RSS | ATOM | SEARCH
原稿検討、二日目

4月20日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温21度の晴天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

いつも時間より早く来る著者を、10時45分に迎え、早速原稿を前に討議開始。 昼食を食べながら討議を続行し、4時に終える。 今後のスケジュールなどを確認し、新幹線で広島に帰る著者を見送る。

 

さすがに、二日間で12時間の討議はしんどかったが、実り多い内容だった。 メールをチェックし、ツイッター、フェイスブックを眺めて、疲れを癒す。

 

6時に、メディア関係者から過去の作品中にある差別語、差別表現の「お断りテロップ」について相談を受ける。 考えをまとめて送信。

 

新聞三紙を早読みして、7時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

2割引きの、刺身5点の盛り合わせと残っていた牛肉を焼いて、梅干し入り焼酎の水割り二杯。 ピザで夕食を締める。

 

BS・プレミアムで巨人vs阪神戦。 エース菅野が完投し、開幕戦の雪辱を果たす。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 テレ朝、女性記者に対するセクハラ事件。 出演していた、朝日新聞の女性記者が、見事。 後藤謙次がいらないことが実証された。 女性記者のセクハラ訴えを拒否した上司は誰かが気にかかる。

 

金曜日の、遅い民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:09
-, -, - -
著者と討議、7時間

4月19日(木)

 

朝、9時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間快速で、11時半に神保町。

 

新聞三紙を早読みし、薩摩揚入り自家製野菜サラダで、昼食。 1時前に著者が到着し、早速原稿を前に討議開始。 

 

被差別部落像のコペルニクス的転換を目指す原稿を前に、休みなく、8時まで、7時間ぶっ通しで、突っ込んだ討議を行う。 半分強終えたところで、本日打ち止めにし、近くの中華料理店で、少し遅い昼食。

 

9時過ぎに、ホテルに戻る著者を見送って、直行電車で、駅。 タクシー基本料金で、10時半に帰宅。

 

日テレ〜TBSで、辞職したものの、居直りを決め込んでいる、財務省事務次官の、テレ朝女性記者に対するセクハラ事件。 結構突っ込んで長く報道していた。 当初、女性記者の訴えを、テレ朝の上司が却下したことについては、少し曖昧。 

 

BS・NHKで、「半分、晴れ。」、夜の部。 明日も朝11時から、著者と討議なので、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:59
-, -, - -
原稿読み

4月18日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温11度の霧雨の中、傘を差さずに、歩いて駅。 雨脚強くなり、濡れる。 区間急行で、11時に神保町。

 

スポーツ紙二紙。 サンスポは最終面だが、さすがスポーツ報知は、昨夜力投した、巨人・山口投手が一面トップ。 

 

「半分、晴れ。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。  今日の尾崎ゼミの予習。 

 

長谷川宏訳の、ヘーゲル『歴史哲学講義』、序論・Aのa〜b。 ヘーゲルの、民族の自由の認識の違いについての、有名な表現が出てくる。「東洋人はひとりが自由だと知るだけであり、ギリシャとローマの世界は特定の人びとが自由だと知り、わたしたちゲルマン人はすべての人間が人間それ自体として自由だと知っている」。 

 

午睡30分。 6時半まで、明日〜明後日行う、広島から上京して来てくれる著者との討議に備えて、原稿を読めるだけ読む。

 

7時に尾崎ゼミ開始。 9時に終了して、持ち寄った酒とつまみで、アフターゼミ。 11時半にお開きにして、地下鉄に乗り駅。タクシー基本料金で、12時半に帰宅。

 

ヤフーのネットニュースを確認して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:59
-, -, - -
被差別部落像のコペルニクス的転換本の原稿

4月12日(木)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温22度の、夏並みの晴天下、汗をかき歩いて駅。 

 

いつものように準特急に乗るも、笹塚で乗り換えを逸し、新宿まで行って折り返し、12時前に神保町。 定期売り場が工事中で、小学館の下まで地下道の階段を上り下りし、定期を更新して、12時15分に事務所。 ひと仕事終えた気分で疲れる。

 

新聞三紙を読む。 巨人5連敗の記事は無視して、朝日新聞の、トップニュース、森友学園土地8億値引き記事をじっくり読む。 

 

「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

午睡なしで、気合を入れて、7月末刊行予定本、被差別部落のコペルニクス的転換を目指す原稿を読み、朱入れ。 6時に、やっと一回目の原稿校正を終える。 広島から上京してくれる著者と、来週二日間にわたって打ち合わせの予定。

 

7時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

BS、日テレで、巨人対DeNA戦。 逆転ならず6連敗。 シーズン途中の監督交代もありうる、悲惨な状況。

 

カツオの刺身と生シラス+牛肉の野菜炒めをつまみに、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 森友、加計、文書改ざんと、防衛庁日報隠ぺい問題。 普通なら精神的に耐え切れず、政権を投げ出すが、安倍総理にその気はない。 尋常ならざる政治状況。

 

テレ朝、報道ステーション。 広島の瀬戸内海に浮かぶ向島に逃げ込んでいる、平尾脱走者の逮捕を目指す、広島県警の特殊部隊がドラマ仕立てで登場。 知り合いもいる向島だが、人権意識の強い地域。 

 

民放各社の、ニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:20
-, -, - -
NHK ラジオ深夜便

4月10日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温14度の、雲一つない晴天下、全身に陽を浴びながら、歩いて駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

6日・金曜日の夜明け前に放送された、NHKのラジオ深夜便に、著者が登場して本の話もしたことで、『よしもとで学んだことを刑務所で話す』が、昨日から急に注文が入るようになった。 書店からもかなりの注文があったが、アマゾンはその倍以上の出荷。 いずれにしても有り難い。 

 

つくづく思うが、新聞広告よりテレビ・ラジオの影響力の方が格段に大きい。 対費用効果の従来の認識を超えていて、新聞広告の見合わせを迫られた気がする。 

 

娘の応援を得て、弥生会計ソフトのバージョンアップ。 税理士さんに言われてのことだが、3万7千円は高い! 

 

新聞三紙を読む。 サンスポもスポーツ報知も、サッカー日本代表のハルりボッチ監督解任が一面を埋めている。 大谷選手の快挙は大きく取り上げられているが、二面以下。 

 

朝日新聞は、デカデカと、“面会記録に「首相案件」 加計巡り首相秘書官 愛媛県文書に記載」”の白抜きの大見出し。 文書の抜粋も載せて、大スクープ。 しかし、これでもしらを切り加計学園との関係を否定するなら、野党は全員抗議の議員辞職の覚悟を示すべし。 普通の感覚では、安倍政権を退陣に追い込めない。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て(昨日も来てくれたらしい)、先週の反省と今週の展望。 今週のWIN5と、本命が回避した皐月賞は難しいという。 貴重な、各競馬場のコース別データ資料をコピーさせてもらう。

 

7月末刊行予定の、被差別部落像のコペルニクス的転換を目指す、モナド新書本の原稿に朱入れ加筆作業。 3章と4章を読み終え、本日打ち止めにして、6時半過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

昨夜のフードセンターで買った5割引きの刺身のあまりの不味さに、今日は意を決して、成城石井で2割引きの刺身。 量は少ないが、本当に美味い。 肉じゃが+春菊と豚肉の炒め物などをつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 春・番組編成期の、2時間特番。 招き猫も6回チャンスがあったがすべてハズレ。 1000万円の評価に対し3000万の値、2000万の評価に、7000万の値など、高額鑑定品に手も足も出ず、真贋見分け率、30%弱。

 

TBSで、ニュース23〜フジのニュース。 加計学園の、愛媛文書などの、ニュースを確認して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:38
-, -, - -
久しぶりに、高野孟さんと懇親

3月29日(木)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず熟睡でき、体調良し。 ほぼ食中毒を克服。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

顔を洗って、早くも桜の花びら舞う、気温20度の雲一つない晴天下、歩いて駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

『最新 差別語・不快語』を、仕事読み。 もう少し詳しく書いた方が良いと思われる個所もあり、朱入れし付箋を貼り読み進める。

 

後2回で終了する、「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 サンスポとスポーツ報知は、あす開幕のプロ野球セ・パ両リーグの盛り上げ記事満載。 

 

両紙(スポーツ紙全てかと思う)に、今年の正月明けに亡くなった、岡山県倉敷生まれの野球人・星野仙一氏の顔と言葉が、まるまる1ページ載っている。「ありがとう 野球よ 友よ 星野仙一」。 いい広告。

 

引き続き『最新・・』を読み続けていると、情報誌インサイダーの主宰者、高野孟さんから電話があり、近くにいるので寄ってくれるという。 事務所で少し懸案の出版の打ち合わせをして、タバコを止めたというので、当初考えていた寿司屋ではなく、近所の老舗中華店・新世界菜館で上海料理を食しながら、久しぶりの懇親。

 

話しのほとんどは、アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮など、激動する世界と日本の政治・経済情勢。 そして語るに値しないが、みじめな安倍政権の末路。 枝野・立憲民主党の話も少し聞く。 沖縄問題の重要性を強調し、佐川国会喚問は出来レースと、一刀両断。

 

お店の別の席にいた、元警視庁の幹部で危機管理のエキスパート・Yさんに挨拶し、高野さんを紹介。 千葉の鴨川に東京駅から帰る、高野さんを見送って、地下鉄神保町駅。 直行電車に座って、駅。 バスに乗って9時半に帰宅。 

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 甲子園野球の結果を見て、1時に就寝。 明日は、東京ドームで巨人の開幕戦!

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:26
-, -, - -
尾崎ゼミ、ヘーゲル『歴史哲学講義』第一回

3月20日(火)

 

朝、9時起床。 腰の痛みは、シップのおかげで少し楽になるが、座って立つ時が難儀。 有機人参ジュースと青汁二袋。 暖房をつけ、シャワーを浴び、股引をはき、セーターを着て防寒体制で、小雨降る中、バスに乗り駅。 区間快速で、11時に神保町。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 今日から『スポーツ報知』が加わった。 

 

朝日新聞は、昨日の参議院での「森友学園」文書改竄の集中審議が一面トップ。 「昭惠氏記述巡り論戦」「理財局長 『総理夫人だから記述』」の見出し。

 

サンスポは、貴乃花親方の弟子による暴行事件で、「貴親方 平謝り」と極大見出し。 “甘口辛口”で今村忠氏が、昨日に続き追い打ちをかけ、「貴乃花親方には、その高邁な相撲道にのっとった責任の取り方を見せてもらいたい」と締めくくっている。 “高邁”=国体明徴運動。スポーツ報知も似たような紙面づくりだが、貴乃花親方について、少し甘い。

 

今日の尾崎ゼミの予習。 長谷川宏訳のヘーゲル『歴史哲学講義(上)』(岩波文庫)の初回、「A、歴史のとらえ方」―⒜ 事実そのままの歴史 ⒝ 反省をくわえた歴史 ⒞ 哲学的な歴史。 

 

「哲学が歴史におもむく際にたずさえてくる唯一の思想は、単純な理性の思想、つまり理性が世界を支配し、したがって、世界の歴史も理性的に進行する、という思想」「世界史が世界精神の理性的かつ必然的なあゆみであること」「理性とは、まったく自由に自己を実現する思考」。

 

7時から、尾崎ゼミ開始。 9時に終えてアフターゼミ。 各人が持ち込んだビールとワイン・泡盛と、神保町交差点にある銀だこのたこ焼きなどで、小宴会。 話題はもっぱら、安倍総理退陣について。 11時半にお開き。

 

借りがあった、新宿ゴールデン街の“ル・マタン”へ、ゼミ生Iさんと行く。 青木理さん、TBSのKさん、共同通信の若い人。 彼らが去った後、アメリカ人の若い旅人二人(女性はモデルのよう)が入店して、つたない英語で、トランプと安倍批判。

 

お約束の、“ペグ”によって、年齢不詳の美熟女と会い、5時に帰宅。 外傷無く、意識もしっかりしている。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 15:06
-, -, - -
『差別語・不快語』から女子大入学試験問題

3月12日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温10度の晴天下、花粉症対策のマスクをし、いつも通る大学構内が、入学試験のため通行不可で、遠回りして、駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

週明けの事務作業。 北国にある、女子大学から封書が届く。 入学試験の国語の問題に、『差別語・不快語』の中から、“女性差別“の項を、結構長く引用して、設問事項を作ったことと、試験問題をまとめて冊子し、受験生や高校に無料配布する許諾を求める丁寧な文章。 

 

試験問題に使用していただき光栄です、著作権料はいりません、との返書を書いて社印を押し、同封されていた返信用封筒に入れて投函。 大学受験の試験問題に引用されたのは、多分初めてのことだと思うが、入学試験や就職試験の課題として今後も取り上げてもらいたい。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 NHK、昼のニースは、冒頭から「森友学園」疑惑に関わっての、文書改竄問題。 

 

安倍昭惠の名前も消されたことなどを報道するも、なぜかスタジオに呼ばれて、コメントしている記者は、政治部と、経済部。 社会部の記者は出演させてもらえないのだろう。 新聞も、昼のワイドショーも、「森友学園」関係文書改竄問題一色。 

 

神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 Kさんはまた、最終レースを外し、300万円近いWIN5を逃したという。 その後、文書改竄問題と、命運尽きた安倍政権の断末魔について、珍しく意見交換。

 

届いた、情報誌などを読む。 今年の夏前に発刊予定の、部落問題関係の著者から、猩働生産性と身元調査“に関する、研究論文がメール送信されてきたので読む。 著者自身の実体験をふまえ、就職と企業取引における信用調査(身元調査)の実態を、追究している。 出版する本に生かすことになる。

 

6時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 1割引きの刺身の盛り合わせ(味はそこそこだが、値段が高い)+春菊と豚肉の炒め物で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問場所は、岡山県瀬戸市のオリーブ・牛窓で、ゲストは蛭子能収さん。 岡山の訛り懐かし瀬戸内海。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から25分、「森友学園」関係文書改竄問題。 ついに、NHKも安倍政権に見切りをつけたと思わせる報道内容。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭から30分、「森友学園」疑惑、文書改竄事件を徹底追及報道。 コメンテーターの後藤謙次も、安倍政権に見切りをつけたような、まともな発言。 思うに、籠池夫妻を一刻も早く釈放すべき。 

 

民放各社の、「森友学園」疑惑文書改竄事件報道を見て、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:19
-, -, - -
三連休明けで、平昌オリンピック

2月13日(火)

 

朝、8時に起床。 「わろてんか」、朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢。 

 

シャワーを浴びて、気温4度、雲一つない晴天下、手袋なしで歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

三連休明けの、メールなどのチェックと返信作業に時間を費やす。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

新聞二紙を読む。 サンスポは、締め切りに間に合わなかったのか、高梨沙羅の銅メダルを報じられず、一面は高木美帆のみ。 

 

朝日新聞は、一面トップにスピードスケートで、強豪オランダのメダル独占を許さず、一角を崩した、高木美帆の銀メダルの大きな見出しと笑顔。 右にモーグル原の銅メダルをさりげなく、左にそれなりのスペースを取り、「高梨 銅」を白抜きで表記。 本文の記事もなかなか読ませる。 とにもかくにも、高梨沙羅のメダル獲得にホッとする。

 

NHKで、オリンピック中継を見たり、小倉の代替競馬を見たりして、のんびり過ごす。 

 

元毎日新聞のUさんから、少し遅い新年会のお誘い(1月中旬に連絡があったが、2月に延期してもらっていた)。 来週、住まいが近い吉祥寺で、再会することにする。 同じ歳で、40年前に知り合った、最初のマスコミ関係者。

 

送られてきた、情報誌を読んでいると、強烈な睡魔に襲われ、30分熟睡。 顔を洗って、7時に事務所を退出。 直行電車で駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

3割引きの刺身3点盛りと、5割引きのメバチマグロと、自家製ニラキムチ豚肉炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り三杯の、夕食。 刺身の値段は安かったが、やはり成城石井の方が旨いと、今日は思う。 

 

NHK&BSNHKで、平昌オリンピック。 カーリングに男女混合があることを知る。 むさくるしい男と美しい女性。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率90%と高かったが、的中率が低く招き猫ゲットできず。 

 

テレ朝、報道ステーション。 ノーマルヒルジャンプで銅メダルに輝いた、高梨沙羅選手が単独生出演。 こんな時、松岡修三は役に立つスポーツキャスター。 後藤謙次はいらない。

 

民放各社のニュース&スポーツ。 TBSの、平昌からの生中継には、沙羅選手の実の兄(局員)まで特別出演し盛り上がる。 

 

NHK・NHKBSで平昌オリンピックのLIVE。 本日3度目の「わろてんか」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:23
-, -, - -
三連休前夜

2月9日(金)

 

昼、2時起床。 超爆睡! 昨夜、何時まで、どこで飲んだか記憶にないが、外傷なしで何より。 

 

有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢。 顔を洗って、冬晴れ下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、4時前に神保町。

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、で遅い昼食。 昨夜の飲み友ゼミ生から、神保町の“キッチン南海”閉店情報は、フェイクニュースだったことを教えられる。 

 

花粉症なのか、くしゃみと鼻水が止まらない。  8時過ぎに、事務所を退出。 空いている直行電車で座って、駅。 フードマーケットは9時閉店なので、やむなく成城石井で買い物。 バスに乗り9時半に帰宅。 

 

3割引きの刺身5点盛りと生ワカメ+ニラ豚キムチ炒めと水餃子で、梅干し入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 

 

NHKで、平昌オリンピック開会式。 最後の聖火点灯は、金ヨナ。 最高の演出に感動!

 

BSで、「わろてんか」、夜の部。 遅い民放各社のニュース&スポーツを見て、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:43
-, -, - -