RSS | ATOM | SEARCH
巨人 劇的サヨナラ勝ち

8月24日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 「なつぞら」一週間の、今日の部。 陽が照ってきたので、布団干し。 

 

多分気温30度以下の気候の中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜、側の精肉店で霜降り和牛の切り落としと鶏胸肉を買って、湧き水で喉を潤し、川縁を散歩。 

 

水濁り、大型鯉の姿は見えないが、蝉は元気に鳴いている。 さほど汗をかかずに帰宅するも、肩が凝って熱中症もどき。 狢臙呂鮗蕕覯“で購入したパンを焼き、自家製ブルーベリージャムと目玉焼きを添えて、淹れたてコーヒーで昼食。 

 

ゆっくり、「なつぞら」昼の部。 午睡1時間。 神保町の馬友・Kさんから勧められた、今までほとんど購入したことのない、ワイド馬券の投票方法の練習。 確かに的中率は60〜70%近くで損はしないが大当たりもない。 昔で言う「タバコ銭」を稼ぐにはもってこいの投票術。 そこそこのプラス収支で終了。 

 

肉じゃがと鶏肉と胡瓜モミで、冷酒二杯と自家製ハイボール一杯。 NHKニュースは、韓国の軍事情報協定破棄問題だが聞くに値しない、韓国憎しの偏向報道。 

 

珍しく、NHK総合放送で巨人対DeNA戦。 丸の2本塁打などで楽勝かと思ったが、8回に3点差を逆転され、9回裏になんとか同点にして延長戦。 延長11回裏、若手・石川のサヨナラツーランホームランで劇的なサヨナラ勝ち、マジック20が点灯。 本当にいい試合で土曜日の夜が輝き、気分爽快!

 

11時からNHK・EテレのETV特集。 先ごろ再審請求が棄却された「三鷹事件」。 引き込まれ「なつぞら」夜の部を見るのを忘れる。

 

日テレでは、恒例の「24時間テレビ 愛は地球を救う」をやっているが、NHK・Eテレが12時からバリバラの「愛の2・4時間テレビ電話相談室」で、「感動ポルノ」批判番組。 なかなか面白い、2時半まで見て笑い、ストレッチをして3時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:36
-, -, - -
夏・甲子園・決勝

8月22日(木)

 

朝、8時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 「なつぞら」朝の部、後半から。 シャワーを浴びて、気温25度、小雨降る中、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時に神保町。 

 

山口祐二郎さんの、ネトウヨにすり寄る既存右翼批判の原稿校正に取り組む。 12時半に本文の3回目の校正読み終了。 カットすべき項なく、5頁削減できず、このままいくしかない。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

メールなどのチェックをして、2時に、夏甲子園決勝、石川・星稜対大阪・履正社戦。 元広島の達川(広島商)の始球式で緊張がほぐれたところで、プレーボール。 

 

履正社の打撃力恐るべし。 星稜・奥川投手の、150K超えの直球をきっちり打ち返し、3回にはスリーランホームラン。 星稜もよく打ったが、如何せん履正社の打力が上回った。 中一日で疲れもあっただろう、奥川投手に決め球がない点も衝かれた。 5対3で、履正社が甲子園初優勝を飾る。 見応えのある、本当にいい試合で、あっという間の2時間半だった。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、小型バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレワンセット。 なんとエキスパンダーの金属バネが一本千切れ左胸を直撃。 痛いが、25年も使っていれば金属疲労も起るということだろう。 代替バネを装置し再開。

 

刺身2点+冷凍餃子を焼いて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯で、夕食。 NHKニュースが、韓国が日本と結んでいた軍事情報交換協定の破棄を決定したことを緊急報道。 慌てふためいて韓国を非難しているが、安倍政権の稚拙で拙劣な外交政策の結果でしかない。 

 

北朝鮮がミサイルを発射しても、以前はアラートを鳴らし学校で避難訓練をして危機感を煽っていたが、今は軽井沢でゴルフ三昧。 現実味のない脅威煽動パフォーマンスは、完全に破たんしている。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 日韓問題について、政治部の岩田・安倍政権御用記者のネトウヨ的解説に耳をふさぎたくなる。 逆に言えば、それほど安倍政権は動揺しているということだろう。 一方で、対馬丸の悲劇についてはきちんと報道。 スポーツニュースで、今日巨人戦があったことを知る。 テレビ中継なし。

 

テレ朝、報道ステーション。 韓国の軍事情報協定破棄については、NHKと50歩100歩。 後藤のコメントに胸糞が悪くなる。 早く辞めさせるべき。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:02
-, -, - -
夏・甲子園・準決勝

8月20日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温28度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半前に神保町。 

 

いま編集中の新刊本の参考書籍を探すため、断捨離を逃れた本を棚に戻す作業。 しかし、目当ての本が見つからず、古書店に渡してしまった可能性大で、ガックリ。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏胸肉の照り焼き入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞を読んで転寝をしていると、神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せ、先週の反省。 Kさん、またしても100万円配当のWIN5を4勝1敗で逃すも、馬連・ワイドが好調で大幅プラス収支だったのでご機嫌。

 

福島県の元高校野球球児でピッチャーをしていたKさんと、準決勝、石川・星稜対岐阜・中京学院大中京戦を、Kさんの解説を聞きながら、星稜の圧勝試合を最後まで見る。 星稜の奥川投手は、153Kの直球を繰り出し、7回2安打無失点、10奪三振のすばらしい投球。 明後日の決勝戦が楽しみ。 ツーシームについて教えてもらうも、理解できず。 Kさんはピッチャーをしていただけに、大船渡高校の監督には同情的。

 

ストップウォッチ付き腕時計が壊れたので新品をアマゾンに注文。 格安の中国製スポーツランニングウォッチが届くも、説明文が英語で何ともならず起動するまでに時間を取られ、消耗。

 

今日は原稿読みができず、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温27度、バスに乗り6時半に帰宅。 プロ野球巨人vs中日戦は地上波・BSとも中継なし。 どうなってんのかと思う。

 

3割引きの刺身4点盛り+和牛の切り落としを焼き、千切りキャベツを添えて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 テレ朝で、お笑い特別番組。 それなりに笑えたが、千鳥とサンドイッチマンがいないとやはり盛り上がりに欠ける。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率は高かったものの、プレミアムは的中せず。 テレ朝、報道ステーション。 女子のスポーツクライミングがなかなかいい。 注目を集め人気競技になる可能性大。

 

今日届いた『週刊現代』を読む。 女子プロゴルフの渋野日向子特集はなかなか良い。 姉と妹は岡山の名門、旧制六高の朝日高校出身(妹は3年生)だという。 日向子選手は身体能力もすぐれ、才色兼備。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 再放送のNスぺ、「昭和天皇の新資料発見」。 ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:48
-, -, - -
渋野日向子選手凱旋

8月6日(火)

 

朝、8時に目覚める。 8時15分、74回目の広島原爆忌の今日、市役所の防災スピーカーから、原爆被災者を悼み黙祷の呼びかけ。 

 

8時半、35分遅れの「なつぞら」朝の部を見ようとテレビを付けるが、画面には広島で心のこもらない文章を読む、傲岸不遜・安倍晋三。 予定時間を遅らせて「なつぞら」。 わざと安倍の映像を「なつぞら」にぶつけた感あり。 

 

豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温33度の炎天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 『被差別部落の真実』(小早川明良著)の採用注文が入り気分を良くする。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ報知は、一面と最終面ぶち抜き、さらに中面も含め6面カラー紙面で大特集。 どのページにも渋野選手に触れている。 サンスポも同じように大々的に紙面化している。 

 

朝日新聞は一面左に渋野スマイルカラー写真付きで大きく栄誉を称える記事。 ブルゾンちえみが、渋野と同じ岡山の小学校の先輩だと知る。 民放各局が、凱旋帰国する渋野選手を羽田空港で待ち構えLIVE中継。 空港でのインタビューを1時間見る。 郷土愛の強さが印象的だが、ほとんど岡山訛りはなかった。 

 

5時に、やっと対談原稿に朱入れ作業開始。 6時半に、神保町の中華料理店で日経新聞社のIさん、筑摩書房のMさんと、恒例の暑気払い。 皇室話題で盛り上がる。 勢いついて、歩いて20Mの小宮山書店狃餾“。 大ママが元気で応対してくれ、頼みごと。 

 

12時まで、皆で痛飲し、最終電車で駅。 タクシーに乗って1時に帰宅。  渋野選手の余韻ひたり、ストレッチをして、2時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:57
-, -, - -
全英オープンを制した渋野日向子選手一色

8月5日(月)

 

朝、8時半起床。 睡眠時間5時間で寝不足気味だが、昨日深夜、渋野選手の全英女子オープンでの歴史的快挙をLIVEで見られただけに体調は良い。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温32度の炎天下、小型バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

気温19度の最強に設定したエアコン全開で、38度ある事務所内を冷やす。 有り難い直注文、段ボール一箱梱包して発送。 山口祐二郎さんの原稿校正3回目に集中。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せ、900万配当のWIN5を、最終レースで外したという。 夏競馬の格言、穴狙いは牝馬と芦毛(色の白い馬)で、最終レースは白馬が重賞初制覇。 今回はかなり落ち込んでいる風だったが、慰めの言葉が見つからない。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 ツイッターとFBを時間をかけて読む。 愛知の「表現の不自由展」中止の反響が大きい。 とくに主催者・津田大介氏に対する評価が分かれている。

 

書籍の断捨離二袋。 引き続き、原稿読み。 10頁削減して3回目の校正読みを終える。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井とパルコで買い物をして、気温35度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

ヒラメの板刺身を切って、冷酒二杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 豚肉とイカ入り自家製焼きそばで夕食を締める。 

 

ニュースが、全英女子オープンを制覇した渋野選手を大きく取り上げれている。 とくにグリーン手前に池がある12番・パー4を、他の選手がきざむ中、果敢にドライバーでワンオンを狙いバーディーを取った攻めのチャレンジゴルフに魅せられた。 昨夜は、解説者の樋口久子さんの的確な解説とコメントが視聴者を引き付けた。 渋野選手のスポンサー企業は、岡山のRKB・山陽放送でTBSのネット局。 深夜の中継はテレビ朝日。  

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 夏休み企画の、年に1度の海外編で、訪問先はニュージーランド。 ゲストは、「なつぞら」で再ブレーク中の貫地谷しほり。 

 

NHK、ニュース9〜テレ朝、報道ステーション。 報ステは、冒頭から30分渋野日向子選手に単独インタビュー。 山陽放送のキー局・TBSも冒頭からで、日テレは台風情報の後。 各社とも破格の扱い。 渋野選手は、明日凱旋帰国するが、取材合戦で大変なことになるだろう。

 

BS、プレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:07
-, -, - -
大船渡高校に抗議電話殺到

7月27日(土)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 冷凍の青汁を天日で溶かす。 1ヵ月振りの晴天に寝具干し。 ムッとする熱気。 

 

産地直産市場前の湧き水汲みの段取りをしていると、急に曇り小雨が降り夏布団が濡れる。 しばらくしてまた陽が射し、布団干し。 天候の急変に振り回される。

 

多分気温32度の湿式サウナ状態の中、市場で新鮮野菜と酵母パン、側の精肉店で鶏胸肉、豚ロース、和牛の切り落としを、いつもより少なめに購入。 暑いと肉は、冷蔵庫に入れていても廃れる。 野川は大型鯉の動きが鈍い。 アブラゼミが3匹ほど力なく鳴いていたが、さすがの冷夏に蝉も地中から出られず。 

 

シャワーを浴び大汗を流す。 「なつぞら」昼の部を見ながら、豚まんとカレーパンを淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

サンスポとスポーツ報知二紙は期せずして一面トップで、大船渡高校の佐々木投手を投げさせなかったことについて。 星稜・松井を5連続敬遠した高知・明徳義塾以来の抗議電話が大船渡高校に殺到しているという。 電話回線はパンク! 

 

しかし、サンスポの競馬予想コラムを執筆している、高橋源一郎さんは、「大船渡高校には抗議の電話が殺到しているとか。なんじゃ、そりゃ。ただでさえ『根性』が優先される、時代遅れの高校野球の中で、敢然と『選手ファースト』を貫く、大船渡の監督にはリスペクトしかない」と、数少ない全面擁護。

 

部屋の片付けをして、午睡。気がつけば4時。 明日の中央競馬の専門紙と会員の酒屋で焼酎を買って、また大汗をかく。 渇いた喉を白ワインで潤し、部屋の掃除。

 

大振りの鯖の南蛮漬けと枝豆、+素麺少々で、冷酒と鉄瓶焼酎の水割り各一杯で、夕食。 NHKで、ブラタモリ。 北海道の地名はほとんどが、先住民族アイヌの言葉。 

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 タケシは一切発言せず。 吉本ではないナイツがネタにして、大爆笑。 大船渡高校野球については、元報徳のエースで4番、近鉄の金村が、投げさせなかったことを、小気味よく一刀両断。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部を見て、ストレッチ。 グリーンチャンネルで、明日のWIN5の検討をして、1時半に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:28
-, -, - -
陸上・日本選手権 男子100M決勝

6月28日(金)

 

朝、8時起床。 間接冷房で熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 「なつぞら」、朝の部の後半5分見て、シャワーを浴び、気温26度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で、10時半に神保町。

 

角岡伸彦さんから送られてきた原稿を読み始める。 本当に文章がうまい。 G20のせいで5分遅れの、「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

NHKは、G20での安倍首相のパフォーマンスを大写しで、政権のイメージアップに加担。 そういえば首相動静欄に、関ジャニの村上信五が安倍首相にインタビューとある。 本当に人気取りだけで参議院選挙を乗り切ろうとしているいやらしさが鼻につく。

 

午睡30分。 引き続き原稿読み。 某週刊誌の副編集長から、マスコミ志望の大学生を対象としたセミナーを行うので、そのひとコマの担当を依頼され即OKする。 研修内容は、「マスコミと差別」的内容でいいという。 某テレビ局の知人から、メールで異動の知らせ。 親しくしていただけに、一抹の寂しさを感じる。

 

エアコン23度弱でも蒸し暑い事務所を、5時に退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温31度、小型バスに乗り、6時半に帰宅。  筋トレ、ワンセット。 

 

ヒラメの刺身とカツオのたたき+鯵の南蛮漬けで、冷酒2杯と昨日の鉄瓶から錆を含んだ焼酎のシークヮーサー入りの水割り一杯。 焼き飯少々で、夕食を締める。

 

満を持して、BS〜NHKで、日本・陸上選手権。 男子やり投げに、懐かしのディーン元気の姿を認める。 男子800m、イケメンの高校生・クレイアローン竜波が、1分46秒59の高校新記録で優勝。 恐るべし高校生! 女子100M決勝は、道産子・恵庭高校の御家瀬緑が土井杏南を抑えて優勝。 

 

無茶苦茶盛り上がったところで、男子100M決勝。 予想通り、サニブラウンアブデル・ハキーム選手がぶっちぎりで優勝。桐生が根性を見せて2着。 タイムは、10・02と遅かったが、湿度が高すぎ空気抵抗が大きく9秒台は無理。 福岡の会場は満員で、陸上競技が注目を集めているのは喜ばしい。 久しぶりにアスリートの血が騒ぐ。

 

NHKの、首都圏ニュースが相模原市も、罰則規定を持つヘイトスピーチ禁止条例を制定するとの報道。 喜ばしい限り!

 

テレ朝、報道ステーション。 サニブラウンアブデル・ハキームの快走。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:46
-, -, - -
サニブラウンアブデル・ハキーム選手

6月27日(木)

 

朝、10時半起床。 居間の冷房を付けっ放しにして、熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温28度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、12時過ぎに神保町。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。  角岡伸彦さんから、待望の原稿がメール送信されてくる。 百田尚樹批判がメインの、『ノンフィクションに騙されるな』(仮題)。 

 

高野孟さん、山口祐二郎さん、そして角岡伸彦さん、いずれもモナド新書で出版予定。 この3点同時発売で今年は勝負! 大学教授から送られてきた持ち込み原稿を読み終えて、出版は難しいとの一文を添え、原稿を返送する。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り6時半に、気温26度、雨がちらつく中、帰宅。

 

NHK・BSで、陸上日本選手権。 男子100M準決勝。 サニブラウンアブデル・ハキーム選手の走りに、驚嘆! タイムは10秒05だったが、中盤以降の圧倒的な走りは、ウサイン・ボルトを彷彿させる。 

 

明日夜決勝が行われるが、桐生、ケンブリッジ・飛鳥、多田、飯塚は、すでに競争相手ではない。 ハキームが日本新記録を出すかどうかだけに興味がある。 しかし、アメリカでどんなトレーニングを積んできたのか知りたい。

 

ヒラメの板を切って、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯。 アンチョビと茄子入りのスパゲッティ―で、夕食を締める。

 

NHKの、「クローズアップ現代+」。 外国人留学生を食い物にする、東京福祉大学などの詐欺行為を徹底追及。 「ノーナレ」の技能実習生の奴隷労働と言い、無茶苦茶な外国人受け入れ政策。 良い、悪いがはっきりしている、NHKの番組。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。  。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:42
-, -, - -
NBAドラフト・八村塁

6月21日(金)

 

朝、8時半起床。 8時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の晴天下、小型バスで駅。 またしても人身事故で遅れている区間快速で、15分遅れの10時半に、神保町。 座れただけ昨日よりはまし。

 

娘の応援を得て、会計実務と保険料などのめんどくさい経理作業。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

八村塁がNBAドラフト1巡目9位で指名されたことを知る。 日本バスケット界の快挙。  机上の整理をし、切り抜きとプリントアウトした資料読み。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温25度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

7時に日テレで、セパ交流戦、巨人vsソフトバンク。 NHKの、「チコちゃんに叱られる」と交互に見ていたが、不甲斐ない8対2でチャンネルを変える。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 八村塁のドラフト一巡指名を大きく報道。 アフリカ・ペナン出身の父親と日本人母親は英語を話せるが、当人はずっと日本語(スポーツ店おばちゃんは、富山弁と言っていた)しか話せなく、アメリカ留学3年で英会話をマスターしたとのこと。 NBAを目指せと強く薦めた、中学校時代のバスケコーチの携帯に塁選手から電話があり、その涙に感無量!

 

テレ朝、報道ステーション。 八村塁。 何度見ても感動する。  大坂なおみを、日本人と認めないという既成右翼にどう思うか聞きたい。 大坂なおみ、サニブラウン・八キーム、そして八村塁はスポーツを通じて、多文化共生の日本文化を表現している。 楽天のオコエ・瑠偉も忘れてはいけない。

 

八村塁のニュースをいろいろ見て、BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:55
-, -, - -
日ハム・吉田輝星、プロ初先発初勝利!

6月12日(水)

 

朝、9時起床。 寝過ごし。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温22度の曇天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 ドアtoドアで40分の最速。 

 

朝から鼻水とくしゃみが止まらず、花粉症もどきで天気と共に、鬱陶しい。 原稿読み。 「なつぞら」、昼の部。 気になっていた、ヒロインなつの妹の消息。 竹輪入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

『週刊金曜日』の副編集長・Iさんが来られ、相談事。 偽造・捏造・安倍晋三の話。 引き続き、原稿を読み進め、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温21度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

BS・テレ東で、巨人vs西武戦。 思い出して、BS・NHKで金足農校の吉田輝星が、プロ1軍初先発する、日本ハム対広島戦。 

 

キレのあるストレートで、5回1失点で勝ち投手の権利を得た吉田。 9回1点差2死1塁2塁、カウントツースリー。 テレビカメラは、ダッグアウトの不安そうな顔の輝星を映し続ける。 強烈なサードゴロで、日ハムが逃げ切ったが、本当に緊張したゲームで、吉田投手が初勝利をものにした、見応えのあるいい試合。 吉田輝星は絵になる投手。 取りあえず巨人も勝ってめでたし。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 不可解な殺人事件二つ。 生活保護を受けている、55歳の男が交際していた40歳の女性を、役所のケースワーカーと一緒に殺害。 50歳の女性眼科医が23歳の山形大生に鈍器で殺害された事件。 いずれも動機が分からない。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:49
-, -, - -