RSS | ATOM | SEARCH
沖縄の県知事選

9月3日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 昨日よりも両太ももの張りが強くなっている。(ふくらはぎは何ともない) 

 

シャワーを浴びて曇天下、来たバスに乗ろうと走るも、PASMOを忘れたことに気付き、家に戻り出直し、5分遅れでバスに乗れ、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。 階段を上るのはいいが、下りるのがキツイ。 半袖では寒いような、小雨降る気温25度。

 

メールのチェックなど、週明けの事務作業。 新聞三紙を読む。 朝日新聞は、1面トップに「沖縄を見る目 アムロが変えた」。 

 

ここ20年近く、沖縄出身の男女の俳優や歌手、タレントなど、芸能人が大活躍し、沖縄に対する本土の意識が変わったことは事実。 しかし、社会的差別は和らいだが政治的差別はより一層きつくなっている。 9月30日沖縄県知事選投開票日。 急逝した翁長知事の意志を継ぐ選挙。 玉城デニー氏が意志をつぎ立候補を表明した。 事前調査では苦戦が予想されているという。

 

「半分、青い。」、昼の部。 時間がすっ飛び、展開が早すぎ戸惑うが、なんとなくエンドシーンが想像できる。 さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡1時間。 

 

資料を読んで、台風に備え5時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 久しぶりに成城石井でで買い物をして、バスに乗り7時に帰宅。

 

NHK、ニュース7。 日体操協会問題の当事者、塚原副会長の単独インタビューで、擁護する姿勢を鮮明にする。 昨夜の、「警察庁長官狙撃事件」など、きちんとした番組とニュース報道の落差が激しい。

 

刺身3点盛りとヒラメの板+自家製チヂミで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、長野市の戸隠で、ゲストはシンガーソングライダーのmiwa.。

 

ニュースウォッチ9。 7時のニュースと同じ。 チェアーマッサージを受けながら、テレ朝、報道ステーション。 民放各社のニュース。 

 

NHK・BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:58
-, -, - -
歴史的南北首脳会談!

4月27日(金)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温21度の、薄日射す初夏の香り漂う中、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

連休を前にして、机上と山積みになっている資料や雑誌、新聞の類を、断捨離。 南北首脳会談ニュースの後、「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

小用で神保町を出歩き、薬局でせき・こえ・のどに“浅田飴”を購入。 外は夏の陽気。 書店から、『最新 差別語・不快語』の複数部数注文を受ける。 セクハラを始めとする、差別的な発言があいつでいる社会状況と関係があるのか、と思う。 

 

午睡1時間。 引き続き、断捨離に精を出し、かなりすっきりしたところで、打ち止めにし、7時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物せずバスに乗り、8時半に帰宅。

 

筍煮と春菊の胡麻和え+餃子を焼いて、焼酎のお湯割りと水割り各一杯の、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 歴史的な南北首脳会談。 

 

朝鮮半島の平和と安定は、日本にも大きな影響を与える。 朝鮮戦争後の休戦協定体制から平和協定へ、着実に歩みを進めている。 北朝鮮のミサイル発射を、大げさに扇動しアラートを鳴り響かせた安倍政権は蚊帳の外。 弾力性を持ってダイナミックに進行する国際政治の現実と、安倍政策の乖離を悟るべし。

 

テレ朝、報道ステーション。 南北会談と財務省事務次官のセクハラ問題を、きちんと報道。 遅い、民放各社のニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:15
-, -, - -
歴史的南北首脳会談前夜

4月26日(木)

 

朝、9時半起床。 鼻水、くしゃみ、咳も止み、熟睡。 有機トマトジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温22度の、薫風そよぐ晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

娘の応援を得て、月末の支払いと精算業務。 今月は何かと出費が多く、キツイ。「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

大手出版社から、新入社員研修に使用したいとのことで、『最新 差別語・不快語』を数十冊買いに来るという、有り難いメール。 夕方6時前に、段ボール二箱分取りに来られる。 

 

今日は、一日中新刊の原稿校正に全力を注ぐ。 6時半に、校正終了。 さすがに疲れた。 著者の結語は、「市民権が人間の権利と切り離されて、個別の人間がそのまま類的な存在であると意識され、自己の固有の力を社会的・政治的な力と認識する思想に立ったとき、『解放』の思想が現れる。私はそう確信している。」

 

7時に事務所を後にして、直行電車で駅。 パルコ・フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 高価だが、美味しそうな半額の刺身5点盛りとイカと里芋の煮物で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 野党欠席の国会情勢よりも、冒頭から10分以上、TOKIO・山口のセクハラ記者会見。 しかも、民放のワイドショー、よりつまらない。 

 

次に、キャスターを派遣してまで、南北会談に否定的な論評。 北朝鮮が韓国に対して行った非道の数々を忘れるなというなら、1910年、韓国併合以来の日本の植民地支配下の非道をまず問うべき。 朝鮮半島分裂の直接的責任は、帝国日本にあることは自明の理。

 

テレ朝、報道ステーション。 旧優生保護法による、障害者に対する不妊手術=断種の差別性について解説報道。 手術対象者として古い衛生保健本の映像に、「精神病と白痴の者」との記述を見る。 朝日新聞は今でも、知的障害者に対する「白痴」という差別語を使用して恥じてない。 岩波書店も同じ。 差別の視点からは、日本の進歩的、革新的ジャーナリズムの底の浅さが垣間見える。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝

author:小林 健治, category:政治, 09:10
-, -, - -
冗談ではない、解散総選挙!

4月25日(水)

 

朝、9時起床。 天気悪く薄暗く、時計の針が見えず。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、大雨の中バスで駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

新聞三紙を読む。 「スポーツ報知」と「サンスポ」、一面全面で衣笠祥雄氏の死を悼む記事。 大見出しも似ているが、期せずして写真は全く同じもの。 

 

「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分、昨日からの原稿読みを続行。 

 

雨が止んで陽が照りだした3時に、神保町クリニックで常備薬を処方してもらうが、薬局で待たされる。 4時に戻って、引き続き原稿校正。 

 

6時半まで集中して、5章まで読み終え、本日打ち止め。 直行電車で駅。 パルコ・フードセンターで買い物をして、8時過ぎに帰宅。 

 

量は少ないがポッコリしたホタルイカのボイルと、自家製筍煮、ほうれん草の胡麻和え、海老の刺身などで、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 BS、日テレで巨人vs中日戦。 5日裏13対2、巨人打線爆発で言うことなしの、5連勝。

 

テレ朝、報道ステーションを見て、驚く。 自民党国対委員長の森山が、野党が審議拒否している状況では、解散も選択肢とのたまう。 しかし、新党大地の、鈴木宗男氏が安倍総理の心中を忖度した、解散もありうるとの発言。 安倍総理が、行き詰った政治状況を打破すべく、解散総選挙に打って出る可能性が、現実味を帯びてきた。  

 

それを聞いた、二階・自事長は否定し怒っていたが、古狸の下手な演技かもしれない。 「憲政の常道」があるとすれば、解散ではなく、内閣総辞職だろう。 小選挙区制の下で、自民・公明の与党に勝には、野党は統一候補を立てるしかない。 

 

昨年は、不意打ちかつ、小池百合子に騙された民進党の混乱で、自民党がかろうじて政権を維持したが、今回も民進党と希望の党が、新党「国民民主党」を立ち上げたタイミングで、解散風が吹いてきた。 立憲民主党もまだ、地方組織はきちんと確立できてなく、足腰は弱い。 

 

総選挙を、AKBと同じ人気投票と世論誘導し、安倍政権を操っている、日本会議に依拠する官邸ブレーンの悪あがきだろう。 まだ30%弱の支持率があるうちに、解散総選挙を断行すれば、小選挙区制を利用し、態度不明の公明党も最後は付き従い、なんとか政権を継続できるとの姑息な判断を、安倍政権を仕切る日本会議の中枢が判断したということか。

 

日テレ〜TBSのニュース報道で、解散総選挙の現実性を探る。 TOKIO・山口の、ワイセツニュースが中心。 

 

奥歯の痛みが増してきて、憂鬱。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:54
-, -, - -
日本郵政、住宅手当廃止!

4月13日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の春風そよぐ晴天下、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。

 

今日は13日の金曜日。 不吉なことが起こらないことを願う。 注文電話もあり、まずまず。 「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。  新聞三紙を読む。 悪夢の巨人6連敗の記事は飛ばす。 

 

朝日新聞一面に、日本郵政が正社員と非正規社員の格差をなくすという名目で、正社員の住宅手当(月2万7千円で、年間32万4千円))を廃止するという記事。 本末転倒も甚だしいが、よく日本郵政の労働者も黙っていると思う。 

 

どう考えても格差是正とは、非正規社員にも住宅手当を支給するということでしかないだろう。 国家権力を後ろ盾にした、資本家に、とことん舐められている労働者階級。 ホンマに心の底から怒りが湧いてくる。 

 

『週刊新潮』の音声サービスで、財務省事務次官、福田のセクハラ発言を聞く。 先日発覚し、辞職を余儀なくされた、福岡高検刑事部長のセクハラと同じで、アウト。 失職は免れない。 

 

午睡していると、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、皐月賞展望。 3頭に決めたという。 いろいろ裏事情を聞かせてもらう。

 

溜まっていた切り抜きやプリントアウトした記事をまとめて読み、7時前に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時10分に帰宅。 

 

日テレで巨人vs広島戦。 やっとエース菅野が復活し、大差で勝利し7連敗を免れる。  マグロの中トロ盛り合わせと、餃子を焼いて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 加計学園疑惑で、農水省でも「首相案件」の文書の存在が明らかになる。 本来なら万事休すとなるはずが、そうはならないところに、異常さがある。

 

LIFEで笑って、民放各社の遅いニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 11:43
-, -, - -
佐川前国税庁長官の証人喚問と食中毒

3月27日(火)

 

朝8時、腹痛で起こされトイレへ。 それから10時まで断続的にトイレに駆け込む羽目になる。 

 

どうも昨夜の刺身の盛り合わせにあった貝柱が中ったみたいで、何ともならない。 10回ほどトイレに通い、毒が排出されたのか、腹痛も治まる。 止瀉薬などは一切飲まなかった。 水分補給はしているが、多分体重が1・5Kgぐらい減ったと思う。 食中毒を奇貨として、ダイエットを目指す。

 

テレ東以外すべての民放とNHKが中継した、衆参両院の佐川前国税庁長官の証人喚問を11時まで見て、バスに乗り損ねて、気温20度の晴天下、何とか歩いて駅。 準特急〜区間急行で、12時に神保町。

 

明日予定していた、花見を辞退するメールなど。 今週で終わる、「わろてんか」昼の部。 あまり食欲はなかったが、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

身体に力が入らないが、午後からの衆議院での証人喚問を見る。 自民党質問者と佐川証人との出来レース。 この場に及んでも、安倍総理と安倍昭惠、そして麻生財務相と官邸を守るため、目は宙をさまよい、終始落ち着きのない悲壮な表情で答弁する佐川証人は、哀れ。 

 

肝心なところは、すべて「刑事訴追の恐れがある」との理由で、一切答弁拒否。 予想された事態とは言え、腹が立ち精神衛生上にも悪い。。 それにしても、安倍政権の国策放送・NHKの報道ぶりは酷いの一言。 

 

某テレビ局から、「六曜」についての問い合わせ。 なぜ電話がかかってきたのかよくわからない内容だったが、2015年12月の大分県佐伯市の事件も知らなかったみたいで、民俗学的に語る番組なら、その方面の学者に聞いた方が良いですよと、アドバイス。 

 

血液型性格判断番組が差別と指弾されたことや、1872年(明治5年)に、明治政府は、「六曜」などの悪しき迷信を一掃すべく太政官布告を出し、法的に禁止していることなどを伝える。

 

テレビ関係者から、過去のドラマ放送に関して、差別的なセリフの「おことわりテロップ」の相談メール。 いつも思うが、本当に現場はよく頑張っている。 そして尋ねられたことを熟考し、こちらも勉強になる。 5時過ぎに考えをまとめて返信。

 

7時に事務所を退出。 直行電車で駅。 食中毒の可能性大の成城石井には当分行かない。 バスに乗り8時半に帰宅。 体調悪く食欲がない。 若干のつまみで、梅干し焼酎のお湯割りと水割り各一杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 全く直感冴えず、真贋見分け率30%。 テレ朝、報道ステーション。 証人喚問について適切な報道。 TBS、ニュース23も、まずまずの報道内容。

 

チェアーマッサージを受けながら、スポーツニューを見て、1時に床に就く。

author:小林 健治, category:政治, 09:33
-, -, - -
「森友学園」文書改竄問題、参議院集中審議

3月19日(月)

 

朝、9時起床。 坐骨神経症か、腰が痛い。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温11度の曇天下、歩いて駅に向かうも、腰が痛くて通常より1・5倍近く時間がかかって駅に着く。 特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

週明けの事務仕事をこなすも、椅子から立ち上がるのが苦痛。 薬剤師のところで、塗り薬とサロンパスのようものを買い貼る。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

NHKで、「森友学園」文書改竄問題の、参議院予算委員会での集中審議を横目に 新聞二紙を読む。 朝日新聞は、一面で「安倍内閣支持 最低31%」との大見出し。 サンスポは、貴乃花親方の弟子が、“流血 暴行”とセンセーショナルな極大見出しで、貴乃花親方を徹底批判。 

 

神保町の紙屋の馬友、Kさんが、若干憔悴した表情でやって来る。 実は昨日のWIN5の第二レースで、10番人気馬の1着を的中させ、直後に、100万円以上確定!、と弾んだ声で電話をもらっていた。 残り3レースは本命サイドで決まると思っていたら、第三レースが8番人気馬がきて波乱となり、ジ・エンド。4勝1敗で500万馬券を逃したていたのだった。 それでも、今週の展望を熱く語り、帰るころには元気になっていた。

 

NHKの、国会中継。 共産党と立憲民主党の質問を見るが、安倍総理と麻生財務相は、誠意のない従来の答弁の繰り返し。 追及も共産党の小池書記局長以外は、期待外れ。

 

届いた、機関紙などの情報誌を読んで、6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。

 

5割引きの刺身の盛り合わせと、旬なホタルイカ+和牛を足したすき焼きをつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 すき焼き鍋にうどんを入れて、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭は、「森友学園」文書改竄問題の、参議院集中審議。 それなりの報道姿勢。 引き続き、名古屋の中学校で講演した前川喜平前文科事務次官に対する文科省の横やり問題。 自民党の政治介入の実態と名前が明らかになるのも時間の問題。そして、相撲界の洗脳された変人・貴乃花親方の弟子の暴行事件。 さらに、ハイチ人を父に持つ、テニスの大坂なおみの優勝ニュース。 報道の流れは良い。

 

テレ朝、報道ステーション。 「森友学園」問題。 さすがと言える報道内容だが、後藤謙次はいらない。 TBS、ニュース23もなかなかの報道。

 

各局のニュース&スポーツを少し見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:14
-, -, - -
前川喜平・前文科省事務官の、講演妨害問題

3月16日(金)

 

朝、9時15分起床。 暗いので目が覚めなかった。 左腰が異常に痛い。 

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の曇天下、大型マスクして、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

NHK、昼のニュース。 前川喜平・前文科省事務次官が、名古屋市の中学校で行った講演に対し、文科省が内容調査と録音テープの提出を求めた件で、文科大臣が事務方の局長に注意したが、法規には違反していないという。 

 

今後前川氏を講演に呼ぶことに、学校側は躊躇するだろうから、所期の目的は果たしたことになる。 なりふり構わぬ、恣意的な安倍政権の醜悪さがよく現れた事件。 部落解放同盟中央本部の妨害によって、講演が潰された経験からよく分かる。 卑劣漢のやることはどこも同じ。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞二紙を読む。 朝日新聞は、総力を挙げて、「森友学園」文書改竄を報道。 立憲民主党が安倍昭惠夫人付きの秘書だった、谷査恵子の国会喚問に言及している。 19日が本番。

 

大阪の畏友から電話。 安倍政権打倒に向けて、意見交換。 かなりテンションが上がってきていて、面白い会話になった。

 

『哲学の歴史』(中央公論新社)の第7巻、「ヘーゲル」の項を読んで、6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。

 

2割引きの刺身の盛り合わせ(今日は当り)と生ワカメ+自家製豚肉入り焼きそばで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 「森友学園」疑惑の、文書改竄(NHKはまだ狃颪換え“表現)問題を冒頭から報道。 前川前文科省事務次官の、講演に横やりを入れる文科省の事件も詳報。

 

スポーツニュースで、平昌パラリンピック、成田緑夢選手が、スノーボードで金メダル。 何度見ても、「健常者」のスノーボードとの違いが分からないほどの、スピード。

 

テレ朝、報道ステーション。 金曜日の夜にふさわしく、ゲストコメンテーターは、井上達夫東大教授。 学者離れした直言居士。 ハチャメチャ面白い。

 

民放各社の、ニュース&スポーツ。 左腰のマッサージをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:57
-, -, - -
佳境に入った、「森友学園」疑惑、、文書改竄問題

3月15日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗い、大型マスクをして、気温18度の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

大手出版社から、『最新差別語 不快語』の注文を受け、梱包して発送。 今月に入って注文が増え、在庫が少なくなり、増刷することにする。 誤植もあり、来週、最初から全部読み直し作業開始。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

「森友学園」の文書改竄について、NHKニュースは相変わらずだが、朝日新聞は追及の手を緩めていない。 19日には、佐川前国税長官を参考人招致し、集中審議するという。 ネット上の注目度も、ぶっちぎりでトップ、各メディアの世論調査でも、安倍政権への不信感が強まり、支持率は軒並みダウンしている。 

 

昨日、整体を受け、少し良くなっていた左腰が痛む。 原因不明。 届いた、『週刊文春』と『週刊新潮』を読む。 トップ記事は、両誌とも、改竄問題。 ほぼ同じ内容で、安倍政権と自民党の混乱と動揺を伝えている。 

 

安倍昭惠と元付き添い秘書で、イタリアの日本大使館に逃げ、匿われている谷査恵子両人の国会喚問で、安倍内閣は、ジ・エンド。

 

『哲学の歴史』第7巻の、「ヘーゲル」の項を6時まで読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で、駅。 今日は買い物せず、バスに乗り7時半に帰宅。

 

生ワカメと、昨日マルエツで買った、豚ロースステーキを焼き、千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割りと、レモンの水割り各一杯の、夕食。

 

BSジャパンで、「開運!なんでも鑑定団」。 見逃していた再放送だが、真贋見分け率60%でイマイチ。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から、「森友学園」疑惑に関わる、改竄問題。 麻生副総理の出来レース答弁と、自殺した近畿財務局塑担当者の遺書を短く報道。 本省(財務省)の佐川、元理財局長に全ての責任を負わせて、逃げ切る算段に協力している報道姿勢、が透けて見える。 街頭インタビューは、中立・公平の名のもとに、賛否両論併記的内容。

 

テレ朝、報道ステーション。 文書改竄追及報道は評価できるが、後藤謙次はいらない。 民放各社の、改竄報道を見る。 

 

右腰の痛みを和らげるストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:39
-, -, - -
断末魔に喘ぐ、安倍政権

3月13日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗い、マスクをかけて、気温11度の晴天下、今日は大学構内を通り、歩いて駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

机に座ってすぐ、『最新 差別語・不快語』の注文電話。 その後ファックス注文もあり、気を良くする。

 

新聞二紙を読む。 朝日新聞が、一面にどでかく白抜きで「財務省 公文書改ざん」の大見出し。 “天声人語”は、結びの言葉に、「未曽有(“みぞう”のフリガナ付き)の不祥事と呼ぶべきであろう」と、麻生財務大臣を揶揄。 2面、3面、4面と全面展開したのち、13面と14面全部使って、「森友問題 改ざんされた14文章」を、全文掲載しており、気合が入っている。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 

 

昨日の部落問題研究者から送信されてきた、論文の追加原稿を読む。 内容は、労働力商品の「差別化」について。 企業などで「商品の差別化」という言い回しで、よく使用されている表現だが、本来は、「個性化」とか「差異化」などの言葉を使用すべきだろう。 あえて、企業側=経営者の立場から、「差別化」の意味を論及している。

 

いつも読む、ツイッターやフェイスブックに、昨日国会前で繰り広げられた、「安倍やめろ」の抗議集会の模様がアップされている。 

 

安倍総理は、昨年2月17日の衆議院予算委員会で、「森友学園」疑惑との関わりを追及され、「私や妻が関係していたということになれば、これはまさに、私は間違いなく、総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」と、啖呵を切っている。 

 

この発言以降、獨崚“した改ざんが行われたことが、時系列的にもよくわかる。 安倍内閣の命運は尽きた。 自民党政治そのものの根絶こそが、いま問われている。 

 

もう一人忘れてはならな御仁がいる。 それは、今なお拘留されている籠池氏が、国会で最もあくどいと繰り返し名指しした、大阪府知事の松井一郎のことだ。 今日の大阪府庁での記者会見を突然、ドタキャンしたという。 盟友橋下にも見放され、小悪はすでに放心状態。

 

アマゾンから、弓立社に直接取引しませんかという、営業電話がかかってくる。 優しいソフトな言い回しで、「御社の商品の品切れ状態が長く続いており、直取引ならすぐ読者の手に届きますよ」と、ささやかれる。 検討させてくださいと返事をして、電話を切る。 アマゾン恐るべし。

 

近くのコンビニで、コロッケパン一個を買い、腹ごしらえして、6時過ぎに、事務所を退出。 安倍政権退陣要求の、国会前抗議行動に参加。 

 

議員会館前には労働組合などの旗が乱立し、千人近くが抗議の声を上げていた。 そこに部落解放同盟中央本部ののぼり旗を持った男が一人、アリバイ的行動。 周りがほとんど共産党系の労働組合という認識もなく、浮いていて間が抜けている。

 

首相官邸前では、ラップを派手に奏で歌いながら、市民団体が抗議行動。 両グループが呼応しながら、牋打椒筌瓮“コールが、永田町に響き渡っていた。 腰の痛みに耐え、8時前まで国会周辺をうろつき、地下鉄に乗って、9時前に帰宅。 

 

成城石井で買った、2割引きの刺身盛り合わせと生ワカメで、焼酎のレモン水割り二杯の夕食。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率70%で、イマイチ。 今回も招き猫ゲットできず。 

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から、安倍昭恵と森友学園の関係の深さを示す映像。 しかし、ゲストコメンテーターに、松井某。 そして、一日で元に戻った後藤謙次。 見るに堪えない。 官邸の意向を獨崚“する後藤謙次を、今こそ辞めさせるべき。

 

TBSの、NESW23など、民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:03
-, -, - -