RSS | ATOM | SEARCH
巨人、山口14奪三振・完投勝利

4月17日(火)

 

朝、9時起床。 花粉症は少し和らぐ。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温13度の曇天下、歩いて駅。 

 

新しい通勤路の脇には、音楽大学があり、楽器を持った大勢の女子学生(男子も少しいる)とすれ違う。 華やいだ雰囲気に気分も爽快。 区間急行で、11時に神保町。 

 

鼻水とくしゃみはかなり改善されたが、まだタオルが手放せない。 新聞三紙を読む。 防衛省のイラク日報隠ぺい問題〜財務事務次官の居直り〜秘書官の証人喚問問題。 安倍総理はアメリカ・フロリダで、極悪人・トランプとゴルフに興じるという。 スポーツ紙も大きく報道しているが、文字通り政治の世界は世も末。

 

「半分、晴れ。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 今週、著者が上京し、二日間にわたって、校正した原稿を前に討議するが、その前にと、追加原稿がかなり送られてきたので読む。 

 

著者の遠縁にあたる古老にインタビューした、起こし原稿が面白い。 もう一つは、ナショナリズム及び生産関係、さらにケガレと近代部落差別との関係の有無を論じた研究論文で、少し専門的な内容。

 

注文電話もぽつぽつ入り、夕方には、かなり花粉症の症状も緩和され、ひと安心。 雨が降り出したので、小降りの6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時過ぎに帰宅。 

 

NHK、ニュース7。 安倍総理が訪米。 疑惑の中心、妻・昭恵と柳沢秘書官も同道。 三人で疑惑からの逃避行。

 

2割引きのカツオの刺身と、隣の精肉店で買っていた豚ロース(家人から日曜日に4個買っていたと教えられる)に千切りキャベツで、レモン入り焼酎の梅干し三杯の、夕食。

 

7時半から、BS・TBSで、巨人対DeNA戦。 先発山口の、14奪三振の完投勝利にしびれる。 3対2の逆転勝ちで、久しぶりに溜飲を下げる。 これで菅野が本領を発揮すれば、夏までに首位奪取は固い。 巨人の進撃に、酒も進み気合が入る。 辛い出来事もあるが、気分が高揚する 。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率60%で、今一つ。 テレ朝、報道ステーション。 文春砲に撃たれた、新潟県知事の、女性問題での辞職報道。 ようわからん!

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:23
-, -, - -
春選抜高校野球決勝

4月4日(水)

 

朝、9時起床。 暑くて寝苦しく、睡眠不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。

 

新聞三紙を読んで、汗が引くのを待つ。 NHKの連続テレビ小説、「半分、青い。」が高校野球決勝戦のため、30分繰り上げで、12時15分から昼の部が放送される。 それに合わせて、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+チョコボール7個で、昼食。

 

12時半、大阪桐蔭対智辯和歌山の決勝戦プレーボール。 両校とも緊張しているのか、イージーミスが得点につながる展開。 しかし、随所でプロ野球並みの見事なファインプレーもあり、レベルの高い決勝戦だった。 

 

大阪桐蔭の根尾投手は、連投(昨日99球)にもかかわらず、140Km台の速球を武器に、140球投げ切り、昨年に次いで2年連続優勝投手となる。 決勝戦にふさわしいいい試合だった。 両校に拍手を送りたい。

 

 9月に発刊予定の、被差別部落像のコペルニクス的転換を予言させる新刊本(モナド新書)のラフ原稿ができたので、読み始める。  6時半までに第一章を読んで、朱入れ加筆して、本日打ち止め。 

 

直行電車で駅。 フードマーケットで、刺身以外の買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 ボイルしたホタルイカと豚肉ともやしの炒め物で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

BS、TBSで巨人vs中日戦。 今一つ巨人に元気がない。 NHK、ニュースウォッチ9。 そのまま、「クローズアップ現代」で、狄考Ц文書改竄“問題、誰がなんのために、を見る。 まずまずの内容。

 

10時25分から、テレ朝、報道ステーション〜日テレ〜TBS。 今日は、メジャーリーグの大谷翔平選手ののホームランがメインで、他のニュースは影が薄い。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:16
-, -, - -
高校野球〜プロ野球・巨人戦

4月3日(火)

 

朝、9時起床。 9時間トイレにも起きず、熟睡。 体調良し! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の薄曇りの中、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

応援に来ている娘に、精算と若干の支払いなどの、会計作業を行ってもらう。 高校野球準決勝第一試合、東海大相模対智辯和歌山戦。 延長10回、乱打戦を制した智辯和歌山が勝利。 準決勝にふさわしい熱戦。 

 

NHKで、出だし好調の、「半分、青い。」、2回目昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 空腹感があり、チョコボール5個で、糖分補給。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ二紙は、メジャー二刀流で、1勝を挙げた大谷投手の活躍に、99年ぶり、ベーブルース以来と、大紙面を割いている。

 

増刷に向け、『最新 差別語 不快語』を読み進める。 途中から、準決勝第二試合、大阪桐蔭対三重戦。 見ごたえのある投手戦を、延長12回大阪桐蔭がサヨナラ勝ちで制す。 明日の決勝が楽しみだが、どちらも延長戦を闘っており、ピッチャーの疲れが心配。

 

引き続き、『最新 差別語 不快語』を読み進める。 6時に本日打ち止めにして、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井でりんご酢などを買う。 刺身は買わない。 バスに乗り、7時半に帰宅。

 

BSフジで、巨人vs中日戦。 31日にマツダスタジアムで行われた、広島vs中日戦で、外野の中日ファンが、広島に「原爆落せ」のヤジ。 差別ヤジに批判が集中。 そんな低レベルファンがいる、中日ごときに負けるわけがない。 上原も投げて、完勝。

 

フキノトウと鶏胸肉のから揚げを作り、レモン入り焼酎のお湯割り二杯。 イカ入りチヂミで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 オスプレイを米軍横田基地に5機配備のニュースにはびっくりした。 東京の空域権は米軍が握っている。 オスプレイが首都圏を飛ぶのも時間の問題。

 

テレ朝、報道ステーション。 加計学園の入学式。 NHKは好意的に長々と報道していたが、テレ朝は、短く批判的に触れただけ。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:20
-, -, - -
巨人が開幕戦で負けた理由

3月31日(土)

 

朝、8時起床。 「わろてんか」、最終回をじっくり見る。 いい連続テレビドラマだった。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンとさつま揚げの袋詰めなどを買って、川縁を散歩。 満開の桜が、そよ風に揺られて花びらが舞う、絵になる光景。 

 

川岸は、地域住民の花見宴会の準備シートで埋まっている。 大型鯉も優雅な姿を見せている。 気温も高く、最高の花見日和。

 

豚まんと酵母パンにバターを塗って、淹れたてコーヒーで昼食。 新聞三紙を読む。 

 

昨夜の東京ドーム開幕戦、エース菅野の乱調で巨人が負けた原因が判明。 なんと安倍総理が、老獪・ナベツネ氏に手を引かれ、観戦していたこと知る。 事前に知らされて、監督を含め選手全員のやる気が失せた結果が、昨夜の悪夢の試合だったということだ。 疫病神の安倍総理など呼ぶのは、スポーツを愚弄する行為。

 

サンスポ、犂展辛口“が、桜田淳子の芸能活動再開に異を唱えている。 霊感商法などのいかがわしいカルト宗教で、自民党極右のサポーターでもある、旧統一教会の信者を辞めているわけでもない桜田淳子の復帰画策は、政治的邪悪さが透けて見える。

 

土曜競馬。 食中りの影響下、直感冴えず、マイナス収支で終了。明日のWIN5で、一発逆転を狙う予定。 

 

高校野球第四試合、松井秀喜の母校・星稜(石川)対近江(滋賀)戦。 延長10回の裏、星稜が劇的な逆転サヨナラ勝ち。 いい試合! 

 

隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツ+コロッケを仕入れ、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、サタデースポーツで、巨人の今季初勝利を確認して、早め11時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:56
-, -, - -
東京ドーム 巨人vs阪神開幕戦

3月30日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、晴天下、バスで駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

新聞三紙を読む。 スポーツ紙は、今日から始まる、セパ・プロ野球開幕戦特集。 さらに大リーグが今朝から始まり、 見出しに、日米野球開幕 朝から晩まで野球の日、とある。

 

明日で終わりを迎える、「わろてんか」。 敗戦からの、吉本復活で、大団円。 自家製さつま揚げ入り野菜サラダで、昼食。

 

春の古本祭りをやっているというので、古書店街を渉猟。 秋の古本祭りの30%程度の出店で、あまり興味ある本はなかった。

 

事務所に戻ると、大阪の畏友から電話。 昨今の政治情勢に憤懣やるかたない怒りの愚痴を聞く。 それでも、この閉塞した政治状況を突破すべく、立憲民主党に何とかやってもらわないとと思う。

 

ペットボトルに焼酎を仕込み、途中にあるプチ“マルエツ”でつまみを買って、いざ東京ドーム、巨人vs阪神開幕戦。 記念のオレンジタオルをもらい、すでに超満員の球場に入り声援を送る。 

 

巨人のエース菅野は、若干太目残り。 開幕戦を楽しんで、地下鉄水道橋〜神保町で乗り換え、直行電車でいつもの駅。 15分待って遅いバスに乗り、11時前に帰宅。

 

パルコフードマーケットの、29日(肉の日)の大安売り日に、買った5割引きの和牛ステーキを焼いてつまみにし、焼酎の水割りで、開幕試合の憂さを晴らす。 

 

金曜日の遅い、TBSニュース23など、民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:00
-, -, - -
甲子園に美声響き、球春!

3月23日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 春選抜甲子園開会式を少し見る。 “君が代”を独唱した女子高生は、美しいソプラノの声で、球場を魅了した、圧巻!。 シャワーを浴びて、気温13度の晴天下、歩いて駅。 区間快速で、11時に神保町。

 

参議院法務委員会で、有田芳生議員がヘイトスピーチ規制法に関連して質問したことを知る。 ネット上のヘイトスピーチの規制と、理念法であるヘイトスピーチ対策法に、(救済や罰則など)実効性ある法整備を求めた。 

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 今週は腰の痛みと花粉症に悩まされた。 マスクと鎮痛の塗薬と湿布で、症状はかなり改善されたが、まだ油断はできない。

 

『週刊文春』を読んで、午睡30分。 高校野球第三試合、瀬戸内(広島)対明秀日立(茨城)戦を後半から見る。 初出場の明秀日立が、9回表劇的な逆転劇で甲子園初勝利。 初日から、いい試合をしている。

 

7時前に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコのフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

ボイルしたホタルイカと餃子で、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 アメリカの鉄鋼輸入制限。 

 

メキシコ、ドイツ、韓国が対象国から外されているにもかかわらず、しかも、対米従属爛櫂“として頑張っていた、安倍日本は関税対象にされている。 株価は、1000円近く下落して、週明けには2万円を割る事態も予想される。 安倍内閣支持率も30%を割りそうで、株価と支持率だけが生きがいの、安倍内閣はすでに死に体。 甲斐性があるなら、橋本龍太郎元首相に倣って、アメリカの債権を売ると吠えるべし。

 

サッカーで、ニュース放送がないテレ朝。 TBS〜日テレの遅いニュース&スポーツを見て、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:24
-, -, - -
平昌オリンピック閉幕

2月25日(日)

 

朝、10時起床。 花粉症を抑える薬のおかげで熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

新聞二紙を読む。 朝日新聞もサンスポも、一面トップは新種目、スピードスケート、マススタートで金メダルに輝いた、高木菜那選手。 やはり銅メダルよりも金メダルが紙面トップを飾るのかと思う。 (サンスポは、最終面で全面、朝日も一面左側と中面では大きく女子カーリングの銅メダル快挙を取り上げている)

 

曇り空の肌寒い中、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 後ろで待っていたおばさんと会話。 早く汲みあげポンプを直し、岩の割れ目から汲みたいとの意見で一致。

 

市場で、有機野菜を大量に買い込み、川縁を散歩。 マガモの群れが分散しながらも川面を泳ぎまくっている。その数三十数匹。 大型鯉の魚影は、水が澄んでいるにもかかわらず、一匹も見えない。

 

パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 午睡の後、中央競馬。 WIN5は初戦敗退で、2勝3敗。 ルメールとデムーロに裏切られ、終わったと思っていた小牧騎手にしてやられ、高配当を逃し、意気消沈。 それでも二日間の収支は、かなりのプラスで終了。

 

隣に住む若い夫婦が、明日引越しするのでと、菓子折りを持つて挨拶に来る。 保育園に通う子供二人の四人家族で、賑やかで明るい隣人だった。 

 

夕方、風呂にゆっくり浸かり、一人三連休の疲れを癒す。 自家製カレーライスの具をつまみに、焼酎のレモン入り水割り二杯で、夕食。 

 

NHKで、平昌冬季オリンピック閉会式。 途中、大河ドラマ「西郷どん」を見て、引き続き閉会セレモニー。 閉会挨拶が長すぎる。 

 

10時から、フジMr、サンデーで、オリンピック名場面集。 今日の東京マラソンで、26歳の設楽選手が、マラソン日本新記録。 2時間06分11秒は立派。 

 

民放の遅いスポーツニュースをハシゴして見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:09
-, -, - -
女子スピードスケート500m、小平奈緒 金!

2月18日(日)

 

朝、9時過ぎに起床。 どうも身体が重たい。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢一杯。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の水汲み、4ℓボトル×2本。 岩盤からの、本来の湧き水は水圧ポンプが故障したままで、水量薄く役に立たない。 早く直すべきと思う。 

 

市場で、八朔と新鮮野菜などを大量に買い、マガモとシロサギが遊泳している川を眺めて、両腕の筋トレ。 バターを塗った酵母パンを、淹れたてコーヒーで、昼食。 オリンピックは夜の女子スピードスケートの500mに注目。

 

午睡の後、日曜中央競馬。 WIN5は、3勝2敗で敗退するも、手応えあり。 これで400万円の配当なら、今年中に実現の可能性はある。

 

夕方から、部屋の中に山積みしていた段ボール箱(いかに通信販売の商品を買っているかということ)を、事務所で行う解体作業と同じ要領で、大型カッターナイフで切り裂き、ガムテープで留め、梱包。 結構汗をかく。 髭を剃り、ゆっくり湯船に浸かって、極楽。

 

6時に、昼間隣の精肉店で仕入れていた、極上の倏六匹“と熱々のローストンカツとメンチカツで、レモン入り焼酎のお湯割り三杯で、夕食。 

 

テレビは、NHKも民放も、羽生結弦一色。 サンスポは、昨日に引き続き1面から4面(最終面も)まで羽生特集。 朝日新聞も、社会面まで羽生一色。

 

7時の、NHKニュースで、元東京地検特捜部部長の石川達紘氏(78歳)が、白金で起こした交通事故(相手は死亡)を大きく報道している。 アクセルとブレーキを踏み間違えたということだが、高齢者の運転の危うさを指摘し、免許返上を推進するのは是とするが、大きく報道する姿勢に何か意図的なものを感じる。

 

8時から、NHKで「西郷どん」を見て、TBSで、スピードスケート女子500m、小平奈緒。 見事な滑りで、金メダル。 独占中継のTBSは、局アナと、元メダリストの岡崎朋美、そして元スマップの中居。 

 

一週間オリンピックを見ていて感じるが、生中継では、局の担当アナウンサーと経歴のあるオリンピック選手だけでは感動が伝わらない。 場を盛り上げ臨場感を演出するには、タレント(とくにお笑い系)が欠かせない。 

 

フジ、Mr、サンデー。 ほぼリアルタイムで、小平選手のスピードスケート500m金メダル速報。 昨日の、羽生結弦の金メダル演技を見る。 数えてないが、20回は見ていると思う。 女子のフィギュアにも期待したい。

 

NHK、サンデースポーツ〜民放のスポーツニュースをハシゴ。 1000m銀では流さなかった、小平の涙に、このオリンピック、500mに賭けた思いを見る。 12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:02
-, -, - -
氷上のキング・羽生結弦

2月17日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢一杯。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本、蛇口から注水。 市場で酵母パンとさつま揚げの袋詰めなどを買い、川縁を散歩。 河岸の浚渫工事を行っているためか、水濁り生物の影が薄い。

 

豚まん二個で、昼食。 NHKは、「わろてんか」昼の部も飛ばして、フィギュア男子フリースタイルを、気合を入れて実況中継。 羽生結弦が感動の演技で金メダル。 宇野昌磨もこけたものの銀メダルを獲得し、ダブルメダル。 羽生結弦は、氷上のキングとなった。 見ているだけで疲れたが、今日の夜のニュースは大変だろう。 

 

土曜競馬に挑むも、集中できずマイナス収支で終了。  夕方、コンビニに行くが、昼と違って、異常に寒くなっている。 夕刊を広げて驚く。 ほとんどの紙面が羽生選手の金メダル報道。 2時ごろに金メダルが決まったにもかかわらず、よく記事にできたと思うが、なんとなく号外の拡大版に思えないこともない。 しかし、今日は許してもらえるだろう。

 

6時に夕食。 ベッタラ漬けと脂ののった天然ブリの照り焼きに、鮭の粕汁で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 

 

7時から、テレ朝で、羽生選手の金メダル演技を振り返る。 そのまま、年老いたレジェンドのラージヒル。  10時から、TBSで、タケシのニュースキャスター。 インタビューの生中継もあり、羽生結弦一色。 

 

国民栄誉賞の羽生(はぶ)に勝った、将棋の藤井聡太もかすみ、羽生に始まって羽生で終わった一日。12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 12:23
-, -, - -
氷上のプリンス・羽生結弦

2月16日(金)

 

朝、9時15分起床。 明け方寒くて睡眠不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢。 顔を洗って、気温7度の晴天下、歩いて駅。 区間快速で、11時15分に神保町。

 

応援に来ている娘が、TBSで、平昌オリンピック・男子フィギュアスケート、ショートプログラムを見ていた。 期待の羽生結弦選手の登場は2時前になるという。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞二紙を読んで、男子フィギュアを見ていたら、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやってきて、娘と三人で羽生選手の芸術的な演技を鑑賞。 

 

Kさんがフィギュアスケートにも詳しいことにビックリしたが、明日の決勝フリースタイルは、後楽園の場外馬券売り場にいるので、LIVEでは見ないという。 馬券師の徹底ぶりにも驚かされる。

 

しかし、3ヵ月休養明けにもかかわらず、羽生結弦の演技は素人目にも光っていた。 氷上のプリンスの名にふさわしい卓越した技術と精神力の賜物。 明日は気合を入れて、応援したい。

 

昨日頂いた、野間易通著『実録 ・レイシストをしばき隊』(河出書房新社)を7時まで読んで、本日打ち止め。

 

『実録』は、本当にドキュメンタリータッチで、文句なしに面白い。(映画のシナリオを読んでいるような臨場感に溢れている) 何より旧来の犧戸“あるいは犹毀映”による、政治闘争、社会闘争と位相を同じくしながら一線を画し、近代個人主義の文化闘争的要素が、意図せずしかも愉快に語られている。 著者はノンフィクション作家のセンスも備えている。 

 

7時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、9時に帰宅。 

 

近所の酒屋に焼酎を買いに行き、夕食。 生ワカメと三点1080円の中華総菜をつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から羽生選手をメインに宇野昌麿選手との、二人の演技を繰り返し流す。まるでスポーツニュースのようだが、怒る視聴者はいないだろう。

 

テレ朝で、スキージャンプ、男子ラージヒル。 レジェンド葛西の応援。 今一つ盛り上がりに欠ける。

 

NHK〜民放のオリンピックニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:12
-, -, - -