RSS | ATOM | SEARCH
帝国ホテルの夜

12月7日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 気温12度、小型バスに乗って駅。 準特急で新宿〜山手線で恵比寿〜地下鉄日比谷線で、10時半に都立広尾病院。 

 

心電図検査をして、主治医に問診を受ける。 筋トレと動悸・不整脈は一切関係ないとのこと。 心電図に異状なく、血液サラサラ薬を処方してもらい、地下鉄に乗って、12時45分に神保町。 

 

「まんぷく」、昼の部。 今週はGHQとMPのことばかりで、面白くない。 熱々の掻き揚げ蕎麦で、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、貴重な資料をコピーさせてもらう。 メールの返信などに時間を取られる。 

 

年賀状の裏面の最後の校正をして、印刷開始。 近所の出版社兼編集プロダクションのKさんと打ち合わせしながら、安倍政権批判。

 

5時半に事務所を辞し、6時から帝国ホテルで行われる、文藝春秋社の菊池寛賞のパーティー兼忘年会に行く。 目当ては、久兵衛の握り寿司だったが、出店なく爐覆田“の寿司。 イケる! 

 

ホテルの入り口で一緒になった、創価学会と公明党ウォッチャーのOさんと食事しながら、1時間半。 二人共通の知り合いも多数訪れ、しばし談笑。 日産・ケリーの弁護を引き受けている、K弁護士(私の主任弁護士でもある)から深刻な話を聞く。 東京地検特捜部と朝日新聞は、大変!

 

8時に終えて、地下鉄に乗って9時半に帰宅。 自家製チャプチで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯で、週末の夜を締める。 テレ朝、報道ステーション。 ゲストコメンテーターの、野村某もイマイチ。 

 

BSで「まんぷく」夜の部。 日テレ、ZEROを見るといきなり、参議院法務委員会で、外国人労働者に関わる入管法改悪が強行採決された映像。 有田芳生議員の怒りが画面を通じて伝わってくる。 多数決が民主主義の原理だと言い張る、議会制民主主義者がファシズムを生む。

 

怒りを抑えて、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:11
-, -, - -
出版人・忘年交流会

12月3日(月)

 

朝、10時起床。 有機人参ジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 小雨ぱらつく気温14度の曇天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

週明けの事務作業とメールなどのチェックをして、「まんぷく」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

3時に、丸ノ内の明治生命館地下で開かれる、出版人・忘年交流会に行く。 日比谷駅を降りて、現代書館の重鎮Kさん、Mさんと出くわすも、3人で明治生命館の場所が分からず、右往左往。 3人合わせて230歳近い老人トリオ。 

 

何とか占領軍・GHQの本部があったビルに到着。 会の主催は、株式会社・出版人の今井照容さん。 顔見知りの業界人と談笑。 集英社の堀内社長に挨拶。

 

『文徒』に執筆しているSさんと、部落差別の鳥取ループの問題について、真剣な話。 途中でSさんが福山市出身と分かり、親近感を覚える。 

 

5時にお開きになり帰ろうと思うも、同じ場所での二次会に徳間書店の名物業界人・Mさんに腕をつかまれ留め置かれる。 昔話で盛り上がり気分高揚。 

 

意を決し3次会を辞退し、地下鉄を乗り継いで駅。 バスに飛び乗り、7時過ぎに帰宅。  根菜おでん鍋+鯖のみりん干しに大根おろを添えて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は滋賀県米原市で、ゲストは俳優の國村隼氏。 ニュースウォッチ9。 トップニュースが、北海道で働いていた中国人労働者逮捕。 沖縄の辺野古埋め立て強行問題をトップにもってこいとは言わないが、排外主義的。

 

テレ朝、報道ステーション。 ここのところ、なぜか爛▲リ運転“報道が多い。  BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:51
-, -, - -
『週刊新潮』と『週刊文春』

11月29日(木)

 

朝、10時起床。 よく寝た。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温14度の晴天下、歩いて駅。 三日連続駅まで歩いているが(結構早歩き)、腰のコリと痛みが和らぐ。 NHK、“ためしてガッテン”のおかげ。 

 

準特急〜区間急行で、12時に神保町。  一昨日頃から気になっていた、左側頭部の痛みが強くなっている。 間断的にヒクヒクする痛みが襲ってくる。 胃腸の調子も悪くないし、体調も良いが、不快。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、さつま揚げとリンゴ入り自家製野菜サラダで、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、増刷本の紙について的確なアドバイスを受ける。 少しだけ競馬、とくに一口馬主・サンデーRの裏話。

 

今日届いた『週刊新潮』を読む。 新刊『被差別部落の真実』が「10行本棚」で取り上げられている。 感謝! しかし驚いたのは、藤原正彦氏の“管見妄語”が最終回だということ。 いつも真っ先に読んでいただけに、残念。 

 

                                                     

 

 

『週刊文春』のグラビア牋杰美女図鑑“は、なんと中央競馬唯一の女性ジョッキーで、今年25勝している、藤田菜七子騎手。 どこの競馬場で騎乗しても単勝は常に異常人気。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、朝と同じ気温14度、バスに乗り、6時半に帰宅。 5割引きの刺身の盛り合わせと、思わず買ったお好み焼きで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割りで、夕食。 

 

お好み焼きは広島風のモダン焼き(ソバが上に載っている)。 ミニソースの袋に、爛ープソース“と書かれていたので、思わず爐修蠅磧爾い韻沺”とつぶやく。ここはジャイアンツの本拠地・東京なので おたふくソースか、お好みソースに名称を変えた方が良いと思う。 味は大満足の逸品。

 

NHKは7時のニュースも9時のニュースも、牾姐饋雄牾搬臻^“との呼称。 なぜ牾姐饋溶働者受け入れ法案”と言わないのか。 立憲民主党の、有田芳生議員の質問映像をそれなりに放送したことは、評価。

 

テレ朝、報道ステーション。 外国人労働者受け入れ法案の徹底検証 韓国との対比で、今の日本の技能実習生制度の実態を告発。なかなかの批判報道。 

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:18
-, -, - -
尾崎ゼミ

11月28日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと、昨日やっと入手した、“えごま油”入り青汁二袋。 気温14度の晴天下、陽射しを浴び、20分歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

日産・ゴーン逮捕で、朝日新聞と東京地検特捜部が一蓮托生との疑惑がネット上をにぎわしている。 なんか雲行きが怪しい。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 増刷する本のことで、本業の紙の値段と仕入れについて相談。 

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』の予習。 「世界史という現実の中では、精神の理念が現実に存在する民族精神という形で一つ一つ目の前にあらわれてくる」。 別のところでヘーゲルは、「人類の理想は各民族において花開く」とも語っている。

 

出版予定の著者が、5年前に出版した本二冊の内、一冊目を読み始め、6時半に読み終える。 テーマの基本線が同じなので、ダブりを確認するための作業。 

 

7時から、尾崎ゼミ開始。 ヘーゲルの北アメリカ(主にプロテスタント)と南アメリカ(カソリック)の評価の違いに、驚く。さすがルターのドイツ。9時に終えて、アフターゼミ。 日曜日に結婚式を控えたゼミ生・Iさんが赤ワイン二本持って、顔だけ見せる。

 

11時半にお開きにして、直行電車で駅。 気温13度、雨に打たれ15分待って、タクシーに乗り、12時半に帰宅。 テレ東で、鶴瓶と松嶋尚美のトーク番組で笑って、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:05
-, -, - -
雨の神保町

11月6日(火)

 

朝、8時半起床。 9時から2時まで断水だというので、少し早めに起きる。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度の曇天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 

 

銀行に寄って、通帳記帳。 娘の応援を得て、精算業務と請求書の作成など。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、ウィンナーと竹輪入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省。 WIN5は、惜しくも4勝1敗だったが、三連単でかなりの高配当を的中させたとのことで、終始ご機嫌。 すべての厩舎を分析した本を読むという、勉強家。

 

サンケイスポーツが、青森の市議選で初当選した山崎翔一(28歳)の裏アカントでの、差別ツィートを大きく紙面を割いて報道している。 謝って済む問題ではない。 即刻議員辞職させるべき。

 

新刊の企画が二つ入り、年末から忙しくなりそう。 今日は、注文より返品の方が多いという侘しい一日。 

 

早め5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で、シークヮーサーなどの買い物をして、バスに乗り、6時半に帰宅。 行帰りは雨に打たれなかったが、神保町は梅雨のような雨が夕方まで降り続いた。 

 

少々高い定価の刺身5点盛りで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 豚肉入り自家製焼きそばで、夕食。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 久しぶりに鑑定・100万で的中。 2回目は、絵画を500万と値付けるも、鑑定850万で不的中。

 

テレ朝で、報道ステーション。 アメリカの中間選挙。 なんで平日投票か知らないが、現地からの報告ゲストが町山智浩さんで、なかなかの分析。 日テレ、ZERO。 ゲストの落合某も酷いが、有働由美子では無理。 適材適所がある。

 

「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:00
-, -, - -
尾崎ゼミ、全員集合

11月1日(木)

 

朝、9時起床。 よく寝れた。 引っ越し先はほんとうに、虫の音を聞きながら眠りにつき、小鳥のさえずりで目を覚ます、なかなかの環境。 

 

今日から霜月・11月。 有機人参ジュースと青汁二袋。 気温17度の晴天下、真正面から陽を浴びながら、25分歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

書店から、新刊『被差別部落の真実』など、ファックス注文4件と電話注文1件。 今日はいけると思ったが、夕方5時までに返品ファックス以外無しで、意気消沈。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、ロースハム入り自家製野菜サラダで、昼食。  途中で止まっていた、ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 3時過ぎにラフ原稿を書き上げる。 推敲して明日アップする予定。 杉田水脈の差別性と犯罪性の追求。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、今週の展望。 京都で行われる、中央と地方のダート競馬の祭典・JCBクラッシックには参加しないとのこと。 小用で、弓立社の小俣社長が見えられる。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲル『歴史哲学講義 上』の予習。 相変わらず東洋について、ヘーゲルは手厳しい。 「アジアの両国家(中国とインド)には国家の本質をなす自由の概念の意識が欠けている。だから、中国の道徳法則は、自然法則のような、外部からおしつけられる命令であり、強制法強制義務であり、さもなければ、人間相互の礼儀作法です。共同体の理性的な規律を心情的な道徳へと転化するのに必要な自由が、存在しないのです」。

 

7時にゼミ開始。 9時に終え、アフターゼミ。 アフターゼミからの出席率の高いIさんも来て、久しぶりに全員集合。 たこ焼きと宅配ピザをつまみに、ビール、白ワイン、ウィスキーに、高級イモ焼酎。  

 

11時半にお開きにして、電車を乗り継いで、駅。 タクシーワンメーター+で、12時半に帰宅。

 

自家製の、熟成薬草酒を一杯飲んで、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:22
-, -, - -
情報弱者の悲哀

10月19日(金)

 

朝、7時半起床。 熟睡。 チェアーマッサージを30分受けて、「まんぷく」、朝の部。 有機人参ジュース一杯。 気温17度の曇天下、引っ越し先から初めて速歩きし、20分で駅。 最初の5分以外は前と同じ道。 少し汗ばむ。 

 

区間急行で、10時に神保町。 メールのチェックなどをして、DCカード決済の削除と変更の手続きをするも、如何ともし難く、カード会社に電話。 懇切丁寧に指導され、送られてきた仮パスワードでログインを試みるも全てハジかれる。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、“ホットモット”の弁当で、昼食。  神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 先週の秋華賞に比べて、今週日曜日、京都・淀競馬場で行われる三歳馬のG機Φ堂崗泙老秬錙 いろいろ参考意見を聞く。 パドックを見て最終結論を下す予定。

 

2時に再びカード会社に連絡し、指示を仰ぐ。 再度仮パスワードを発行してもらい、過去のIDとパスワードなどを消却して、一端、パソコンを閉じる。 再起動して、やっとカード決済ができる状態に復活する。 時すでに、4時! 朝10時から、実質4時間パソコンに振り回された。 情報弱者は辛い。

 

新刊の注文は、直送分を含め10件とかなり落ち着いてきた。 5時過ぎに事務所を辞し、直行電車で駅。 成城石井で買い物をして気温16度、バスに乗り、6時半に帰宅。 

 

ニラと豚肉とニンニク+白菜とラーメンを入れた、熱々鍋で夕食。 アルコールなし、三日目。 BS・日テレでセリーグCS戦、巨人対広島戦。 広島が勝ち日本シリーズへ。 しかし、CS戦は意味がない。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべきニュースなし。 BS・プレミアムで「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:06
-, -, - -
穏やかな一日

10月18日(木)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュース一杯。 「まんぷく」、朝の部。 シャワーを浴びて、気温18度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

新刊の電話注文を受け、ファックス注文と共に入力作業。  机上の整理をして、“ホットモット”へ弁当を買いに行く。 鯖の塩焼き弁当と野菜サラダ+野菜ジュースで、昼食。 

 

「まんぷく」、昼の部。 午睡30分。 どうも身体がだるい。 新刊の電話注文は、ぼちぼちあるが落ち着いてきた。 2時半から一人で、書店注文、直接注文などの電話応対。 日販の選択常備のトラブルに時間を取られる。 

 

夕方、元小学館のYさんが見えられ、新刊を渡し世間話。 司法関係者の人脈の広さに驚く。 6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、朝と同じ気温18度、バスに乗り7時半に帰宅。

 

BS・日テレで、セリーグCS・ファイナル戦、巨人対広島。 8回の裏、新井の同点打と菊池のスリーランで、巨人逆転負け。 CSはやる必要がない。 熱々の、うどんすき鍋で、夕食。 アルコールなし、二日目。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 昨夜の赤坂のアライグマ騒動を冒頭から報道するかと思う。 「クローズアップ現代+」で、マラソン2時間5分台の日本新記録を樹立した、大迫傑選手。 昔との走法の違いとトレーニング方法の進化が生み出した記録。 元アスリートの目から見ても、大迫選手の伸びしろは大きいと思う。

 

テレ朝、報道ステーション〜BS・プレミアムで「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:26
-, -, - -
新刊『被差別部落の真実』、書店注文快調

10月17日(水)

 

朝、8時半起床。 陽射しが差し込み暖かい朝。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴びて、気温18度の薄曇りの下、小型バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

今日も、書店からの新刊注文電話がそこそこある。 来週行う研修のパワー−ポイントに最後の修正を施して、担当者に送信。 プロが作るパワポはさすがに素晴らしい。 

 

掻き揚げ蕎麦と野菜サラダで、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 小用で神保町を出歩くが、いい気候で古本屋に人が多い。

 

研修のレジュメに、コメントを書き込む作業を行うも、あまりにも差別事件が多すぎて、(官公庁の障害者雇用水増し事件や、優生保護法下、新たに分かった聴覚障害者に対する強制不妊や中絶の実態)1時間半で時間が足りるか心配になってくる。 5時まで、資料読みとコメント書きに集中。 

 

大手メディアから、過去の映像作品にある差別的な表現について意見を求めるメール。 「テロップ案」に手を加えて、著名な作品だがきちんとしたテロップが必要との意見を添えてて返信。 

 

書店からの新刊注文電話は、5時までに20件超で、まだ勢いは衰えていない。 6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、気温19度、7時過ぎに帰宅。 

 

餃子と巻き寿司などで、夕食。 アルコールなし、一日目。 8時少し前に、突然携帯電話が鳴る。 広尾病院からだった。 代わった担当医から、取り敢えず不手際の謝罪がある。 次回の診察日時を決めて電話を切る。 あまりの忙しさに、広尾病院に対する怒りを忘れていたが、とにもかくにも心房細動の検査結果を聞き、血液サラサラの薬を処方してもらわねばならない。

 

NHK、ニュースウッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:27
-, -, - -
引き続き、新刊・『被差別部落の真実』

10月16日(火)

 

朝、8時半起床。 寒くて目が覚める。 シャワーを浴びて、曇天下、小型バスで駅。 区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

昨日よりは少ないものの、書店からの電話注文が今日も結構ある。 少し耳の遠い、90歳近いおばーちゃんからの、直接注文には感激した。

 

来週行う研修の、パワーポイントの校正に精を出す。 LGBTに関する、“性的指向”と“性自認”について、正確を期す。  近所の弁当屋で、コロッケ、揚げ竹輪、唐揚げ、目玉焼き入りのり弁で、昼食。 

 

「まんぷく」、昼の部。 睡魔に襲われ、午睡1時間。 起きて、杉田水脈の差別記事問題をはじめ、LGBT関係の、新聞の切り抜きとプリントアウトした資料の整理。 5時半まで、注文電話を受けながら、精力的に資料を読み込み、本日打ち止め。 

 

5時までに、20数件の電話注文があった。  関西地方の若い活動家から、メールが届く。 遠くまで行って差別問題の研鑽を積んでいることなどの、近況が記されていた。 元気そうで何より。

 

6時に事務所を辞し、直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時過ぎに帰宅。 チェアーマッサージを受け、夕食。 一口カツとアジフライで、薄目のシークヮーサー入り焼酎のお湯割り二杯。 にぎり寿司で、締める。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率75%だったが、招き猫ゲットできず。 少し食べ過ぎたのか、胃が重い。 太田胃散を小さじ二杯。 

 

テレ朝、報道ステーション〜BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 太平洋戦争末期、憲兵が「ハンガーストライキ」という“敵性語”は使わない。 1時に就寝。 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:46
-, -, - -