RSS | ATOM | SEARCH
オノ・ヨーコのファミリーヒストリー

8月18日(金)

 

朝、9時起床。 朝刊三紙を取りに、郵便ボックス。 「スポーツ報知」にカラーででっかく、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)が取り上げられている。 「お笑いパワーで再犯ゼロ」と、ど真ん中に大きなキャッチ。 著者と表紙もカラーで大きく載っている。 何よりも書評が、要点をとらえた内容で、本当に感謝!

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、蒸し暑い晴天下、バスで駅。 準特急〜快速で、11時に神保町。 「スポーツ報知」の知人にお礼のメール。 

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新刊の、アマゾンの順位も徐々に上がり、書評の効果がうかがわれる。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、秋・中山競馬の最新資料をもらう。 高校野球、神村学園(鹿児島)対明豊(大分)の試合を、二人で最後まで見る。延長12回、表に入れられた3点差をひっくり返し逆転、9対8で、大分・明豊のサヨナラ勝だが、最後は満塁押し出しで、締まらない延長戦だった。 明豊の校歌は、あの、大分出身の南こうせつ氏の作曲で、作詞は妻の育代さん。 校歌らしからぬ校歌だが、爽やかな詩とメロディー。

 

早め、6時前に事務所を退出し、直行電車で、駅。 バスに乗り、7時半に帰宅。 ポテトサラダと、神保町のスーパーで買った、安物のマグロの刺身+鯵のフライに沿えた千切りキャベツで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHKで、ファミリーヒストリー、「オノ・ヨーコの原点」。 期待していただけの内容ある、番組。 ただ、オノ・ヨーコとジョン・レノンの息子、ショーン・レノンだけはいただけない。 イギリスと日本のダブルの自覚もないし、母語(母国語ではない)も、ヨーコさんが意識して話さなかったのかもしれないが、日本語がしゃべれない。 お父さんの物まねを止めて、髭を剃って髪の毛をセットし、幼いころに戻るべし。 “ショーン、カムバック”と言いたい。 

 

オノ・ヨーコさんに対しては、私も多くの誤解を持たされていたが、3年ほど前に、『今を生きる』(集英社インターナショナル)を読んで、大いに反省した記憶がある。 名曲、“イマジン”は、ヨーコさんとジョン・レノンの合作ということが、番組の中で初めて明らかにされた。  再放送される予定。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 バルセロナでの、テロ事件。 イスラム原理主義に心酔したメンバーの犯行と報道されているが、安倍政権下の日本も、標的に入っている。 

 

気になっていた巨人vsDeNA戦。 NHKと、BS日テレを交互に見ていたが、一軍に上がったばかりの宇佐美が、9回裏劇的サヨナラホームランで、超逆転劇に終止符を打つ。 しかし、一日遅い!!

 

気分よく、NHKで、障害者と「健常者」のバトル。メインの司会は、有働由美アナと脚本家の鈴木おさむ氏で、ベースは吉本のお笑い。 日テレの、“24時間テレビ”を、今年も“感動ポルノ”批判することを、今日の番組は宣言している。 Eテレ、“バリバラ”の拡大特別番組。

 

TBSで、稲森いずみの、テキサスの想いで旅。 見ればわかる、いとこの長女は、イスラム教徒。 金曜日の夜に、気合の入った番組が続く。

 

民放各社の、遅いニュース&スポーツを見て、寝るつもりだったが、BSプレミアムで、主演・サミュユル・ジャクソン、ロバート・デ・ニーロ、監督・タランティーノの、「ジャッキー・ブラウン」を見てしまう。

 

映画の余韻に浸り、3時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 10:31
-, -, - -
お盆休み、四日目

8月14日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 甲子園大会5日目、第一試合、京都成章(京都)対神村学園(鹿児島)戦。 9回表、成章がホームランで同点に追いつかれたものの、その裏劇的なサヨナラで、神村学園の勝ち。 第二試合の、清宮の早実を破った、西東京代表・東海大菅生は、東東京代表の二松学舎と同じく、力を発揮して大佐勝ち。 

 

分厚い焼き豚入り、稲庭うどんで、昼食。 午睡とチェアーマッサージ。 せっかくのお盆休みにもかかわらづ、朝から、曇天に小雨ぱらつき、外出もままならない。 

 

ビデオに録っていた、NHKEテレ、「満蒙開拓団の女たち」。 1945年8月9日、日ソ中立条約を破棄し旧満州に侵攻してきたソ連軍。 大半が、囚人で構成された軍隊だったことはあまり知られていない。 旧満州で開拓民に対して行われた蛮行は、赤軍ではない「ソ連軍」だったことも、大きな要因としてある。

 

小雨上がり、静謐な雰囲気の、“のがわ”沿いを上り、ウォーキング。 野川公園の広さに驚く。 休みなく10K競歩して、帰宅。 シャワーを浴びて、汗を流し、渇いた喉を、柚子入り焼酎の水割りで潤す。

 

ビデオに録っていた、「沖縄の名前」〜「鶴瓶の家族に乾杯」を見ながら、鶏ささみと牛肉焼きに千切りキャベツを添えて、夕食を終える。 

 

7時の、NHKニュースも、アメリカ・バージニア州の人種差別主義者による暴動を大きく報道。 トランプは、KKKなどレイシスト批判のコメントは出さず。 昨日も書いたが、今回の事件は、日本で言えば、「在特会」などの排外主義的レイシストのヘイトスピーチデモを、身体を張って阻止した時に起きた事件。 中立的立場はありえず、中立はレイシストの立場に立つもの。

 

8時から、NHK、スペシャル「知らざれる地上戦 樺太・5000人の犠牲者」を見る。 沖縄戦と同じく、悲惨な北の地上戦だが、ポツダム宣言受諾の、玉音放送後の、8月15日から一週間の無駄な戦闘。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 人生を隠さざる負えなかった、原爆被爆者の現在を、差別の視点から追究。 

 

イマイチ面白さに欠ける、「LIFE」。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時過ぎに床に就くも、寝付かれづ、2時まで起きて、就寝。

author:小林 健治, category:人物, 11:09
-, -, - -
お盆休み、三日目

8月13日(日)

 

朝、10時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 曇天に布団も干せず。 肉厚焼き豚入り自家製ラーメンで、昼食。 

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 水量豊富で、冷たく美味しい湧き水。 市場で新鮮野菜などを購入し、川縁を散歩。 川面はよどみ、魚影見えず、けたたましい蝉の声のみ。

 

高校野球と転寝、そしてチェアーマッサージを、1時間。 ロンドン世界陸上、男子4×100Mリレーで、日本銅メダル。 ジャマイカ・ボルトは残念だったが、率直に評価したい。 ケンブリッジ・飛鳥を藤光に交代する決断をした、コーチ陣の判断が大きい。

 

甲子園第四試合、明豊(大分)対、坂井(福井)。 試合後半から、同点〜逆転〜再逆転、野球で最も見応えがあるといわれる、7対6の熱戦で、文字通り、熱闘甲子園!

 

アメリカの、白人至上主義のレイシスト団体、KKKなどが開いた集会が、つめかけた反対行動の住民と衝突し、死者1人、負傷者30人という事態に対し、トランプは中立的というより、事件の差別性を無視し、レイシストを批判しない。 今の日本・安倍政権も同じような権力体制であることを再確認。

 

6時半に、夕食。 胡瓜と鶏ササミの胡麻和え、茄子と鶏肉の炒め物、そして、一昨日から漬けこんでいたブリの照り焼きで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。

 

NHK、「おんな城主 直虎」。 面白くなってきているが、3度ほど見逃しているので、展開がつかめない。 柴咲コウの尼僧姿は、似合う。 NHKスペシャル、「731部隊の真実」。 戦後の、ミドリ十字まで言及すべきと思う。 

 

サンデースポーツ。 ロンドン陸上男子、50キロ競歩。 銀と銅のダブルでメダルだが、如何せん注目度が低い。 フジ、Mr、サンデー。 韓国に対するフェイクニュースを作る日本の青年を批判。 

 

TBSで、ロンドン世界陸上を、1時まで見て、就寝。

author:小林 健治, category:人物, 10:26
-, -, - -
お盆休み、二日目

8月12日(土)

 

昼、2時起床。 一日が半分過ぎていた。 焼き飯で腹ごしらえ。 昨夜一緒だった若い人たちから、愉快なメールがラインを通じて送られてくる。 

 

高校野球の、テレビ観戦と転寝を繰り返しながら、8時に夕食。 マグロの刺身とピクルスで、梅干し入り焼酎のお湯割り、二杯。 自家製香草ラーメンで、締める。

 

TBSで、世界陸上。 期待の男子100×4リレーは、予選3位で通過したが、今一つ物足りない。 ケンブリッジ・飛鳥に元気がない。

 

9時に、NHKで、「本土空襲 全記録」。 腹の底から怒りが込み上げてくる。 NHK、Eテレで、ETV特集、「原爆と沈黙 長崎浦上 被差別部落の被爆者」。 しかし、NHK、Eテレはほんとうに良い番組を制作放送している。

 

TBSで、世界陸上を1時半まで見て、就寝。

author:小林 健治, category:人物, 10:17
-, -, - -
お盆休み初日

8月11日(金)

 

朝、10時起床。 咳もなく熟睡! 今日は、いつ定めたのか記憶にない、“山の日”。 取り合えづ今日から、お盆休み。 有機人参ジュースと青汁二袋。

 

甲子園、大会四日目第一試合、広陵(広島)対中京大中京(愛知)戦を7回から見る。 強豪同士の見応えのある試合。 一つの偶然が試合を左右し、広陵が勝利を手にする。 今日の四試合は、全て名にし負う強豪ぞろいで、この中から今年の優勝校が出るだろう。

 

産地直産市場前の、湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜を買い、曇天で、晩夏の涼しさ漂う、川縁を散歩。 大型鯉の泳ぎは、優雅。 アブラゼミを手で捕えるも、反応が弱い。

 

隣の精肉店で、焼き豚の塊を買い、ラーメン仕様の細うどんに入れて、昼食。 シャワーを浴びて、4時に都内某所で、手術が成功し、今日退院したばかりの、反差別カウンター集団のリーダーと会いにバスで出かけ、4人で出所祝い。

 

一次会、二次会、三次会、そして帰り道が一緒の、若い衆一人、自宅に拉致し、4次会。 以後記憶なし。 みんな元気で何より!

author:小林 健治, category:人物, 14:52
-, -, - -
放送禁止歌を唄う

5月4日(木)

 

朝、10時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×1本。 結構な値段の、箱入りトマトを買って、川縁を散歩。 水辺の風景は昨日と同じく、若い家族がバーベキューパーティーと水遊び。

 

美味しいトマトと酵母食パンにバターをぬり、淹れたてコーヒーで、昼食。 「ひよっこ」、昼の部を見て、シャワーを浴び、飛田給駅。 

 

娘と孫娘と落ち合い、味の素スタジオで行われている、フリーマーケットに行く。 孫娘も目当てのバスケットボールが入るリュックを手に入れ、ご満悦。 私も、ジーパンを超安値で、靴下なども安値で買い、充実した時間を過ごす。 

 

東京ドーム10個分はある、調布飛行場〜武蔵野スポーツ広場を歩いて、バスで調布駅北口。

 

サイゼリアで喉を潤し、5時から、調布駅近くの牛タン専門店で、息子夫婦も加わって、夕食会。 時間制限、7時まで楽しい時を過ごし、取り敢えず息子夫婦を見送って、娘と孫娘と駅側のカラオケ。 

 

北島三郎さんのデビュー曲で、戦後初めての放送禁止歌、“ブンガチャ節”〜岡林信康の“手紙”など放送禁止歌を唄う。  しかし、船村徹作曲、美空ひばり唄う名曲、“波止場だよおとっあん”の、一番目の歌詞は「めくら」ということばがあるため、カットされていた。 まだ放送禁止歌があるのかと驚く。 

 

9時に帰宅し、NHKニュースウオッチ9。 テレ朝、報道ステーション。 NHKEテレで、「なりバラ」再放送。 「“オネエ”を超える」と題し、激論し、大爆笑!! 本当に面白い番組。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 11:53
-, -, - -
朋友、逝く

4月5日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、気温16度の春霞陽気の中、歩いて駅。 直行快速電車で、11時に神保町。

 

事務仕事を済ませ、「ひょっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

共謀罪が明日提案され、法案審議優先順位を無視し、先行法案を飛び越して審議入りするとの情報。 「森友学園」疑獄事件が、何一つ解明されていない中、異常な強権政治と言わねばならない。

 

永く部落解放運動を牽引してきた、香川県は瀬戸内・本島の岡田健吾県連顧問が、昨夜64歳の若さで亡くなったことを知る。 40年前から、同志として、友人として親しく接し、ともに厳しくも笑顔のある解放運動を闘ってきた仲間だった。 最近、体調を崩していることは聞いていたが、逝くにはあまりに早く、言葉もない。 部落解放運動はまた一人、大きな犒残”を失った、合掌。

 

来週行う研修レジュメに、最後の朱入れをして、送信。 レジュメの欄外に、コメントを書く作業に集中。  机上に溢れかえっている、資料の山を分類し整理、そして2時間かけて、断捨離。 

 

6時過ぎに、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 徒歩で、8時に帰宅。 近所の焼き鳥店で仕入れた、5種×2個で、梅干入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 共謀罪審議強行に対し、野党は身体を張って、実力で阻止すべき。

ロシアのサンクトペテルブルグでの、自爆テロ。 ソ連邦崩壊前まで、レニングラードと呼ばれていて、現、ロシア大統領・プーチンが副市長をしてた古都。 

 

スポーツニュースは、巨人の5連勝でめでたいが、政治的環境の悪化に、素直に喜べない心境。 TBS,ニュース23。 まずまずで、フジ、ユアタイム。 小野寺元防衛大臣を無視し、紗耶を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 09:33
-, -, - -
船村徹さん死去

2月17日(金)

 

朝、8時15分起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、ラクダの股引とセーターを脱ぎ捨て、気温15度の、春一番が吹き抜ける快晴の下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時15分に神保町。

 

頼まれた原稿の、字数削減に取り組むが、なかなか難しい。 さらに新たに加筆すべき必要性も生じ、エネルギーを使う。

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製サラダとざる蕎麦で、昼食。 昼のニュースで、作曲家の船村徹さんが亡くなったことを知る。 一期一会の出会いだったが、人生の表裏と辛酸を知り尽くした、滲み出るやさしい人柄は、刑務所慰問活動をはじめ様々な社会活動に反映されている。 合掌。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが、菓子折りを持ってやってきて、ひとしきり熱く競馬談義。 先週三日間の大幅黒字の勢いが維持されている。

 

気温20度、エアコンを切って、朱入れと加筆と削減を精力的に行う。 どうも文章表現能力が落ちているような気がする。 7時まで、根詰めて推敲し、本日打ち止め。

 

7時半に、事務所を退出。 直行快速電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、9時に帰宅。

 

5割引きの、刺身3点盛りとメカジキマグロの切り身+惣菜アラカルトで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK,ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 金正男暗殺の詳報。  民放各社も、同じニュース。 

 

遅いフジ、ユアタイムで、市川沙耶を応援して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 08:48
-, -, - -
旅の前に疲れる

12月5日(月)

 

朝、9時起床。 暑くて寝汗をかく。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温13度の晴天下、セーターを脱いで、徒歩で駅。 直行快速電車で、10時半過ぎに神保町。

 

週明けの事務作業をこなして、「べっぴんさん」昼の部を見ながら、コーンサラダと海老天そばで、昼食。 

 

集会販売用の書籍を、段ボール一箱梱包して、発送。 動くと汗がにじむほどの陽気で、一時暖房を切る。

 

8日からの、旅の日程に、事情があり、若干変更が生じたので、その段取りに頭を悩ませていたら、現地にいる知人が助け舟を出してくれ、事なきを得る。 おぼつかないメールでのやり取りに、知人が直接電話をくれ、問題がすべて解決した。 本当に有り難い!

 

サンスポ一面は、荒川博氏死去の報で埋め尽くされている。 王貞治選手に、一本足打法を指導し、日本刀を用いての打撃練習風景の、懐かしい写真。 思い出して、喪中につき年賀欠礼のハガキをまとめる。 ほとんどがご両親の死去で、90歳を超えて、天寿を全うされている。

 

5時過ぎに、再確認と思い、旅の往復チケットを点検したところ、なんと帰りの日付が9日になっており、大慌て。 キャンセルと新規予約入力に翻弄される。 多分、入力するときに、9日と10日を間違えたのだと思うが、それにしても事前に分かってよかったと思う。

 

気疲れして、6時半に事務所を、退出。 直行電車で、駅。 SEIYUで買い物をして、朝より1度高い、気温14度の中、歩いて8時に帰宅。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストは、大河ドラマに出演中の哀川翔で、訪問先は奈良県宇陀市。 さつまいもと人参の煮物、マグロの切り身落とし、鍋に麺を入れて、夕食。 梅干し入り焼酎のお湯割り、二杯。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から安倍首相が今月末、ハワイの真珠湾を訪問し、慰霊するニュース。 先を見通した方向性もない、浅慮なポピュリズム的外交政策。 NHKは報道姿勢を、籾井が辞める前に変えるべきだろう。

 

テレ朝、報道ステーション。 BSで、「べっぴんさん」夜の部〜民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 08:57
-, -, - -
SEALDs・奥田愛基

11月14日(月)

 

朝、8時半起床。 8時間熟睡しても、まだ眠たい。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温14度の温い曇天下、徒歩で駅。 直行区間急行で、11時に神保町。

 

週明けの事務作業を済ませ、「べっぴんさん」昼の部を見ながら、野菜サラダと掻き揚げ天婦羅蕎麦で、昼食。 

 

NHKEテレで、録画してまだ見ていなかった、、ハートネットの、「SEALDs 奥田愛基」をやっていたので見る。 中学生時代、いじめから脱出して、沖縄県石垣島近くの小さな離島・鳩間島での生活など、秘められた過去の一端を知る。 苦労が血になり肉になっている。 お父さん、お母さんも、なかなかの人物。

 

預かっている原稿を読み、朱入れ校正。 結構話題を呼びそうな原稿で、事実関係を含め詳細に読み込み、くだらない批判を回避すべく、意見を書き加えたい。

 

午睡30分。 起きたら4時半前だというのに、外は夜。 あいにくの天気で、超スーパームーンも見れず。 木曜日の夜、月を見たが、どうということもなかった。

 

テレビニュースも新聞記事も、トランプ・アメリカ大統領当選後の、政治、経済、軍事の先行きを不安視する論調で溢れている。 アメリカ国内で、ヒスパニック系住民やイスラム教徒に対する、ヘイトスピーチが増えているという。 しかし、日本国内においては、絶対に許さん! ヘイトスピーチ解消法が成立していて、本当によかっっと思う。

 

6時半に、八丁堀の和風創作料理店で、某テレビ局の人たちと懇親会。  場所を間違え、10分遅れでお店に駆けつける。 青森・大間のマグロ、長崎のクエなどなど、さすが築地に近いだけあって、最高の海の幸料理を堪能。 お酒は、名だたる焼酎の、飲み放題。

 

2次会を、近場のワインバー。 欧米系外国人も賑やかな、本格葡萄酒専門店。 しかし、八丁堀が、月曜日の夜から、なんでこんなに賑やかなのかと、驚く。 ほとんどサラリーパースンと思しき、若い人たち。  無茶苦茶美味な、シャンパンと、ボルドーの赤ワインを空けて、短い後ろ髪をひかれながら、お開き。 

 

地下鉄日比谷線八丁堀〜JR恵比寿駅から〜渋谷駅、井の頭線で明大前と乗り継いで、駅。 タクシー基本料金で、気温13度の深夜、12時半に帰宅。 

 

NHKで、女子ソフトボールの、上野由岐子、34歳、2020年・東京五輪に向け全力。 感動して、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 09:14
-, -, - -