RSS | ATOM | SEARCH
リリーフランキー主演・映画「パーフェクト・レボリューション」

9月30日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 曇天で布団干せず、洗濯することにする。 

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 有機酵母パンとさつま揚げなどを購入し、川縁を散歩。 大型鯉が一回り大きくなって、動きが良い。 肉まんと酵母パンを焼いて、自家製ブルーベリージャムで、淹れたてコーヒーの、昼食。 

 

フジテレビが、バラエティー番組「とんねるずのみなさんおかげでした」で、露骨なゲイ差別(性的少数者差別)を行い、社長が謝罪したことを、朝日新聞で知る。 記事を読む限り、まさかフジテレビがという内容。 社長がすぐ謝罪したのも分かる。 しかし、フジテレビは差別問題には、それなりの蓄積がある局のはずなのに、どうしたのかと思う。

 

中央競馬。 サンスポが大宣伝している、競馬データシートをコンビニで購入。 中山、阪神で各500円と、普通の競馬新聞と同じ値段。 高い情報には価値があった。 おかげで大幅プラス収支で、明日のWIN5とスプリンターズテークスの軍資金を獲得。

 

夕方、、昨日オープンした駅ビルの狎城石井“に寄るも、身動きできないほどの大混雑で、肉と鮮魚を見ただけで、早々に退散し、そのまま新宿。 歌舞伎町の、TOHOシネマ。 

 

数年前、岩波ホールで爛魯鵐福Ε◆璽譽鵐“を見て以来の、劇場映画。 椅子もゆったりしており、岩波ホールとは大違い。 ここまで書いたところで、神保町シアターで、猝詭世韻隆”を、2年ほど前に見たことを思い出す。

 

性の問題を導入部に、真正面から障害者問題と向き合った映画・「パーフェクト・レボリューション」。 身体障害者を演じる、主演のリリーフランキーの自然な演技が、全体のトーンを決めているが、助演的立場で恋人役の「人格障害」を演じる、清野菜名が良い。 

 

脇役も固め、勧善懲悪と同情と哀れみの、教育啓発映画を拒否した映像だが、中高校生も観賞できるように配慮もされている。 障害者問題を、身近に感じることで、理解が深まる。

 

新宿から特急電車で駅。 成城石井は、夜9時半を過ぎても、超満員。 牡蠣フライと高級和牛、そして5割引きではないが安い刺身を買い、タクシー基本料金で、10時に帰宅。

 

最後の、水原希子応援、サントリー・プレミアム一缶と柚子入り焼酎で、刺身に舌鼓を打つ。 いつも行く、フードマーケットは間違いなく閉店に追い込まれると思う。 何せ刺身は、5割引きより安く、かつ10割増しで美味い! これを開店セールだけでなく、日常的に販売してほしいと切に願う。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 小池百合子に翻弄させられる、民進党の惨めな姿に、政治の非情さを見る。 

 

明日の、中央競馬、WIN5とスプリンターズステークス+凱旋門賞の検討をして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 09:34
-, -, - -
映画「ウルボ〜泣き虫ボクシング部〜」(李一河監督)
4月22日(金)

朝、9時起床。 部屋の片づけに精を出し、大汗を風呂で流して一息入れ、11時過ぎに,初夏の陽射しを浴びながら、駅まで歩き、また大汗をかく。

12時半に旧居に着き、がらんどうの部屋を見てから、やり残した作業をして、不動産関係者を待ち、一緒に内覧。 打ち合わせを終えて、医科研構内を通って、乗りなれた地下鉄で、2時前に神保町。

空腹を、中華丼で満たし、コンビニで買ったシャツに着替える。 すでに大汗を3回かいているので、風邪をひかないための処置。

NHKニュース、熊本の被災者の困窮した実態に、声もない。 昨日、障害を持つ被災者に、熊本学園大学が構内を開放し、学生ボランティアで対応しているのを見たが、東日本大震災の時には見なかった情景だ。

おおさか維新の会の、足立康文衆議院議員の「アホ」発言に、懲罰動議。 不快語〜差別語、侮辱表現〜差別表現、そしてヘイトスピーチ(差別的憎悪扇動)。 ヘイトスピーチは、法で取り締まる以外にない。 その上で、包括的な差別禁止法を実現すべき。

近所に来たから、寄りたいという、旧友の誘いを断って、6時半に、練馬文化センター。 大ホールで特別上映される、李一河(イ・イルハ)監督のドキュメンタリー映画、「ウルボ〜泣き虫ボクシング部〜」を鑑賞。

掛け値なしに、無茶苦茶面白い! 東京朝鮮高校の、ボクシング部の日常を通して、在日コリアンとしての、アインディティティを獲得していく若者の、溌剌とした清清しい姿を、生き生きと描いている。

監督と出演者のトークを少し聞いて、9時に会場を後にする。 アンケートには、99点をつけた。 マイナスの1点は、映画冒頭のヘイトスピーチカウンター行動の映像に、3秒間ほど自分の姿が映っていることに驚いたため。

地下鉄大江戸線〜京王線〜最終バスに乗って、10時半に帰宅。 冷やしきつね蕎麦、おかかのおにぎり+ホットドッグで、遅い夕食。

「とと姉ちゃん」、夜の部〜民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。
author:小林 健治, category:映画, 11:00
-, -, - -
スパイ映画二本
 

1012()

 

朝、9時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 晴天に、寝具干し。 「まれ」総集編を見ながら、雑誌読み。 

 

「あさが来た」、昼の部を見て、昨日と同じ、メンマ入りの腰のある特製ラーメンで、昼食。 午睡の後、中央競馬三日目。 どうも歯車がかみ合わず、WIN5も、メインレースも外し、見せ場なしの、マイナス収支で終了。 

 

BSで、「あまちゃん」、総集編後編。 二年後ぐらいに、また放送してほしいと思う。 7時に夕食。 鶏ささみと胡瓜の胡麻和えと餃子、サツマイモ入りご飯、少々。 今日から、アルコールなし。 

 

CSで、トニー・レオン主演の香港映画、「サイレント・ウォー」。 1950年代の中国共産党と、台湾に逃げた国民党の本土残留部隊との、暗号通信を巡るスパイサスペンス。 主人公は、視覚障害を持つ調律師で、鋭い聴覚で信号を解析する。 映像とカメラワークは良いが、ストーリーがイマイチ。

 

引き続き、韓国映画「ベルリンファイル」。 ドイツの首都ベルリンで、繰り広げられる、韓国・国家情報院と北朝鮮諜報員の、スパイアクション。 今一つ、リアリティーに欠ける。


明日も忙しいので、早め12時に就寝。

 


author:小林 健治, category:映画, 08:39
-, -, - -
孫娘と“バケモノの子”
 

814()

 

朝、8時起床。 「まれ」朝の部。 トマトジュースと青汁二袋。 ゆっくり風呂に浸かって、仙台育英VS滝川第二戦。 ワンサイドゲームで、仙台育英。 甲子園で勝ち残る代表校の一つ。 投手陣では、東海大相模。

 

12時に小三の孫娘を、王子駅まで迎えに行く。 京浜東北線に乗って、品川駅。 品川プリンスホテルモール内にある、プリンスシネマで、約束していた「バケモノの子」を見るために来たが、あまりの人の多さに驚く。 昼食を食べる空間さえないほどの大混雑。 15分並んで、評判の悪いマクドナルドで、腹ごしらえ。

 

残り少ない当日券で、二人隣同士で座れるシートで観賞。 満員の観客の大半は、子供連れの親子と爺婆だが、若いカップルも目立つ。 アニメーション映画は、大人も楽しめる、神学的なな内容もちりばめられているものの、単純な勧善懲悪物語ではなく、子供たちの笑いもとる、優れもの。 

 

観終えて4時半に、着替えに戻り、シャワーを浴び、孫娘と、散歩とドンキーで買い物。 雷雨をやり過ごして、6時から、“ボエム”のテラスで、ミストを思いっきり浴びながら、息子夫婦も加わって、総勢6人でお盆の夕食会。 途中から再びの雷雨で、室内に移動。 

 

9時過ぎに、娘と孫娘、息子夫婦を見送って、“カフェカルヴァ”。 大家さんと常連達と、お盆にふさわしい話。 帰宅命令を受け、12時過ぎに帰艦。 ニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

 

author:小林 健治, category:映画, 09:46
-, -, - -
映画『夜明けの旗 松本治一郎伝』
 

629()

 

朝、8時半起床。 寝汗をかく。 トマトジュースと青汁二袋。 ヘアーカットし、シャワーを浴び、蒸し暑いが好天の下、10時に神保町。

 

週明けの事務仕事をこなし、娘の応援を得て、月末の支払い。 郵便局〜銀行などを回っていると、汗が出てくるほど湿度が高い。 「まれ」、昼の部を見ながら、玉葱のスライスサラダと冷やしキツネそばで、昼食。

 

米最高裁、アメリカの全ての州で、同姓婚を認める判断を下す。 ホワイトハウスも虹色にライトアップ。 今日の昼のニュースで見た、アメリカ・レインボーの行進は、爆発的な喜びに満ちていた。  一方、ギリシャでは、デフォルト(債務不履行)が現実味を帯びてきた。 コルプス・クリスティアヌスでない国は、EUにおいても見捨てられる。

 

百田尚樹の、「沖縄の2紙をつぶせ」、や「スポンサーに圧力をかけろ」などの、度し難い暴言に対し、中央の日和見メディアと軟弱野党も、怒りの抗議を行っているが、メディアの矜持と政治生命をかけて徹底に闘うべき。 

 

他方で、学生たちが立ち上げた、安保法制反対団体「SEALDs」の街頭演説会が渋谷駅のハチ公前で行なわれ、広場はカラフルなプラカなど、創意工夫を凝らした若者で埋め尽くされた。 しかし、NHKは全く無視し報道せず。 イデオロギッシュでない「層としての学生行動」と「層としての引退者者運動」の結合は社会を変える力を持つ。 世の中、だんだん煮詰まってきた。

 

久々に注文依頼が、返品ファックスを上回る。 5時に事務所を退出して、神保町シアターで、集英社インターナショナルのSさんと、映画「夜明けの旗 松本治一郎伝」を見に行く。 東映が作った映画だが、見るのは40年ぶり。

 

見終わってから西麻布の和風創作料理店“浅井”で、Sさんの同僚Tさんも駆けつけ、一献傾けながら映画批評談義。 40年前に見たより感動したが、やはり役者の演技の重厚さが違う。


続きを、お約束の白金の“カフェカルヴァ”。 12時前にお開きにして、おとなしく帰宅。 マッコデラックスのバラエティー番組を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 09:34
-, -, - -
ジャッキー・ロビンソン「42 世界を変えた男」
 

1018(t)

 

朝、11時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 「マッサン」、昼の部。 自家製の特製ラーメンで、昼食。 

 

のんびりと、『ビックコミック増刊号』『週刊現代』『週刊新潮』を読む。 『週刊新潮』の、コラムが充実していて、読ませる。 某組織トップの裏切りと日和見を徹底批判した、ウェブ連載「差別表現」の原稿は、知人・友人の意見を受け入れ、今少し公表を控える。

 

明日会う予定の、大手週刊誌記者にすべてぶちまけようかとも思う。 午睡1時間。 明日のG機秋華賞とWIN5の検討。 秋華賞は、24・ヌーヴォレコルトで、軸は堅い。

 

7時に夕食。 生ワカメ、千切りキャベツ二袋、鯵の南蛮漬け、田舎煮で焼酎の水割り一合の、ヘルシーディナー。 7時半から、NHKBSで、「花子とアン スペシャル 朝市の嫁さん」。 ストーリーに脈絡はないが、第二弾を期待したい。

 

9時から、黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの物語、「42 世界を変えた男」を見る。 42はジャッキー・ロビンソンの背番号で、永久欠番。 時代は、1945年。 今では想像できないほどの、厳しい人種差別があった時代。 トイレのドアに、「WHITE ONLY 」とある。 黒人に対する極限の差別語・「ニガー」が連発される。 メジャーリーグ=野球における黒人差別撤廃の闘い。 

 

「マッサン」、夜の部。 グリーンチャンネルで、競馬予想番組を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:映画, 11:03
-, -, - -
映画「ミルク」
 

621()

 

11時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 猛烈な空腹を、豚肉入り自家製ラーメンで、満たす。 昨日録画撮りしていた、「花子とアン」金曜日分を見て、「花子とアン」、土曜昼の部。

 

チェアーマッサージを受けて、転寝1時間。 朝日新聞もサンケイスポーツも、昨日のサッカー、日本の引き分け試合に、厳しい評価。 『週刊現代』など、溜まっていた雑誌を読み漁り、7時に夕食。

 

生ワカメ、マグロの切り身、ゴーヤチャンプル、野菜の田舎煮、キュウリの浅漬けなどで、ゆず入り焼酎の水割り3杯。 サッカーワールドカップ関係番組と「花子とアン」夜の部。 


BSで、ショーン・ベン主演の映画、「ミルク」を見る。サンフランシスコの市政委員を務め、様々なマイノリティー問題にも取り組んだ、ゲイムーブメントの先駆者・ハーヴィー・ミルクの物語。 ゲイにたいする社会的差別の存在が、カミングアウトすることをためらわせる構造は、部落差別も同じ。 


2時に就寝。 今日は部屋に閉じこもって、のんびり過ごし、英気を養った一日。

author:小林 健治, category:映画, 11:04
-, -, - -
台湾の超大作映画「セデック・バレ」
 

429()

 

朝、8時起床。 寝床の中から、「花子とアン」朝の部。 トマトジュースと青汁二袋。 カーテンを開けると、窓外は幕と足場がなくなっており、久しぶりに曇天の空を見上げる。 職人さんが、窓を磨いてくれているので、部屋は2か月ぶりに自然光を取り戻した。

 

BSで、ダルビッシュ有。 打たれて、負け投手。 10時半から、映画「赤い月」。 旧満州を舞台に、なかにし礼さんの、実体験を描いた原作を映像化したもの。 映画化の前に、小説『赤い月』について、話をしたことがあるが、旧満州の悲惨な出来事について、もっと小説で描かれるべきと語っていた。

 

「花子とアン」、昼の部を見て、買い出しに出かける。 小さな自然食品店の寄って、徒歩で広尾の明治屋。 豚足と焼酎などを宅送してもらい、その足で恵比寿ガーデン三越食品館。 肉と魚などを買って、3時に帰宅。 

 

ホタルイカをつまみに、無糖ビールショート二缶で喉を潤し、豚肉のステーキで、昼食。 『ビックコミック』と『週刊新潮』を読んでから、ビデオに撮っていた、台湾映画、「セデック・バレ」を見る。 1930年、日本統治下の台湾で起こった、原住民(台湾では「先住民」には否定的な意味がある)の激烈な抗日運動を描いた、4時間半を超える超大作。 

 

一部を見終えたところで、8時半に、夕食 事務所のSさんのお土産、台湾産の“カラスミ”で、無糖アサヒビール、一缶。 豚足2足を蒸して、山口の銘酒スパークリング“獺祭”2合瓶+ゆず入り焼酎の、水割り2杯。 

 

NHK,ニュースウォッチ9を見て、「セデック・バレ」の第二部。 勧善懲悪ではなく、対峙する双方の矛盾と対立も描いている。 歴史的事実を題材に、心眼の映像を通して、現実を暴露している、特・秀逸映画。 

 

見終って、1時半に就寝。 

author:小林 健治, category:映画, 09:59
-, -, - -
アイルランド映画「アルバート氏の人生」
 
1月26日(日)
 
朝、8時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 TBS、サンデーモーニング。 寺島実郎氏は、国内外を問わず政治、経済分析は極めて鋭い、しかし、こと原発とエネルギー政策については、相変わらず鈍い。 
 
都知事選の争点に、脱原発がなっているとはいえ、当然のことながら、保育、教育、福祉、高齢者対策をはじめ、都民生活に関する都政全般を巡っても、舛添氏と細川候補には違いがある。 
 
11時から、「ごちそうさん」、一週間のダイジェスト版。 ベッタラ漬けをおかずに、昨夜の五目御飯で、昼食。 今日の朝日新聞が、昨日のNHK新会長・籾井の放言記者会見の内容、を詳しく紙面化している。 良識のかけらもない、新会長は首にすべき。
 
1時半から、中央競馬。 WIN5は、人気薄を狙ったものの、人気馬ばかりで決まり、またしても3勝2敗。 配当も3万円と、超低配当。 抜け目を喰らい、買い間違いで的中を逃し、3場のメインレースも外し、昨日の蓄えを大きく減らしたが、中京12Rで飛び出した、600万円馬券で正気に戻り、京都最終を熟慮の末的中させ、8割方取り戻す。 
 
大相撲優勝決定戦を見て、ひと寝入り。  6時半に夕食。 肉じゃが、煮魚、で、炊き立てご飯、二杯。 デザートにイチゴを食し、アルコールなし、五日目。 8時から、NHK「軍師 官兵衛」。 

9時から、WOWOWで、アイルランド映画「アルバート氏の人生」。 女性として産まれたが、男性として生きている、ホテルのウェイター、アルバート氏の物語。 秀逸。

チェアーマッサージを受け、『週刊文春』、『週刊ポスト』、『週刊現代』を読んで、1時に就寝。
 
 
author:小林 健治, category:映画, 08:44
-, -, - -
ドキュメント映画、「ある精肉店のはなし」
 
12月3日(火)
 
朝、9時半起床。 熟睡! トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、足取りも軽く、11時に神保町。 
 
『ドン小西』本の素読みをしていると、弓立社刊、『がんと明け暮れ』(村串栄一著)の注文電話が、立て続けに6本鳴る。 何事かと思ったら、今日の中日新聞(+東京新聞)に、紹介記事がカバー写真付きで載っていた。 さすがに名古屋からの注文が多い。
 
「ごちそうさん」、昼の部を見ながら、中華風八宝菜の旨煮+野菜サラダで、昼食。 引き続き、『ドン小西』本の、素読み。 4時に終えて、朱入れ原稿を持って、編集者の所に行く。
 
7時に、ポレポレ東中野で上映されている、「ある精肉店のはなし」(纐纈あや監督)を見に、出人懇の幹事メンバーと出かける。 大阪の貝塚にある精肉店と、そこで行なわれていた飼育、屠畜、販売と、地域、家族を映像化したドキュメンタリー。 肉を食べることの意味問う、映画。 必見!

見終えて、永六輔さんもよく来るという、近くの中華料理店で、監督とプロジューサーの、写真家・本橋成一さん+出人懇幹事と、ミニ忘年会。

12時前に、総武線〜山手線と乗り継いで、新潮社のKさんと、白金の、“カフェカルヴァ”。 常連と会話して、多分2時頃には帰宅して、寝たと思う。 以後記憶なし。
author:小林 健治, category:映画, 13:01
-, -, - -