RSS | ATOM | SEARCH
10連休4日前 新刊配本部数決まる

4月23日(火)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 身体を濡れタオルで拭いて、気温22度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、新刊編集にかかった費用と印刷費など、月末支払いの準備作業。 その新刊・『客室乗務員に一ヵ月で合格する本 2020年〜2021年版』の取り次ぎ(トーハン、日販、大阪屋・栗田)配本部数が決定。 25日搬入で、大型連休前に書店及び大学生協に新刊が並ぶ。 ちなみに例年大学生協の売り上げトップは、箱根駅伝の青山学院大学。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 朝のくしゃみと共に、不整脈が止まらない。 心房細動勃発かと思う。 

 

明後日に行う新刊本大量発送の下準備で、大汗をかき冷房を付ける。ヤフーの気温表示は25度。 3時半にやっと、原稿の校正読みに取り掛かるも疲れて進まない。 そこに近所の新刊の編集者Kさんが見えられる。 病気と競馬の話などで、くつろぐ。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物せず、気温20度、バスに乗り、6時過ぎに帰宅。 チェアーマッサージで身体を解し、髭を剃りヘアーカットしてシャワーを浴び、サッパリして夕食。 

 

ほうれん草の胡麻和えと鯖の味噌煮+豚ロースの塊を切って焼き、千切りキャベツを添えて、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯。 美味! 

 

フジTVで、巨人vsヤクルト戦。 巨人の圧勝で、一日の精神的疲れを取る。 テレ東で「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率75%でまずまずだったが、プレミアム鑑定は本物と見分けたものの指値が低くハズレ。(神武天皇の彫刻は、100万と評価したが、なんと1500万円!) 

 

テレ朝、報道ステーション。 スリランカのイスラムテロ。 ニュージーランドのクライストチャーチの、白豪主義者=白人至上主義者によるイスラム・モスクテロの、報復だという、憎悪の連鎖。 

 

旧優生保護法による不妊手術に対する救済法案成立。 法案にも問題はあるが、小児まひで強制不妊手術された男性が、「精神分裂病でもないのに強制された」との談話は、精神分裂病に「統合失調症」と注釈をつけても問題があり、カットすべきコメント。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:53
-, -, - -
NHK 千鳥・ノブのファミリーヒストリー

4月22日(月)

 

朝8時半、暑くて目が覚める。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温20度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 ドアtoドアで40分。

 

週明けの事務作業をこなして、ツイッターとFBを見る。 ヘイト排外主義団体・日本第一党の立候補者は全員が落選したものの、渋谷区などで札幌からやってきた元ヘイト議員が当選するなど気分の悪い事象もある。 新聞で、昨日投票した38歳の新人女性市議候補が高位当選したことを知る。 

 

今日の朝日新聞朝刊“ひと”欄に、我が恩師・西田勝先生が登場している。 50年かけて、『田岡嶺雲全集』全9巻が完結したという記事。 46年前、教えを乞うていた時には1巻が出ていたと記憶するが、本当にすごい知的エネルギーだと頭が下がる。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 あまりの暑さに冷房をかける。 

 

『反ファッショ愛国宣言 反差別カウンターの思想と行動』(仮題)の校正原稿読みに集中。 5時まで行い、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井とパルコフードマーケットで買い物をして、気温22度、小型バスに乗り6時半に帰宅。 

 

筋トレワンセット。 プリプリのホタルイカと2割引きの刺身で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 豚肉入り自家製焼うどんで、夕食を締める。

 

NHKで、ファミリーヒストリー。 ゲストは、岡山出身のお笑いコンビ・千鳥のノブ。 本名は早川信行。 なんと、うちのお母んの里と一緒の、井原市出身(両親とも)だという。 高校も笠岡商業だと知り俄然親近感が湧く。 ノブの両親のディープな岡山弁が聞けて、本当に面白かった。 次は瀬戸内海の島育ち・大悟のファミリーヒストリーに期待したい。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 スリランカの連続爆破テロ。 IS(「イスラム国」)に影響を受けた蛮行。 この宗教テロの内在論理を知るには、オウム真理教の犯罪行動の分析は重要な手掛かりになると思うが、昨年の異常かつ突然の死刑執行でその機会は失われた。

 

NHK・BSで「なつぞら」、夜の部。 広瀬すずの演技に諭されて、半世紀前岡山で近くの農業高校の生徒をいじめたことを心の底から反省。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 09:25
-, -, - -
統一地方選後半

4月21日(日)

 

朝、8時起床。 晴天に布団干し。 TBSで、サンデーモーニング。 産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜など。 野川の河川敷で学生と思しき男女30人数人がバーベキュー。 外国人も多く、ICUの学生たちかとも思うが、アルコールなしはエライ。

 

酵母パンにオレンジの皮砂糖煮+目玉焼きを、淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

一息入れて、中央競馬。 時間をかけて検討したWIN5は、初戦で敗退。 単勝万馬券のブービー人気馬が逃げ切るとは予想できない。 WIN5の投資分だけマイナスで終了。

 

夕方、川縁を歩いて市議選と市長選の投票に行く。 投票所の小学校には人が多いものの、ほとんどが高齢者。 黄昏の野川はなかなか風情がある。 

 

風呂に入りサッパリして、夕食。 鶏肉のから揚げと春菊の胡麻和えで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯。 ピーマン入り焼き飯で、夕食を締める。 

 

8時に、沖縄3区の衆議院補選で、野党統一候補の屋良朝博氏当確の速報。 ホッとする、大阪13区の補選は残念だが、自民党が勝ったわけではない。

 

サンマがMCのお笑い番組で、精神のリフレッシュ。 フジTVで、Mr・サンデー。 統一地方選の速報のため、「運命の女 オクニョ」最終回がない。 市長選で投票した新人候補が接戦で現職に勝利した結果を、NHKが長く報じていた。 現職より少しマシというだけ。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:政治, 08:53
-, -, - -
安田浩一著、『団地と移民』(角川書店)

4月20日(土)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンなどを買い、側の精肉店で鶏肉と豚ロースの塊2Kg。 野川の葉桜の下で男3人がバーベキュー。 絵にならないが、八重桜が見事。

 

カレーパンと豚まんを淹れたてコーヒーで、昼食。 「なつぞら」、昼の部。 広瀬すずは演技力も高い。

 

選挙の連呼がうるさい中、安田浩一著、『団地と移民』を読み終える。 ヘイトスピーチを行う、ネトウヨの内在論理と心象風景を描いた、『ネットと愛国』(講談社)から注目している気鋭のノンフィクション作家。 最近では、ヘイトデモのカウンター行動の時に良く会う。

 

本書は、日本に公営団地が建設される歴史的な背景から書き起こし、近年外国人労働者が多く住むことで、何かと話題になっている老朽化した団地群を精力的に取材し、抱えている問題とそこに含まれている希望と展望を明らかにする取材意図と問題意識を持って書かれている。 予想される現実先取りしているかに見える、フランスパリ郊外の団地の取材もなかなか読ませる。

 

団地住人の50%が老人で残りの50%が比較的若い外国人労働者(出稼ぎ)という国内の団地も珍しくない。 団地内では文化的かつ世代間ギャップもあり住民同士の交流はほとんどない、というより日本人居住者からは外国人労働者に対する差別意識が大きい。

 

その溝を埋める取り組みを進めている団地を紹介しながら、著者は「団地という存在こそが、移民のゲートウェイ」となる可能性に触れ、「そこに、団地の高齢化問題を解決するひとつの解答がある」「摩擦や衝突のその先には、共生に向けた様々な取り組みが見えてくる」という。 

 

今年の4月から改正入管法により「特定技能労働者」の名のもとに5年間で35万人の外国人労働者かやって来る。 現在、日本に住む外国籍住民は250万人近くいて、すでに移民国家なのだ。「団地は多文化共生の最前線」と著者は語る。 

 

今私が暮らしている団地も50%以上が高齢者だが、なぜか外国人労働者は見かけない。(空き部屋がほとんどないこともあるが)しかし、今後外国人住民が増えることは十分予想される。 そんな時この本は多文化共生の指針となる。 最後になるが、文書、つまり筆運びが心地よい。

 

7時に夕食。 市場で買ったおでんと春菊の胡麻和え+鶏胸肉の生姜焼きとタラの芽の天麩羅。 いずれも市場で仕入れた新鮮食品で美味い。 白ワインと梅干し入り鉄瓶焼酎各一杯で締める。

 

明日の中央競馬。 WIN5の検討。 BSで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:44
-, -, - -
アイヌ新法成立

4月19日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温すでに22度、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

昨日は1回しかワセリンを塗らなかったので花粉症が防げなかったと反省し、今日は朝から繰り返し5回以上鼻の中にワセリンを塗った効果か、くしゃみは一回のみで鼻水はない。 やはりワセリンは花粉症予防に効果がある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 JALの飛行機に広瀬すず。  

 

神田三省堂書店本店に寄って、昨夜提示された企画・ダイエット関連本のコーナーを見て回る。 類似本の多さに驚くが、しかし、本の奥付を見るよく売れていることが伺える。 夏の陽射しに汗をかく。 『客室乗務員』本の編著者に、出版する方向で検討するとの返信メールを送る。 ついに冷房を付ける暑さ。

 

アイヌ新法が可決成立したことを、ヤフーニュースで知る。 付帯決議が充実した内容だというが、法的強制力がないことは覚えておくべき。 アイヌ協会の加藤理事長は喜んでいるが、アイヌ差別をよく知る識者の評価を待ちたい。 2020東京五輪を前にした、駆け込み先住民族人権法案であることは疑いないが、やっとここまで来たかという気はしている。

 

原稿の校正読みをして、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温23度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

BS・NHK で巨人vs阪神戦。 巨人の先発は、エース・菅野。 菅野の完封勝利を期待していたが、叶わなかったが、巨人圧勝。 テレ朝、報道ステーション。 池袋の痛ましい自動車事故。 年寄りの運転ではないかと思ったが、その通りで言葉がない。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:27
-, -, - -