RSS | ATOM | SEARCH
大相撲、照ノ富士優勝

8月2日(日)

 

朝、8時起床。 6時間半熟睡で、体調回復。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース一杯。 晴天に寝具干し。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 新型コロナ感染拡大に、だんまりを決め込む、安倍政権。 ゲストコメンテーターの青木理さんが、安倍首相に、辞められたどうか、と思い切った発言。 日曜日のこの番組を見ることによって、爆発しそうな政治的怒りのマグマが、抑えられる。

 

陽が陰った頃合いを見計らって、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×、今日は2本。 市場で買い物をせず、野川縁を散歩。 幼子を連れた家族が十数組、バーベキューやシートを敷いて、ピクニックしながら川遊び。 梅雨明けを待っていたかのように、蝉の鳴き声も姦しい。

 

新聞三紙を読む。 なんとサンスポは、巨人の若き4番・岡本の満塁ホームランが一面トップ。 一方スポーツ報知の一面は、新型コロナ感染が明らかになり、試合が中止となった西武とソフトバンクのこと。 一瞬見間違えたのかと思う。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 一息入れて、中央競馬。 WIN5はまたしても時間切れで購入できず。 買っていれば3勝2敗。 札幌のメインレースと新潟の最終12レースのワイドを厚めに的中させ、そこそこのプラス収支で終了。 新潟の最終レースは、大外15番・8歳の古馬で勝負に出て正解だった。

 

サン・ドラックで、生活必需品の買い物をして、大相撲千秋楽。 苦労人・照ノ富士が、横綱相撲で御嶽海を寄り切り、5年ぶりの復活優勝を、幕尻で決める。 排外主義で凋落しつつある、角界を救うモンゴル出身力士。

 

風呂に入り、和牛を焼き千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り焼酎の水割り一杯。 自家製ポークカレーで、夕食を締める。 窓外に、明日か明後日、満月になる、少し赤身が掛かった月が、ぽっかり浮かんでいる。 味わいのある風景。 

 

9時からNHKスペシャル、「沖縄戦最後の1か月―沖縄”出口なき“戦場」。 NHKのニュース番組は酷いが、Nスぺは本当にいい番組を作っている。 米軍に投降して生き永らえた、司令部の元軍人に違和感を持つが、それも番組制作者の意図だと思う。

 

〜サンデースポーツが、ゲストにリモート出演で照ノ富士を迎え、今場所優勝までの苦難の道のりを語る。 巨人が広島にボロ負けしたことを知る。

 

MHK、韓国宮廷ドラマ、”100日の郎君様“。 展開もよく、なかなか面白い。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 11:09
-, -, - -
大相撲とプロ野球

7月31日(金)

 

朝、10時起床。 6時半にトイレに起きたものの二度寝して、体調回復。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース一杯。 

 

小雨降り、湧き水汲みを諦め、新聞三紙を読んで、三日ぶりに風呂に入る。 しかし、今月雨が降らなかった日があったかと思うほどの、長梅雨に心にカビが生えそう。 自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。

 

再放送の「エール」再々放送。 なぜかまた面白くなってきた。 気温29度、バスに乗って、駅。 区間快速で、神保町。 2時半に歯科医院。 定期診察前に検温。 来週また行くことになる。 

 

三省堂書店に行き、新刊と新書の棚を見て回るも、読みたい本はなかったが、なんとレジ前の一番いい棚に面出しで『最新 差別語 不快語』が置かれていて、ビックリし感謝! 

 

神保町の編集プロダクションの、Kさんを訪ねるも留守、というよりコロナでテレワークかと思う。 かっての帰りの電車に乗って駅。 駅前広場にあるベンチに座って、しばし休憩。 パルコフードマーケットで刺身を買い、バスに乗って5時に帰宅。

 

大相撲、照ノ富士対朝乃山の、新旧大関一敗対決で、事実上の優勝決定戦。 照ノ富士が寄り切りで、貫禄勝ち。 照ノ富士は、大関からケガで序二段まで落ちて這い上がってきた、モンゴル出身の苦労力士。

 

こちの薄切りとヒラメの刺身で、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 トウモロコシと自家製ピラフ風焼き飯で、夕食を締める。 

 

BS・日テレで、巨人対広島戦。 先制されたものの、何とか逆転し、2対1で逃げ切り。 巨人の畠投手はなかなかよかったが、5回カープ・會澤への頭部危険球で、一発退場。 これは手が滑ったとしてもダメ。 會澤が大事にいたらなくてよかった。 畠の初勝利はお預け。 NHKの、”チコちゃんに叱られる“は、明日朝見ることにして、最後まで気合を入れて応援。 5時から9時まで、スポーツ観戦して、気力充実。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 NHKが新型コロナ感染拡大で、珍しく少し突っ込んで西村大臣を追及。 報ステの、コメンテーター・野村はいらない。 スポーツの、三段跳び双子の高3女子はいい。 遅い、TBSのニュース23〜日テレ、zero。 

 

ストレッチを入念にして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:51
-, -, - -
東京ドーム・巨人対DeNA戦

7月28日(火)

 

朝、9時起床。 エアコンのおかげで、熟睡。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース一杯。 湧き水汲みと思うも、小雨が降っているので、諦める。 あまりにも長い梅雨にあきれる。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が、”憲法を考える“特集で、「ヘイト規制 表現の自由と両立は」との題で、川崎市のヘイトスピーチ規制条例施行を踏まえ論を展開しているが、イマイチ。 終わりの方で師岡康子さんなどの意見を載せてはいるが、基本は表現の自由に傾いている。 ヘイトスピーチは差別的憎悪煽動であり、議論の前提として表現問題ではない。 朝日新聞はヘイトスピーチを「憎悪表現」と捉えているところに、そもそも問題がある。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 再放送の「エール」再々放送。 酒屋に寄って焼酎二本購入。 今日の東京ドームでの野球観専用のドリンク作り。 

 

3時過ぎにバスに乗り、駅。 銀行に寄って、区間快速で神保町。 駿河台下のスポーツ用品店で、20数年ぶりにランニングシューズを買う。 結構高いが昔と比べ、女性用、男性用などバラエティーに富んでいる。 

 

10分歩き、5時半に東京ドームで孫娘と待ち合わせして、コンビニで買い物。 入場する前に、新型コロナ感染対策で連絡先を書き込んだカードを提出。 巨人応援シャツをもらう。 

 

6時に巨人対DeNA戦プレイボール。 先発菅野が球数は多かったが、好投し5連勝。 5000人限定の有観客試合で、ミットに収まるボールの音、球を打つバットの音に臨場感がある。 坂本、岡本と打つべき役者がホームランで、いい試合だった。 球場内ではアルコールの販売なく、一人シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、優越感を味あう。 

 

試合後、孫娘にせかされドーム隣接の野球グッズ店で買い物をして、地下鉄後楽園駅でお別れ。 地下鉄に乗ると、なぜかそのまま、直行で白金台駅。 

 

20年近く住んだプラチナ通りを下り、なじみのショットバー"カフェカルヴァ”。 常連の、博報堂を定年退職したIさんと、しばし談笑。 相変わらず歳と色気を感じさせないママも元気。

 

勢いついて、"モレスク”〜”甚六”など、昔の縄張りをはしごして、シェフとオーナーと楽しい会話。 5年前までの、毎夜の風景。

 

多分3時過ぎには帰宅して、寝たと思う。 以後記憶なし!

author:小林 健治, category:スポーツ, 14:33
-, -, - -
箱根駅伝を目指す陸上部員

7月21日(火)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、7時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り有機トマトジュース一杯。 

 

スポーツ新聞をん読んで、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場のベンチで10分待って、パンを納品に来た、いつものおばさんに付いて、食パン二斤購入。 いつもありがとうございます、と声を掛けられる。 野川には、美味しそうなマガモがにぎやか。 

 

朝日新聞を読んで、自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 “GoTo”トラベルならぬ、「”強盗”トラブル」と、世間は揶揄するも、本当にコロナ対策に関しては、後手後手の行き当たりばったりの政策で、朝令暮改。 安倍政権は、完全に執行権力としての能力を喪失している。 

 

共同通信の世論調査で、赤木雅子さんが訴えた「森友学園」疑惑の再調査をすべきは、82%。  再放送の「エール」昼の部の再々放送を見て、疲れているのか午睡1時間。 

 

5時まで読書、気温27度の蒸し暑い中、ジョギング4Km。 武蔵野の森公園には、大学の陸上部の選手が30数人、一周750mのコースを20回近くランニングしていたが、さすがに速い。 柔軟体操をして、ゴール付近で走り終えた選手の一人に声をかけ、T大学の箱根駅伝を目指している選手達と知る。 今年は惜しくもシード権を失い、予選会から箱根に挑戦するという。 頑張ってくださいと声をかけ、歩いて帰宅。

 

風呂に入り、汗を流し、足を揉み、待望のシークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、消費したエネルギーと水分を補う。 昨日のイカ刺しの残りと、最高に美味なイカの天婦羅で、焼酎の炭酸割り追加一杯。 豚ロースの照り焼きに千切りキャベツを添えて、夕食を締める。

 

NHK、ニュース9。 スポーツニュースで、巨人がエース菅野の力投で、中日に完封・完投勝利し、7連勝したことを知る。 地上波もBSも中継なしで、いったいどうなっているのかと思う。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 キャスターの星浩も覇気がなく、ヤキが回っている感じ。 ストレッチを入念に行って、エアコンを付け、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:05
-, -, - -
高校野球の都道府県試合

7月20日(月)

 

朝、10時起床。 寝るまで履いていた、ふくらはぎの加圧ソックスが逆効果になったのか、夜中3度もトイレに起き、寝過ごす。 

 

顔を洗っただけで、急いで産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 目当ての鮮魚問屋で、白イカ二杯ゲットでき、ホッとする。 市場で胡瓜とモヤシを買い、すでに30度近い蒸し風呂のような野川縁を歩いて帰宅。

 

豆乳と有機人参ジュース一杯。 新聞三紙を読む。 各紙に、いつもの夏の甲子園大会の予選と同じような扱いで、、都道府県独自の試合結果が載っている。 岡山の我が母校も一回戦を突破。 岡山トップの進学校・旧制六高の岡山朝日対、第二の進学校・岡山操山の試合は、朝日が偏差値勝利。 それにしても女子高だった就実(マラソンの有森裕子の母校)の名前を見て、共学になったのかと驚く。 高校名を見ているだけで、故郷が偲ばれる。

 

酵母パンを焼き、自家製ブルーベリージャムを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 新聞を読み終え、週明けのメールとツイッターなどの点検。 アマゾンからは大量の納品依頼メール、そして書店からも注文ファックスが結構あり、週明け上々の出足。 

 

溜まっていた雑誌を片っ端から読み飛ばし、5時半にジョギング3Kmするも、息苦しい。 柔軟体操をして、風呂に入り、シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、生き返る。 待望の白イカの刺身に、舌鼓を打つ。 本当に美味い。 自家製冷やし中華で、夕食を締める。 

 

NHKで、「ファミリーヒストリー」。 ゲストは俳優の鶴見辰吾で、父方・母方双方ともなかなか面白い先祖。  テレ朝、報道ステーション〜TBS,ニュース23。 GoToキャンペーンで外された東京都。 旅行のキャンセル料を、当初の方針を3日でひっくり返し、政府が補償するとの赤羽国交相。 本当に、公明党にしては人相が悪い。

 

ストレッチを入念にして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:35
-, -, - -
白イカの刺身と天婦羅で、巨人3連勝

7月16日(木)

 

朝、8時半起床。 涼しい! “ためしてガッテン”のおかげで、夜中トイレに起きることなく、熟睡。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

10時前に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 7月半ばだというのに、半袖、半ズボンでは寒い。 鮮魚店の問屋で、少し小ぶりの白イカ二杯、1500円で購入。 市場で、一個残っていた小型の食パンとトウモロコシを買って、野川縁を散歩しながら帰宅。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ報知は、巨人の対カープ戦連勝と、年俸650万円の戸郷投手の力投を称える一面だが、サンスポは、なぜか大リーグ・マー君の“もう大丈夫”。 

 

朝日新聞は、「夫の自死真相を知りたい」と、森友改ざんを訴えた、赤木雅子さんの法廷陳述などを、全6面で、それぞれ詳しく紙面化している。 法廷陳述は全文。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 再放送の「エール」再々放送。 午睡30分。 5時まで読書。 速歩で、武蔵野の森公園に行き、ジョギング4Km。 相変わらずサッカー場はにぎやかだが、野球場には誰もいない。 

 

柔軟体操をして、風呂に入り、足を揉み、シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、喉を潤す。 白イカの刺身に、高野豆腐、そして白イカの天婦羅。 本当に美味! シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食を締める。 

 

地上波テレビが凍結したので、CSで迂回して、BS・朝日で巨人対広島戦。 なかなかいい試合で、ホーム・マツダスタジアムでの3連敗を免れたい堂林のホームランなど、カープの粘りが、巨人三連勝に花を添えた。 

 

NHKは、CS経由でも見れず、テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 GoToから東京都が除外。 小池都知事の怒りを報道しているが、もっと報道すべきは新型コロナ患者を受け入れ経営が悪化し、500人近い看護師が、夏の一時金平均55万円がなく、退職を表明している危機的な医療現場の実情。 一方で、トランプのポチ・安倍は、ステレス戦闘機105機、2兆4800億円で買うという。 徹底批判の報道をすべき。 

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:12
-, -, - -
プロ野球開幕、巨人vs阪神

6月19日(金)

 

朝、9時起床。 クーラーを付けずに寝たものの、夜中に暑くて目が覚め、寝不足気味。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

昨夜から降り続いていた雨が、小降りというか少し止んだので、間を衝いて急ぎ産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓ×1本。 市場でトマトと食パン一斤ゲットし、形の良いキャベツを買い、裏の鮮魚店で、雨でお客が少ないとの大将の嘆きを聞いて、烏賊二杯。 誰もいない野川縁を歩くも、半ズボンに半袖では寒く、汗もかかず。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は一面トップで、自民党の河井議員夫妻逮捕。 解説で2600万円に上る買収資金と、自民党本部から送金された1億5千万円との関係について。 安倍首相の補佐官として活躍していた、夫の前法務大臣・河井克行との関係を考えれば、おのずから流れは見えてくる。 現役首相を逮捕できれば、日本の検察は蘇る。

 

いつもの、自家製豪華なサンドウィッチを、淹れたてコーヒーで、昼食。 昼寝もせず、ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 ほぼ仕上がったが、“検閲”を受けた後に月曜日にアップの予定。 近畿地方で頑張っている解放運動の若い衆から電話があり、長話。 とにかく頑張れとエールを送る。

 

夕方、雨止まず、やむなくジョギングを諦め、日テレで、待ちに待ったプロ野球開幕戦、エース・菅野先発の巨人vs阪神戦を見ながら、筋トレ3セット。 最後のエキスパンダーで力尽き、風呂に入る。 

 

風呂からでると、4回裏で巨人1点ビハインド。 野球を注視しながら、烏賊の刺身と自家製ゲソとアジの南蛮漬けで、シークヮーサー入りの水割り一杯。 気合を入れて、巨人の応援。 阪神の先発・西に2得点されたのは情けないが、シーソーゲームを吉川の逆転ツーランホームランで、巨人が初戦を飾り、菅野が勝ち投手で、気分も爽快。 しかし、競馬は無観客でも違和感はないが、野球は応援(チアガールを含む)と歓声が欲しい。 炊き込みごはんで、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 金曜日のコメンテーター、野村の安倍政権擁護の冗舌に、あきれる。 TBSで、ニュース23。 憲政史上初の前法務大臣逮捕について詳報。 森永卓郎は意味不明のコメント。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:17
-, -, - -
ウォーキング〜ジョギング〜ランニング

6月5日(金)

 

朝、9時起床。 夜中3時にトイレに行き、明け方6時にもトイレで起こされ、睡眠不足気味。 原因は白ワインかと思う。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

早めに産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で待望の食パン一斤ゲット。 早く行かないと売り切れる。 それにしても暑い。 湿度の高い30度超えで、真夏の雰囲気。  新聞三紙を読み、自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 「エール」、昼の部。 

 

持続化給付金の窓口となっている、幽霊・トンネル団体、サービスデザイン推進協議会のいかがわしさが、あらわになってきた。 ほとんど経産省の官僚と結託した電通が仕組んだ公金(税金)ピンハネ組織。 官邸を牛耳っている、今井首相補佐官など経産省官僚の、公金横領利権集団の仕業。 徹底追及すべき。

 

夕方、ジョギングを止めてウォーキング。 両足の太ももの張りがひどく、無理せずウォーキング30分で、大汗をかく。 運動のランクは、ウォーキング〜ジョギング〜ランニングで、1Kmの時間の目安は、それぞれ、10分、6分30秒、4分30秒。 アスリートだった高校時代は、1000m走、3分×5本、400m走、60秒×10本のインターバルトレーニングに励んだ。

 

筋トレワンセットして風呂に入り、極楽。 シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、のどを潤す。 ヒラメの刺身、カボチャ煮、冷ややっこで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 自家製変則お好み焼きで、夕食を締める。

 

NHK、ニュース7。 速報で流れた、亡くなった拉致被害者家族会の横田滋さんの緊急追悼番組。 安倍首相が青いリボンバッジをつけて哀悼の辞をぬけぬけと話すのだろうが、吐き気がする。 家族会にネトウヨが増えないことを願う。

 

「チコちゃんに叱られる」。 NHK、ニュース9。 『週刊新潮』。 TBS、ニュース23。 横田滋さん死去と、拉致被害者問題を政治利用しているだけの、安倍政権批判。 そして、持続化給付金をめぐる不可解な引き受け団体問題をきちんと報道。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:22
-, -, - -
ジョギングの目的

6月4日(木)

 

朝、9時起床。 6時にトイレに起きた後、暑くて寝られず。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 晴天に布団干し。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ紙は二紙とも、巨人の坂本と大城選手の新型コロナ感染が一面全てだが、微妙に表現が違う。 サンスポは巨人批判が強いが、スポーツ報知は“微陽性”で開幕に影響ないとの記事。(その後の検査で、坂本、大城選手とも陰性が確認された)

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で、食パンが売り切れていたので、炊き込みご飯パックを買う。 野川縁はのんびりした風景。 岩海苔の吸い物を付けて、炊き込みごはんで、昼食。 「エール」、昼の部。 

 

午睡をしていると、段ボール3箱運んできた、佐川急便に起こされる。 開封して棚に収める作業に汗が噴き出る。 汗をかいたついでに、筋トレワンセット。  書店からは、相変わらず注文より返品ファックスの方が多いが、気になるのはアマゾンからの注文が激減していること。 

 

新型コロナ禍の論考と『フーコー・コレクション4』を読んで、5時からジョギング。 足が重く、息もきつく、4Kmの予定を3Kmに変更。 柔軟体操は入念に行い、風呂に入り足を揉み、極楽。 

 

ジョギングの目的は、身体を鍛え健康増進は建前で、シークヮーサー入り氷炭酸焼酎(鹿児島の芋焼酎“桜井”)を美味しく飲むためだが、手段と目的はそれなりに一致している。 インターハイを知っている身としては、“ジョギング”と“ランニング”表記の微妙な違いにこだわっている。

 

ほうれん草のお浸しと焼きナス+根菜のケチャップ煮で、チリの白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 自家製の豪華な卵焼きを添えた冷やし中華で、夕食を締める。

 

7時前、窓の外に、満月間近の月が、うすい茜色に染まった雲の上に輝いている。 そういえば引っ越して1年半、窓の外に見える月はいつも満月前後だった。 団地を造った技術者の配慮かと思う。 明日が楽しみ。 

 

NHKニュース7は、アメリカの黒人差別に抗議する映像は詳しく流すが、国内のクルド人に対する渋谷警察の暴行逮捕には触れないし、持続化給付金の幽霊(トンネル)会社問題にも一切触れない。 電通の力恐るべし。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 アメリカの黒人差別抗議行動と、中国の天安門事件を同等に報道。 全く内容が違い歴史的意味も違う政治的事件をごちゃ混ぜにした報道に、別に中国の習近平体制を支持しているわけではないが、政治的意図を感じる。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から、都知事の小池百合子が新型コロナ感染者は新宿ホストクラブ関係と名指し批判。 ローランド、今こそ怒れ! 富永のコロナ感染を20分以上流す必要はない。

 

BSプレミアムで、「エール」夜の部。 TBS、ニュース23。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:26
-, -, - -
雨中ジョギング

5月28日(木)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 晴天に布団干し。 

 

新聞三紙を読む。 スポーツ報知は6月19日に開幕するプロ野球の、巨人特集。 巨人の勝敗が販売部数に結び付くので、気合が入っている。 サンスポは、ダービーウィークの特集記事に全力。 サンスポの野球の記事はどちらかというと、反巨人で阪神びいき。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で食パン一斤とワサビを購入。 野川縁はのんびりしている。 レタス、トマト、生ハム、卵焼き入りの分厚いサンドウィッチを、淹れたてコーヒーで、昼食。 「エール」、昼の部。 本当に面白くなってきたのに、6月末でいったん休止とは残念。  筋トレワンセットして、午睡30分。 

 

ミシェル・フーコーコレクション4『権力・監禁』(ちくま学芸文庫)を読み始める。 インタビュー記事が多く、思ったよりわかりやすい。  三上治さんが送ってくれている、『流砂』(批評社)18号。 新型コロナウィルスの緊急特集。 読ませる論考が多い。 旧ブンドは知識人が豊富だが、吉本隆明信望者が多いのには閉口する。

 

夕方にわかに天候悪化し、雷鳴とどろく中、ジョギング敢行。 いつもより1Km短い3Kmで切り上げ、柔軟体操。 びしょ濡れの身体を風呂で温め、極楽。 シークヮーサー入り氷炭酸水割でのどの渇きを潤していると、陽が照ってきた。 

 

胡瓜の胡麻和えと鯵の南蛮漬けで、焼酎のお湯割り二杯。 自家製スパゲッティーミートソースで、夕食を締める。 中1の孫娘とLINEで会話。 娘が介入して実務的な話になる。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション、 北九州市の北橋健治市長。 学生時代は、旧民社党で学生運動をしていた珍しい経歴の持ち主。 テレ朝、報道ステーション。 『週刊新潮』。

 

BSプレミアムで、「エール」夜の部。 TBSで、ニュース23。 中国の全人代で香港統制法案可決。 香港の反中運動の内実(階級構成)があまり報道されていない。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:53
-, -, - -