RSS | ATOM | SEARCH
池江璃花子選手が白血病

2月12日(火)

 

朝、8時15分起床。 どうも風邪気味で身体が固い。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 雲一つない気温5度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

冷え切った部屋を暖めるのに時間がかかる。 三連休明けのメールのチェック。 年賀状の整理を手伝いに来ている娘に、パソコン画面変調の修復を頼む。 なんとか以前の状態に戻りひと安心。 しかし、インスタグラムにアクセスはできない。 

 

「まんぷく」、昼の部。 新聞が休刊日なので、少しNHKで、衆議院予算委員会を見る。 安倍首相の論点をずらした嘲笑うかのような答弁。 完全に野党は舐められている。 国会の空洞化は著しいものがある。

 

水泳の期待の星・池江璃花子選手(18歳)が白血病に罹っているいることを公表。 残念で慰めの言葉も思い浮かばない。 しかし不治の病ではなく、現代医学で治癒は難しくないという報道に救われる。

 

午睡を30分して、少し疲れが取れる。 『客室乗務員』本の原稿修正箇所をメールでやり取りして、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温7度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

大手メディアから、過去の映像にある差別的な部分について意見を求められる。 1980年代初めに高視聴率を記録していたバラエティー番組の中での人種差別的な表現だが、お断りテロップを出して済む内容ではなかった。 しかし、ほんとうにこんなひどい人種差別的な振り付けが高視聴率番組で行われていたことに驚愕する。

 

鶏胸肉のから揚げと自家製焼き飯で、白ワインと梅干し入り焼酎のおゆ割り、各一杯の夕食。 テレ東で、「開運! なんでも鑑定団」。 真贋見分け率20%で、惨敗。 身体の不調が感性を鈍くしている。

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKのニュース7もそうだったが、トップニュースはいずれも池江璃花子選手の白血病について。 日テレ、ZEROは冒頭から25分間、池江選手。 ゲストが神の無慈悲を嘆いていたが、同感。

 

「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:18
-, -, - -
大坂なおみ選手の快挙一色

1月27日(日)

 

朝、9時起床。 明け方、謎の低周波音に悩まされる。 加湿器を付けっ放しにしていたことが原因かとも思うが、睡眠不足。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

連日の雲一つない冬陽を全身に浴びて、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で、酸化防止剤を使用していない牋翕ワイン”の白などを購入。  晴天続きで、野川が干上がってきていて、マガモがいるだけで、大型鯉の姿が見えない。 往復2Km、いい運動になる。 汗ばんだシャツを着替え、風邪対策。 炊き込みご飯と吸い物で、昼食。 

 

サンケイスポーツはもちろんだが、朝日新聞も大坂なおみ選手の全豪オープン制覇を一面トップで大きく報道。 社会面で25日付けの大坂選手の発言内容の訂正記事。「日清広告、『関心ない』」」の記事が間違いだったという。 おかしいと思っていたが、単なる英語の誤訳では済まないだろう。 

 

サンスポも朝日も爛▲献∪初“(4大大会連続優勝と世界ランキング1位)と訳のわからん形容詞で、微妙な表現。 日本人初とは言えないのだろう。 大坂なおみ選手のお父さんはハイチ人で、彼女の心はアメリカ人。 彼女曰く、「私は私」。

 

中央競馬。 気合を入れたWIN5は、7頭立ての初戦を3頭買って外れ、3勝2敗。 メインレースも惜敗で、見せ場なくマイナス収支で終了。 大相撲で34歳の玉鷲が優勝。 皮肉にも、モンゴル出身力士。

 

ゆっくり風呂に入り極楽。 自家製ポテトサラダと豚ロースの塊を切って焼き、千切りキャベツを添えて、井筒ワイン(旨い!)とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯の夕食。

 

7時の、NHKニュースのトップは、猴“2020年で活動停止。 朝のワイドショー並み。 サンデースポーツは、大坂なおみ選手の戦いを詳説。 フジ、Mrサンデーのトップは、大坂なおみ全豪優勝から猴”活動停止に急遽変更で、延々1時間近く放送。

 

ハマりにハマりまくっている、NHKの韓国時代劇ドラマ、「オクニョ 運命の女」、を見て12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:01
-, -, - -
正月三日・箱根駅伝復路

1月3日(木)

 

朝、8時半起床。 雲一つない晴天に布団干し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 風邪も全快し体調良好。 

 

箱根駅伝復路。 東海大がレベルの高い安定した走りで、初優勝。 5連覇を狙った青学大は2位。 往路優勝は東洋大で、復路優勝は青学大、そして総合優勝は東海大と、三大学の力は拮抗している。 

 

法政大も6位に踏ん張り、シード権を確保。 早稲田・明治・中央など名門校が不甲斐なかったが、今年も躍動感あふれる箱根駅伝だった。

 

自家製五目焼き飯で、昼食。 1時半からNHKで、東西のお笑い中継。 存分に漫才と落語を、5時まで堪能。 ローソンに寄って買い物をして、今年の初風呂。

 

風呂を上がり日テレで、箱根駅伝のダイジェストを見ていたら、熊本県で震度6弱の大きな地震が起きたと速報。 各局30分近く番組を中断して地震情報。 肉の牛蒡巻きとなますで、シークヮーサー入り焼酎の水割り一杯。 年越しそばならぬ、年明け蕎麦で夕食。

 

7時から、日テレ、「ケンミンショー」で、広島風お好み焼き対関西風の対決。 岡山で生まれ育った食文化的身体味覚からは、広島のお好み焼き以外に、お好み焼きはない。 大阪の千房はメリケン粉焼きにしか思えない。 しかし、面白い企画をすると思う。

 

テレ東で、新春特別「開運!なんでも鑑定団」。 なかなか面白く、ゲストも個性豊かで楽しめる企画。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:22
-, -, - -
正月二日・箱根駅伝往路

1月2日(火)

 

朝、10時起床。 晴天。 風邪はほぼ収まるが身体が怠い。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 

 

昨夜どうも、酔って窓に腰を打ちガラスが割れていることに気づき、24時間対応のガラス店に電話する。 12時前に来て、手際よくガラスの破片を片付け、窓枠ごと持ち去って、1時間。 完璧に仕上げて元通りにしてくれた。 値段は正月三が日だけに少々高かったが、仕事ぶりは見事。

 

昨日同様、丸もち三個入り雑煮で、昼食。 箱根駅伝。 東洋大が力強い走りで、往路優勝。 5連覇を狙う青山学院大は、4区、5区がブレーキ気味で6位に終わる。 わが母校・法政大が5区の山登りで7人抜きで5位となり、3位以内も夢ではない。 青学の失走で、復路の攻防戦が面白くなってきた。 明日は8時に起きる予定。

 

テレ東で、お笑い番組。 7時、なますと煮牛蒡+すき焼きで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の夕食。 NHKで、「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」のコラボ番組。場所は、福岡の大宰府で、菅原道真の太宰府天満宮がメイン。 

 

録画していた、韓国時代ドラマ、爛クニョ 運命の女“を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:33
-, -, - -
広島カープ・丸選手が巨人?

11月30日(金)

 

朝、9時起床。 今日で11月も終わる。 小月「西向く士」、小学生のころ、二、四、六、九は分かるが、「さむらい」の意味が分からなかった。 

 

有機人参ジュースとえごま油入り青汁二袋。 気温14度、雲一つない晴天下に、歩いて陽を浴び、駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

広島カープ・丸選手の、巨人入りが決まったことを知る。 釈然としない。 丸のいるカープを倒してこそ、日本一と胸を張れる。 

 

解放同盟の地方支部から、高級米5Kgが送られてくる。 頂いたコメで正月を迎えます。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

デザイナーのHさんが来て、打ち合わせ。 左頭側頭部の痛みは、昨夜刺身に付いている保冷剤で10分ほど冷やした効果か、痛みが消えた。  銀行に寄って、5時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 

 

パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り駅。 定価の刺身二点盛りと5割引きのヒラメ+豚肉と千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り焼酎の水割りと鉄瓶のお湯割り焼酎で、夕食。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次のいない金曜日に期待していたら、なぜか野村某がレギュラーになっている。 おかしいテレ朝。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:43
-, -, - -
三連休最終日 圧巻、アーモンドアイ!

11月25日(日)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースとオリーブオイル入り青汁二袋。 陽が照り始めたので、布団を干し、雲一つない抜けるような晴天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜を買って、川縁を散歩しながら陽を浴びる。 酵母パンと目玉焼きを淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

中央競馬。 青空が広がる府中競馬場に10万人近いファンが集い、テレビ画面の歓声からも熱気が伝わってくる。 WIN5はまたしても4勝1敗で不的中だったが、初戦で敗退しており精神的打撃は小さい。 

 

G機Ε献礇僖鵐ップは、馬券は買わずに競馬用語でいうところの、爛吋“することにする。 見応えのあるレースで、単勝1・4倍のアーモンドアイ(3歳牝馬)が桁違いの強さで、6連勝を飾る。 しかも驚異的なレコードで制した。 恐るべき3歳牝馬。 来年は凱旋門賞に挑戦してもらいたい。

 

4時過ぎに、業者がやってきて、台所、トイレ、浴場の排水管の清掃作業。 大相撲千秋楽。 高安を応援するも御嶽海に敗れる。 今場所不甲斐ない相撲を取っていた御嶽海だが、懸賞金(手取りで約100万円)を見て発奮したのか今日は強かった。

 

日テレで、「真相報道バンキシャ」。 大阪万博決定の報道。 1970年万博も行っていないし、全く興味がない。 この時期の鍋は美味しい。そのためにも湧き水汲み、4ℓボトル×2本、3往復24ℓ必要。 白菜と豚肉の鍋に餅を入れて、シークヮーサー入り焼酎の鉄瓶お湯割り1・5合の、夕食。

 

NHK、大河ドラマ、「西郷どん」。 藩(封建制度)意識を超え、近代の国民国家意識を持った大久保と西郷との対比が、嫌われの大久保役、瑛太の演技でうまく表現できている。 西南の役以降、長州が明治政府のヘゲモニーを握る過程も良く描かれているが、それが今の安倍晋三政権とダブって、気分が悪い。

 

フジ、Mrサンデー。 2025年、大阪万博決定で橋下徹氏に電話インタビュー。 安倍政権のおかげと強調し、元大阪市長・平松氏の批判をするなど、意味不明。 

 

NHKで、韓国歴史ドラマ「オクニョ 運命の女」を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:14
-, -, - -
体操・宮川紗江選手の凛々しさ

8月30日(木)

 

朝、11時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて炎天下、ふらつきながらバスに乗り、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、12時半に神保町。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダで、昼食。 体操協会のパワハラ問題。 塚原夫妻の傲慢さは以前から指摘されていたこと。 告発した、18歳の宮川紗江選手の凛とした真摯な姿勢が真実を語っている。 奇しくも、日大アメフトの監督コーチを告発した宮川選手と同じ漢字の苗字。

 

元読売新聞社会部記者のKさんが、不意にやって来る。 近況を語り合う。 いつものように、時間がゆったりと流れているKさんに癒される。 

 

早め、6時前に事務所を退出。 直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 5割引きの刺身5点盛りと豚肉とモヤシ炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯+水割り一杯の、夕食。 

 

パルコフードマーケットに、本当に客が戻っていた。 駅ビルにできた、成城石井のあまりの商品劣化に消費者が移動したということだろう。

 

TBSで、ジャカルタ・アジア大会。 男子400Mリレーで、日本が圧勝。 頼もしいメンバー。 民放各社のニュース。 体操・宮川選手の記者会見を大きく報道していた。 日大アメフト、アマチアボクシング協会、そして陸連・瀬古のセクハラ問題など、一連のスポーツ関係団体及び個人のコンプライアンスの欠如が露呈している。

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:41
-, -, - -
甲子園終わり、また猛暑

8月22日(水)

 

3時頃まで寝付かれず、朝、10時起床。 青汁のみ二袋。 引っ越し屋さんが査定に来るので、部屋を出て、ぶり返した猛暑の中、バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。 

 

冷房22度の強にして、全開。 「半分、青い。」、昼の部を見ながら、山菜キノコおろしそばで、昼食。 新聞三紙を読む。 朝日、サンスポ、スポーツ報知全て、夏甲子園100回大会決勝戦記に、1面から紙面を大きく割いている。

 

英文迷惑メールは相変わらず1日300通近い。 誰が何の目的でかが分からず、不気味。 銀行に行く用事があり外に出たが、あまりの暑さに、歩行者は皆しかめっ面。 体感気温38度越えで、路地で室外機の熱風に直撃されると、40度超え。 

 

午睡1時間。 来月初旬に刊行される新刊、『被差別部落の真実』(小早川明良著)の販売促進に向け、書店担当者との打ち合わせ日程など、いろいろと段取りを済ませ、6時半に事務所を退出。 

 

直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 高く不味い成城石井をやめてパルコに寄って大正解。 3割引きの刺身五点盛りはなかなかのもの。 柚子入り焼酎のお湯割り二杯+水割り一杯。 牛肉の野菜炒めで、夕食を締める。 

 

帰宅前、隣の精肉店の女将さんがいたので、挨拶をし狄読磴気“の様子を聞く。 猛暑でもありまだ入院中とのことで、トンカツとメンチカツはしばらくお預け。

 

BS・TBSで、巨人対DeNA戦。 高校野球の感動もなく、敗退。 テレ朝、報道ステーション。 金足農高の、秋田牾旋“報道。 出発時の見送りは20人だったが、準優勝となり、1000人に出迎えられ、郷里に錦を飾る。

 

NHK・BSプレミアム、「半分、青い。」、夜の部。 スポーツニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:44
-, -, - -
秋田・金足農高力尽く

 8月21日(火)

 

朝、11時起床。 爆睡! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、ぶり返した猛暑の中、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、12時45分に神保町。 コンビニで買い物をし、「半分、青い。」を途中から見て、冷やし肉味噌担々麺で、昼食。 

 

昨夜一ヵ月ぶりに会ったゼミ生から「痩せましたか?」と聞かれことを思い出し、シャワーを浴びた後に体重計に乗ったところ、なんと3Kg減っていた。 思い当たることは、連日の酷暑と、隣の精肉店が休みなので、土日にトンカツや牛肉を思いっきり食べていないことぐらいで、自覚がなかった。 別に体調が悪いわけではないので、良しとしたい。

 

1時45分からNHKで、第100回夏甲子園大会決勝、金足農高対大阪桐蔭戦。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、一緒に観戦。 福島出身のKさんは、野球もしていたとのことで、東北初の優勝旗の期待を金足農高に託していた。 

 

しかし、頼みの吉田投手に連投の疲れが見え、大阪桐蔭の強力打線の前に大敗を喫したが、それでも今夏甲子園で最も輝いていたのは、金足農高。 甲子園の歴史に名を刻んだと、胸を張って秋田に帰郷できる。 2回戦か3回戦で、大阪桐蔭と対戦していたら結果は違っていたかもしれないと思う。 

 

珍しく、Kさんと政治の話になり、トランプと安倍自民党を徹底批判。 安倍=反知性主義政権の腐敗が進んでいることを確認。 6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。

 

刺身の盛り合わせで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 朝日新聞夕刊は、金足農高の話題で紙面の半分が埋まっていた。 NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から甲子園決勝戦を詳報。

 

障害者雇用をめぐる狄總し“疑惑が、中央省庁にも広がっている。 本来法を執行すべき行政組織が法を無視している事態。 障害者差別解消法などをないがしろにする態度は、ジュネーブの人種差別撤廃委員会・日本審査での日本政府の答弁と同じ。

 

テレ朝、報道ステーションで、甲子園決勝。 NHKBSプレミアムで、「半分、青い。」夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 12:15
-, -, - -
金足農高決勝進出!

8月20日(月)

 

朝、10時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 甲子園準決勝第一試合の開始時間を11時と勘違いしていて、家で金足農対日大三高戦を見ることになる。

 

心臓漠々の緊張した試合展開に、寿命が縮まる思い。 耐えに耐えて、2対1で金足農高が逃げ切り勝ちで、明日の決勝進出を決める。

 

農本主義的な校歌の歌詞も良いが、唄う選手ののけぞり姿勢がたまらん。日大三高もよく戦った。(30数年前は日大三高の快速投手を見に西東京大会の決勝戦を神宮まで見に行ったこともある)

 

「半分、青い。」、昼の部を見て、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、2時に神保町。 準決勝第二試合、大阪桐蔭対済美戦を見ながら、ざる蕎麦で、昼食。 大阪桐蔭が明日の決勝戦の相手に決まる。

 

先週の金曜日から突然英文の迷惑メールが大量(約800通)に送り付けられてくる。 迷惑ボックスに振り分けられているが、たまに必要メールも入っているので困る。 

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』の予習。 「民族精神とは単一の個性であって、その本質的なすがたが神としてイメージされ、崇拝され、うけいれられると、それが宗教であり、像として直観的に表現されると、それが芸術であり、認識の対象となって概念化されると、それが哲学です」。 ヘーゲルの国家間は、ナチス・ヒットラーと似ているように思うが、批判している本を読んだことがない。

 

7時にゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 ゼミ生一同、ヘーゲルの強烈なゲルマン民族主義に驚く。 11時半にお開きにして、電車に乗り駅。 タクシー、ワンメーターで、12時半に帰宅。

 

柚子入り焼酎の水割りを飲みながら、明日14時開始の、第100回大会記念・夏甲子園決勝戦に思いを馳せる。 確かに、大阪桐蔭は強い。(間違いなく阪神よりも強いと思う) しかし、甲子園には、猖睚“が住んでいる。 

 

明日JALは、秋田〜伊丹に臨時便を運航するという。 金足農高の健闘を祈念し、3時に就寝。 

author:小林 健治, category:スポーツ, 11:10
-, -, - -