RSS | ATOM | SEARCH
『被差別部落の真実』の著者と次作の打ち合わせ

1月23日(木)

 

朝、9時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 氷雨降る中、500M歩き、かっての停留所からバスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間快速で、11時過ぎに雨の上がった神保町。 

 

早めにゆで卵入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 12時に、『被差別部落の真実』の著者、小早川明良さんが広島から上京してこられ、次作について打ち合わせ開始。 防衛庁に用事があったとのこと。(突入したわけではない) 

 

近代(明治維新以降)にできた被差別部落について、レジュメを前に6時まで論議。 江戸時代の狃太め一揆“などは、賤民(穢多・非人)の身分差別との闘いであり、決して部落差別と闘ったのではないこと。 何よりも江戸時代に猊落”という言葉はない。 

 

明治維新以降の近代資本主義的生産関係の下での、社会関係と人間関係の中で部落差別が、権力の意志によって構造的に作られてきたのだという視点の確立。 その時、江戸封建時代の身分差別=賤民差別を一つの手がかりとして形作られたのであり、賤民差別=部落差別ではないことの強調。 

 

戸籍と部落差別についての深い洞察。 「戸籍」制度は、旧日本の植民地だった朝鮮半島と台湾にしかないとの主張の誤りを指摘し、ヨーロッパにも広く存在することを実証的に証明。 

 

6時過ぎに、去年文藝春秋のK嬢に連れていつてもらい気に入っていた、神保町の和食料理店で夕食を共にしながら、打ち合わせの続き。 9時に終えて直行電車に乗り、市ヶ谷で小早川さんを見送り駅。タクシーワンメーターで、10時に帰宅。 

 

テレ朝で、報道ステーション。 ミャンマーの、イスラム系少数民族・ロヒンギャ迫害を国連が非難。 アウンサー・スーチーの化けの皮が剥がれた。 杉田水脈のヤジ批判などなかなかの報道内容。 何かあったのかと訝しむ。

 

アマゾンで、新刊『ノンフィクションにだまされるな』(角岡伸彦著)が、総合で630位の三桁台の快進撃。 立憲民主党の有田芳生参議院議員と精神科医・香山リカさんがツイッターで取り上げてくれたおかげかと思い、感謝!

 

BSで、本日初見の「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:06
-, -, - -
平塚の読者から電話

1月17日(金)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 晴天下、 500m歩いて、以前の停留所からバスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

11時に、パソコンと電話回線の業者が来て色々と打ち合わせ 。 神奈川新聞の広告を見たという年配の男性から、『差別語 不快語』を購入したいとの電話。 神奈川の平塚市界隈では、「穢多」など賤民の蔑称で「かんぼ」という差別語が昔からあることを教えてもらう。 どこで購入できるかと尋ねられたので、伊勢治書店の名を挙げたところ、すでに閉店していると聞き、驚く。 その後平塚の書店から注文ファックスが入る。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 郵便受けから新聞を持ってくるのを忘れていたことに気付く。 なんとなく食後のルーティーンが乱れ、手持無沙汰。 

 

『週刊金曜日』の副編・Iさんが来られ、車庫証明違反で逮捕拘留された反ヘイトカウンターのメンバーの事件について、意見交換。 書店からの注文電話ももそこそこある。 

 

夕方、学生時代の後輩で、不動産の仲介業をしているNが新年の挨拶に顔を見せる。 仕事も順調そうで、なにより。 大阪地裁で、ヘイトスピーチは表現の自由に当たらず、との判決が下る。 当然の判決。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 買い物をせず、気温9度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 サワラの西京焼きと鶏の胸肉入り野菜鍋、そしてラーメンを入れて夕食。 白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」〜ニュースウォッチ9。 伊方原発稼働中止と大阪地裁のヘイトスピーチ判決を報道。 昨日のNHK朝のニュースでは、ネット上のヘイト個人攻撃投稿を徹底批判し、処罰を受けたネトウヨの自宅を突撃取材するという積極性に、NHK社会部の矜持を見る。

 

BSで、「スカーレット」夜の部。 TBSで、遅いニュース23。 田原総一郎さんが出演して、ハチャメチャ漫談風、安倍自民党批判。 ストレッチをして、1時に就寝。

 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:13
-, -, - -
e- ラーニング「ドリルメイト」の打ち合わせ

1月14日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 顔を洗って、気温7度の雲一つない晴天下、久しぶりに20分歩いて駅。 うっすら汗をかき、区間快速で、10時に神保町。

 

事務所のドアを開ける前に、電話の着信音が聞こえる。 注文電話だったが、それから立て続けに書店から7件と、1件の直接注文電話の応対に追われ、うれしい悲鳴。 午後も電話とファックスの注文があり、本日合計15件の注文に気分を良くする。

 

度し難い差別者・麻生副総理兼財務大臣がまたやらかした。 日本について「2千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と、国政報告会で発言。 「単一民族」について、二度目の差別発言だが、「ナチスに学べ」と同じ発想。 「一つの民族、一つの総統、一つの国家」(ナチスのスローガン)。 アイヌ協会は徹底的に抗議すべき。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、市場で買った、安いが歯ごたえのある特性の竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

1時に、かって一緒に仕事(『香山リカのメンタルヘルス』と『差別語 不快語』)をしたことのある、Wさんが新潟の銘酒・山田錦の〆張鶴を持つて来られ、これから始めるネット上の「ドリルメイト」についての打ち合わせ。 

 

「ともにまなび シェアするよろこび」をキーワードに、e−ラーニング編集機能を無料開放する爛疋螢襯瓮ぅ“の内容を教えてもらう。 「ことばと品格」的な内容で定期的に投稿することになる。  3時半に打ち合わせを終え、Wさんを見送り、「ドリルメイト」の初回の投稿内容を考える。

 

開かれたネット空間での豆知識的内容の、肩の凝らないテーマを毎週出稿するのだが、例えば狃優と俳優“についてなど、PCの身近な問題を取り上げて面白くかつ簡潔に解説する予定。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温9度、バスに乗り6時半に帰宅。 軽く筋トレをして、刺身4点盛りと生シラス+肉じゃがとで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率は70%でまずまずだったが、プレミアムは明治の1円銀コイン60枚を2500万円と評価するも、30、075、000円と言う中途半端な、おかしな値付けで、ピタリ賞なし。 

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKと同じく、出雲の立てこもり事件を冒頭から長く報道。 包丁を持った男には、警棒と爐気垢泙“があれば充分仕留められるだろうに、なぜか躊躇している。 麻生の差別発言をそれなりに報道。

 

BSで「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、早め12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:40
-, -, - -
新聞広告の効果

1月9日(木)

 

朝、8時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 「スカーレット」朝の部。 顔を洗って、気温11度の生暖かい雲一つない晴天下、小型バスで駅。 バスの中でお年寄りに席を譲る、毎日新聞の役員Oさんを確認。 

 

特急〜鈍行〜区間急行の満員電車に揺られ、9時45分に神保町。 いつもより30分早くバスに乗り、立ちっ放しだったが、15分早く着いただけで、徒労感が漂う。 しかも朝日新聞の広告に、期待したほどの注文電話も来ず、踏んだり蹴ったりの気分。

 

結局、夕方までに7件の注文電話で、意気消沈。(アマゾンは午後から広告効果が著しくなった) 前回の『在宅おひとりさまの生き方』の時には、初日と翌日に、それぞれ10数件の注文電話(その内7件は購買者からの直接注文)があったことを考えると、今や新聞は高齢者しか読んでいないという統計にうなずかされる。 テレ朝の、爛櫂張鵑醗豸家“の高視聴率がそうであるように、高齢者が興味を持つ内容でないと新聞広告の効果は期待できない。

 

届いた『週刊文春』を読む。 安倍首相9月退陣は、よほどのことがないかぎり既定路線だという。 自民党内で、次期総理をめぐっての露骨な争いが水面下で始まっている。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、朝と同じ気温11度、バスに乗り、6時半に帰宅。  軽い筋トレをして、夕食。 少々高めのヒラメの板と牛蒡煮で、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 B級グルメの王者・富士宮焼きそばで、夕食を締める。

 

ニュースは見ずに、BSでお笑い番組を見て、気分転換。 TBSで、ニュース23〜BSで「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。(寝る前にアマゾンでの新刊動向を見たところ、ジャンル別では1位と2位で、総合順位も上がっており、新聞広告の効果かと思う)

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:32
-, -, - -
仕事始め

1月6日(月)

 

朝、8時半起床。 焼酎一杯しか飲んでいないにも関わらず、夜中トイレに2回も起き、寝不足気味。 昨日青汁が届き、豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 

 

気温5度、雲一つない冬空の下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 冷え切った事務所内が温まるのに時間を要す。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、 年末か、昨日の競馬で儲かったのか、新年の挨拶に菓子折りを頂く。 これから後楽園のウィンズ(場外馬券売り場)で、月曜競馬に挑戦するとのことで、必勝祈念のエールで送り出す。

 

休日8日分のメールを点検するだけで、午前中が終わる。 「スカーレット」昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

寝不足なのか、正月疲れなのか、身体がだるくて気合が入らない。 ツイッターとフェイスブックを見るのも疲れる。 送られてきている機関紙と一般雑誌、そしてメール通信などを読む。 

 

朝から注文電話が5件あったが、その内4件が『被差別部落の真実』(小早川明良著)。 注文書店も地域がばらばらで、どこかに書評が載ったのかと思う。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温9度、バスに乗り6時半に帰宅。 軽く筋トレをして、チェアーマッサージを受け、夕食。

 

刺身4点盛りと白身刺身で、冷酒一杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 熱々のほうとう鍋うどんで、夕食を締める。 

 

日テレで、狃蕕瓩討里つかい“スペシャル。 ラグビー日本代表の田中選手の子どもも登場。 企画力の勝利。 NHK、ニュースウォッチ9の終わりに、爛轡屮“の単独インタビュー。 年末年始、各局に出まくりで女子プロゴルフの人気を高めている。 

 

テレ朝、報道ステーション。 イランとアメリカの緊張が高まっている。 しかし、中東の海に海上自衛隊を派遣する閣議決定に変更はないという。

 

TBS、ニュース23〜「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:09
-, -, - -
仕事納め

12月27日(金)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、7時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温11度、雨上がりの清々しい晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 

 

近所のコンビニで「出版人」の今井さんに会い、昼から仕事納めの忘年会を事務所でするので来ないかと誘そわれるも、丁重に辞退。

 

事務所に入るなり、新刊『ネット右翼VS反差別カウンター』(山口祐二郎著)の書店からの注文電話が入るも、取り次ぎ搬入日は年明けの1月6日になる旨伝える。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、鶏胸肉の照り焼き入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 部屋の大掃除をして、仕事納を締めくくる。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温7度、6時半に帰宅。  刺身3点盛りとヒラメの板で、冷酒一杯。 自家製キノコスパゲッティ―で、シークヮーサー入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」スペシャル。企画力の勝利。  ニュースウォッチ9。 年内は今日が最後だが、パッとしない内容。  

 

井上陽水50周年スペシャル。 年末にふさわしい音楽番組。 BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 遅い、日テレのニュース。 ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:59
-, -, - -
年の瀬

12月26日(木)

 

朝、10時半起床。 “えごま油”入り青汁のみ二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、昔の停留所まで500m歩いて、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、12時半に神保町。

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、熱々のワカメ蕎麦で昼食。 新春特大号の『週刊新潮』をゆっくり読む。 佐藤優さんと読売新聞の渡邉恒雄主筆との「頂上対決」。 東大哲学科卒の主筆がカント主義者であることを知る。 

 

引き続き新春特大号の『週刊文春』。 小泉進次郎の政治と女性にまつわるスキャンダルの暴露。 雑誌を読み漁って、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 

 

年の瀬で大混雑のパルコフードマーケットで買い物。 レジに並んでいた毎日新聞の役員Oさんの姿を認めるも、声を掛けられず。 バスに乗り6時半に帰宅。

 

刺身3点1080円の、甘エビ、中トロ、アオリイカの刺身で、白ワイン二杯。 麻婆タレの鍋にうどんを入れて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

NHKニュースウォッチ9。 自民党の衆議院議員・秋元司のIR賄賂汚職事件を冒頭から長く放送。 森友・加計、そして犧を見る会“の権力犯罪を免罪するための、検察のトカゲのしっぽ的逮捕である可能性を捨てきれない。 激震のテレ朝、報道ステーションは年末特番で無し。 民放のニュースは日テレだけ。 

 

BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。  テレ東で、「チマタの噂」。ゲストはビートたけしで特番。 結構きつい政治の話もあり、なかなかのもの。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:44
-, -, - -
新潮社の知人と忘年会

12月25日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温4度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 ドア・ツー・ドアで45分。 

 

書店からファックス注文が3件来ていて、朝から気分が良い。 娘の応援を得て、月末兼年度末の支払い。 月曜日と合わせ130万円近い支払いに、懐が寂しくなる。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 

 

机上を整理し事務所の片付け。 年賀状書きを終え、読書感想文を一つ書き上げて、6時に事務所を退出。

 

7時に吉祥寺の日本料理店で、新潮社の重鎮・Kさんと『週刊新潮』の猯▲椒“Nさんと、恒例の忘年会。 本当に美味い刺身に舌鼓を打ち、コクのある焼酎と日本酒で喉を潤す。 年内公式忘年会の最後を飾るにふさわしい懇親会。

 

二次会を40年ぶりに、ハーモニカ横丁。 若い人たちで大賑わい。 変則中華料理店で紹興酒を思いっきり飲み、出版業界の話と差別・人権問題。 気の合った知人と飲む酒は本当に美味しい。

 

12時頃にお開きにして、1時前には帰宅したと思う。 以後記憶なし。 楽しい夜だった。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:30
-, -, - -
忘年会疲れ

12月24日(火)

 

朝、10時半起床。 神保町からどうやって帰ったのか、昨夜の記憶が全くない。 

 

豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。  シャワーを浴びて、気温12度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、12時45分に神保町。 

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 リコーの担当者が来て、ネット環境の点検と打ち合わせ。 

 

飲み疲れで気合入らず。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 クリスマスイブで無茶苦茶ごった返していた(特にケーキ売場)、パルコフードマーケットで買い物をして、気温7度、6時半に帰宅。 

 

刺身4点盛りと豚ロースの照り焼きに千切りキャベツを添えて、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

日テレで、年末特番爐気鵑涕翕“。 お笑い界のトップ・さんまの話芸はまだまだ達者。 BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:08
-, -, - -
尾崎ゼミ忘年会

12月23日(月)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温5度の曇り空の下、バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。 

 

応援に来ている娘から、新刊『ノンフィクションに騙されるな』(角岡伸彦著)の取り次ぎ配本部数が満数確定したと教えられる。 25日に搬入して全国の書店店頭に年内に並ぶ。 

 

週明けのメールのチェック。 「スカーレット」昼の部を見ながら、鶏胸肉の唐揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、有馬記念のアーモンドアイの敗因について立ち話。 やはり中間の熱発が影響したのだろうという。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 下』の予習。 ギリシャ世界の第二篇「美しき個人の形成」、第一章「主観的芸術作品」、第二章「客観的芸術作品」。 ウラノス(天の神)、ガイア(地の神)、オケアノス(大洋の神)、セレネ(月の神)、ヘリオス(日の神)そしてクロノス(時の神)。 犹海凌“は出てこない。 肉体を美しく鍛え上げることがギリシャの芸術。 つまりスポーツで、オリンピック。

 

報知新聞のYさんが年末の挨拶に、巨人軍のカレンダーとスポーツ報知の中央競馬カレンダーを持って見えられる。 今年は巨人のリーグ優勝とラグビーワールドカップの盛り上がりで、少しだけ販売部数も伸びたという。 結論として、巨人が勝たないと、部数が伸びないとYさん。

 

いつもより1時間早く、6時にゼミ開始。 8時前に終えて、忘年会を兼ねたアフターゼミ。 11時過ぎにお開きにして、来年こそは安倍政権打倒を誓い散会。 

 

以後記憶が定かではないが、多分新宿ゴールデン街の爛襦Ε泪織”に寄った気がする。  

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:51
-, -, - -