RSS | ATOM | SEARCH
外間守善著、『沖縄の歴史と文化』(中公新書)

3月26日(日)

 

朝、8時起床。 TBSで、サンデーモーニング。 「森友学園」籠池理事長証人喚問について、キチンと分析し報道。 

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 雨が降っているので、湧き水汲みは中止し、読書。  外間守善著、『沖縄の歴史と文化』(中公新書)を読む。 

 

弧状なる日本列島の南に位置する、沖縄の歴史と文化を先史時代にさかのぼり、その古層を明らかにする。 日本列島本土とは、900年から1000年の歴史的ギャップがあるという。 「オキナハ(ワ)」は、固有語であるが、「リュウキュウ」は、中国など外国からの呼称。 

 

1429年、沖縄統一王朝が誕生するが、1609年、薩摩に武力制圧され、徳川幕藩体制に組み込まれる。 そして、1879年(明治12年)に「琉球処分」が断行される。 

 

翌年の「分島問題」(宮古、八重山を清国に譲る案)に示されているように、日本本土の国益のためには沖縄を切り捨てることも辞さない明治政府の基本思想は、その後「戦後のサンフランシスコ条約にまで流つながっていく」と著者は強調する。 沖縄の人々が持つ、「社会的被差別感」の源流がここにある。 それは今も続いている。

 

焼き豚と極太メンマ入り自家製ラーメンで、昼食。 中央競馬。 G機高松宮記念。 3着〜5着で不的中。 WIN5は締め切り時間を間違えて買えなかったが、7200万円馬券では、幸いした。

 

右脇腹から背中にかけて、痛め止めの薬を付けガーゼを巻いているので、筋トレもままならず。

 

選抜高校野球、健大高崎対福井工大付戦を、9回から見る。 逆転〜同点で延長戦。 鍛え抜かれた守備が生み出す美技に感動する。  第二試合に引き続き延長15回、7対7で引き分け再試合。 野球で一番面白い展開は、8対7と言われている。 しかし、まれにみる攻守戦で、高校野球を堪能した。

 

7時に夕食。 カボチャ煮、無農薬ポテトサラダ、春菊の胡麻和え、豚肉の野菜炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 柴崎コウ演じる“直虎”誕生。

 

フジ、Mrサンデーで、「森友学園」疑惑問題。 安倍政権に露骨に寄り添った内容で、見るに堪えない。 11時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:07
-, -, - -
外間守善著、『私の沖縄戦記』(角川ソフィア文庫)

3月19日(日)

 

朝、11時起床。 爆睡! 昨夜の宴の付けを払いつつ、読書。 焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。

 

外間守善著、『私の沖縄戦記―前田高地・六十年目の証言―』(角川ソフィア文庫)を読み終える。 西谷修さんから勧められた本。

 

1945年3月1日、著者が「山三四七五部隊」に入隊してから、沖縄戦終結までの、自ら体験した沖縄戦記。 そして、捕虜となり、その後日本本土に「密航」するまでが描かれている。

 

米軍に「ありったけの地獄を一つにまとめた戦場」と言わしめた、沖縄「前田高地」の凄惨な戦いの記録。 妹は「對馬丸」に乗船しており、死去。 

 

屋嘉の捕虜収容所では、「日本人部隊」「沖縄人部隊」「朝鮮人部隊」「将校部隊」の四つに分けられていたという。 一挙に読ませる、すさまじい文学的戦記。 

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 柴崎コウが輝いている。 1時間前倒しの、フジ、Mrサンデー。 「森友学園」疑獄事件を、古館をゲストに招いて、詳報。 稲田防衛大臣辞任で、ことを収めようという意図が丸見え。

 

録画していた、NHKの「バリバラ」、幻聴、幻想大会で笑って、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:28
-, -, - -
斎藤美奈子著『文庫解説ワンダーランド』(岩波新書)

3月12日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBS、サンデーモーニング。 「森友学園」疑獄。 花粉症は何とか治まったが、午前中の外出は控える。

 

斎藤美奈子著『文庫解説ワンダーランド』(岩波新書)を読む。 あまたある文庫の解説を素材に、「解説の解説」を試みた、無茶苦茶面白く、かつ教養が知らぬ間につく、まったく持って稀有な本。

 

最後に取り上げている、『永遠の0』を褒めちぎる児玉清の「解説」をめった切りする姿勢に、胸がすく思い。 「図らづもこの解説は、特攻という非人道的な戦法を発明した日本軍の暴力性と犯罪性を隠ぺいする。作品を相対化する視点がまったくないから、読者はまんまと騙される」。 斎藤美奈子は偉大な文芸批評家!

 

2時に、自家製焼き豚入りもやしラーメンで、襲い昼食。 中央競馬は、今日も惜敗続きで、切歯扼腕。 

 

夕方、産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2個。 さつま揚げや野菜などを買って、夕暮れの川縁を散歩。 マガモ軍団が十数匹、うち一羽は超大型。 鯉軍団の魚影は薄い。

 

隣のの精肉店で、豚肉を買う。 風呂にゆっくり入って、夕食。 直産市場のポテトサラダと自家製カボチャ煮+豚肉入り野菜炒めで、焼酎のお湯割り二杯で、締める。

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、柴崎コウを見て、NHKスペシャル。 東京電力福島第一原発のメルトダウンを、詳細に検討。 

 

フジ、Mrサンデーで「森友学園」疑獄。 しかし、2次的問題の、教育勅語や籠池の経歴詐称などに時間を費やし、事件の本質である、国有地格安払い戻し疑惑に触れず、論点をずらしている。木村太郎も歯切れが悪い。

 

スポーツニュースを見て、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:02
-, -, - -
アルベール・メンミ著 『人種差別』

3月5日(日)

 

朝、8時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 今日は、二十四節気の、啓蟄。 政界では、隠れていた悪事が次々と表に現れている。

 

TBSで、サンデーモーニング。 「森友学園」と「豊洲移転」。 すでに金正男暗殺事件は、遠い話になりつつある。

 

春の陽気に、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 産地直産市場で、野菜などを買って、川縁を散歩。 大型鯉軍団は二手に分かれ遊泳。 マガモにシラサギ、そして今日は鳩も多い。 カラス二羽が余分。

 

焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。 アルベール・メンミ著、『人種差別』(法政大学出版局)を読み終える。 初版は、1982年に出版されている。 1994年に付録の文章を付けて再販されたものを読む。 

 

著者が小説家でもあり、この種の本にしては極めて読みやすい。 入門書的ではないが、人種差別とは何かが、歴史的に理解できる本。

 

「差異こそが人種差別の軸なのだ。なぜかと言えば、差異は怖れを呼び、未知のものは怖れを呼ぶからである。そして、この恐れが攻撃性を引き起こす」。 子ども心にある、「他者に対する攻撃的な恐怖」。 全編にわたって、様々な角度から、人種差別(反対論も含め)の本質を分析し定義付けを行っている。

 

「人種差別とは、現実の、あるいは架空の差異に、一般的、決定的な価値づけをすることであり、この価値づけは、告発者が自分の攻撃を正当化するために、被害者を犠牲にして、自分の利益のために行うものである」。

 

中央競馬。 WIN5は初戦敗退で、3勝2敗。 2着4着が続き、流れを変えるために、注目していた異常“コンピ馬”に乾坤一擲、複勝で勝負し、見事的中! トントンで、終了。

 

風呂に入って、6時から夕食。 カボチャ煮、焼き飯、豚肉の野菜炒めで、柚子入り焼酎の水割り3杯で、締める。  NHK、大河ドラマ「おんな城主直虎」。 ストーリが分からんような展開に戸惑う。 柴崎コウを見ただけ。 

 

NHKスペシャル、「“津波”6年目の真実」。 3・11から6年を迎える。 引き波の恐ろしさを、未公開映像で改めて知る。

 

フジ、Mrサンデー。 「森友学園」の土地払下げ疑惑と安倍首相の関係を徹底追及。 関係者の国会喚問が実現できれば、安倍内閣は飛ぶ。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:04
-, -, - -
水島治郎著、『ポピュリズムとは何か』(中公新書)

2月19日(日)

 

朝、8時半起床。 青汁のみ二袋。 晴天に布団干し。 恒例の、散歩を兼ねた湧水汲みは、水の貯えがあるのと、産地直産市場が休みのためお休み。 

 

水島治郎著、『ポピュリズムとは何か』(中公新書)を読み終える。  現代ヨーロッパのポピュリズムの特徴として、.優奪箸魎泙瓠◆屮泪好瓮妊アを駆使して無党派層に広く訴える政治手法」。 かっての極右と違い、◆屐悒妊皀ラシー』を錦の御旗に押し立てることで、エリート批判と移民排除」。 0槎院ζ駝曳稟修髻屮織屐次廚箸靴独鬚韻覺成政党に対し、「移民を福祉の濫用者とみなし、政策面における『福祉排外主義』」。 

 

日本では、石原慎太郎などは、極右的ポピリュストだが、橋下徹の日本維新の会や、小池百合子都知事などは、現ヨーロッパで勢いを増している、リベラルとデモクラシーを偽装した、ポピュリスト。  民主主義の原理は、多数派の民意、つまり多数決(マジョリティーの意見)だと公然と述べる、橋下徹に代表される。 民主主義の原理は、平等の実現であって、多数決は行動統一の原理。

 

「難民に生活費を支給するぐらいなら、私たちの子供に回してほしい」と語る、タクシー運転手にきちんと答えなければ、ポピュリズムの跳梁跋扈は阻止できない。 安倍政権と、橋下徹などのポピュリストのことがよく分かる本。 

 

中央競馬、G機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽ス。 カフジテイクは3着に来たものの、モーニンが失速し、敗退。 WIN5も、3勝2敗で不的中。 マイナス収支で終了。

 

夕方、少し遠い中級スーパーに寄って、調味料や野菜などの買い出し。 6時半に夕食。 マグロの刺身とブリの照り焼き、ポテトサラダで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯。

 

NHK、大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 今一つ盛り上がりに欠ける。 ヘアーカットし髭を剃り、風呂にゆっくり浸かる。

 

NHK,サンデースポーツ〜フジMr,サンデー。 金正男暗殺事件の最新情報を、1時間。 映像もすごいし、金正男を長年取材し、個人的関係を築いていた、フジの記者もすごい。 他局を圧倒している。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:55
-, -, - -
佐藤優著、『知の操縦法』(平凡社)

2月12日(日)

 

朝、7時半起床。 火事か事故があったのか、サイレンの音がうるさく目が覚める。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。

 

TBS、サンデーモーニング。 元外務省の官僚、岡本行夫が出演して、日米首脳会談の解説、 なんかおかしい。 

 

雲一つない大空から注がれる冬陽を全身に浴びて、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 川は水量が少なく、魚影は全く見えない。 マガモの群れは優雅に泳いでいる。

 

佐藤優著、『知の操縦法』(平凡社)を読み終える。 2015年4月〜5月にかけて、朝日カルチャーセンターで行われた、講座「知の操縦法」での内容を再構成・加筆したものだが、佐藤さんの強調する“体系知”の重要性についてよく理解でき、時代の百科事典の意義が分かる。

 

ヘーゲルの『精神現象学』など、難しい内容のテキストを分かり易く解説している。 ○全体主義と普遍主義の違いについて―旧ソ連とIS(イスラム国)は普遍主義で、ナチスドイツや戦前の日本は全体主義。 故に、各国のファシストは連携することができる。(日独伊三国同盟)

 

○矛盾、対立、差異の違いについて。 矛盾―「物のありようや関係を変えることによって問題は解決できる」 対立―「一方が他方を圧倒することによって解決」 差異―「絶対に解決できない(身長の高さ、肌の色など)」 差異があるのは当然であり、自然なことで、差異があるからこそ多様性が生まれる。「他者との『差異』を許容できてこそ、真の知識人」。 知性の公共的使用を通じて、理性的な社会の実現を目指すために、必読の書。

 

中央競馬は、東京・京都・小倉三場開催。 WIN5は、指定馬が発走除外になり、払い戻し。 若干の目減りで終了。

 

ゆっくり風呂に浸かって、早め5時半に夕食。 豚肉入り野菜炒めと胡瓜の胡麻和えで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯。 

 

日テレ、“報道真相バンキシャ”〜NHKニュース7。 トランプと安倍の日米首脳会談。 夕食会とパームビーチでのゴルフで、親密さをアピール。 それを嬉々として無批判に報道する、メディア。 食事がまずくなる。 

 

大河ドラマ、「おんな城主直虎」。 柴崎コウを見れたこと以外に、評価無し。 NHK、スペシャル「見えない“貧困”」。 特にシングルマザーの家庭の貧困は、深刻。 国家は、教育と医療を無料にする義務がある。

 

フジ、Mrサンデーを少し見て、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:48
-, -, - -
中山元著、『アレント入門』(ちくま新書)

2月5日(日)

 

朝、8時起床。 夜中に腹痛に見舞われ、睡眠不足。 昨夜食べ過ぎたということでもなく、原因が分からないが、ピーナッツ煎餅を食べたのが悪かったのかと思う。 生ヌルの青汁二袋。

 

TBSで、サンデーモーニング。 国会の予算委員会の政府答弁、とくに稲田防衛大臣と金田法務大臣の答弁は、お粗末を通り越し、支離滅裂で、安倍お友達内閣は、小学生の学芸会並み。

 

薄曇りの肌寒い中、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 粕漬けなどの加工魚を売っている魚店と、仮店舗で買い物をして、川縁を散歩するも、大型鯉の魚影が見えず残念。 美味しそうなマガモは結構いる。

 

胃の調子を考えて、オレンジ入りの自家製生乳ヨーグルトで、昼食。 中山元著、『アレント入門』(ちくま新書)を読み終える。 ハンナ・アレントがドイツを離れ、アメリカに亡命するに至った背景を、思想的に辿る。 

 

亡命したのは、ユダヤ人として、ナチスドイツの迫害から逃れるためであることは自明だが、亡命を決意させた最大の要因は、それまで信頼していた友人たちが、ナチスのイデオロギーに幻想を抱いたことに衝撃を受けたことだった。

 

そして、ドイツの良心的な人々が、さらには、ごく普通の道徳感情を持った善良な市民たちが、なぜ身近で行われているユダヤ人迫害に目をつぶり、ナチスの言説を信じ込み、「それまでの道徳規範を一夜にして投げ捨てて、ナチスの道徳規範を採用したのか」について、生涯にわたってアレントは、思考し続けた。

 

『全体主義の起源』『人間の条件』『イェルサレムのアイヒマン』などの著作を、分かり易く解説しながら、アレントの思想を明らかにする。 トランプ大統領の誕生と言う、1930年代を思わせるような、日本と世界の政治的危機的状況の中で、同じ過ちを繰り返さないための、必読の一書。

 

「悪の凡庸さ」とは、思考の停止、想像力の欠如、そして、判断力の停止である。 「悪しきことをなすよりも悪しきことをなされるほうがましである」。

 

中央競馬、簡単だと思ったWIN5は想像を超えた大荒れで、7400万円超の払い戻し。 多分自分で検討しているのではなく、機械に任せて買っているから的中者がいるとしか考えられない。 若干の目減りで終了。

 

さすがに腹が減ったので、夕方6時に早めの夕食。 メカジキの照り焼きとサバの粕漬け+野菜炒めなどで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯。 

 

女子カーリングの決勝。 男の決勝は見る気がしないが、まなじりを決した女子の表情が良い。 NHKで8時から、「おんな城主景虎」。 ゆっくりと柴崎コウの演技を見る。

 

さすがに睡眠不足がたたって、睡魔が襲い、フジMrサンデーの途中で、轟沈!

author:小林 健治, category:読書, 08:53
-, -, - -
長谷川真理子×山岸俊男著、『きずなと思いやりが日本をダメにする』(集英社インターナショナル)

1月15日(日)

 

朝、9時半起床。 熟睡できず。 雲一つない晴天に、布団干し。 温めた、青汁のみ二袋。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 吐く息が白くなるほどの寒さだが、陽射しは心地よい。  全面建て替えのため、来週仮設店舗に移るという野菜市場で、ピーナッツ煎餅とキャベツなどを買う。 川は、穏やかにマガモとシロサギ。 大型鯉軍団は、二手に分かれて遊泳。

 

メンマ入り自家製もやしラーメンで、昼食。 中央競馬は、中山競馬のみ開催で、中京と京都は降雪のため中止。 のんびりと競馬の検討をするも、マイナス収支で終わる。

 

長谷川眞理子×山岸俊男著、『きずなと思いやりが日本をダメにする』(集英社インターナショナル)を、読み終える。 誤解を受けそうなタイトルだが、副題に―最新進化学が解き明かす「心と社会」―と書かれており、面白おかしい社会学。

 

ヒトという動物の進化の過程で、臓器としての脳の機能が、いかに形成されてきたかを研究している、進化生物学、行動生態学の長谷川先生と、社会心理学者・山岸先生の、日本社会の現状に対する、皮肉を込めた洞察が、全面展開されている。

 

人類と他の動物とを区別する最大の特徴は、「共同繁殖」するということ。 つまり「ヒトにはおばあさんがいる」。 石原慎太郎に聞かせたいフレーズだ。 

 

第5章、「なぜヒトは差別するのか」では、差別は偏見を持つ人の「こころの問題」、ではなく差別することで利益を得る社会環境、つまり社会システム(差別構造)の問題があると指摘する。 

 

「人種差別とはある差異の、自分の利益のための利用である」(A・メンミ「人種差別」)に繋がる重要な指摘。 差別は、思いやりの欠如や、心がけの問題ではなく、社会構造の問題。

 

 6時半に夕食。 腸の具合は良くないが、胃の具合は良い。 厚焼き玉子とトマト、牛肉キャベツの野菜炒めで、炊立てご飯少々。 アルコールなし、二日目。

 

8時から、NHK大河ドラマ、「おんな城主直虎」。 鈴木梨央より1歳年下の、子役・新井美羽の達者な演技に引き込まれる。

 

 NHKスペシャル、「森の王者ツキノワグマ」。、子熊の時から観察してきた、雌熊の10年。 衝撃的な、雄熊の子殺しの映像を初めて見る。 サンデースポーツ。 バスケットの人気が高まっている。 

 

Mr、サンデーを後半から見て、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:16
-, -, - -
大晦日・『ヤクザと憲法』と紅白歌合戦

12月31日(土)

 

朝、10時起床。 今日も、雲一つない澄みきった青空が広がっている。 有機人参ジュースと青汁二袋。 布団を干して、産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2個。 いつもの川沿いの道ではなく別ルートで、美容健康効果があるという、温泉を探しながら行くも見つからず。

 

昨日の魚屋(鮮魚店と呼ぶより、しっくりくる)で、刺身四点盛りと天然ブリの切り身六切れ購入して、川縁を散歩しながら、冬陽を目いっぱい浴びる。 川には、マガモの親子、シロサギとクロサギ、そしてカモメが数羽。 透明度を増した川中には、大型鯉が十数匹、優雅に泳いでいる。 焼き豚入り、ネギ大盛りの自家製ラーメンで、昼食。

 

今年の読み納めは、東海テレビ取材班著『ヤクザと憲法 ―「暴排条例」は何を守るのか―』(岩波書店)。 組事務所住み込みの、“ナオト”君が、宮崎学さんの著書に大きな影響を受けて語るシーンが面白い。 「ヤクザもいる明るい社会」と、彼は希望を語る。

 

呉智英さんに影響されて、私も「差別のない明るい社会」ではなく、「差別もある明るい社会」、或いは「差別があっても元気で明るい社会」などと、公言していることを思い出して、苦笑。

 

「ヤクザは平成の世に新しく作られた差別の対象」「いつの世にもそういった『必要悪』ならぬ『必要差別』は存在していた」とは、山口組の元顧問弁護士・山之内幸夫さんの弁。 「ヤクザはれっきとした職業」。(安田好弘弁護士)  絶対、映画『ヤクザと憲法』を見たいと、強く思う。 

 

BSで、リオオリンピック陸上競技、男子400メートルリレー決勝。 身体の深奥部から打ち震え、燃えあがる感動が蘇える。 今年一番興奮したスポーツ。

 

6時に夕食。 市場で購入した、刺身と豚足二足で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、締める。 NHKで、紅白歌合戦。 名前も知らない歌手もどきの唄を聴くのは、忍耐がいる。

 

そこに、岡山の長男から電話があり、フランスはリヨンからニューカレドニアに移住した姪が、子供たちを連れて、帰国・帰郷しているとのこと。 来年1月、長男の長男(甥)に、初子も生まれるという。  めでたい正月らしい雰囲気になってきた。 

 

紅白はまだ、その域に達していない。 V6に、黒田官兵衛・岡田准一と、“あさイチ”のいのっちがいるのが、どうにも不思議。 “ゆず”の永六輔さん追悼の“見上げてごらん”で少し、キブニ、チョワになる。

 

“シンゴジラ”と、タモリ・マッコデラックスが狂言回し役かと思うも、仕切りが今一つで、もったいない。 おおとりの嵐の歌を聞いて、蛍の光。

 

広島、厳島神社の、ゆく年くる年を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:34
-, -, - -
保坂展人著『相模原事件とヘイトクライム』(岩波ブックレット)

12月23日(金)

 

朝、8時起床。 今日は天皇誕生日で、休日。 冬布団を秋布団に替えたことが奏功し、熟睡。 昨夜の暴風雨が嘘のように晴れ澄み渡った冬空にはなんと、積乱雲、夏か!。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2個。 川の流れは急で、水も濁っているが、大型鯉の姿も見えるし、サギとマガモもいる。 汗を拭いて、布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

NHKで、「皇室この1年」を後半から。 今上天皇が強く望む、生前退位を、特別法で対処しようとしているが、大御心に背く逆臣の仕業で、憲法違反。

 

昼前に、もう一度湧き水汲み。 市場で新鮮野菜と人参ジュース、洗米してもらった米などを買って、川縁を散歩。 多分気温は、18度くらいだろうが、また汗をかく。 これではクリスマスイブも、盛り上がらない。

 

焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。 保坂展人著、『相模原事件とヘイトクライム』(岩波ブックレット)を読む。  今年7月26日未明、「津久井やまゆり園」で起きた、重度知的障害者殺傷事件。 

 

この戦慄すべきヘイトクライムを、怒りを抑えて冷静に、事件とその背景を考える。 自身も重複障害者である、福島智氏の言葉が事件の本質を衝いている。

 

「二重の殺人、一つは、人間の肉体的生命を奪う『生物学的殺人』、もう一つは、人間の尊厳や生存の意味そのものを、優生思想によって否定する『実存的殺人』である」。 このブログで、何度も引用している言葉だが、血肉化すべき言葉だ。

 

そして、ナチス・ドイツで精神医療など、医師と医療関係者によって計画され実行された、「T4作戦」(障害者「安楽死」計画)が、実はユダヤ人600万人・ロマ人60万人などの、ホロコーストの「リハーサル」だったことを描く。 

 

事件の背景には、「働くこともできず、生きる価値のない人間にこれ以上、税金をつぎ込むのか」(ナチスの宣伝キャンペーン)と同じ思考が、今の日本社会に忍び込んでいると指摘する。

 

さらに、「事件の特異性」が成立する条件として、障害者施設の問題(存在)を取り上げる。 行間には、世田谷区長としての苦悩も垣間見える。 戦後最悪のヘイトクライム・相模原障害者殺傷事件を、絶対に風化させてはならない。 最良の小冊子。

 

6時半に夕食。 ミニトマトとほうれん草の胡麻和えで、柚子入り焼酎のお湯割りとロック2杯。 自家製カレーライスで締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9は、天皇陛下83歳の誕生日を祝う、史上最多の3万6千人の皇居一般参賀を、9時20分過ぎに少しだけ放送。 BSNHKで、「エマニュエル・トッド 混迷の世界を読み解く」。 「保育所落ちた、日本死ね」、の意味が理解できていない。

 

「べっぴんさん」、夜の部を見て、持ち帰った年賀状のコメント書き。 1時まで書いて、本日打ち止め。 1時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:05
-, -, - -