RSS | ATOM | SEARCH
悔いの残る、第85回日本ダービー

5月27日(日)

 

朝、7時半起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 TBS、サンデーモーニング。 米朝会談の行方などだが、今一つ盛り上がらない。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル1本。 市場で、新鮮野菜などを買い込む。 昨日のレジの女性に、豚まんのお礼を言う。

 

川では、浅瀬にも大型鯉が30匹近く集合して、迫力がある。 3組が川縁でバーベキュー。 冷やし中華のタレと具で、きしめんを頂き、昼食。 

 

満を持して、中央競馬・第85回ダービー。  府中の杜に12万人が観戦に訪れているという。 ダービー本命馬を決めかねていたが、最後はパドックを見て、4枠8番・ブラストワンピースに確信を持ち、馬連10点流しで勝負する決断を下す。 

 

しかし、不利なく順調にレースを薦め、勝利を確信していた最後の直線、なんと内に閉じ込められ、外に出したときには、時すでに遅く歯軋りし、5着に敗れる。 池添騎手の致命的な騎乗ミスで、栄冠を逃す。 

 

後で、申し訳なかったとの談話があったが、謝れば済むというレベルの話ではない。 馬主と調教師は、もう二度と乗せないだろう。  ダービなどG機Εラッシックは騎手の本当の力量が問われる。 

 

それにしても、皐月賞で一番人気に押され、ダービーで雪辱を果たした、ワグネリアン騎乗の福永騎手が、ダービー初勝利だったことに驚いた。 WIN5は4レース目で、首差届かず4勝1敗で、超惜敗! 踏んだり蹴ったりのダービー祭典日だった。 

 

夕方風呂にゆっくり浸かって、厄払いをし気分を一新。 胡瓜の胡麻和えと隣の精肉店で仕入れた和牛で、すき焼き。 柚子入り焼酎二杯で、夕食。

 

NHKの大河ドラマ、「西郷どん」。 ミムラの好演技もあり、内容は面白かったが、今回西郷はほとんど登場せず。 

 

サンデースポーツを見て、フジ、Mr、サンデー。 日大アメフト事件を通して、日本のアマチュアスポーツ界の問題点を衝く、東大アメフトの監督も登場し、なかなかの内容だった。

 

チェアーマッサージを受けて、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 09:44
-, -, - -
ダービー前夜、代々幡斎場

5月26日(土)

 

朝、8時半起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 曇天に布団干せず。 眠りの深さに影響する。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンと豚まんを買おおと思うも、見当たらない。 薩摩揚の袋詰めと別のパンを買ってレジ。 

 

今日は酵母パンの入荷がないのですか、と聞くと、レジを離れ帰ってきて、売り切れているとのこと。 親切にも、レジの女性が個人的に購入していた、豚まん一個を分けてもらう。 その優しい配慮に感謝!

 

川は大型鯉が集団でジャンプし、賑やか。 分けてもらった豚まんを蒸し、パンを焼きバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 

 

中央競馬で、明日のダービーの予行演習。 浮き沈みの激しい戦績だったが、明日に繋がる確信を持つ。 

 

6時前に、京王新線・幡ヶ谷駅近くの、代々幡斎場で行われた、故・恵谷治さんの通夜に行く。 小学館の関係者が受付などを手伝っていて、記帳。 

 

予想をはるかに超える会葬者らしく、恵谷さんの人柄が偲ばれる。 俳優の西島秀俊さんをまじかに見る。 親しい人に挨拶をし、直会を遠慮して、8時に帰宅。 

 

牴饒鮓耄“の中に、「浄土真宗では、葬儀の時、清めるために塩を用いる事をいたしません。」と書かれたハガキが入っていた。 死をケガレとは考えないと、仏教の立場を明らかにしている。

 

NHK・BSで、「世界最高のマジック殿堂」を3時間、11時まで見る。 面白いが寝れなくなりそう。 ポテトサラダとワカメ+肉入り野菜炒めで、柚子入り焼酎の水割り二杯で夕食。

 

BS、グリーンチャンネルで、明日のダービー大型特集の再放送。 深夜2時まで見て、就寝。 

 

今のところ、ダービーは、一番人気の1枠1番・ダノンプレミアムと皐月賞馬・6枠12番のエポカドーロの二頭軸で勝負する予定。

author:小林 健治, category:友人・知人, 08:55
-, -, - -
学生時代の後輩と語らう

5月25日(金)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。

 

新聞三紙を読む。 サンスポは、枠順が決まったダービー特集紙面を、思いっきり展開。 スポーツ報知は、日大アメフト問題。 朝日新聞は、米朝首脳会談中止に多くの紙面を割いている。 

 

早めに、自家製さつま揚げ入り野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 

 

1時過ぎに、学生時代の後輩(と言っても還暦を迎えたという)が訪ね来て、談笑。 いろいろ近況を聞き、学生時代の“運動”仲間のOB会をやらないかという話に。 神保町の“ランチョン”で一杯飲んで帰るという後輩を、3時前に見送って、朝日新聞をもう一度読む。

 

ツイッターとフェイスブックに目を通し、必要な情報をプリントアウト。 明後日27日(日)に、府中の杜で行われる、ダービー関連記事をネットで読んで、7時に事務所を退出。

 

成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 BS・NHKで、巨人vs阪神戦。 巨人は、エース菅野を支えられない貧打で、0対1で負ける。 

 

3割引きの刺身5点盛りで、柚子入り焼酎の水割り二杯。 自家製千房風お好み焼きで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 淡々とニュースを流していたが、長野で、最大震度5強の地震。 長野市内は震度2にもかかわらず、延々20分も地震情報。 要するに今夜8時に大阪拘置所から釈放された、「森友学園」の籠池夫妻、さらに過労死推進法案(高プロ)の強行採決などのニュースを圧縮し、カットするための策略で、異常としか言いようがない。 

 

テレ朝、報道ステーション。 籠池夫妻の釈放記者会見。 拘置所に300日入っていたにもかかわらず、籠池前理事長は意気軒昂。 籠池節を抑え、気合に満ちた記者会見。 

 

テレ朝は、地震報道を放送しなかったが、TBS、ニュース23、は冒頭で3分ほど触れる。

 

グリーチャンネルでダービーの特番を見て、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:03
-, -, - -
大相撲、結びの大一番

5月24日(木)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、重い荷物もあり、バスで駅。 区間急行で10時半過ぎに、神保町。

 

『最新 差別語・不快語』の増刷に向けての、誤字脱字探し読み。 「半分、青い。」、昼の部を見ながら、自家製さつま揚げ入り野菜サラダで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は、森友学園疑惑に絡む、財務省の破棄されたはずの文書問題。 安倍首相夫人・昭惠氏の関与が明確に示されている。 

 

サンスポは、1面からダービー特集。 一方スポーツ報知は、日大アメフト問題での監督とコーチの記者会見を、ほぼ全面批判した記事を1面〜3面にわたって大々的に取り上げている。(しかも、カラーで視覚に訴える構成) 「世間が納得するとは思えない」(1面)、そして3面は映画の一シーンのようにアレンジした会見場の風景を背景に、「日大無期出場停止ゕ」との大見出しで、「日大」のところはスクールカラーのピンクという念の入れよう。

 

誤字脱字の構成読みを4時前まで行って、3か月ぶりに神保町の中国整体“萬寿堂”。(2時半に電話を入れたが1時間10分後と言われる) 足の裏マッサージと足・腰・背中・首の整体を、計75分受ける。 ふくらはぎの指圧の痛さに涙する。 それにしてもよく流行っている。 微妙にツボが外れていたのはご愛敬。

 

5時半前に戻り、大相撲今日の大一番、というより今場所最高の取り組み、白鵬対栃ノ心戦。 ガブリ四つの力相撲で、見応えがあった。 まさに大相撲! 勢いのある栃ノ心がが勝ったが、対白鵬戦初勝利とは思えない強さ。 大関どころか横綱も見えてきた。 モンゴル出身力士対ジョージア出身力士の結びの一番、大相撲人気は外国勢が支えている。

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 2割引きの蛍烏賊と生ワカメ+ハンバーガーにキャベツを添えて、柚子入り焼酎の水割り一杯で、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 なぜか冒頭から昨日の日大アメフト監督・コーチの記者会見での主張を、一昨日の宮川選手の勇気ある会見内容を無視し、て好意的に報道。 日大アメフトOBで積極的に発言していた、共同通信の宍戸もトーンダウン。 やっぱりNHKは変わっていなかった。

 

怒っていたら、画面に崔江似子さんが映り(隣には師岡弁護士)、ネット上での脅迫に対して、ネトウヨが書類送検された事件を報道。 よく取り上げたたと気分が良くなる。

 

テレ朝、報道ステーション。 日大アメフト問題をまともに報道。 終了間際、米朝首脳会談を、トランプが延期したとの特報が入る。 

 

民放各社のニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:41
-, -, - -
『月刊日本』を叱咤激励する会

5月23日(水)

 

朝、9時半起床。 どうも身体が重く起きられない。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、歩いてと思うも、雨粒が落ちてきたのでバスを待ち、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時半過ぎに神保町。

 

新聞三紙を読む。 昨夜のNHKニュースウォッチ9が、加計学園疑惑に関連して、安倍首相の関わりを追及したことを知る。 フェイスブックで映像を少し見たが、今までの安倍忖度報道姿勢とはだいぶ違う。 ついにNHKも安倍政権を見限ったということか。

 

「半分、青い。」、昼の部。 自家製さつま揚げ入り野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 今日の夜に集いがある、『月刊日本』6月号を読む。 玉石混交だが、面白い小論も多い。

 

その“『月刊日本』を叱咤激励する会”が、6時からグランドアーク半蔵門ホテルで開かれるので参加する。 現役の政治家の中では、意外に自民党の石破茂議員の挨拶が良かった。 二階幹事長は何を言っているの分からん。 

 

親しい仲間や友人たちと旧交を温め、南丘喜八郎・主幹の気合の入った締めの言葉を聞いて、8時に会場を辞す。 半蔵門〜九段下経由で、駅。 雨中、バスに乗って9時半に帰宅。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から延々30分、日大アメフトの監督とコーチの記者会見。 辟易する。

 

民放各社のニュース。 日大アメフト、森友学園、加計学園疑惑。 「仮定の質問には答えられない」を繰り返す、安倍総理の傲岸不遜な答弁を崩せない野党にも苛立ってくる。 

 

チェアーマッサージを受けて、怒りを鎮め、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:11
-, -, - -