RSS | ATOM | SEARCH
引越前夜

10月3日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しいとよく寝れる。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴びて、気温24度の薄曇りの下、久しぶりに歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

15年来愛用している鞄が崩壊寸前なので、神保町の鞄専門店2店見て回るも、適当なものがなく、かつ高い。 保険会社1社とやっと連絡がつき、住所変更の手続きすべて終了。 野菜ラーメンとおにぎり一個を食べながら、「まんぷく」、昼の部。 

 

ウェブ連載「差別表現」の原稿を書き始めるも、時間不足で来週にする。(明日、明後日は引越で休み) テーマは、もちろん『新潮45』8月号の杉田水脈のLGGT差別寄稿文。(LGBTの人たちだけでなく、障害者、難病者、高齢者差別でもある) 

 

批判すべき優生思想的「生産性」については多くの論者が、その危険性について触れているが、この「生産性」による差別こそ、近代資本主義固有の差別だということ。 つまり、封建制度時代の差別の基本は、身分差別だが、資本主義時代の差別は、「生産性」による差別が基本。 

 

新刊『被差別部落の真実』の著者・小早川さんは、そこに基点を置いて論を展開している。 1991年ソ連邦と社会主義世界体制が崩壊した後に、新自由主義(新帝国主義)がグローバル化し、猛威を振るっている現在だからこそ、むき出しの「生産性」による差別が公然と叫ばれている。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 引っ越し先に直行するため、いつもとは違うバスに乗る。 7時に帰宅し、生活必需品の小間物を詰め、新宅へ運ぶ作業に汗を流す。 

 

三往復し、大汗をシャワーで流し、風呂桶とシャンプーなど浴室グッズを運んで、本日打ち止め。 近くのファミリーレストランで、夕食。 

 

ヘイトスピーチのカウンターで闘っている、ラインのメンバーとの、楽しい時間を過ごし、なんと気がつけば2時半。 ラインに返事をしていると、エライ時間がかかり情報弱者を自覚する。 

 

終の棲み家への引っ越し前夜、3時前に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:21
-, -, - -
引越二日前

10月2日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴びて晴天下、バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

定期購入している通販会社などに、住所変更の連絡。 スムーズに終わる。 朝日新聞が、廃刊した『新潮45』について、“耕論”で取り上げているが、読むに値しない。 

 

早め12時に、冷やしたぬきうどんとおにぎり一個で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 初回の視聴率が23・8%で、上々の滑り出し。 有働由美子がMCを務める、日テレの報道番組、“ZERO“も10%を超えたという。 

 

1時過ぎに、一人で出版社を立ち上げて頑張っている、尾崎ゼミ生のIさんが来られ、書籍広告と媒体、そしてその効果について聞きたいと、相談に訪れる。 いろいろ話をして、広告代理店を1社紹介する。 対費用効果を考えると、書籍広告は告知が主で、即売り上げには直結しない。

 

有り難い直注文小箱一つ梱包し、発送。 半年ぶりに、神保町の中国整体“萬寿堂”。 ここのところの自力引っ越し作業で、身体が固くなり動悸の自覚症状もあり整体をしてもらう。 足の裏とふくらはぎの30分は、涙がこぼれ苦痛に顔がゆがむ辛さ。

 

ツイッターとフェイスブック上で、安倍改造内閣を、「ヘイト内閣」と命名していたが、本質を衝いている。 早晩失言・暴言などで、ぼろが出る大臣必至。 野党は、「在庫一掃」ではなく、「閉店セール内閣」と揶揄。

 

5時に、今月の研修のレジュメとパワポの原案を作り、担当者に送信。 相手はプロなのでいつも最高に仕上げてくれる。

 

6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 その足で、残りの靴と生活必需備品などを持って、引っ越し先。 寝室に壁掛けを設置し、物干しざおを通し、臨時の洋服掛け。

 

8時半に戻り、事務所から持ってきた栓抜きで、“調布深大寺ビール”を空け喉を潤す。 焼き秋刀魚二匹と餃子+シーフードサラダで、レモン入り焼酎のお湯割りと水割り、各一杯の夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 疲れているのか、真贋見分け率60%で、招き猫もゲットできず。 テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次は見ているだけで気分が悪い。

 

11時から、日テレZERO“。 ゲストコメンテーターの落合陽一筑波大学准教授。 サンダル履きで、いいたい放題で、ハチャメチャだが、面白い。 有働MCとタモリとの対談。 タモリが「テレビは見るものでなく出るもの」と語るが、同じことを言っても池上彰と違って嫌味を感じない。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 09:15
-, -, - -
自力引越1回目

9月8日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 気温33度、澄みきった秋空の下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンなどを購入して、川縁を散歩するも、水濁り魚影見えず。

 

カレーパンと豚まんを、淹れたてコーヒーで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 今日から始まった秋競馬、中山と阪神。 ここ一番の狙い澄ましたレースを3連単で勝負するも、抜け目を喰らい17万馬券を逃し、意気消沈。 

 

昨日受け取った部屋の鍵を手に、引っ越しの段取り。 割れ物とすぐ必要なものを梱包して、300M歩いてバックで運ぶ。 第一回自力運送で、2往復して大汗をかき、シャワーを浴びて、体重計。 今年の最低体重を記録する。 体脂肪率も22%。 

 

夕食を、近くにあるファミリーレストラン。 生ビールで渇きをいやし、お勧めのハンバーグとステーキのセットで空腹を満たす。 ファミマには1時間ほど居たが、満員状態が続いていた。 三世代で食事しているテーブルも多い。

 

明日の中央競馬、WIN5の検討。 TBSで、タケシのいない、ニュースキャスター。北海道震災の詳報。 ストレッチして、チェアーマッサージを受け、BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 09:13
-, -, - -
“狐の嫁入り”現象

7月9日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って外に出ると、気温29度、半分青空で半分が暗雲に覆われ、陽が射して暑いが、しかし小雨に打たれる。 いわゆる犖僂硫覇り“状態で、珍しい気候現象を楽しむ。 少し濡れ、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

週明けの事務作業とメールなどのチェック。 「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」が、とってつけたような筋書きになり、大丈夫かと思う。

 

新聞休刊日なので、なんとなく手持ち無沙汰。 2時過ぎに突然大粒の雨が降り出す。 事務所前の通行人は大慌て。 文字通りにわか雨で、真夏のかく乱季候。 

 

切り抜きなどの資料を読んで、6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は高知県高知市で、ゲストは沖縄出身の、比嘉愛未。 美しい容貌からは想像できない、お笑い系統の言動に、爽やかな親しみがわく。

 

BSフジで、巨人vsヤクルト戦。 ヤクルトの、山田哲人がサイクルヒット達成。 しかし試合に負けては意味がない。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 大雨災害で、広島と岡山だけでも80人近い犠牲者。 映像の半分は、倉敷・真備町。 家を見ても、比較的新しい地域に思える。 低地に住宅地を開発したのかとも思うが、それにしてもこんな水災害は岡山では記憶にない。

 

テレ朝、報道ステーション。 中四国の水害報道。 キー局のキャスターを派遣して、現地からLIVE報道。 民放各社のニュース。 NHK、BSプレミアムで「半分、青い。」夜の部。 

 

引き続き、アナザ−ストーリーズで、We are tha  world“レコーディングの舞台裏。 エチオピアでの大飢饉を救うためのチャリティーであることを、初めて知ったが、感動もの。

 

アメリカのミュージシャンをリスペクトして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 11:05
-, -, - -
オウム〜大雨〜朝日新聞〜管見妄語、そしてサッカー・フランス

7月6日(金)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 テレビは、定時番組をすっ飛ばし、オウム真理教の麻原彰晃の死刑執行を興奮して報道している。 その後も、サリン事件関係死刑囚の死刑執行が速報で伝えられる。 

 

シャワーを浴びて、小雨降る中バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時過ぎに神保町。 新聞三紙を読む。 朝日新聞が、「ネットの差別表現『通報』続々」と題した結構長い記事を書いている。 

 

動画投稿サイトの「ユーチューブ」が、「差別を扇動するような『悪意のある表現』は認めないとして」、ヘイト動画などを削除しているとの記事。 期待して読むが、結論は、「表現規制に懸念も」の小見出しでもわかるように、差別表現やヘイトスピーチについての理解が弱く、しょうもない内容で終わっている。 

 

ネトウヨの代表格でもある竹田恒泰などを登場させ、「私はヘイトとされるような言論はしない」との発言をためらいもなく載せている。 両論併記は、結局現状のヘイトを認めることに繋がるということが理解できていない。 

 

ヘイトスピーチは、被差別マイノリティーに対する、差別的憎悪扇動(朝日新聞は、差別的憎悪表現と表記)だということが全く分かってない。 差別表現一般とは質的に違い、ヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)の構成部分だという認識が欠如している、朝日新聞。 北野隆一記者なら違う視点で記事化したと思う。

 

「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」の場面転換にまだついていけず。 

 

神保町の紙屋の馬友、Kさんが、中央競馬の角居調教師が飲酒運転で現行犯逮捕されたとの記事が載っている、東スポをもって駆け込んでくる。 管理馬は明日のレースに出走しているが、騎手だったら間違いなく3ヶ月以上の騎乗停止処分が下されるだろう。 後はサッカーワールドカップの話。 

 

今日届いた、『週刊新潮』のコラム“管見妄語”で藤原正彦氏が、サッカーワールドカップ、日本対ポーランド戦について徹底批判している。 「美醜で善悪を判断した孤高の日本を忘れた現代日本は、今や諸外国と同様、ルールに触れないことなら何でもするという姑息で狡猾な国になり果ててしまったのだ」。 

 

ネット、テレビ、新聞、雑誌を含め、見て聞いて読んだ限り初めての、一刀両断、完膚なき胸のすく批判。 外国のメディアが、「フェアープレーから最も遠い日本代表がフェアープレー規定により決勝リーグに進出した」と揶揄している。

 

7時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をしてバスに乗り、雨に打たれ、8時半に帰宅。 ヒラメの板刺身とイカを捌いてイカスミスパゲッティ―で、柚子入り焼酎のお湯割り三杯の、夕食。

 

BS・日テレで、巨人vs広島戦。 大雨で大変な広島だが、エース菅野で巨人の勝利。 NHK、ニュースウォッチ9。 異常な報道姿勢。 冒頭から30分、中四国・九州の大雨情報。 確かに災害を警報する報道は重要だが、渋谷の本局が30分も取り上げるのかと思う。 それぞれの地元の局が子細な情報を提供するのは当然だが、オウム事件の死刑執行を本局はメインで報道すべきではないか。  危機意識を煽れば人々が現状維持の保守的心情になることを意識しての、権力に屈服したNHKの策略と勘繰る。

 

テレ朝、報道ステーション。 大雨情報〜オウムサリン犯罪、死刑執行ニュース。 満を持して、TBSで、サッカーワールドカップ、フランス対ウルグアイ戦。 フランスが余裕で勝利。 

 

19歳の神童・エムバペはマークがきつくあまり活躍できなかったが、いい試合だった。 フランス人に肉親(姪の子・女男二人)がいるので、フランスを応援する。 試合のダイジェストを見て、2時に就寝。 

author:小林 健治, category:コラム, 11:55
-, -, - -
NHK朝ドラ、「半分、青い。」

5月31日(木)

 

朝、7時半起床。 2度目のトイレに起きて、新刊のタイトルに思いをめぐらし寝れなくなる。 「半分、青い。」、早朝の部〜「半分、青い。」朝の部。 

 

ここのところ、テレビ画面がスウィッチを入れてから10分以内に4度凍てつく。 (計60秒、その後は何ともない)“世界の亀山モデル”もシャープと共に寿命が来たということか。

 

有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の幾分涼しい曇天下、歩いて駅。 区間急行で、10時に神保町。

 

早朝ひらめいた新刊の書名は、『被差別部落の真実−〈受難〉の〈神聖化〉が生み出した虚構』。 著者に原稿とともに送信。

 

『最新 差別語 不快語』の増刷に向けての、誤字・脱字探し。 昨日の大手出版社の校閲経験者からの指摘のおかげで、新たに間違いを発見することができた。 特に、“〇〇ページ参照”のページがいずれも3ページずれていた個所を二つ見つける。 増刷時の費用を考えると頭が痛い。(1ページ当たり800円) 

 

本日3度目の、「半分、青い。」、昼の部。 今日のシーンは、本当にヒロイン・楡野鈴愛〈にれのすずめ)を演じる、永野芽郁の個性全開でなかなか面白い。 さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

「ごごナマ」のゲストが、リリーフランキーだったので見る。 カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した「万引き家族」の話。 神保町の“金ペン堂“の万年筆を絶賛。(今日届いた『週刊新潮』でも称賛)

 

睡眠不足気味で、夕方から気合入らず。 『週刊文春』と『週刊新潮』を読む。 “文殊のストレッチ”を解いて、本日打ち止め。 6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 

 

BS・NHKで、巨人vs日ハム戦。 歯がゆい展開で、負け試合。 生シラスとイサキの刺身+自家製豚肉入り焼きそばで、焼酎のお湯割りと水割り各一杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 離婚が明らかになった、桑子アナに元気がない。 テレ朝報道ステーション〜TBS、ニュース23。 

 

本日4度目の(爐△泙舛磴“以来)、「半分、青い。」を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:35
-, -, - -
桜満開、春爛漫

4月1日(日)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 今日から卯月・4月。 

 

エイプリルフールの日だが、米国トランプに従属する安倍政権下、毎日が4月バカ“なので冗談を言う気も薄れる。 朝日新聞朝刊は、「フェイクニュース 各国で規制の動き」と真面目な記事で、虚報はなし。

 

産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で有機農法の新鮮野菜を買い込み、川縁を散歩。 満開の桜の木の下で、両岸で盛大な花見会が開かれていて、春爛漫。 水面は桜の花びらが舞い降り、魚影は見えず。 野川の春は今が旬。

 

酵母パンにバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 スポーツ紙を読む。 巨人が阪神に勝った記事をじっくり読む。 疫病神さえ来なければ、阪神は相手ではない。

 

午睡の後、中央競馬。 気合を入れたWIN5は初戦であえなく敗退。 小頭数にもかかわらず、3頭ピックアップしたがハズレ、意気消沈。 3連単の高配当を一つだけ的中させ、昨日のマイナスも取戻し、若干のプラス収支で終了。 

 

隣の精肉店で、ランクは高いが安価な牛肉を仕入れ、焼肉。 ほうれん草の胡麻和えなどとともに、6時前に、焼酎の水割り二杯で、夕食。

 

高校野球、大阪桐蔭vs岩手の花巻東。 19対0で大阪桐蔭が圧勝。 これで今日の高校野球は終わったと思い、のんびりNHKの7時のニュースを見ていたら、まだ石川の星稜と三重が戦っていることを知り、慌ててチャンネルを切り替え見る。 

 

8回の裏同点に追いついたものの、9回表、三重に一挙5点取られ、万事休す。 しかし、三重高校の若い監督の9回表の采配はなかなかのもの。 敗れはしたが、よく闘った、石川・星稜。

 

NHK、大河ドラマ「西郷どん」は、なぜか本番なく舞台裏と楽屋トークで、意味が分からん! 

 

民放各社の春の特番を流し見。 今やスポーツだけが確かな、NHKの、サンデースポーツで今日のハイライトを見て、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 09:00
-, -, - -
気温20度・春模様 明日は啓蟄

3月5日(月)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きずに、熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

寝汗をシャワーで流し、花粉症対策のマスクをつけ、気温なんと18度の曇天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

週明けの事務作業を終えて、メールなどのチェック。 マスクのおかげで、くしゃみも鼻水もなく、快調。

 

近所の大手出版社の知人が来て、新入社員用にと、『最新 差別語 不快語』を購入してくれる。 小学館の『月刊コロコロコミック』問題などの意見交換をして、12時半。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

新聞二紙を読み終えたところへ、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 やっとWIN5を的中させたという。 しかし、31万の配当にかなり不満気味。 まずはおめでとう!

 

届いた機関紙など情報紙誌に目を通し、午睡30分。 雨で、窓外が5時過ぎには暗くなる。 早め6時に事務所を退出。 

 

来た電車は、社内でトラブルがあり遅延で満員。 帰宅方向が一緒の、元岩波書店のMさんが九段下から乗車してきて、車内会話。 昨日、多摩川上水近くまでサイクリングしていて、鷹を見たという。 数分遅れで駅に着き、成城石井で買い物をして、雨上がりのバスに乗り、7時半に帰宅。

 

昨日のすき焼きに、ネギと牛肉を足して、レモン入り焼酎のお湯割り二杯。 うどんをすき焼きに入れて、夕食を締める。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストはテニスの伊達公子で、訪問場所は、宮城県利府町。 東日本大震災から7年、復興の街を歩く。

 

テレ朝、報道ステーション。 参議院予算委員会。 森友学園疑惑と裁量労働制偽造データー問題を追及するも、暖簾に腕押し。 「仮定の質問には答えられない」の紋切答弁。 しかし、後藤謙次はいらない。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:50
-, -, - -
花粉症に悩まされながら、平昌オリンピック

2月21日(水)

 

朝、10時起床。 爆睡! 顔を洗って、気温6度の薄曇りの下、歩いて駅。 区間急行で、12時に神保町。 

 

電車に乗つているときから、くしゃみと鼻水に悩まされる。 事務所では、小さなタオルをチッシュ代わりにするも、ほとんど花粉症状態で、涙も出る。 市販の、鼻炎アレルギー薬を買ってきて服用するが、全く効果なし。 

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞二紙を読みながら、女子フィギュア、ショートプログラムを見る。

 

日本選手もよく頑張っているが、ロシア選手の素晴らしい演技に魅了される。 2時間近く遅れて、2時34分に、「わろてんか」、昼の部。 

 

弓立社の本、『デスク日記』50冊梱包して、発送。 故・原寿雄さんの偲ぶ会で配られるとのこと。

 

本の在庫確認が書店からあり、大量注文の期待が膨らむが、夜までに返事はなかった。 今日は一日、鼻水とくしゃみで何ともならない。

 

届いたばかりの、『月刊日本』3月号を少し読んで、早め6時過ぎに事務所を退出。 タオルを握りしめて、直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

2割引きの、鯵の刺身(値段も安くなかなか新鮮で美味い)と鶏胸肉入り鍋に太麺うどんを入れた鍋で、梅干し入り焼酎のお湯割り三杯の、夕食。 普通、アルコールが入ると鼻水もくしゃみも治まるが、本日はその気配がない。 

 

NHKで、カーリング女子、日本対スイス戦。 男子のカーリングは見ない。 日テレで、三人で滑る、女子スケートのパスュート。 高木姉妹が出場し、準決勝を余裕で勝ち抜く。 

 

NHKの女子カーリングと、日テレの女子パシュートで忙しい。 10時、女子パスュート決勝、日本対オランダ。 残り二周で逆転し大差勝で、金メダル! 

 

テレ朝で、色々あったが、現在評価を高めつつある、清水宏保氏の解説を聞き、NHKで女子カーリング。 オランダに敗れたものの11時前、アメリカが最終エンドでスウェーデンに敗退し、日本の準決勝進出が決定。 

 

結構気疲れしたが、テレ朝〜TBS〜日テレ〜フジで、オリンピックの余韻に浸り、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:58
-, -, - -
寒い立春

2月4日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢一杯。 晴天に布団干し。 暦の上では立春だが、まだまだ寒さが続く。

 

TBSで、サンデーモーニング。 司会の関口宏氏がインフルエンザで、初めて番組を休む。 小5の孫娘も先々週罹患し、学校を休んでいたが、異常に流行っているらしい。 今年は予防接種をしていないので、うがいと手洗いを励行する。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で無農薬の新鮮野菜を大量買。 川縁を散歩するも、マガモと鵜だけで、魚影は一切ない。 数十匹はいた、大型鯉はいずこにいるやと思う。 

 

酵母パンに蜂蜜とバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 WIN5の検討をして、中央競馬に挑むも、大荒れの3連単100万超の3戦目で敗退。 マイナス収支で、終了。

 

風呂にゆっくり浸かり、隣の精肉店で、和牛を仕入れ、6時にすき焼き。 先週新幹線で買ったが、苦くて飲めなかった、サントリー・プレミアムのロング缶と梅干し入り焼酎のお湯割り一杯で、夕食。

 

NHK、大河ドラマ、「西郷どん」。半分寝てしまう。 見たのは最後の相撲の部分だけ。 サンデースポーツ。 金曜日に開幕する、平昌冬季オリンピック。 イマイチ盛り上がりに欠けるが、時差がない分始まれば、オリンピック一色になる。 ジャンプの高梨沙羅にメダルを取らさせてやりたい。

 

フジTVで、Mr、サンデー。 10時50分前に、沖縄名護市の市長選で、稲嶺氏が敗れたとの速報が入る。 中継を見ながら気分が悪くなる。 『ビックコミックオリジナル』を読んで、12時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 09:36
-, -, - -