RSS | ATOM | SEARCH
宇野弘蔵 著、『資本論の経済学』(岩波新書)

6月23日(土)

 

朝、8時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 「半分、青い。」、朝の部。 ヒロイン・楡野鈴愛を演じる永野芽郁の天然の演技はなかなかのもの。 

 

雨が降る前に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で、酵母パンなどを買い、川縁を散歩。 大型鯉は二手に分かれて、堂々の輸送船。 豚まんとカレーまんを、淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

宇野弘藏著『資本論の経済学』(岩波新書)を読み終える。 1969年に出版された新書だが、『資本論』刊行150年を記念して、新たに20刷りが発行されたのを契機に購入し読んだもの。 

 

宇野経済学については本格的に勉強していないので、入門書的なこの本はわかりやすい。 原理論〜段階論〜現状分析と展開する宇野経済学のアウトラインをこの一冊が教えてくれる。 今の「裁量労働制」や「高プロフェッショナル制度」なる、労働搾取強化の根本が理解できる。 

 

圧巻は恐慌論。 「資本主義社会の確立の基礎が、資本の生産物ではない労働力の商品化にあるということは、恐慌現象をも資本自身の展開する矛盾として、資本はこれを不況期の生産方法の改善による相対的過剰人口の形成によって現実的に解決しつつ発展する過程を明らかにし、これによってはじめてその必然性が論証できるといってよい」。 恐慌は過剰生産によっておこるのではない。

 

「差別」をも商品化する資本主義の非人間的本質が明らかにされる。 違法な身元調査の市場規模は3000億円に上ることを、7月末刊行予定の『被差別部落の真実』(仮題)が暴露している。

 

7時に、隣の精肉店で揚げたてのローストンカツ、メンチカツ、コロッケを仕入れ、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHKで、日本陸上選手権をLIVEで見る。 女子100M決勝。 福島千里敗れるも、ファイナリストには、優勝した世古和をはじめファッションモデル並みの選手が揃い、なかなか絵になっている。 女子フィールド競技も、同様に美しいアスリートが多い。

 

TBS、タケシのニュースキャスター〜BSで、「半分、青い。」夜の部〜サッカー、韓国対メキシコ戦。 なかなか面白い試合。 PKでメキシコが1点先取した前半戦を見て、明日に備え、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:54
-, -, - -
歯の治療、無事終了

6月22日(金)

 

朝、9時半起床。 昨夜12時に床に就くも眠られず、朝寝。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、なんと気温29度の蒸し暑い晴天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時半に神保町。

 

12時に歯医者。 前歯の一部を修復をしてもらい、一応2か月に渡った歯の治療を全て終える。 歯石を除去し歯を磨いてもらい、完了。 何か肩の荷が下りた感じがする。 歯科衛生士さんはみんな、若く、優しく、美しいが、とにかく歯医者は憂鬱! 

 

12時45分ぎりぎりに事務所に戻り、「半分、青い。」昼の部。 多分今日で見納めになる、同僚ユーコ役の清野菜名。 昨日今日と、見事な演技に感心する。 大ブレイクすること間違いない。 

 

新聞三紙を読む。 スポーツ二紙は、サッカーワールドカップに紙面を大きく割いている。 明日は沖縄慰霊の日で、今日22日は、沖縄戦の司令官・牛島満中将が自決した日。 朝日新聞は、慰霊の日にちなんだ特集を組んでいる。

 

メールで日程調整などをして、6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。  2割引きの、高級刺身の盛り合わせと、沖縄慰霊の日に合わせ、ゴーヤチャンプルで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

BS・日テレで、リーガルの巨人vsヤクルト戦。 6対2、菅野の8勝を確信しチャンネルを替えようと思った8回表に、ヤクルト・畠山にスリーランを打たれ1点差。 しかし、その裏に坂本が値千金のツーランホームラン。 9回表ダブルプレーで終了。 プロ野球もいい試合をやっている。

 

そういえば、『少年チャンピオン』(秋田書店の編集者、故・壁村さんの配慮で献本していただいている)の野球漫画爛疋ベン“が46年の連載に幕を下ろすという。 今週号に告知があったが、最終回は山田の歴史的ホームランで締めくくるのではないかと思う。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 明日の沖縄慰霊の日を少しだけ報道。 テレ朝は、報道ステーションではなく、サッカーワールドカップ、ブラジル対コスタリカ。 見応えのあるというか、レベルの違うプレーに引き込まれる。 ブラジルが勝ったが、ネイマールはゴールを決めたものの、イマイチ。

 

民放各社の、沖縄慰霊の日特集の報道を見て、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:健康, 09:42
-, -, - -
相模原障害者殺傷事件の容疑者・植松聖の手記出版について

6月22日(木)

 

朝、9時半起床。 咳はないが熟睡できず。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、今にも雨が降りそうな、気温22度の曇天下、歩いて駅。 準特急〜区間快速で、11時半に神保町。 

 

新聞三紙を読む。 スポーツ新聞二紙は、サッカーワールドカップ特集。 24日(日)12時試合開始の、対セネガル戦は試合終了が、深夜2時頃になるが、25日の朝11時から胃カメラの検査があり、遅刻は許されない。

 

朝日新聞の社説が、大阪北部地震に際しての、「ヘイトデマ」についてきちっとした主張を展開している。 熊本地震の時もそうだったが、特に在日コリアンに対するヘイトデマがかなりツイッターで拡散されている。 

 

「ヘイトスピーチ対策法」に、罰則規定がないことが歯止めが効かない原因の一つと指摘。  95年前、1923年9月に起こった、関東大震災時の朝鮮人、中国人、(福田村事件に見られるように、日本人も)虐殺された史実を忘れるなと説く。 

 

「過去に学び、『ヘイトスピーチは許さない』という認識を共有する。問われているのは、社会をともに生きる一人ひとりの意識と行動である」と結語にある。

 

トランプが、国連人権理事会からアメリカが脱退することを表明。 「自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった普遍的価値観」で、アメリカ・トランプ大統領と100%一致していることを自慢している安倍政権はどうするのか。 大阪の被災者を見舞うパフォーマンスに、虫唾が走る。 震災の悲劇でさえ政治利用。

 

今日も一日、アレルギー性の鼻水もくしゃみも咳も出ず、快調だった。 6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。

 

安価だが美味い、イサキの刺身とピザで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 サッカーワールドカップのダイジェスト。 ポルトガルのロナウドは、一枚上の役者。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 創出版が、相模原障害者差別事件の、反省してない容疑者・植松聖の手記を出版するという。 植松の主張を批判する意見も載せるという。 出版するのは相模原事件を風化させないためだという。 

 

それなら一周年、二周年の時だけでなく、植松の優生思想を批判する特集を随時組めばいいだけの話で、まだ相模原の障害者に対するヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)事件を社会が消化していない、この時期に手記を出す必要性はない。 ヘイト本出版と同じ商業ベース狙いでの出版でしかない。

 

テレ朝、報道ステーション。 自民党の衆議院議員・穴見陽一の、国会参考人の肺がん患者に対する卑劣なヤジ・暴言をきちっと報道。 NHKとの違いが際立つ報道姿勢。 

 

民放各社のニュースを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:57
-, -, - -
新刊最終原稿校正終了

6月20日(水)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、雨降る中バスで駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

腹が減ったので早めに,さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ新聞は、サッカーワールドカップ初戦勝利の歓喜で紙面が埋め尽くされている。 

 

「半分、青い。」、昼の部。 午睡30分。 冴えた頭で、新刊の原稿を読む。 4時半に読み終える。 後は著者と最終的な打ち合わせを行って、印刷所への入稿となる。 

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』(岩波文庫)の予習。 7時からゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 

 

11時過ぎにお開きにして、神保町駅。 鈍行〜準特急で駅。 初めて深夜バスに乗り(結構混んでいた)、12時半前に帰宅。 

 

NHK、Eテレで、“日本のゲイの歴史”を見る。 カルーセル・麻紀が歳をとっていたのに驚く。 75歳になるという。

 

くしゃみも鼻水も咳も止まり、アレルギー症状を自力で克服。 サッカー・ワールドカップを少し見て、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:08
-, -, - -
サッカーワールドカップ一色

6月19日(火)

 

昼、11時起床。 薩摩揚入り野菜サラダで、早めの昼食。 「半分、青。」、昼の部二日間分を見る。 清野菜名の演技が光る。

 

今日は、自宅研修とする。 しかし昨夜は、ハシャギ過ぎた。 TVプロジューサーはほんとうに愉快な人。

 

世界保健機関が、「疾病分類」の「精神疾患」から「性同一性障害」を外したとの記事。 「ジェンダーの多様性は病気ではなく、個人の状態だという考え方を反映した」と、朝日新聞は一面で書いている。

 

大阪北部地震の混乱に乗じて、加計学園の理事長が姑息にも記者会見。 安倍総理との面会を否定する。 なめてんのか、怒!

 

午睡3時間! どうゆうわけか、くしゃみも鼻水も咳もなく、ごく普通。 刺身と餃子を焼いて、柚子入り焼酎二杯の水割りで、夕食。

 

今日は、なにはともあれ、サッカーワールドカップ、日本vsコロンビア戦。 前半PKで一点先取も、FKで同点にされる。 コロンビアの選手がが、試合開始早々一発退場のレッドカードで、一人ハンデをもらっているにもかかわらず、試合内容はコロンビア優位。 後半コーナーキックで1点取り逃げ切ったが、ハンデのおかげとしか言いようがない。 

 

民放各社のニュースも、サッカー一色。 渋谷で大騒ぎするサッカーファンを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:13
-, -, - -