RSS | ATOM | SEARCH
民進党・有田芳生議員と、神保町の夜

11月16日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温13度の晴天下、歩いて駅。 快速〜準特急〜区間急行で、何故か段取り悪く、立ち放しで、10時半に神保町。

 

意識鮮明な内に、昨日の原稿読みの続き。 近代=資本主義社会は、すべてを商品化する。 部落差別もまた“商品”化される。 従来の、“差別を商う者”とは位相が違ってきている。 近代は、次々と近代化を図っていかないと生き延びられない社会。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 引き続き、朱入れしながら原稿読み。 途中、弓立社の注文段ボール一箱梱包して、発送。 

 

昨日から各メディアがトップニュースで報じている、大相撲・日馬富士の暴行事件だが、今日のサンケイスポーツは、一面で貴乃花親方の不可解な行動について、大きく紙面を割いている。 貴乃花親方の行動は、事態を複雑にし、何か意図的なものを感じる。 基本は相撲協会内部で、とりわけ親方同士の話し合いで解決すべき事柄で、被害届を出す様な事案ではない。

 

5時過ぎに、第一回目の原稿読みを終える。 来年早々の出版に期待が持てる内容。 

 

6時に、神保町の小料理店で、民進党の参議院議員・有田芳生さんと数年ぶりに一献。 話題はもちろん、日本の行く末。 永田町と民進党、立憲民主党、そして・・・。(絶望の犂望の党“については一切話題にもならず) ヘイトスピーチ対策法の強化をも視野に入れた、人種差別撤廃基本法の取り組み状況について詳しく聞く。 

 

トイレに入って出てきたら、お店の常連さんと有田さんの会話が弾んでおり、有田さんの人気を知る。 さすが、参議院全国区選出議員。 我らの代表! 有田さんも私も、お互い、千代田区神田神保町で、人生40年。

 

二次会を、すぐ近くのショットバー。 ここで出会ってめでたくゴールインしたという、うらやましいほど、仲の良いカップル。 性格・気性の相性よりも、何よりも体型がマッチしているのではと、余計なことをしゃべって、お開き。 

 

有田さんに促されてお店を後にし、鈍行〜準特急で立ったまま、駅。 タクシーワンメーターで、11時に帰宅。

 

NHKBS、「世界入りにくい居酒屋」。 韓国の、明洞。 NHKも頑張ったと思う。 いろいろコメントしたいが、有田さんに御馳走になった、薩摩の芋焼酎牋忘竿“が効いてきて、睡魔に襲われ、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:政治, 10:42
-, -, - -
安倍政権での改憲、五里霧中

11月13日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温11度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。

 

メールのチェックをして、必要な返信。 土日に行われた、カウンター行動の映像を見る。 まだ全国で散発的ではあるが、ヘイト街宣が行われている。 

 

日本維新の会、大阪選出の代議士・足立康史が、朝日新聞の、加計学園疑惑の社説について、「朝日新聞 死ね」とツイッターでつぶやき、批判され炎上している。 元経済産業省の官僚という。 こんな輩が先の選挙で選ばれたことに、強い危機感を持つ。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 

 

高野孟さんの「インサイダー」は、安倍政権下での改憲は遠のいたという記事を配信しているが、一方、歳川隆雄さんのの「インサイドライン」は、来年8月の国民投票に向け、安倍政権は着々と改憲準備を進めているとの見立て。 “親米愛国”の矛盾した政治思想の中、混迷を深める安倍政権だが、改憲するのかは五里霧中。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 WIN5は、同じく第二レースを外し、4勝1敗だったという。 500万円馬券を逃し、お互いに慰め合う。 隔月刊競馬雑誌の、貴重なデーターをコピーさせてもらう。 

 

今週のG機Ε泪ぅ襯船礇鵐團ンも、デムーロなど外国人騎手で決まりと、意見の一致を見る。 武豊騎手は、フライデーのスキャンダルで、精神的に打撃を受けているので、期待できない。

 

昨日、行われた葛飾区の区議選で、都民ファーストから立候補した5人の内、4名が落選したという。 候補者調整を行っていれば、3名当選の可能性もあったが、いずれにしろ都知事・小池百合子の政治的影響力は急激に衰退している。

 

早め、6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストは地味な俳優の、温水洋一氏で、訪問場所は、石川県加賀市。 加賀百万石にも、九谷焼がある。

 

1割引きだが、美味しい5点盛りの刺身とワカメ+豚ロースを焼いて千切りキャベツで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 北朝鮮問題を延々20分。 

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:43
-, -, - -
トランプ騒動

11月6日(月)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時前に神保町。

 

午前中の、意識がしっかりしている時間帯に、明日の研修レジュメに書き込み作業。 行っている最中に、アメリカでまたしても教会が銃を持った男に襲われ、26人が死亡し負傷者多数のニュース。 

 

詳細はわからないが、アメリカ本土での銃射殺事件の激発は、銃規制の問題でも、精神的に病んで(トランプ発言)いる人の問題でもなく、社会的病理の問題。

 

12時半まで、根を詰めて作業を行い、準備万端。 「わろてんか」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞四紙を読む。 スポーツ紙は、手持無沙汰の記事だが、全国紙はトランプ来日と、「米閣僚、ロシア企業から利益」「租税回避地資料1340万件を入手」(朝日新聞) 「パナマ文章」に次ぐ「パラダイス文書」、末期金融資本主義の醜悪な実態と、取り締まれない国家の関係が見える。

 

三連休明けの、メールを読み返信。 溜まったいた、切り抜きの資料などに目を通していたら、5時の知らせが鳴る。 一日が立つのが早い。 6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、佐賀県武雄市で、ゲストは、ムロツヨシ。 さすがは、佐賀の武雄市だけに、陶器が素晴らしい。

 

ネギを加えて再加熱した、肉じゃがと自家製スパゲッティ・ポモドーロで、夕食。 デザートにメロン。 アルコールなし、三日目。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 すでに見飽きた、トランプ来日騒動。 マティス国務長官と同じく、米軍横田基地から入国したことの意味を問うべき。 「クローズアップ現代」、爛肇薀鵐廚離▲瓮螢はいま“。 白人貧困層の支持が固い背景に、雇用問題がある。 今回の訪日の最大の目的は、日米貿易赤字解消を理由にした、兵器の売り込みなど経済圧力。 

 

テレ朝、報道ステーションを見て、早め11時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:29
-, -, - -
小池百合子は、“希望の党”の代表を辞任すべき

10月25日(水)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨降る中、バスで駅。 区間快速〜準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

来月初めに行う、規模の大きい研修会の、パワーポイントが担当者から送られてくる。 映像をつくることが専門の会社だけに、いつも素晴らしいパワーポイントを、レジュメに沿って作ってくれる。 今回は特にレジュメで表現できなかった、図形が入っているので、有り難い。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 メールのチェックをしていて気が付いたが、迷惑メールが激減していて、今日は40通ほどしかない。 しかも迷惑ホルダ―に振り分けられており、いうことなし。 パワーポイントに最終的な朱を入れて、担当者に返信。 

 

立憲民主党と、昨日開かれた民進党の参議院議員を中心とした、議員総会の情報などを見て、永田町の動向を探る。  毎日新聞は、総選挙で民進党中心の野党統一候補が実現していれば、実に83選挙区で自民党敗北の可能性を数字でまとめている。 

 

安倍政権打倒という、その一点で結集し闘うことがなぜできなかったのか。 きちんと総括しなければならない。 少なくとも再来年には参議院選挙があり、その後の情勢いかんでは、衆議院解散総選挙も近い将来に予想される。

 

6時半に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 1割引きだが、文句なしに美味しい刺身の盛り合わせとワカメの刺身+鶏肉と牡蠣入りの鍋で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 希望のなくなった党の、議員総会。 小池代表は言葉が誤解を招いたとか、いろいろ弁解しているが、基本は民進党鞍替え候補者に対する、踏絵的政策確認書にある。 つまり政治思想と具体的な政策の反動性にある。 即解党するか、代表を辞任すべき。 小池百合子に言っておきたい。 「女だからダメ」なのではない。 人間の資質の根本においてダメだということ。 完全な自民党の補完勢力でしかない。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23などを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:53
-, -, - -
欺瞞的総選挙の不快な結果

10月22日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBS、サンデーモーニング。 戦争をできる国を目指すのか否かが問われている、総選挙について識者が話すも、事前に自民党圧勝が予想されているからか、今一つ盛り上がらない。

 

大雨の中、歩いて400M先の、川沿いにある小学校に投票に行く。 大雨の中、結構投票所に人が来ている。 川は増水し流れも早いが、マガモが二十数羽跳びはねて賑やか。 大型鯉の姿はさすがに見えず。

 

極太メンマと焼き豚入りの、自家製ラーメンで、昼食。 大雨に湧き水汲みを諦め、中央競馬。 泥んこ馬場で、ルメール騎乗の単勝1・2倍の馬が圏外に去るなど、もはや競馬ではない。 馬が可哀そう。 

 

WIN5は、予想困難で諦め、菊花賞の検討。 パドックで、歩様、馬体とも文句なしのキセキを追加して、ミッキーアイルを軸に三連複で勝負するも、大本命のミッキーアイルが道中掛かって、最後に脚が鈍り敗退。 いいとこなしで終了。

 

隣の精肉店で、豚肉を仕入れ、豚ニラもやし炒めで、夕食。 アルコールなし、四日目。 風呂に入って身を清め、開票報道に備える。 いつもより45分早い、「おんな城主 直虎」を見て、NHKの選挙特番。

 

いきなり自民党大勝予測のスーパー。 各小選挙区の情報を見る限り、民進党を中心とした野党統一候補を立てて戦っていれば、7割がた自民党に勝てている。 単純な、足し算引き算でわかる話。 有権者の20%以下の得票で6割の議席を得る、選挙トリック。 

 

自公+希望と維新を合わせれば、改憲勢力が優に三分の二の議席を超える。 九条を含め、憲法改悪が現実味を帯びてきた。 A級戦犯、前原を民進党から除名すべきだ。 

 

12時まで、選挙報道を見て、明日の台風に備え、就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:35
-, -, - -
東京22区 立憲民主党・山花郁夫候補

10月17日(火)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨降る中、すぐ来たバスに乗り、駅。 

 

駅前で、東京22区で立候補している、立憲民主党の山花郁夫候補の応援演説を、岡山から駆け付けた、江田五月元参議院議長が行っていた。 駆け寄る山花候補と握手し、激励。 区間急行で、10時半に神保町。

 

研修先の担当者からの意見を参考に、レジュメの再構成を行い、B41枚削る作業。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 引き続き、レジュメ作りに没頭。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきたが、忙しくて5分ほどの立ち話。 Kさんは、買い損ねたWIN5を、的中させたのではないかと思っていたとのこと。 

 

3時過ぎに、新たに構成を変えたレジュメを担当者に送信。 もう一件のレジュメも少し直し、パワ−ポイントの図柄に添えるキャプションに、考えをめぐらし、一応の形を付けて、本日打ち止め。

 

早め、6時前に事務所を退出。 直行電車で、駅。 夜も頑張っている、山花郁夫候補。 遠回りして、中級スーパー・マルエツに寄り買い物。 主な目的は、古くなった、湧き水用4ℓボトルの新品を買うこと。 ついでにチラシにあった、40%割引の和牛などを購入。

 

8時に帰宅し、 鯵の刺身とマグロの切り身落し+和牛を玉葱とニンニクで炒め、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 なんと真贋見分け率20%で、意気消沈。 総選挙の事前予想で、自公圧勝の報道に、直感も冴えない。

 

テレ朝、報道ステーション。 とくに論評するニュースなし。 後藤謙次だけが邪魔。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:47
-, -, - -
インサイダー、高野孟さんの総選挙に向けた、檄文!

10月16日(月)

 

朝、8時過ぎに起床。 夜中寒くてトイレに起き、冬布団を被って熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨降る初冬の寒さの中、来たバスに飛び乗って、駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 

 

思わず暖房を付ける寒さ。 週明けの事務仕事と、メールなどのチェック。 迷惑メールは、本数も減り(250通余り)、所定のフォルダーに振り分けられており、ホッとする。 

 

宅配便の支払いなどを済ませ、「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダと、おにぎり一個で、昼食 。

 

高野孟さんの、気合の入った「THE JOURNAL:Vol.311」―立憲民主党は「下からの民主主義」をめざす―を読む。 副題は、“日本的リベラルとは民権主義のことなのだ!”とある。 

 

リベラルとは、右派、左派の真ん中=中間(小池百合子はそれを「ド真ん中のフェアウェイ」と表現した)を意味するのではなく、立憲民主党の、枝野代表が言うように、「上から目線の政治ではなく、草の根からの、下からの民主主義」の思想であり、国権に対する民権だと強調する。

 

旧民主党の結党宣言(起草者は高野さん)を引用しつつ、リベラル、民権主義を分かりやすく解説している。 投票前に、是非読んでいただきたい、高野さんの政治的知性溢れる檄文。 

 

誤字を二つ見つけた。 一つは、中江兆民の「三粋人競輪問答」で、「粋」は「酔」、そして「競輪」ではなく「経綸」。 明治時代に競輪はやっていなかっただろうと、突っ込みたくなる(笑い)。 もう一つは、思わず胸が高鳴った。 「閑中忙話」に、「小林健治の『浅草料理捕物帖』」とある。 これは「小林健治」ではなく「小杉健治」の間違いだが、いつも新聞広告で「小杉健治」の名を目にするごとに、ドキッとしていたが、高野さんに間違ってもらい、光栄の至り! 

 

来月初めに行う研修の、レジュメ作りにエネルギーを注ぐ。 もっぱら文章削減とパワーポイント用の図形作成などだが、なかなか難しい。 東京一区で、立候補している海江田万里さんが、事務所の前を支持を呼びかけながら遊説。 今回の総選挙で初めての演説カー。

 

6時半まで、根を詰めて作業を行い、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時前に帰宅。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、滋賀県彦根市で、ゲストは「おんな城主 直虎」にちなみ、菅田将暉。 

 

2割引きの、刺身5点盛りと中トロマグロの厚い切り身+昨日のカレーの具で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 中トロマグロの正価を、400百円間違えていた(3と7の見間違い)ことに気付くも、美味しさに怒り湧かず。 しかし、一日寝かせたカレーのルーの美味しさは、ジャガイモやニンジンにアキレス腱の旨味が浸透して、格別。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 総選挙の世論調査。 何か意図的なものを感じる。 テレ朝、報道ステーション。 トップニュースは、総選挙情勢分析。 さすがと思うが、後藤謙次のコメントで、意味がなくなる。  民放各社の、選挙関連ニュース。 

 

都心10月、46年ぶりに15度を下回る寒さを確認し、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:政治, 08:44
-, -, - -
立憲民主党・枝野代表の大型ポスター

10月12日(木) 朝、8時半起床。 トイレにも起きず、8時間熟睡し、左腹の鈍痛と背中の放散痛も消えて、体調良し。 NHKは政見放送で、“あさイチ”は休止。 

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の薄曇りの下、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、取次請求書などの作成作業。 昨夜作った、研修用のラフ原稿に朱を入れ校正。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

NHKはまたしても政見放送。 神保町の紙屋の馬友・Kさんが、立憲民主党・枝野代表の大型ポスターをもってやって来る。 某大手印刷会社から入手したという。 事務所窓から外へ向かっては、印紙が貼ってないので、選挙違反になるというので、室内に貼る。 

 

今朝の朝日新聞や、毎日新聞、共同通信社などの総選挙の事前調査で、軒並み与党、自民党が改選議席を下回るどころか、実質上回るという結果に驚く。 民進党・前原と希望の党・小池の稚拙な政治行動が、悲惨な状況を生み出している。 残り10日、まだまだ闘いはこれからだ。

 

夕方、N社の担当者の方が見えられ、年明け初めに行う、人権研修の打ち合わせ。 いろいろと最近の差別表現事件について、意見交換。 

 

テレビ放送関係者から、昔の番組の中にある差別的表現について、「お断り」のテロップの相談メールが来る。 2件の問題のあるセリフについて、思うところを述べて返信。 2件の内1件は、なかなか考えさせられ、勉強になる。

 

7時に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 着く10分ほど手前で、土砂降りの雨にビックリするも、下車駅は雨無しでホッとする。 成城石井で刺身を買おうと思うも、値段と割引き率、そして質と量が、目に見えて落ちている。 牛角に買収されたと聞いたが、やはりと思う。 

 

いつものフードセンターで、5割引きだがそこそこの刺身の盛り合わせを購入。 バスに乗り、気温24度の中、8時に帰宅。 BS、ジャパンで、「開運!なんでも鑑定団」。 前に見たことがあったのに、真贋見分け率80%。 

 

刺身と餃子で、梅干し入り焼酎二杯の、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 沖縄・高江の米軍ヘリコプター墜落炎上を、今日も報道したことは評価できる。  テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次は要らん! 

 

NHKBSプレミアムで、狎こζりにくい居酒屋“イタリア・カプリ島。 15〜6年前に一度だけ訪れ、二泊したことがある、ナポリからフェリーで40分ほどの、地中海に浮かぶ風光明媚なイタリアを代表する観光島。 レモンの皮をウォッカに漬けた、度数30度のレモンチチェルは、飲みすぎに注意。

 

「わろてんか」、夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:43
-, -, - -
衆議院選挙最中に、沖縄・高江で米軍ヘリコプター墜落炎上

10月11日(水)

 

朝、8時半起床。 明け方、暑苦しくてクーラーをつけるも、熟睡できず。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温23度の曇天下、靄(もや)がかかった中、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

研修に向けての、新たなレジュメ作りに精を出す。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 どうも朝から、左腹に鈍痛があり、背中にも放散痛を感じる。 膵臓に異変かとも思うが、そんなに、飲酒量が増えているわけでもなく、ストレッチ体操をして、しばらく様子を見ることにする。

 

衆議院選挙・東京22区で、立憲民進党から立候補している山花郁夫前衆議院議員と共産党との間で話がまとまらず、共産党は地区委員長を立候補させた。 水面下で何があったかは知らないが、小選挙区で絶対に当選する見込みのない共産党候補を降ろし、なぜ当選の可能性のある山花郁夫に一本化できなかったのか、と思う。 

 

「希望の党」の本部事務所の所在地が、自民党東京第1十選挙支部の住所と同じことが判明。 お粗末すぎて、笑い話にもならない。

 

背中の鈍痛は続いているが、B4三枚+別紙資料(相模原障害者殺傷事件の特別レジュメ)のラフ原稿を作成し、本日打ち止め。 6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 

 

フードマーケットに行き、様子を見て、5割引きの刺身を買い、バスに乗り8時に帰宅。 NHK・Eテレで、生放送の「ハートネットTV」。 

 

千原ジュニアの司会で、「ゲイ」について、女装家でゲイのブルボンヌさんや、当事者が出演して討論。 視覚障害者とゲイの弁護士、そして身体障害者の女性の発言が、優しいが鋭い。 フジTVのとんねるずの「ゲイ」差別事件も取り上げ、「バリバラ」のような番組で、なかなか面白い。 

 

5割引きだが、あまりおいしくない刺身の盛り合わせと、昨日成城石井で買った、美味なハンバーグで、焼酎の梅干し入りお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭、沖縄は高江で、米軍のヘリコプターが墜落炎上した映像。 すでに夕方から、ツイッターで映像は流れていたが、NHKも無視できず。 しかし、3分で終わる。  北朝鮮の弾道ミサイル発射の期待も含め、衆議院を解散した安倍総理の狙いも空しく、米軍のヘリコプターが、それも沖縄の高江で墜落炎上するとは、安倍晋三の命運も尽きた感あり。 

 

しかし、NHKは9時40分まで、総選挙について全く触れず。 棄権率を高めたいのかと勘繰るが、あながち外れていないと思う。 郵便受けに、投票用紙が送られてきていた。

 

NHK、「ファミリーヒストリー」。 珍しく芸能人ではない、ノーベル賞の山中伸弥教授。 いい番組。 民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:51
-, -, - -
総選挙、雑感

10月8日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 TBS、サンデーモーニング。 総選挙の分析。 

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 水量鋭く、一本10秒で満杯。 市場で、有機人参ジュースを買い求めて、川縁を散歩。 昨日より10度は気温が高い。 短パンとアロハシャツで、快適。 初冬から初夏への気候変化。 川は、マガモのみで大型鯉の姿見えず。 

 

隣の精肉店で、出来たての焼き豚を仕入れ、自家製ラーメンで昼食。 焼き豚が美味い。 中央競馬、WIN5の検討に時間を使うが、なんと、締め切り時間を間違え、購入できず。 結果は、4勝1敗でハズレだったが、釈然としない。

 

郵便ポストに、選挙チラシが入っていた。 東京22区・立憲民主党から立候補している、山花郁夫。 山花秀雄〜山花貞夫と親子三代続く、社会党左派の伝統を受け継ぎ、希望の党に行かなかった。 一方、民進党を離脱し、都民ファーストから都議選に立候補して、今は都議会議長をしている尾崎大介の、思想的、政治的節操のなさが目立つ 。 尾崎大介の父親は、山花貞夫先生の秘書で、筋金入りの旧社会党左派。 山花郁夫当選に向け、努力したい。

 

のんびりと、夕方近所を散歩して、コンビニで、サンスポZBAT・競馬データーシートをマルチコピー機から取り出す。 豚肉の野菜炒めと厚焼き玉子+干物で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 朝の連ドラのメンバーが多い。  転寝1時間。 NHK・BSスペシャルで、「父を捜して〜日系オランダ人 終わりなき戦争〜」。 第二次世界大戦の時、日本軍占領下のインドネシアでのオランダ人(蘭印系)、の悲劇。 泰緬鉄道の過酷な労働。 オランダ人の反日感情が理解できる、秀逸のドキュメンタリー。

 

スポーツニュース。 六大学野球で東大が15年ぶりに勝ち点を挙げたという。 負けたのは立教だと思っていたら、なんと法政。 野球と学生運動の偏差値だけは、優っていたが、今や普通の大学になったのかと思う。 95年ぶりに、東大に勝ち点を与えた、法大野球部員は全員丸坊主にすべき。 

 

明日の中央競馬、WIN5の検討をして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:38
-, -, - -