分爽快!

 

引き続き、裏面の印刷を5時半まで行い、宛名の表印刷の段取りをして、本日打ち止め。 6時半に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

2割引きだが、なかなか旨い刺身の5点盛り合わせと豚肉入り自家製焼きそばで、梅干し入り焼酎二杯の、夕食。 デザートに、洋ナシ。 

 

NHKで、第十七回大阪メロディー。 年末は大阪に限る。 トリは、上沼美恵子の狢膾絅薀屮愁妊―“。 貫録勝ち!

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率、80%でまずまずだったが、招き猫ゲット対象のお宝判断で、真贋を見抜くものの値付けが一致せず不的中。 子供心に思い出のあるオモチャ、鉄人28号を本物と見抜き、30万の値を付けるも、なんと400万円の高評価で、驚く。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 さまよう民進党、明日解党かどうかの結論が出るという。 再び有田参議院議員の離党の映像と音声が流れる。 

 

BSで、「わろてんか」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:55
-, -, - -
原寿雄著、『デスク日記』(弓立社)

12月11日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温7度の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

事務所に着いたとたん、弓立社の『デスク日記』の書店からの客注電話が、立て続けに鳴る。 その後も断続的に注文があり、原寿雄さんを慕う人の多さを知る。

 

日本維新の会、片山虎之助の「特殊部落」発言のニュース記事を、フェイスブックなどで検索し、事実関係の調査。 この差別発言事件については、今週のウェブ連載「差別表現」で取り上げるつもり。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

1時過ぎに、スポーツ報知のYさんが、年末の挨拶を兼ねて事務所に来られる。 待望の、競馬のカレンダーと巨人軍のカレンダーを頂き、業界話。

 

右上腕部が異常に凝っているので、中国整体に行こうと思っていたところに、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 奇しくも昨日のWIN5は、二人とも同じ第二レースで外し、4勝1敗だったことを知る。 発売されたばかりの、貴重な競馬に関する単行本を譲り受ける。

 

話し終わって4時になり、すでに窓外も薄暗く、今日の整体を諦める。 溜まっていた雑誌と切り抜きを読んで、6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 

 

30%引きの刺身の盛り合わせと昨夜の鍋に牡蠣を入れ、野菜を追加し、二度煮した寄せ鍋で、梅干し焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

「 鶴瓶の家族に乾杯」。 20周年記念特番で、スタジオゲストに、ミューズ・美輪明宏さん。 本当に、鶴瓶の個性が全面展開した、歴史に残る長寿番組。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーションではなく、日テレで、女芸人NO1決定戦を見ながら、『ビックコミック』を読む。 黒鉄ヒロシの「赤兵衛」のギャグは相変わらず面白い。 先日の文藝春秋の忘年会で見かけたとき、杖をついていたので心配していたが、漫画は健在。

 

日テレ、ZERO、TBS、ニュース23を、交互に見る。 ニュース23が番組後半で、有田芳生参議院議員の民進党離党を伝えていた。  

 

スポーツニュースを見て、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:07
-, -, - -
有田芳生参議院議員が民進党離党

12月10日(日)

 

朝、8時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 トランプの無謀なイスラエルの大使館首都、エルサレム移転問題。 世界中で抗議行動が起こり、パレスチナではすでに死者が出ている。

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で、一週間分の新鮮野菜を大量購入して、川縁を散歩。 昨日の、お年寄りが、橋の上で鳩にエサを与えていた。 マガモは十数羽群れて、賑やかに遊泳。

 

隣の精肉店で、出来たての焼き豚を仕入れ、極太メンマと一緒に、自家製もやしラーメンで、昼食。 

 

中央競馬。 今日は阪神競馬場で、2歳牝馬のG機Ε献絅戰淵ぅ襭咫 分かり易く言えば、AKBの総選挙の代わりに、1600M競争で順位を決めるようなもの。

 

完全予想で、三連複を的中させるも、如何せん配当額が低い。 取りあえず、G汽譟璽垢了看垉録に終止符を打つ。 WIN5は、4勝1敗。しかし、最終レースで涙をのんだ先週と違い、第二レースを外したので、精神的打撃は軽微。 マイナス収支で、終了。

 

やる気はなかったが、馬友たちにせっつかれて、香港・シャンティ競馬場でのG機4レースに気持ちだけ参加。 地元の馬の逃げ切りばかりで、見応えがない。 トップジョッキーを背に、日本から参戦した馬は、見せ場なしで敗退。

 

風呂を沸かし、ゆっくりと湯船に浸かって、明日の英気を養う。 焼き豚と卵焼き+白菜と豚肉の鍋で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHKで、ラスト前の「おんな城主 直虎」。 猖槐住の変“は、サブストーリーで、柳樂友哉と、先週の金曜日の「あさイチ」に出演していた、柴咲コウとの再会物語。 柴咲コウは、この大河ドラマを飛躍台に、才色兼備の大俳優になること間違いない。

 

有田芳生 参議院議員が、属している民進党を離党し、立憲民主党に合流することを、日テレが伝えている。 いろいろなしらがみにとらわれている議員が多い中、連合などの労働組合の支持と支援を一切受けず、広範な市民運動の力を受けて当選した、数少ない国会議員。 出来たばかりの、立憲民主党という、新たな政党で、自己の政治的理念の実現を目指すという政治選択を全面的に支持したい。

 

NHK、サンデースポーツ。 昨夜のスポーツニュースでも見たが、米ユタ州のソルトレークシティーで開かれている、世界スピードスケート選手権・女子アイススケートは、韓国の平昌・冬季オリンピックに向けて期待できる。

 

フジTVの、Mrサンディーを途中から見て、チェアーマッサージを受け、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:00
-, -, - -
日本維新の会共同代表・片山虎之助の差別発言+山折哲雄著『親鸞をよむ』(岩波新書)

12月9日(土)

 

朝、9時起床。 寒いが雲一つない冬晴れに、布団干し。 産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 

 

市場で買い物。 目当ての薩摩揚の大盛り袋は入荷なく、人参ジュースと酵母パンなどを買って、川縁を散歩。 先週と同じお年寄りが、橋の上からマガモと大型鯉に餌を与えていた。 

 

豚まんを蒸し、酵母パンを焼いて、淹れたてコーヒーで、昼食。 「わろてんか」昼の部。

 

山折哲雄著、『親鸞をよむ』(岩波新書)を読み終える。 冒頭から、親鸞を「頭」で読んではダメで、「からだ」で読むべしという。 この本には、「親鸞をからだの血流を通してよむ」ことで体得した、親鸞像が描かれている。 

 

親鸞という名は、親鸞が信仰を深めていく過程で、学んだ七人の僧の名から取られている。 「インドの龍樹(りゅうじゅ)・天親(てんじん)、中国の曇鸞(どんらん)・道綽(どうしゃく)・善導(ぜんどう)、そして日本の源信・源空(法然)」。 

 

この七人の内、天親から「親」を、「曇鸞」から「鸞」を取って合成されたもの。 つまり「浄土真宗」の思想の主軸、インドと中国の高僧から、名を取ったということ。 親鸞の前は、同じく高僧から一字を取り、「綽空」〜「善信」と名乗っていた。 

 

越後に流された親鸞の項で、佐渡に流された日蓮に触れている。 日蓮は、自己の出自を「日本国・安房国、海辺の栴陀羅が子なり」と名乗っている。 

 

有名な『歎異抄』の、「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をやと」の「悪人正機論」と、同じく親鸞の『教行信証』の「悪人往生」との「音色」の違いについての考察は、圧巻。 最終章の親鸞の妻「恵信尼にきく」は、親鸞と恵信尼の心のひびきあいを幻想的に描いていて、思わず引き込まれる。

 

夕方、明日の中央競馬G機Ε献絅戰淵ぅ襭咾慮‘い鬚靴討い燭蕁大阪の畏友から電話。 日本維新の会、共同代表・片山虎之助が、8日党の会合で「国会はそういうところなんですね。特殊部落ですから」と、超古典的差別発言したという。 

 

怒りよりも嗤いたくなる。 岡山県人の恥を晒しただけでは済まされない。 徹底的に糾弾すべき。 この差別表現事件を糾弾しないのであれば、部落解放同盟中央本部は解散すべし。 今後、メディア関係の差別表現事件を含め、一切の抗議主体たりえない。

 

隣の精肉店で、ローストンカツ、メンチとコロッケの揚げたてを皿に受け、千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

TBSで、ニュースキャスター。 日馬富士の暴行問題については、相変わらずの内容だが、今週発売の『週刊文春』で、能町みね子さんが、貴乃花親方の洗脳された本質を衝いたコラムを書いている。 必見!

 

遅いスポーツニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:05
-, -, - -
突発的に、神保町で知人と夕食

12月8日(金)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温5度、鈍い太陽光が不気味な、鉛色の曇天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半前に神保町。

 

銀行に寄り、年末に向けて、資金繰りの段取り。 混んでいて30分待たされる。 朝から、弓立社の『デスク日記』の客注文が間断なく入る。 多分、原寿雄さんの訃報が新聞各紙に大きく取り上げられ、そこに『デスク日記』が主な著作として記され、なおかつツイッター上でも、著名なジャーナリストからの悼む声が多く寄せられているからだろうと思う。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。  新聞二紙を読む。 

 

元毎日新聞の社長で、プロ野球パ・リーグの会長も務めていた、小池唯夫さんが亡くなったことを知る。 30年ほど前、小池さんが編集局次長の時に、いろいろとお世話になり、ウィスキーを飲みながら、人生について教授された。 最近は年賀状の交換だけだったが、過日の白根邦男さんといい、毎日新聞でお世話になった方が逝かれるのは、一抹の寂しさを覚える。

 

4時過ぎに、某テレビ局の方々が暮れの挨拶に来られる。 お茶一杯のおもてなしだったが、会話が盛り上がり、2時間近く歓談。 待望の手帳をはじめ、人気のアニメカレンダーなど、関連グッズを頂き、感謝! 

 

一息入れて、事務所を退出しようとしたところへ、知人から近所で飲み始めたから来ないかとの誘い。 二つ返事で駆けつけ、美味しい料理とお酒をごちそうになる。 2時間ほど飲んで、8時に地下鉄に乗り、鈍行に近い快速電車で、駅。 氷雨振る中、バスに乗り9時に帰宅。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 トランプの、エルサレム首都宣言で、混乱する中東情勢。 テレ朝、報道ステーション。 ゲストのアフロヘア―ーの元朝日新聞の女性記者。 今一つピントが合っていないコメント。

 

遅い民放各社のニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 12:08
-, -, - -