RSS | ATOM | SEARCH
映画「大いなる西部」

9月25日(金)

 

朝、9時起床。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース、一杯。 雨が降っており、湧き水汲みと、卸鮮魚店での白イカを諦める。

 

新聞を読む。 朝日新聞が国際面で、昨日のブログに書いた、アメリカ・ケンタッキー州の人種(黒人)差別抗議行動を大きく取り上げている。 警察組織と司法制度の改革を求めるBLM運動。 一方で、白人の武装自警団、”ミリシア”の活動も活発化している。 白人至上主義団体・KKKそのもので、トランプを熱烈に支持している、差別・排外主義組織。 

 

ワイドショーで、ディープスペクターが、従軍慰安婦や徴用工の問題について、70年も前の話をいまさら的な、発言。 ケントギルバードと同じ堕落。

 

食パン買えず、やむなくカレーうどんで、昼食。 「エール」、昼の部。 福島出身三羽烏による、戦意高揚の軍歌・”暁に祈る“。 なぜか、メロディーも歌詞も知っており歌える。 

 

今日もNHK・BSで映画、「大いなる西部」(1958年)を見てしまう。 1870年代のアメリカ西・南部のテキサス州を舞台にした、アメリカ開拓史の一コマで、相対立する二つの地元グループの諍いと、東部の都市からやってきたグレゴリー・ペック演じる”紳士”の闘う物語。 牧童頭を演じる、チャールストン・ヘストンもよい。 

 

メキシカンは出てくるが、アメリカ先住民(「インディアン」)は一切登場しない、西部劇。 大西部の風景映像もいいが、何より馬で疾走する場面の迫力と曲芸的手綱さばきに魅了される。 出演者全員競馬騎手になれる。

 

雨が止んだので、4日ぶりにジョギング。 武蔵野の森公園の気温は20度で肌寒いが、サッカー場は賑やか。 柔軟体操をして、風呂に入り、足を揉み、シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで乾いた喉を潤す。 胡瓜の胡麻和え、豆とひじき煮、鶏胸肉の唐揚げで、夕食を締める。 

 

BS・日テレで、巨人対中日戦。 3回裏を終わった時点で5点差で圧倒。 NHKで、「チコちゃんに叱られる」。  NHKの、”LIFE”で良質な笑い。 テレ東で、「浦安鉄筋家族」最終回。 それなりに面白いが、やはり漫画のように描くのは難しい。 

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 08:57
-, -, - -
マーチン・スコセッシ監督・映画「沈黙」

9月14日〈月〉

 

朝、10時起床。 7時にトイレに起き、二度寝で寝過ごす。 豆乳、”えごま油“入りトマトジュース、青汁、各一杯。 

 

曇天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場の食パンが売り切れで、何も買わずに帰宅。 下着を着替えるほどの汗はかかず。 新聞休刊日。 

 

朝のワイドショーが、大坂なおみ選手の全米オープン優勝と反人種差別行動を高く評価する内容。 デープ・スペクターに代表される、「スポーツに政治を持ち込むな」的発言を吹き飛ばした。

 

小振りのサンドウィッチと焼いた酵母パンに自家製ブルーベリージャムを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 待ちに待った、「エール」本編再開。 三女”梅“に期待がかかる。 

 

NHK・BSで、マーチン・スコセッシ監督の映画「沈黙」を見る。 遠藤周作の原作『沈黙』は、この映画が公開された、3年ほど前に読んでいる。 

 

江戸時代初期の、キリシタン御禁制で弾圧厳しき折、ポルトガル人の司祭(バーレビ)・ロドリゴが澳門(マカオ)から長崎に潜入する場面から物語は始まる。そして密告者に売られ捕まり、棄教を迫られ、先に棄教していたフェレイラ神父に抗いつつ、ついに信徒を救うために踏絵に応じ、いわゆる「転びバテレン」となる。 踏絵に応じるか否かの、究極の場面は緊張感にあふれている。 

 

ここまでは小説を読んだ時の感想文からの引用だが、映画も忠実に再現している。 小説も映画も、キーパーソンは”キチジロー“。 司祭・ロドリゴのモデルとなったキアラ司祭の墓碑は、駅に向かうバスの通り道、カトリック教会、サレジオ神学院の敷地内にある。

 

5時過ぎに、武蔵野の森公園で、いつものトレーニングメニューをこなして、柔軟体操。 風呂に入って、脚をマッサージし、シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、乾いた喉を潤す。 炊き込みごはんで、夕食。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」、広島スペシャル。 8年前、谷原章介がゲストの時の 三原市を訪れた映像も少しあったが、「過去帳」差別事件には一切触れなかった。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 自民党の新総裁・菅官房長官のヨイショ報道。 来年9月までの暫定政権で、次はない。 それにしても法政大学時代はほとんどダブっているが、全く知らない。 法政二部の学生運動は、市ヶ谷地区民青組織も含め、強固で戦闘的な共産党系学生組織の牙城だった。 

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 大坂なおみ選手の全米オープン制覇と反人種差別のメッセージをキチンと報道。 報ステの、松岡修造の決勝戦解説は、さすがと思う内容。

 

マッサージを受け、 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 11:11
-, -, - -
映画、「オフィシャル・シークレット」

9月1日(火)

 

朝、10時起床。 トイレにも起きず9時間熟睡で、体調良し。 今日から、長月・9月。 暦の上ではすでに秋だが、気温30度超えの猛暑が続く。 豆乳と”えごま油“入り有機人参ジュース一杯。 昨日届いた、トマトジュースを追加で一杯。

 

11時前、突然スマホにNTTコミュニケーションを名乗りメールが入る。 訝しく思うも指定された番号に電話をかけると、きわめて落ち着いた実務的な話し方で、有料ネット閲覧料金が1年間溜まっているので支払い義務があるとのこと。 そして、「プライバシーにかかわる内容なので、人払いをしてください」と、丁寧かつ大仰に言われたところで、詐欺を確信し、怒鳴り散らして罵倒する。 相手は少し動揺していたが、有無を言わさず電話を切る。 

 

毎月来る請求書に書いてある、NTTコミュケーションに電話して詐欺内容を連絡すると、掛けたスマホの電話番号はNTTとは一切関係ないとのこと。 最近多いらしい。 パソコンのメールには、相変わらずアマゾンの「アカウントが凍結されました」とのメールが、飽きもせず毎日2通以上来ている。 本当に朝から気分が悪いが、川崎のネトウヨカウンター以来久しぶりに怒鳴ったので、少しスッキリ。

 

湧き水の備蓄があるので、水汲みに行かず新聞三紙を読む。 再放送の「エール」再々放送を見ながら、自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

ニュースもワイドショーも、自民党総裁選一色。 辞任記者会見後、安倍首相の支持率が20ポイント上がったという。 テレビ各局が、辞任会見を受けて街の声を拾っていたが、9割近くが、長い間ご苦労さん的な、いたわりの声だった。 安倍が辞めても忖度するメディアの体たらく。 菅官房長官は、来年9月の自民党総裁選までの、暫定残務処理内閣。 河井夫妻逮捕と、買収資金の出どころ次第では、安倍の老後も安泰ではない。

 

今日は、1923年、関東大震災時に起こった、朝鮮人虐殺を追悼する日。 都知事・小池百合子が無視する中、墨田区の横綱町公園で行われた追悼式の様子をネットで見る。 

 

5時にバスに乗り駅。 快速電車で、神保町。 地下鉄三田線に乗り換えて日比谷駅。 東宝シネマズで上映している、「オフィシャル・シークレット」を見に行く。 7時からの上映もそのあとも満席との札が出ていたが、確かに左右前後を開けていたが、満員だった。 見る前に、側の新型コロナ感染防止対策万全の中華料理店で腹ごしらえ。 

 

2003年に、フセイン打倒を目的に、大量破壊兵器などのフェイク情報を流し、国連安保理を無視し実行された、イラク侵攻。 このイラク戦争の裏で秘密裏に行われていた、英米両国政府の違法なスパイ活動を内部告発した、英国の諜報機関に勤務する女性を描いた実話映画。 

 

告発女性の、「私は英国政府にではなく、国民に仕えている」との言葉があったが、森友事件の公文書改ざんに苦しみ自死した、近畿財務局の赤木俊夫さんと重なる。 告発者、キャサリン・ガンが権力犯罪と闘う姿が伊藤詩織さんとダブる。 久しぶりにいい映画を見た。 画面に引き込まれ、2時間があっという間に過ぎた。

 

電車を乗り継ぎ、最後はタクシーワンメーターで、10時過ぎに、帰宅。 民放各局のニュースをハシゴ。 TBSのニュース23は、岸田が生出演。 安倍に騙されたことも分かっていない、能天気な政調会長。 巨人、菅野が開幕10連勝はならなかったが、劇的なサヨナラ勝ち。 

 

ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 10:16
-, -, - -
映画、「ミッドナイト・イン・パリ」

8月25日(火)

 

朝、9時起床。 昨日夜11時まで付けた、加圧ソックスの効果で、夜中トイレに起きることもなく8時間熟睡で、体調良し。 豆乳と”えごま油“入り有機人参ジュース一杯。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で玉ねぎ、側の精肉店で豚バラ肉を買って、野川縁を歩いて帰宅。 濡れた下着を着替え、新聞三紙を読む。 

 

朝日新聞が一面トップで、「コロナ感染 穏やかに減少」と報じているが、4月の緊急事態宣言が出された当時に、新型コロナウイルスは、暑さに弱いので夏頃には落ち着くが、秋から冬にかけて寒くなると第二波感染が爆発する恐れがあると報じていたはずだが、警戒心を緩めるような記事内容。 国際面に、「米警官、黒人男性を背後から銃撃」との記事。 トランプのBLM運動に対する攻撃がもたらした事態。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 NHK・BSプレミアムで、なんとなく映画「ミッドナイト・イン・パリ」を見る。 セーヌ川にかかるポンヌフ橋や、サンジェルマン通りなど、1920年代の花の都パリにタイムスリップし、夜な夜なサロンに集う、ヘミングウェイやピカソやダリたち芸術家との幻想的な交流をコメディータッチで描いた、1時間半の肩の凝らないファンタジー物語。 

 

セーヌ川の中州・シテ島にあるノートルダム大聖堂(去年火事になった)からエッフェル塔、そしてモンマルトルの丘で祈りを捧げ、凱旋門を背にシャンゼリゼ大通りをコンコルド広場に向かって下るのは、パリ観光の定番。

 

午睡30分、5時半まで読書。 武蔵野の森公園で、いつもと同じメニューをこなして、柔軟体操。 風呂に入って汗を流し、シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで喉を潤す。 ポテトサラダと鮭の南蛮漬け+自家製チヂミで、夕食を締める。

 

フジTVで、プロ野球、巨人対ヤクルト戦。 先発のエース・菅野が7回表、ツーアウト満塁で自ら走者一掃の二塁打を放ち、開幕9連勝。 いい試合だった。 テレ東で、二週続けて見逃していた、「開運!なんでも鑑定団」。 最後のイギリス王朝の装飾品・カメオに200万円の評価。

 

安倍首相の健康状態について、さまざまな憶測が流されているが、どうやら持病の潰瘍性大腸炎が、ストレス増加により悪化したことは間違いないらしい。 ということは早期の辞任は避けられないということだが、次は菅対麻生の闘いとのこと。  

 

テレ朝、報道ステーション。 新型コロナについて。 TBS、ニュース23。 河井議員夫妻の、刑事裁判の初公判。 金曜日に予定されている安倍首相の記者会見について、あまり語らず。 

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 10:03
-, -, - -
「風と共に去りぬ」と「座頭市」

6月28日(土)

 

朝、6時半にあまりの静けさに、地震の前触れかと思い、起きる。 いつもは、騒音ではないが、けたたましい野鳥の鳴く声がほとんど聞こえなかった。 

 

豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 ゆっくりと新聞三紙を読む。 スポーツ報知は、当然のことながら巨人の逆転勝利を一面トップで大きく報じているが、笑ったのは、サンスポが中面で巨人・重信の逆転ホームランを小さく扱い、その横で、ヤクルト・山田哲人のホームランを大きく取り上げていること。 本当にサンスポのアンチ巨人は面白い。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場で新鮮野菜を買い込み、野川縁を歩き、大汗をかきながら帰る。 自家製サンドウィッチを、淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

新聞もテレビも、アメリカから起こった人種(黒人)差別反対・抗議運動の、全世界的広がりを伝えているが、今は黒人差別だけでなく先住民族に対する差別をはじめ、全ての差別に反対し、しかも過去の歴史をも差別を基底に見直す動きが大きな運動となり、量的拡大だけでなく、質的深化も進んでいる。 

 

「風と共に去りぬ」の配信中止と、5分間にわたる注釈をつけての、再配信が大きな反響を呼んでいるが、日本では、すでに7〜8年前に、CSの日本映画専門チャンネルが、「座頭市」シリーズの放送時に、この映画が視覚障害者に対する差別的な言葉と表現を含んでいるとの“お断り書き”を1分間、文字だけの画面をナレーターが読み上げてから放映している。  日本映画放送チャンネルの代表は、「北の国から」の杉田成道さん。 

 

時代の制約と限界を持ち、差別的な内容を含む昔の映画やドラマは、差別内容についてキチンと解説し、“お断り”を付けることによって差別問題の啓発にもなる。 放送禁止にするのではなく、キチンと注釈をつけて放送することによって、差別を隠すのではなく、なくすことに繋がる。

 

睡眠不足で、午睡2時間。 体調いまいちで、ジョギングは止めにして、冷たい日本酒一杯。 ヒジキ煮とチャンプル風焼きそばで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食を締める。 

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 コロナ専門会議閉鎖と河井夫妻の選挙買収犯罪を、それなりに批判的に報道。 

 

グリーンチャンネルで、明日の中央競馬、WIN5の検討。 チェアーマッサージを受け、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 09:12
-, -, - -
韓国映画、「タクシー運転手 約束は海を越えて」

6月1日(月)

 

朝、8時半起床。 7時間熟睡。 今日から水無月・六月。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

新聞三紙を読み、霧雨の中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 野川は人影なく、静か。 4ℓボトル2本は久しぶりで重い、さすがに汗をかく。

 

ツイッターとFBに、30日に行われた、クルド人に青年に対する渋谷警察の暴行事件に抗議するデモの映像があふれている。 今アメリカで暴動にまでなっている、ミネソタの黒人男性に対する白人警官による暴行死事件の抗議行動とダブって見える。 いずれも根底に人種・民族差別がある。 アメリカでは警察官も抗議デモに連帯を表明している。 日本とはえらい違い。 トランプの大統領再選阻止の大きなうねりが起こっており、日本にも影響がある。

 

「エール」、昼の部を見ながら、特大野菜サンドを淹れたてコーヒーで、昼食。 1時から、BSプレミアムで、今朝早く、広島の知人からのメールで知った、1980年の光州事件を題材にした韓国映画、「タクシー運転手 約束は梅を越えて」を見る。 主演は「パラサイト」でもお馴染みの、ソン・ガンホで、本当に演技力がある。 

 

1980当時、リアルタイムで事件の報道を見ていたが、軍事クーデターで全権を握った全斗煥軍事独裁政権下の民衆虐殺事件。 全羅南道(北道も)は金大中の支持基盤で、大統領選での得票率は90%を超える、圧倒的な金大中支持の光州で起こった民衆抑圧、政治的虐殺事件を庶民目線で映像化したもの。

 

雨上がりの夕方、ジョギング4Km。 大汗をかいてストレッチ。 風呂に入り足のマッサージをして、汗を流し極楽。 お約束のシークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、乾いた身体に水分とエネルギー補給。 酢豚もどきの酢鶏で焼酎のお湯割り二杯。 自家製冷やし中華で、夕食を締める。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問地は青森県鯵ケ沢で、ゲストは高橋真麻。 一年前の再放送だが、多分見逃していたのだろう新鮮で面白い。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 

 

10時半に、NHKEテレで、「100分de名著・カント 純粋理性批判」。 名言「内容なき思考は空虚であり、概念なき直観は『盲目』である」。 つまり「内容なき抗議は空虚であり、思想なき糾弾は邪道である」(『部落解放同盟「糾弾」史』ちくま新書)。

 

TBSで、ニュース23。 夜のニュース報道で、見るに値する唯一の番組。 ストレッチをして、1時に就寝。  

author:小林 健治, category:映画, 09:36
-, -, - -
映画「シンドラーのリスト」

2月24日(月)

 

朝、8時起床。 トイレにも起きず、7時間熟睡。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 「スカーレット」朝の部。 今週はスピンオフの番組構成。 唐突な番組内容変更に、ヒロインの戸田恵梨香に何か異変があったのかと思う。

 

鼻をかむと血がにじんでいることが多いので、血液サラサラ剤(今、唯一飲んでいる薬) との関係をネットで調べる。 驚いたことに、公的な病院関係者全てが、避けるべき食物として、「納豆、クロレラ、モロヘイヤ」、そしてなんと「青汁」を厳禁していた。 1年以上、血液サラサラ剤と青汁を併飲していたことに、ア然とし、10年近く飲み続けてきた青汁を明日から止めることにする。

 

振り替え休日の晴天下、手袋も毛帽子もいらず、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で有機人参ジュースと新鮮野菜などを購入。 昨日観た桜は、河津桜という早咲き種らしい。 野川は、美味しそうなマガモと大型鯉に小鳥が元気。

 

サンドラッグに寄って、台所用品を買い帰宅。 讃岐麺を茹で、油揚げを入れたきつねうどんで、昼食。 「スカーレット」昼の部。

 

BS・プレミアムで「シンドラーのリスト」(1993年)を見る。 過去数回見ているが、なぜか今回が一番真に迫り感動と刺激を受けた。 ナチスの蛮行(ホロコースト)が過去の犯罪ではなく、現在進行形のヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)〜ジェノサイドとリンクして、リアリティーを持って迫ってくる。 

 

ヘイトスピーチ撲滅のカウンター行動はナチス的暴虐を阻止する闘いの最前線。 「在特会」などヘイトデモを繰り広げるレイシストは「ハーケンクロイツ」を掲げているし、副総理で財務大臣の麻生太郎は「ナチスに学べ」と公言してはばからない。

 

筋トレをワンセットして、髭を剃り整髪し風呂に浸かり、極楽! 白ワイン二杯で喉を潤し、夕食。 ほうれん草の胡麻和え、ポテトサラダ、自家製タラの芽の天麩羅と鶏胸肉のから揚げで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食を締める。

 

NHK、ファミリーヒストリー。 フジコ・ヘミングの人生。 父がスェーデン人のダブル。 ピアニストの人生にも、戦争の影がある。 テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23. 新型コロナウィルス情報。 BS、プレミアムで「スカーレット」、夜の部。 

 

アナザーストーリーで、「名曲 イムジン河の発売中止」の再放送を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 08:35
-, -, - -
アカデミー賞映画「パラサイト」

2月9日(水)

 

朝、8時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 「スカーレット」朝の部。 途中で画面が凍る。 気温7度の晴天下、歩いて駅。 区間快速で、10時に神保町。

 

昨夜から上京していたという、部落解放運動関係者が事務所に訪ね来て、懇談。 反差別運動の現状と安倍政権の異常さについて、意見交換。 地酒と地元の特産品を頂く。 

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪と薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省。 Kさん考案の穴馬必勝法で見つけていた馬を、最低人気(16番人気)だったこともあり軸馬にしなかったことで、お互い高配当を逃したことを慰め合う。

 

森友学園の籠池氏に、大阪地裁が懲役5年の実刑判決。 権力にまつろわぬ者には容赦ない、見せしめの仕打ちがなされる、たとえ昔の狷瓜”であっても。 

 

いつもより20分早めに事務所を退出。 直行電車で調布駅。 駅近くの映画館で、アカデミー賞作品賞受賞作品、「パラサイト」を鑑賞。 何とも言えない重い映画。 ストーリーは面白く明るいのだが、見終った観客はみんな無言で映画館を後にしていた。 

 

正直なところ、是枝監督の「万引き家族」は微笑みながら見られるエンターテイメント映画だが、「パラサイト」は少しステージが高い感じがした。 いま世界でアカデミー賞を取るのはこのレベルの映画なのかと思わさされる。

 

パルコフードマーケットで買い物をして、気温8度、バスに乗り、8時半に帰宅。 4割引きの、なかなかの刺身3点盛りと掻き揚げ弁当。 シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

テレ朝、報道ステーション。 新型コロナウィルスの感染が広がっている。 今日の映画館も三分の一の入りだった。 マスコミも、満員電車と映画館などで感染の可能性が高いと注意を喚起している。 

 

松岡修三が白血病と闘っている池江璃花子選手に単独インタビュー。 筋肉が落ち体は細くなっていたが言葉には覇気があり、2024年のオリンピックを目指すと力強く宣言。

 

TBS、ニュース23。 大型クルーズ船・ダイヤモンド・プリンス号に乗り込んだ、岩田健太郎医師がその時の映像を流しながら、ライブ電話出演し、船内の酷い状況を克明にに報告。 

 

BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 08:44
-, -, - -
カーク・ダグラス死去

2月6日(木)

 

朝、8時半起床。 タイマー作動のガスファンヒーターのおかげで寒くない。 今季最低の、気温2度の晴天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

フェイスブックを見ていて、予算委員会が開かれていないので国会中継がないと思っていたら、NHKが意識的に国会中継を中止していたことを知る。 犧を見る会“などの追及に窮した安倍首相の答弁があまりに幼稚で理解不能なので、急遽中継中止を決定したという。 おそらく官邸の意向を受けての事だろう。 検察庁に介入して検事総長人事の画策と言い、もう無茶苦茶。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 爛乾瓦覆“、ゲストは鶴瓶のAスタジオ”のアシスタントをしている上白石萌歌。 しかし、狃優”と紹介。 本当にNHKは一貫性がない。 狃優“と倏侏”の呼称基準を明確にすべき。 

 

午睡30分。 右上腕部と肩が異常に痛い。 調べたところパソコンが原因らしいが何ともならない。 左手でマウスを動かすも赤子のようでままならない。 五十肩との記述もあったが、今年七十歳なので当てはまらない。 『被差別部落の真実』の著者、小早川明良さんから精力的に送られてくる部落問題関係の論考を読む。

 

アメリカの俳優・カーク・ダグラスが亡くなった。 103歳の大往生。 小学生の時、兄貴に連れられて封切りの「スパルタカス」を見た。 反乱し捕まって捕虜となり、死罪は免れない。 大勢の捕虜に対しローマ軍は名乗り出るよう促す。 カーク・ダグラス演じるスパルタカスが名乗り出る前に、あまたの爛好僖襯織スは俺だ“の声。 最高に感動した場面。 今日届いて読んだ、『ビックコミックオリジナル』の狎崋蹐”も、まさにカーク・ダグラスと爛好僖襯織ス“だった。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。 なんとONDOYA“の表示は気温0度。 筋トレワンセット。 刺身3点別盛・1080円の優れものと煮豆を、珍しく熱燗で頂く。 餃子を焼いて、夕食を締める。

 

NHKニュースウォッチ9。 風呂にゆっくり浸かり、右肩を揉み疲れを癒す。 テレ朝、報道ステーション。 ここで、8時からのNHKEテレ爛丱螢丱“の、「部落問題」特集を見るのを失念したことに気付く。 7時半からNHKの、杉・松・樫など狷本人のなまえ”由来の番組に引き込まれた。

 

BS・プレミアムで「スカーレット」夜の部。 テレ朝で、芸達者コンビの爛▲瓮函璽”で笑って、ストレッチ。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 08:38
-, -, - -
新刊『ネット右翼VS・反差別カウンター』(山口祐二郎著)

11月20日(水)

 

朝、11時起床。 爆睡! 気温16度の晴天下、満員の小型バスで駅。 区間快速に乗り、1時に神保町。 娘の応援を得て、会計処理。 

 

昨夜の新宿花園神社の狷咾了“の、深夜に及ぶ賑わいぶりを思い出す。 過去40年夜な夜な、新宿二丁目・三丁目に通っていたが、狷咾了”に行ったのは、今回で2回目、余韻が頭に残る。 

 

薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せ、少しだけ先週の回顧。 

 

5時過ぎに、待ちに待った新刊『ネット右翼vs.反差別カウンター』(山口祐二郎著)200部を印刷会社の担当者が運んでくる。 著者買い取り分を段ボール二箱梱包して、本日打ち止め。 

 

6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、500M離れた昔のバス停で降り、7時半に帰宅。 刺身4点盛りと自家製鶏胸肉の唐揚をタイのチリソースで頂き、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 「桜を見る会」の公金(税金)私的流用問題(政治資金規正法、公職選挙法)は、来年の会を中止することで、一件落着的流れ。

 

思い立って、粘着テープローラで床のごみとホコリ取り。 NHK・BSで本日初見の「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 09:49
-, -, - -