RSS | ATOM | SEARCH
G機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽ス

2月16日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 気温高めの晴天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜と酵母パン(豚まんは休み)などを買い、側の精肉店で鶏の胸肉と豚ロースの塊500gを購入。 野川は干上がり寸前で、大型鯉の行方は分からず。 往復2キロの筋トレの 汗を吸ったシャツを着替え、炊き込みご飯と酵母パンを焼いて、淹れたてコーヒーで昼食。 

 

「まんぷく」、昼の部。 朝日新聞が、別府大分毎日マラソンに参加した黒人選手の通訳を担当した女性が、ブログで「チンパンジー」と選手の写真と共に掲載した事件を報道している。 この通訳者に黒人を差別する、目的意識はなく無意識に行った行為と言葉だが、意識下の差別こそがヘイトスピーチを支えていることを知るべき。

 

夕刊には「壬申戸籍」が「ヤフオク」で、ネットオークションで出品された事件を取り上げている。 法務省が出品者から無償で回収したと書かれているが、入手経路を徹底的に調査すべき。

 

6時半に、田舎煮とほうれん草の胡麻和え+餃子を焼いて、白ワインと梅干し入り鉄瓶焼酎のおゆ割り、各一杯で、夕食。 NHKで、ブラタモリinパリ。 酒と食事が美味しくなる番組。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 池江璃花子選手のこと。 BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 

 

明日の今年初のG機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽スの検討。 朝日新聞もスポーツ欄以外で取り上げるなど、藤田菜七子騎手で異常な盛り上がりを見せているが、昨日話を聞いた、武豊騎手のインティとレメール騎乗のゴールドドリームの二頭軸で、挑む予定。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 11:20
-, -, - -
あいつぐ差別事件

2月15日(金)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温1度の曇天下、バスで駅。 区間快速で、11時に神保町。 事務所に着くなり、小雪が舞う。

 

大阪の畏友から、ネット上で人名辞典に名を借りて、被差別部落を特定するような記述があるとの連絡がある。 これは極めてシビア―な問題なので、慎重に調査する。

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 先週のWIN 5 をまたしても4勝1敗で逃したという。 

 

昨日の武豊騎手のトークショーの話をする。 来月で50歳とは思えない若さで、紳士だったことと、今週のG機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽スで、武騎手が騎乗する、インティのことを報告。 貴重な資料をコピーさせてもらう。

 

5時まで本を読んで、本日打ち止めにし、事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温5度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

昨年、大手出版社を定年退職したKさんから、ヤオフクに「壬申戸籍」が出品されたことに怒りのSMSメール。 追加で、黒人マラソン選手を「チンパンジー」呼ばわりした通訳者にも怒っていた。 本当に黒人差別に無自覚。

 

広島風お好み焼きをつまみに、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のおゆ割り、各一杯。 アンチョビのスパゲッティ―で、夕食を締める。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 TBSは、いまだに「キーマン」と表示。 情けない。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部。 テレ東で、「フルーツ宅配便」。 もっと早い時間帯に放送すべき社会派ドラマ。 ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 11:00
-, -, - -
「壬申戸籍」+武豊トークショー

2月14日(木)

 

朝、8時起床。 「まんぷく」、朝の部。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温3度の寒天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、 10時に神保町。

 

10時半に神保町の歯医者で、定期健診。 歯石などを除去し歯のクルーニング。 11時に事務所に戻って、ヤフーニュースを見ていると、被差別身分の呼称などが記載されている「壬申戸籍」(1872年)がヤオフクに出品され、一時13万3千円で落札されたという記事が目に飛び込んできた。 

 

本物かどうか、誰が出品し,誰が落札したのか定かではないが、異常な事態。 部落差別撤廃運動が最初にその差別性を指摘し、閲覧禁止をいち早く求め、1968年に閲覧が禁止された。 お寺の過去帳もそれに準じている。 

 

土地を媒介にした部落差別は、本籍地を突き止めることから始まる。 現在でも、結婚に際しての興信所・探偵所の身元調査の8割以上が部落問題に関わっている。 その市場規模は、3000億円と試算されており、部落差別は「売れ筋」の商品となっている。(『被差別部落の真実』に詳しい) 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 急激な睡魔に襲われ、午睡1時間。 溜まっていた雑誌を読み飛ばして、4時半に市ヶ谷のホテル・グランドヒル市ヶ谷。 ロビーで友と待ち合わせして、武豊騎手のトークショウに参加。

 

司会は、競馬に詳しいタレントの、見栄晴。 武豊騎手4000勝の軌跡を映像を交えて回顧しながら、時々の心境を聞く。 圧巻は、1990年、武騎手21歳の時の、オグリキャップで勝利した有馬記念のシーン。  

 

この日中山競馬場にいた人はいますか、と問いかけられ手を挙げる。(ちなみに100人を超える参加者中2人だけだった) その時の気持ちを聞かれ、武騎手の目を見て「びっくりしました」と答えたが、「馬券は外しましたが、感動しました」と言うべきだったと反省。 特等席のメンバーの特権で、別室で武騎手との記念撮影。 

 

7時に終えて、友と市ヶ谷の居酒屋で懇親。 美味しい山口料理を堪能して、市ヶ谷駅から直行電車で駅。 家近くを通るバスはすでになく、かってのバス停行きに乗り、500m歩いて、10時に帰宅。

 

テレ朝、報道ステーション。 本日3回目の「まんぷく」夜の部。 ついに即席「まんぷくラーメン」完成。 NHK・Eテレで「バリバラ」。 レギュラーメンバーの、グレースのアメリカ、バリアフリーリポート。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:-, 09:32
-, -, - -
広島風お好み焼き

2月13日(水)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温4度の曇天下、2Km歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。 汗ばんだシャツを着替え、風邪の悪化を防ぐ。 

 

困難な時に助けてくれた、35年来の友から電話。 明日5時に市ヶ谷のホテルで催される、競馬の武豊騎手のパーティーに同伴しないかというお誘い。 二つ返事でOK。 高価な特等席だという。 明日が楽しみ!。

 

娘の応援を得て、年賀状の整理がつき、「残寒のお見舞い申し上げます」を、11枚書いて投函。 昨年12月半ばからの年賀状闘争がやっと終わった。

 

本を読んで、5時に事務所を退出。 パルコフードマーケットで買い物。 待望の広島風お好み焼き屋が、出張販売していた。 二つ買い、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

刺身3点盛りで、白ワイン一杯。 広島風お好み焼きで、梅干し入り焼酎のおゆ割り一杯の夕食。 本場広島に負けない美味さに感激。 26日まで、2週間出店しているという。 ミニパックの名前が爛ープソース“はご愛嬌。

 

NHK、“ガッテン”で首こりを直す方法を学ぶ。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 池江璃花子選手を心配し励ますニュースが中心。 国会論議は、聞くに堪えないレベルの安倍首相の答弁。 内省なく恥を知らない権力者の言動は予測がつかない。

 

NHKで、歴史ヒストリー。 「海の墓場 トラック島」。 TBS、ニュース23。 他局と比較して冷静な報道姿勢に共感を覚える。 BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 

 

NHK・Eテレで、「宮沢賢治・銀河への旅 親友への愛」の再放送を見て、ストレッチ。 1時半に就寝。

author:小林 健治, category:グルメ, 08:25
-, -, - -
池江璃花子選手が白血病

2月12日(火)

 

朝、8時15分起床。 どうも風邪気味で身体が固い。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 雲一つない気温5度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

冷え切った部屋を暖めるのに時間がかかる。 三連休明けのメールのチェック。 年賀状の整理を手伝いに来ている娘に、パソコン画面変調の修復を頼む。 なんとか以前の状態に戻りひと安心。 しかし、インスタグラムにアクセスはできない。 

 

「まんぷく」、昼の部。 新聞が休刊日なので、少しNHKで、衆議院予算委員会を見る。 安倍首相の論点をずらした嘲笑うかのような答弁。 完全に野党は舐められている。 国会の空洞化は著しいものがある。

 

水泳の期待の星・池江璃花子選手(18歳)が白血病に罹っているいることを公表。 残念で慰めの言葉も思い浮かばない。 しかし不治の病ではなく、現代医学で治癒は難しくないという報道に救われる。

 

午睡を30分して、少し疲れが取れる。 『客室乗務員』本の原稿修正箇所をメールでやり取りして、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温7度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

大手メディアから、過去の映像にある差別的な部分について意見を求められる。 1980年代初めに高視聴率を記録していたバラエティー番組の中での人種差別的な表現だが、お断りテロップを出して済む内容ではなかった。 しかし、ほんとうにこんなひどい人種差別的な振り付けが高視聴率番組で行われていたことに驚愕する。

 

鶏胸肉のから揚げと自家製焼き飯で、白ワインと梅干し入り焼酎のおゆ割り、各一杯の夕食。 テレ東で、「開運! なんでも鑑定団」。 真贋見分け率20%で、惨敗。 身体の不調が感性を鈍くしている。

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKのニュース7もそうだったが、トップニュースはいずれも池江璃花子選手の白血病について。 日テレ、ZEROは冒頭から25分間、池江選手。 ゲストが神の無慈悲を嘆いていたが、同感。

 

「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:18
-, -, - -