RSS | ATOM | SEARCH
『反差別民族派』の原稿読み

5月16日(木)

 

朝、7時半起床。 夜明け5時にトイレに起きてから寝付かれず、今日も睡眠不足気味。 「なつぞら」、朝の部。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴び、気温22度の薄曇り下、バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町。

 

娘の応援を得て、会計実務。 『反差別民族派』本の校正原稿読み。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ新聞は、巨人のエース菅野の異変を大きく取り上げている。 広島や楽天がいい試合をしているのに、不甲斐ない。

 

引き続き、原稿読みに没頭。 しかし、パソコン画面で校正しながらの作業は、慣れてないので難しい。“切り取り“し“張り付け”ると画面が消え、肝を冷やす。 

 

原稿読みは70%近くまで進んだ。 今日読んだところは、相模原障害者殺傷事件、杉田水脈のLGBT差別事件など、重大なヘイトスピーチ、ヘイトクライムに無自覚な既成右翼団体に対する批判。 既存の右翼は一切声を上げない。 差別と闘わないのは右翼ではない、と鋭い。

 

5時に打ち止めにして、直行電車で駅。 パルコ・フードマーケットで買い物をして、気温23度、バスに乗り6時半に帰宅。 チェアーマッサージを受けて、夕食。 プリプリのホタルイカと5割引きのヒラメの板刺し+トンカツとアジのフライで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 

 

日テレで、ケンミンショー。 岡山の爛丱藜司“の美味しさ。 ブルゾンちえみが伝統の持つ料理を吉備文化としてうまく説明していた。 岡山では、それぞれの家に爛丱藜司”の味と流儀がある。 後半は、沖縄と青森のディープな方言で、弧状なる列島の文化の深さを知る。

 

NHK、「クローズアップ現代」。 狎暴力と無罪判決“。 父親の娘に対する性暴力に対し、事実関係を認めたうえでの無罪判決。 無罪判決の理由は、「抗拒不能」ではなかったというもの。 立法、行政に続き司法の劣化も著しい。

 

「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:24
-, -, - -
10連休明け初日 体調良好!

5月7日(火)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず8時間熟睡。 頭の中に張っていた蜘蛛の巣が取れた気分で、意識鮮明で体調極めて良好。  

 

酒量を減らし、3万歩以上歩き回り、深大寺で厄払いをし、チェアーマッサージを1時間受け、足の指圧と腰・背中・首のストレッチを入念に行った結果だと思っていたが、なんと寝る前にガラス戸を閉めるのを忘れカーテンのみ閉じていたことが判明。 引き戸全開でも全く静粛で、確かに暑苦しくなかった。  

 

豆乳と“えごま油”入り青汁一袋。 シャワーを浴びて、気温17度の晴天下、小型バスで駅。 3分遅れの準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 仕事上のメールのみ確認して、連休中体調不良で手つかずだった『反差別』本の原稿校正読みに冴えた頭で集中。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 今日は新聞休刊日。 ツイッターなどSNSを見る。 3日に、銀座でヘイトデモがありカウンターのメンバーが思いっきり抗議している映像。 3日は神保町の事務所でボーとしていたのだから行けばよかったと思う。

 

4月30日の退位の礼の時、安倍首相が天皇家が末永く続くことを「願って巳(やみ)ません」と言うところを、「願って巳(い)ません」と読み上げたという。「云々」を「でんでん」と読んだのとはレベルが違う。 安倍首相がが理想としている欽定憲法下なら、不敬罪にあたると、民族派団体・一水会が謝罪を求めている。 官僚が何故ルビを振らなかったのかが不思議。 

 

そういえば、秋篠宮の息子・悠仁が通う、御茶ノ水大学付属小学校に侵入した男の情報がない。 天皇制に反対しているという情報のみで、それだと新左翼の仕業と思われかねない。 ネトウヨの可能性がある。週刊誌の出番だろう。  

 

1時過ぎから、再び原稿の校正読みに没頭。 途中、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て先週の反省ばかりで、今週の展望はなし。 聞けば聞くほど気の毒な、300万馬券ハナ差取り逃がし悲話。

 

5時まで原稿を読み進め、本日打ち止め。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温16度、バスに乗り6時半に帰宅。 ホタルイカと鯵の刺身+秋刀魚を焼き大根おろしを添えて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 炊立ての筍ご飯で、夕食を締める。

 

NHKニュース7。 安倍首相が、前提条件なしで北朝鮮の金委員長との会談を提案。 北朝鮮をめぐる6ヵ国協議メンバーで唯一金委員長と会っていない日本。 拉致問題の前提を取り下げる前に、朝鮮高校無償化を実施すべき。 参議院選を意識した放言。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだったが、プレミアムは的中せず。 狩野芳崖の、鑑定依頼者1000万評価を5000円の偽物と見抜くも、1万円で不的中が口惜しい。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、戸を開けたまま1時に就寝。 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:55
-, -, - -
10連休七日目 憲法記念日

5月3日(金)

 

朝、8時半起床。 夜2時にトイレに起き、朝までに3度トイレに行き熟睡できず、体調イマイチ。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温21度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 閑散とした風景で、古書店も3割方閉まっている。

 

今日は憲法記念日。 安倍政権支持に若い層が多いという。 ネットを媒介にした情報操作によるものだろう。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、冷やし中華の大盛りで、昼食。 送られてきている機関紙誌や情報誌を読む。 午睡1時間するも体調戻らず、身体がだるい。

 

6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温22度、バスに乗り7時半に帰宅。 NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 ゲストは連ドラ「なつぞら」のメンバーでメインは、広瀬すず。 輝く美しさにユーモア―のある知性を兼ね備えている。

 

2割引きの刺身3点盛りとホタルイカのスパゲッティ―で、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の夕食。

 

NHK・Eテレで、「ナチスのファースト・レディー」。ナチスの宣伝相・ゲッベルスの妻・マクダ。 6人の幼子を道ずれにヒットラーに夫と共に殉じる異常さを克明に描いたドキュメント。憲法記念日にふさわしい番組。

 

「なつぞら」、夜の部。 入念にストレッチをして12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:32
-, -, - -
10連休六日目 神保町出勤

5月2日(木)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温16度、雨降る中バスで駅。 区間快速で、10時半過ぎに神保町。 靖国通りは閑散としているが、事務所前の覆面ラーメンはいつものように行列ができている。

 

五日分のメールを点検し、出版契約書の確認。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、熱々のタンメンで昼食。 コンビニはガラガラ。

 

『客室乗務員』本の販売促進を、編著者の東京ビック・アカデミーの方々が精力的に行ってくれている。 最初の『2006年度版』の時から担当だった、Nさんから電話がかかってくる。 今回『2020年〜2021年版』の制作に関わっていなかったので心配していたら、なんと産休に入っていて、昨日職場復帰したとのこと。溌剌とした明るい声に元気をもらう。

 

南アフリカの、女子800m五輪2連覇中の、セメンヤ選手が訴えていた「男性ホルモン値で出場制限」取り消しが認められなかった。 これでセメンヤ選手はオリンピックを含め出場資格を奪われてしまう。 この「男性ホルモン値」は、事実上セメンヤ選手を狙い撃ちした差別規定。 彼女が黒人だからという声も上がっている。 男性ホルモン値が高いのは、セメンヤ選手の個性であり特性。 今後走高跳びで柔軟な身体を持つ身長2m50を超える選手が出てきたら、身長制限を導入するのかという問題。 オリンピック憲章はあらゆる差別を禁止している。

 

読書感想文を一つ書いて、懸案の『反ファッショ』の原稿校正に取り組めないまま、6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

一匹60円相当のホタルイカと5割引きの刺身5点盛りで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯の夕食。 鶏胸肉のから揚げで、夕食を締める。

 

Eテレで、爛丱螢丱”。 面白い。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 10連休後半の天気だけが気がかり。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:04
-, -, - -
10連休二日前 肉体労働

4月25日(木)

 

朝、9時半起床。 昨夜のアフターゼミで飲みすぎ寝過ごし。 身体を拭いて、小糠雨降る気温21度、小型バスで駅。 区間快速で、11時半に、霧雨の神保町。

 

娘の応援を得て、大型連休前の、100万円を超える月末支払いなどの会計処理。 事務所にある『客室乗務員本』2015年版を断捨離。 カバーと本文を引き裂き、ゴミ袋に入れる益無き作業に疲れる。 破くのは古本屋に流されるのを防ぐためだが、今は必要ないかもと、後で思う。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新刊『客室乗務員本』2020年〜2021年版の到着を待つ。 

 

3時に印刷所から届き、そのうち200部を段ボール10箱に梱包し直して、佐川急便で全国(北は北海道から南は沖縄まで)に発送。 沖縄は別料金と告げられる。

 

大汗をかき、喉カラカラ。 昨夜のアフターゼミで、少し残っていた焼酎を冷えたゲロルシュタイナーの炭酸割で渇きをいやし、気分高揚! 今日は一日肉体労働で原稿の校正読みできず。 明日は朝から広尾病院と神保町クリニックと、病院巡りで、10連休前は何かと忙しい。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井とパルコフードマーケットで買い物をして、気温24度、バスに乗り6時半に帰宅。 プリプリの一匹・50円のホタルイカ12匹と5割引きのヒラメの刺身+豚肉のロース焼きに千切りキャベツを添えて、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

BS朝日で、巨人vsヤクルト戦。 エース・菅野が三連続ホームラン(青木・山田・バレンティン)被弾の乱調で、連勝ストップ。 しかし、三連続ホームランを浴びたのは、30数年前の、阪神戦での掛布・バース・真弓以来ではないかと思うが、ガックリ。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 陸上アジア大会で、、20歳の橋岡選手が、走り幅跳びで、8M22僂虜5╂こΦ録で跳び優勝。 空中姿勢が古典的な狆走り“だったのが面白い。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチを入念に行って、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:33
-, -, - -
10連休前三日 尾崎ゼミ

4月23日(水)

 

朝、9時半起床。 7時にトイレに起きた後の二度寝で、寝過ごす。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 雨が上がった隙をついて、気温22度の曇天下、小型バスで駅。 区間快速で、11時に神保町。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げとゆで卵入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 1時に著名なジャーナリストのSさんが、週刊誌編集者と一緒に来られる。 Sさんとは久しぶりにお会いした。 メディアの現状について突っ込んだ意見交換。

 

2時半に帰られる。 今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義上』の、「インド」篇。 カーストの説明に頁を割いている。 バラモン(司祭者)〜クシャトリア(王侯・貴族)〜ヴァイシャ(平民)〜シュードラ(奴隷)について触れているが、アウトカーストのチャンダーラやパーリア(被差別民)については、今のところ記述がほとんどない。 ヘーゲルは被差別民について、理解(興味)はないのかと思う。

 

新刊本編著者が、新刊『客室乗務員本』の大学生協からの注文取りをしてくれて、ゾクゾクと注文ファックスが送られてくる。感謝!

 

原稿の校正読みを7時までして、尾崎ゼミ開始。 9時に終えてアフターゼミ。 話題は、退院してゼミに復帰したKさんのこと。 11時45分にお開きにして、最終直行電車で駅。 

 

タクシーワンメーターで、1時に帰宅。 ストレッチをして、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:09
-, -, - -
10連休4日前 新刊配本部数決まる

4月23日(火)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 身体を濡れタオルで拭いて、気温22度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、新刊編集にかかった費用と印刷費など、月末支払いの準備作業。 その新刊・『客室乗務員に一ヵ月で合格する本 2020年〜2021年版』の取り次ぎ(トーハン、日販、大阪屋・栗田)配本部数が決定。 25日搬入で、大型連休前に書店及び大学生協に新刊が並ぶ。 ちなみに例年大学生協の売り上げトップは、箱根駅伝の青山学院大学。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 朝のくしゃみと共に、不整脈が止まらない。 心房細動勃発かと思う。 

 

明後日に行う新刊本大量発送の下準備で、大汗をかき冷房を付ける。ヤフーの気温表示は25度。 3時半にやっと、原稿の校正読みに取り掛かるも疲れて進まない。 そこに近所の新刊の編集者Kさんが見えられる。 病気と競馬の話などで、くつろぐ。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物せず、気温20度、バスに乗り、6時過ぎに帰宅。 チェアーマッサージで身体を解し、髭を剃りヘアーカットしてシャワーを浴び、サッパリして夕食。 

 

ほうれん草の胡麻和えと鯖の味噌煮+豚ロースの塊を切って焼き、千切りキャベツを添えて、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯。 美味! 

 

フジTVで、巨人vsヤクルト戦。 巨人の圧勝で、一日の精神的疲れを取る。 テレ東で「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率75%でまずまずだったが、プレミアム鑑定は本物と見分けたものの指値が低くハズレ。(神武天皇の彫刻は、100万と評価したが、なんと1500万円!) 

 

テレ朝、報道ステーション。 スリランカのイスラムテロ。 ニュージーランドのクライストチャーチの、白豪主義者=白人至上主義者によるイスラム・モスクテロの、報復だという、憎悪の連鎖。 

 

旧優生保護法による不妊手術に対する救済法案成立。 法案にも問題はあるが、小児まひで強制不妊手術された男性が、「精神分裂病でもないのに強制された」との談話は、精神分裂病に「統合失調症」と注釈をつけても問題があり、カットすべきコメント。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:53
-, -, - -
目黒の紀伊國屋書店本部

4月4日(木)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 気温13度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

朝のNHKニュースが、日産のゴーン氏四度目の逮捕を中継していた。 ゴーン氏は11日に記者会見を開くと昨日公表していたが、なりふり構わぬ東京地検特捜部の、官邸の意を受けた強権的収監。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 今日の「なつぞら」に、感動の声がネット上で賑やか。 ノンフィクション作家の角岡伸彦さんが、神保町に来たついでに顔を見せてくれる。 四方山話に花が咲き、企画話が一本まとまる!

 

3時に、目黒にある紀伊國屋書店本部。 途中にある目黒川の橋の上に桜見物人多数。 元大阪梅田本店店長で、役員のKさんに『客室乗務員に一ヵ月で合格する本』の一括注文のお願い。 書店・出版業界の情報交換をして、6月中旬に出版予定の『エントリーシート本』の時に、一献傾けることを約し、目黒駅〜新宿駅経由で、直帰。 

 

成城石井で、15匹600円のホタルイカを買い、パルコフードマーケットに行くと、なんと広島風お好み焼き屋が出店していた。 来週火曜日まで店を開いているという。 バスに乗り6時に帰宅。 大手マスコミの知人から相談事。

 

プリプリのホタルイカと広島風お好み焼きで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。 BS日テレで、巨人対阪神戦。 5回7点差でチャンエルを替えるが、巨人破竹の5連勝!

 

今日届いた『週刊新潮』を読む。 最終ページのグラビアを見て、油断。 先週土曜日に開かれた、『噂の眞相』元編集長・岡留さんを送る会のひとコマで、管直人元首相と信子姐さんのツーショットの背後に・・・。 会場について最初に会ったのが、『週刊新潮』を「裏」で仕切るNさんだったことを思い出す。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 ゴーン氏逮捕で、元東京地検特捜部の、皸罎鯏仂譴気燦〇〕文遒波崛箸鮟える。 本当に異常報道。 テレ朝、報道ステーション。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:46
-, -, - -
尾崎ゼミ

3月27日(水)

 

朝、9時起床。 中国整体のおかげか、熟睡。 豆乳と“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 気温16度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、月末の支払いなど会計実務。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、蒸し鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

神奈川県議選に横浜市戸塚選挙区から、立憲民主党公認候補として立候補していた、飯田強の公認が取り消され出馬辞退となった。 理由は、過去ネット上でヘイト投稿をしていたことがバレたため。 ヘイトスピーチのカウンターメンバーがこの間一貫して批判していた。 今日の朝日新聞にも取り上げられている。 7月には、参議院選もある、立憲民主党は候補者の調査(思想的かつ現実的身体検査)をきちんと行うべき。 「身体検査」と言う言葉は使いたくないが、枝野代表にはしっかりと取り組んでほしてほしいと思う。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義・上』の予習。 前回に引き続き、第一部・第一篇・中国。 相変わらず厳しい中国批判。 今読んでいる、サイードの『オリエンタリズム』にヘーゲルの名前が出てこないのが不思議。(マルクスの名はある) 中国人は平気で嘘をつくと断定し、「無を最高絶対の神の境地と見なし、個をないがしろにすることをもって人格の最高の完成と考える仏教が、中国で広くうけいれられているところにも、道徳的な悪の意識が顔をのぞかせています」。 「無」と「空」の違いをキリスト教文化人は理解できない。 

 

7時からゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 持ち寄ったつまみとビールやワインで、懇親会。 11時半にお開きにして、帰宅方向が一緒の、狄刑“ゼミ生Iさんと、電車で駅(Iさんは乗り換え)。 神保町からの最終電車の込み具合に驚く。 

 

タクシーワンメーターで、12時半に帰宅。 勢いついて、バーボンウヰスキーを飲んで、、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:20
-, -, - -
『客室乗務員本』、下版

3月26日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温11度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

『客室乗務員』本の最終点検。 著者からの最後の校正直しを待つばかり。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

世田谷の年金事務所所長のヘイト投稿問題がテレビニュースと新聞で大きく取り上げられている。 欧米では多くの国で刑事罰で逮捕されるほどのヘイト差別事件。

 

今朝6時半にトイレに起きた頃から心房細動なのか、不整脈があり動悸もするし、階段を上がると息切れする。 と言うことで、3か月ぶりに、神保町の中国整体、「萬寿堂」。 腰・背中・肩・首の指圧。 そして、足の裏とふくらはぎの、痛い痛マッサージ。 今日の朝日新聞に全面広告が載っていた、遠赤指圧半ソックスを、特別割引で3足注文する。 腰に良いらしい。

 

著者からの広告原稿など、すべての追加原稿も届き、やっと印刷所に入れる目処が立ち、ホッとする。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温15度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

5割引きの刺身3点盛りと生ワカメ、狢臙呂鮗蕕覯“の餃子で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 

 

NHK、ニュース7〜「ひよっこ」特番の2を見て、テレ東で「開運! なんでも鑑定団」。 プレミアム鑑定は25年ほど前に流行った爐燭泙瓦辰“の新品70点。 70万円の値を付けるも、43万8200円の鑑定。 当然的中者0. 43万なら分かるが、8200円まで当てる視聴者がいるかと思う。 テレ東、反省すべき!

 

『客室常務員』本の最後の詰めを、著者と編集者とメールやり取りし、10時前に終える。 テレ朝、報道ステーション〜TBSニュース23。 世田谷の年金事務所長・葛西某のヘイト犯罪を大きく報道。 被害者の一人、精神科医の香山リカさんも登場し、公務員のヘイトに怒り! 

 

BS、プレミアムで、「まんぷく」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:24
-, -, - -