RSS | ATOM | SEARCH
穏やかな一日

10月18日(木)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュース一杯。 「まんぷく」、朝の部。 シャワーを浴びて、気温18度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

新刊の電話注文を受け、ファックス注文と共に入力作業。  机上の整理をして、“ホットモット”へ弁当を買いに行く。 鯖の塩焼き弁当と野菜サラダ+野菜ジュースで、昼食。 

 

「まんぷく」、昼の部。 午睡30分。 どうも身体がだるい。 新刊の電話注文は、ぼちぼちあるが落ち着いてきた。 2時半から一人で、書店注文、直接注文などの電話応対。 日販の選択常備のトラブルに時間を取られる。 

 

夕方、元小学館のYさんが見えられ、新刊を渡し世間話。 司法関係者の人脈の広さに驚く。 6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、朝と同じ気温18度、バスに乗り7時半に帰宅。

 

BS・日テレで、セリーグCS・ファイナル戦、巨人対広島。 8回の裏、新井の同点打と菊池のスリーランで、巨人逆転負け。 CSはやる必要がない。 熱々の、うどんすき鍋で、夕食。 アルコールなし、二日目。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 昨夜の赤坂のアライグマ騒動を冒頭から報道するかと思う。 「クローズアップ現代+」で、マラソン2時間5分台の日本新記録を樹立した、大迫傑選手。 昔との走法の違いとトレーニング方法の進化が生み出した記録。 元アスリートの目から見ても、大迫選手の伸びしろは大きいと思う。

 

テレ朝、報道ステーション〜BS・プレミアムで「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:26
-, -, - -
新刊『被差別部落の真実』、書店注文快調

10月17日(水)

 

朝、8時半起床。 陽射しが差し込み暖かい朝。 有機人参ジュース一杯。 シャワーを浴びて、気温18度の薄曇りの下、小型バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。

 

今日も、書店からの新刊注文電話がそこそこある。 来週行う研修のパワー−ポイントに最後の修正を施して、担当者に送信。 プロが作るパワポはさすがに素晴らしい。 

 

掻き揚げ蕎麦と野菜サラダで、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 小用で神保町を出歩くが、いい気候で古本屋に人が多い。

 

研修のレジュメに、コメントを書き込む作業を行うも、あまりにも差別事件が多すぎて、(官公庁の障害者雇用水増し事件や、優生保護法下、新たに分かった聴覚障害者に対する強制不妊や中絶の実態)1時間半で時間が足りるか心配になってくる。 5時まで、資料読みとコメント書きに集中。 

 

大手メディアから、過去の映像作品にある差別的な表現について意見を求めるメール。 「テロップ案」に手を加えて、著名な作品だがきちんとしたテロップが必要との意見を添えてて返信。 

 

書店からの新刊注文電話は、5時までに20件超で、まだ勢いは衰えていない。 6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、気温19度、7時過ぎに帰宅。 

 

餃子と巻き寿司などで、夕食。 アルコールなし、一日目。 8時少し前に、突然携帯電話が鳴る。 広尾病院からだった。 代わった担当医から、取り敢えず不手際の謝罪がある。 次回の診察日時を決めて電話を切る。 あまりの忙しさに、広尾病院に対する怒りを忘れていたが、とにもかくにも心房細動の検査結果を聞き、血液サラサラの薬を処方してもらわねばならない。

 

NHK、ニュースウッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:27
-, -, - -
引き続き、新刊・『被差別部落の真実』

10月16日(火)

 

朝、8時半起床。 寒くて目が覚める。 シャワーを浴びて、曇天下、小型バスで駅。 区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

昨日よりは少ないものの、書店からの電話注文が今日も結構ある。 少し耳の遠い、90歳近いおばーちゃんからの、直接注文には感激した。

 

来週行う研修の、パワーポイントの校正に精を出す。 LGBTに関する、“性的指向”と“性自認”について、正確を期す。  近所の弁当屋で、コロッケ、揚げ竹輪、唐揚げ、目玉焼き入りのり弁で、昼食。 

 

「まんぷく」、昼の部。 睡魔に襲われ、午睡1時間。 起きて、杉田水脈の差別記事問題をはじめ、LGBT関係の、新聞の切り抜きとプリントアウトした資料の整理。 5時半まで、注文電話を受けながら、精力的に資料を読み込み、本日打ち止め。 

 

5時までに、20数件の電話注文があった。  関西地方の若い活動家から、メールが届く。 遠くまで行って差別問題の研鑽を積んでいることなどの、近況が記されていた。 元気そうで何より。

 

6時に事務所を辞し、直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時過ぎに帰宅。 チェアーマッサージを受け、夕食。 一口カツとアジフライで、薄目のシークヮーサー入り焼酎のお湯割り二杯。 にぎり寿司で、締める。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率75%だったが、招き猫ゲットできず。 少し食べ過ぎたのか、胃が重い。 太田胃散を小さじ二杯。 

 

テレ朝、報道ステーション〜BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 太平洋戦争末期、憲兵が「ハンガーストライキ」という“敵性語”は使わない。 1時に就寝。 

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:46
-, -, - -
新刊『被差別部落の真実』(小早川明良著)

10月15日(月)

 

朝、8時半起床。 熟睡で体調良し。 顔を洗って、気温19度の曇天下、小型バスで駅。 駅中で、先週神保町の都営定期券売り場に拒否された、今日・15日(月)からの3ヶ月定期を買う。 

 

区間急行で、10時過ぎに神保町。  郵便局に寄って、10日遅れで、家賃半額の支払い。 転居届を出していたるにも関わらず、郵便物が届かず、局に問い合わせをしていたが、実は郵便ポストの位置を知らず(新聞ボックスと同じと思っていた)、10日間郵便物をほったらかしにしていた。 昨日、同じ棟の住人に郵便ボックスがあることを教えられ、その中に請求書が入っていたもの。

 

事務所のドアを開ける前から、電話が鳴りっぱなしで、昼食を摂る暇もないほど。 それでも、「まんぷく」、昼の部を見て、熱々のタンメンとおにぎり一個で、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来るも、応対できず。 

 

この嬉しい悲鳴が5時まで続き、全国の書店から、合計70件近い電話注文(内7件は個人注文)を受ける。 佐藤優さんの、『階級官僚論』を出版した時以来の大騒動に、さすがに疲れる。 

 

新刊広告の端に小さく“増刷出来!『最新 差別語不快語』“のことも載せたが、採用の30冊を含め40冊近くの注文があり、有り難い余禄。 弓立社の小俣社長が来られ、四方山話。 ある新聞社への、新刊書評のアシストをしてくれ、感謝。  

 

夕方、大手テレビメディアの担当者から、昔の映画やテレビドラマの差別的な表現について、メールで相談を受ける。 「おことわり」を出すべきかどうか悩む内容のセリフもあり、熟考して返信。 

 

今日行う予定だった、来週の研修用パワーポイントの校正は明日にして、6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問場所は新潟県津南町で、ゲストは俳優の片桐仁。 5割引きの刺身5点盛り(貝は家人に譲る)と胡瓜の酢漬けをつまみに、薄目のシークヮーサー入り焼酎の水割り二杯。 自家製味噌ラーメンで、夕食を締める。

 

TBSで、世界女子バレー、日本対イタリア戦。 接戦を繰り広げ、惜敗。 放映権を持つTBSが、6億円の赤字になるという。 テレ朝、報道ステーション。 消費税10%の税率アップと軽減税率対象品目の解説を聞くも、説明が下手でよく分からんが、後藤謙次はいらない。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:04
-, -, - -
五日ぶりに、神保町

10月9日(火)

 

朝、7時半起床。 トイレにも起きずに、7時間熟睡し、体調良し。 昨日産地直売市場で買った、有機人参ジュース一杯。 「まんぷく」、朝の部。 

 

部屋の片づけを少しして、気温24度、半袖で、歩いて1分の停留所。 新居から初めてバスに乗り駅。 9時台は、バスが三本(内1本は小型バス)しか走っていないが、出発地から二個目の停留所なので空いている。

 

区間急行で、10時半前に神保町。 五日ぶりに事務所。 溜まっていたメールなどを点検し、返事を書く。 6日に出た、新刊『被差別部落の真実』の東京新聞の広告効果か、朝から注文電話が十数本鳴り忙しい。 『猫カレンダー』の精算業務で娘が応援に来ていて助かる。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、掻き揚げ蕎麦+おにぎり一個で、昼食。 午睡1時間。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の成果と今週の展望。 貴重な資料をコピーさせて頂くが、終始ニコニコ顔。 その理由は、番号を間違って買った投票用紙が、超高額配当になったことに起因していることを知る。 まともに検討して当たる馬券ではない。

 

弓立社の、小俣社長が二度来られる。 歩いて5分の、駿河台下に新事務所を構え、本格的に独り立ちするので、意気軒高! 

 

さすがに夕方には、引越疲れが出てきて、早め5時半に事務所を退出する。 直行電車で駅。 駅近くのショッピングセンターを回り、通勤用のバックを購入するつもりが、あまりの高さに驚き、半額以下の神保町の鞄専門店で買うことにする。 

 

パルコフードセンターで買い物をして、朝と同じ気温24度の中、7時に帰宅。  室内の電気配線と備品の配置転換に汗を流す。 

 

BSテレ朝で、巨人vs阪神戦。 なかなかいい試合で、巨人が勝ち、リーグ3位決定。しかし、クライマックス戦はいらない。 小さい刺身と牡蠣、一口カツ、アジフライで、薄目の焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだが、「1000万が800万」で、招き猫ゲットできず。 テレ朝、報道ステーション。 日大相撲部出身の、元横綱・輪島が亡くなったニュース。 途中で、貴乃花が亡くなったのかと錯覚するほど似ていた。

 

「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:27
-, -, - -
寒い一日

9月27日(木)

 

朝、9時半起床。 寒くて目が覚める。 有機人参ジュース一杯。 曇天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時過ぎに、小雨降る神保町。

 

娘の応援を得て、支払と精算業務など、月末の会計処理。 「半分、青い。」、昼の部。 あと二回で終わるが、今一つ実感がわかない。 竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ二紙は、セリーグ三連覇を決めた、広島カープの記事で紙面が埋め尽くされている。 朝日は、「社説」「文芸欄」そして第二社会面で、『新潮45』休刊(廃刊)について「臭いものにふた」として厳しい批判。

 

弓立社の小俣社長が来られ、神保町の新事務所の体制がほぼできたとのことで、経理などの引継ぎの打ち合わせ。 今日届いた、『週刊文春』と『週刊新潮』+溜まっていたコミック誌を読む。 暖房は付けなかったが、寒い一日。 

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 5割引きの刺身の盛り合わせ、鯛の切れ身+トンカツと牡蠣フライに千切りキャベツを添えて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

台風が来ており、週末の天気は不安定で、また重馬場かと思う。 明日は晴天で、今日より気温が9度高い26度だという。 テレ朝報道ステーション〜「半分、青い。」、夜の部。

 

NHK・Eテレで「バリバラ」、“世界のマイノリティ”の再放送を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:25
-, -, - -
尾崎ゼミ

9月26日(水)

 

昼、1時半起床。 超爆睡で、二日酔いもなく体調良し! 人参ジュース一杯。 テーブルの上に、「スポーツ報知」がある。 何時に帰宅したか記憶にないが郵便受けから持ってきたことは間違いない。 

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダを、自宅で食し、曇天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、3時半に神保町。

 

新聞三紙。 スポーツ紙と、なんと朝日新聞も、カルト・貴乃花親方の辞職記事が一面トップ。 朝日は一面左で、『新潮45』の「限りなく廃刊に近い休刊」についてを載せ、社会面でも大きく取り上げている。 “天声人語”は意味不明。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』の予習をして、7時からゼミ開始。 「言語は文字どおり理論的知性のうみだすものであり、理論的知性が目に見える形をとったものです。」

 

9時過ぎに終えて、アフターゼミ。 久しぶりに参加した、保育園勤めのゼミ生Nさんの溌溂とした(本当に若返っていた)笑顔で気分が安らぐ。聞けば、保育士の女性たちが優しいとのこと。 独身男ばっかりのゼミ生から、猜欅藥旅腑灰“をせがまれる。 

 

アフターゼミからの出席を欠かさない、週刊誌編集者のIさんが、白ワイン二本を抱えて参上。 実は近々結婚するという。 お相手は1年前に紹介された、妙齢の知的な女性だが、ゼミ生を含めみんな、再婚だと思いこんていた。 しかし、初婚だと知り驚愕と共に、反省! 

 

アインシュタインの相対性理論を、小学生でもわかるように教えてくれた、愛媛は松山の酒屋の息子で、旧帝大卒。 しかし、真理を追究する猗崎ゼミ“で偽りの情報が8年近くも信じられたのは、ある意味Iさんの人柄による。 

 

Iさんと一緒に最終電車に乗り、市ヶ谷で別れ、駅。 大雨降る中、タクシー乗り場は長蛇の列。 傘を持たず雨に打たれていた乗車待ち客を、若い男性が先にいる人達にお願いし、屋根のある下に誘導。 本当にナイスガイ!

 

タクシーワンメーターで、1時に帰宅。 録画していた、「半分、青い。」夜の部。 鈴愛の狄翰“清野演じる看護師爛罐Ε“が、3・11の津波で亡くなっていたことが分かったところで爐弔鼎”。

 

ユウコの死は辛いが、あと三日。 2時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:10
-, -, - -
三連休明けのゲリラ豪雨

9月18日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、澄み切った爽やかな晴天下、バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

三連休明けの事務作業に追われる。 娘の応援を得て、来年度の常備寄託の最終的な段取りをしてもらう。 引越先のリホームの打ち合わせと、前金振り込みなど、何かと忙しい。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで昼食。 来月の研修のレジュメ作り。 手書きではなく、パソコン入力しているので、いつもと調子が違い慎重になる。(常に画面が消える不安を抱えている) 

 

弓立社の在庫本を倉庫会社に発送する作業。 2時間かけて、段ボール9箱梱包して、大汗をかく。 佐川急便に電話するも、今日9箱の引き取りはキツイとのことで明日午後にするも、助っ人を呼んで4時半に引き取りに来てくれた。 さすが佐川急便!

 

夕方、昼間の雲一つなかった秋空が一転して、雨が降り始める。 油断していたら、6時過ぎから土砂降りの雨で、事務所から出られず。 

 

豪雨が大雨になったところで、7時過ぎに事務所を退出。 神保町駅出口に傘を持たない人々の群れ。 直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

玄関のドアを開けると同時に、突然の超ゲリラ豪雨に襲われる。 テレビの音も聞こえないぐらい。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだったが、招き猫はゲットできず。 志野焼の小さな香合に、本物と見極め100万円の値を付けるも、鑑定結果は驚きの500万円で不的中。 難しい。 

 

5割引きの高級刺身5点盛り+かっぱ巻き二本で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 NHK、クローズアップ現代で、“縁切り死“。 香山リカさんのコメントも。 

 

民放各社のニュース〜BSで「半分、青い。」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:38
-, -, - -
新刊『被差別部落の真実』出足好調!

9月11日(火)

 

朝、9時半起床。 室温調整がうまくゆかず、寝不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、昨日より7度低い気温24度の曇天下、久しぶりに歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

新刊、『被差別部落の真実』(小早川明良著)の、有り難い直注文。 小さな段ボール二箱梱包して、計30冊発送。 事前注文も好調で期待が膨らむが、取次の不手際で書店店頭に並ぶのが月末になるのが痛い。

 

「半分、青い」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 朝日新聞もスポーツ二紙も、大坂なおみ選手の、全米オープン“日本勢初”快挙を賞賛する記事。 

 

寄稿文の直しを行うが、これがまた難しい。 具体的な事例を増やし、本文を縮小する作業に呻吟する。 6時過ぎに、寄稿文の校正作業を終え、行数が変わらない改正原稿を送信。

 

夕方、学生時代の後輩が来て、昨日亡くなった京都の知人を悼む話。 後輩は糖尿病に難儀しているという。 お互い60歳を越え、健康に留意して余生を送ることで、意見が一致。  

 

大手メディアからの、表現上の問題についての相談に応えて、本日打ち止め。 7時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

2割引きの刺身3点盛りと定価のヒラメの板刺+カレーの具で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだったが、松尾芭蕉直筆の俳句画を、500万円と値付けするも、800万円との鑑定で招き猫ゲットできず。

 

テレ朝、報道ステーション〜民放各社のニュース。 障害者雇用水増し問題。 裁判所を含め中央省庁で4000人超。 もはや語るべき言葉を持たない。 

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部。 引き続き、「ジョン・万次郎」の数奇な運命を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:47
-, -, - -
白金・プラチナ通りの夜

8月29日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、 11時過ぎに神保町。 

 

今日は迷惑メールが1通も入っていない。 新聞三紙を読む。 中央官庁の障害者雇用数水増しの酷さに、憤りを通り越してあきれる。 民間と違い、官庁には罰則規定が適用されない。 障害者差別解消法は、あって無きが如しで、「生産性」で人を価値判断する、杉田水脈の思想と通ずるものがある。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 思い立って、事務所内の資料と雑誌などを、断捨離。 引越で家の中がかなり片付いているので、事務所もと思い至ったもの。

 

4時半に、目黒にある紀伊國屋書店本部に行く。 新刊の販売促進と常備寄託を、旧知の担当役員Kさんにお願いする。 仕事の打ち合わせを済ませ、久しぶりに白金・プラチナ通りのフランス料理店“モレスク”で、Kさんとディナー。 

 

2次会は、お約束の隣のショットバー“カフェカルヴァ”に寄って、常連たちに挨拶。  勢いついて、鉄板焼き屋“甚六”。 Kさんと、梅田・紀伊國屋書店時代の昔話に花を咲かせる。 以後記憶なし。 多分3時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:58
-, -, - -