RSS | ATOM | SEARCH
香山リカさんの講演中止事件

11月26日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースとオリーブオイル入り青汁二袋。 気温14度、薄曇りの下、ジャンバーを羽織って、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、10時半前に神保町。 

 

その足で、掛かり付けの病院で常備薬を処方してもらい、銀行へ寄って現金を下ろし、コンビニで個人的な支払いを済ませ、11時過ぎに事務所。 

 

京都の南丹市で行われる予定だった香山リカさんの講演が中止になっことに対し、新聞、テレビ、ネット上で、主催者の市当局に抗議する声が溢れている。 琉球新報は社説でも取り上げ、人種差別右翼に屈した南丹市を批判しているし、朝日新聞など全国で非難の声が広がっている。 

 

弁護士の上瀧浩子さんはツイッターで、今回の公演中止について、「香山リカさんは講演中止、枝野代表の成蹊大学での講演の取材は不許可となった。もはや表現の自由は危機に瀕している。それに加担しているのは、事務方の事なかれ主義だ。ファシズムに加担したのは、長いものには巻かれよとする『普通の実直な人達』だったということは繰り返し想起せねばならない。」と警鐘を鳴らしている。 

 

ナチス戦犯・アイヒマンの裁判を傍聴した、ハンナ・アーレントの言葉、「凡庸な悪」が思い出される。 小生も分かっているだけで2度、解放同盟中央本部の妨害で、決まっていた講演会が直前に中止されたことがある。 

 

産地直産市場で買った、本物のさつま揚げ入り野菜サラダとおにぎり一個で昼食。 旨い! 「まんぷく」、昼の部。 新潮社のNさんから電話があり、有り難い知らせを受け、さらに忘年会の日程を決める。

 

今日届いた、解放新聞広島県連版の気合の入った“主張”を読む。 「ヘイトスピーチ、ヘイトクライム、そしてジェノサイド(集団虐殺)は同一線上にある」。 ヘイトスピーチをきちっと、「差別的憎悪扇動」と表記し、安倍政権下の危険な現状を鋭く批判している。

 

3時過ぎに、今年3回目の、神保町の中国整体“萬寿堂”。 今日は若い男性の整体師で、腰と背中を中心に指圧してもらい、足の裏とふくらはぎのオイルマッサージ。 整体は、時々ツボを外して、70点。 足の裏マッサージは、涙なしには語れないが、なかなかのもので、85点。

 

5時に戻り、6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコ・フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 NHKで、アナザーストーリー。 ゲストはダンサーのSAM。 なかなか面白かった。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 天孫降臨の地・高千穂での殺人事件。 朝日の夕刊で、「稀勢の里に異例の『激励』 横審、全会一致で決議」の記事。 横綱審議会は、不甲斐ない横綱に対し「激励、注意、引退勧告」を決議できるという。 だったら間違いなく、「引退勧告」だろうと誰しも思うが、稀勢の里に罪はない。 無理して狷本出身力士“を横綱にした横審こそ、引退すべき。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 高千穂の殺害事件と日産ゴーン事件。 「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:07
-, -, - -
日産ゴーン会長逮捕続報

11月20日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温14度の薄曇り下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、 10時半過ぎに、神保町。 

 

原稿を一つ書きあげて、早めに竹輪入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 朝日新聞が一面で大きく、日産ゴーン会長逮捕の記事。 中面で、司法取引での告発とある。 

 

1時半に、明治大学の森達也セミの学生三人が来て、部落差別の話。 熱心に聞いてくれ、質問もあり充実した時間を過ごす。 若い人たちから新鮮なエネルギーを吸収し、昨日からの原稿を読んで、5時に事務所を退出。 

 

直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、朝と同じ気温14度、バスに乗り、6時半に帰宅。 色々な魚の切り落とし刺身と具だくさん豚汁で、シークヮーサー入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率90%ながら、小差で招き猫ゲットできず。 テレ朝、報道ステーション。 日産・ゴーン会長逮捕事件。 

 

日テレ、ZEROのニュースでコメントしていた佃某は、ゴーン会長に対し極めて民族差別的な発言。 読売“ナベツネ”死亡説はネット上でも話題になっていない。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時半に就寝。

 

*週刊現代12月1日号ブックレビューより 『被差別部落の真実』(小早川明良著) 下段

 

週刊現代ブックレビュー

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:53
-, -, - -
『週刊金曜日』創刊25周年記念集会

10月28日(日)

 

朝、8時15分起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBSでサンデーモーニング。 青木理さんが、安田純平さん無事救出に関わって、「自己責任論」をボードを使ってきちっと批判。

 

気温16度(多分)、肌寒い中、産地直売市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 朝から多くの人が水汲みに来ている。 川縁を散歩しながら、腕の筋トレ。 汗をかいて帰宅し、朝ぶろに入る。 

 

酵母パンと目玉焼きを、淹れたてコーヒーで、昼食。 12時に家を出て、バスで駅。 1時過ぎに神保町に着き、事務所に寄って、教育会館で開かれる、『週刊金曜日』創刊25周年記念集会に行く。 それにしても、神保町の古本祭りの賑わいに驚く。 金曜日の5倍近い人出で、歩くのもままならない。 すずらん通りとさくら通りに屋台も出て大賑わい。 

 

1時半に始まった 記念集会の会場には、さすがに高齢者が目立ったが、熱気がある集い。  司会は尾崎ゼミ生で、副編集長のIさん。 編集委員・石坂啓さんによる軽妙洒脱な安倍政権批判と社会風刺に笑う。 

 

圧巻は、新社長兼発行人の植村隆さんと青木理さん+東京新聞の望月衣塑子さんの鼎談。 安倍政権と最前線で対峙しているジャーナリストの闘いに、共感する。

 

4時に終えて、会場で逢った尾崎ゼミ生でカソリック信者・Kさんと神保町の中華料理店で、軽く一献。 オウム真理教のサリン事件死刑囚13人の刑を執行した、カソリック信者の上川陽子元法務大臣の講演が、厳重警備の上智大学であったとのこと。 上川陽子がカソリック教徒であるにもかかわらず死刑執行したことに怒っていた。

 

6時にお開きにして、日曜日さすがに空いている直行電車で、駅。 バスに乗って、7時半に帰宅。 すき焼きをつまみに、シークヮーサー入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 NHK、大河ドラマ「西郷どん」。 出演メンバーが、「まんぷく」と少しダブっている。

 

フジTVで、日本シリーズ、広島対ソフトバンク、第二戦。 広島が余裕の勝ち。 Mr,サンデー。 安田純平さん解放について、ゲストの八代某を除いて、まずまずの構成。

 

「半分、青い」総集編の前編だけ見て、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:50
-, -, - -
産経新聞社の畏友と一献

10月24日(水)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温15度の晴天下、小型バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

昨夜の長時間の転寝が良くなかったのか、風邪を引いた感じ。 ジキニンと風薬を飲むも、鼻水が止まらない。 “ホットモット”で買った、のり弁当で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 

 

1時半に、明治大学の森達也ゼミ学生・男女4人がやって来て、編集者と部落問題について質疑応答。 本当に真面目な学生たち。その間にも、新刊『被差別部落の真実』の書店からの注文が3件入る。(最終的に、昨日と同じく11件)

 

JR東海に電話して、エクスプレスカード更新拒否について糺す。 丁寧な対応で、与信管理の“セディナ”の責任者から当方に電話させ、理由を開示するとのこと。 とにかく信用調査(身元調査)されて、×と判断されたわけだから、怒るのは当たり前。 

 

爛札妊ナ“からは、JR東海の話とは違い、一般女性社員が、昨日と同じ総合的評価からの判断を繰り返すのみ。怒り心頭、怒髪天を衝く! 明日、親会社、JR東海に連絡して、再び糾す予定。

 

6時半に、神田駅前の鮨屋さんで、産経新聞社の、我が畏友・Tさんたちと懇親会。 早めに来た、若い鹿児島出身の女性・Mさんに、スマホのメール返信をしてもらう。 話盛り上がり、二次会を近くのオープンショツトバーで、ハイボール。 最終電車で、神田駅から、中央線で武蔵境駅。 

 

ヘイトのカウンターを応援しているという、タクシーの運転手さんと意気投合して、家に送ってもらう。 多分2時には寝たと思う。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:09
-, -, - -
『新潮45』への社会的批判高まる

9月19日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、天高く馬肥ゆる晴天下、来たバスに飛び乗り、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。 

 

ぽつぽつと新刊『被差別部落の真実』の注文。 大阪の大手書店からは、読者からの要請もあり、新刊配本を待っていられないので、委託ではなく注文で送ってほしいとの電話。 明日取り次ぎ書店各社の新刊配布部数が決まるが、それにしても、7日に見本出しをして、搬入日が25日は異常!

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 『新潮45』が10月号で、杉田水脈の“LGBT”差別記事を全面擁護し居直った小特集を組んでいる。 LGBTの団体を中心に、ヘイトスピ―と闘う反差別のカウンターのメンバーなどが、25日(火)に新潮社に抗議行動を行うという。

 

研修のレジュメ作成に時間を費やす。 とくにLGBT、性的マイノリティーの差別問題についてしっかり話をしてほしいとの要望もあり、杉田水脈の差別記事(ヘイトスピーチ)について時間を割いて研修する予定。 

 

保存していた、A4三枚分の原稿が、一時パソコン画面から期消え肝を冷やす。 30分かけ何とか見つけ出し事なきを得たが、やはりパソコン直接入力は精神安定上良くない。

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 2割引きのマグロの中トロ切り身落しと豚ロースに野菜を添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯+きつね寿司一個で夕食。 

 

10時過ぎに、大手マスコミの友から、『新潮45』に「反吐が出る」との携帯メール。 友は新潮社から単行本を出したことを悔いていたが、新潮社にも良識人はいると、返信。 

 

テレ朝、報道ステーション。 自民党総裁選最終日。 ネトウヨの聖地・秋葉原で安倍総裁が最後の演説。 麻生と並ぶ姿に、自民党の末期が見える。

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部。 40過ぎの幼友達、鈴愛と律の、青ならぬ倏鬚し亳“。 民放の、スポーツニュースを見ながらチェアーマッサージを受け、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:19
-, -, - -
日テレ「感動ポルノ」とNHKEテレ“バリバラ”

8月26日(日)

 

朝、9時起床。 今日も暑い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 ジャカルタ・アジア大会女子マラソン、32歳の野上がしっかりした足取りで、見事銀メダル。 東京五輪でもやれる。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 汲んですぐに結露。 来週には9月になるというのに、本当に異常気象。川縁を散歩していると、鳴いていない(ツクツクホーシが一匹鳴いていた)アブラゼミの異形音が聞こえたと思ったら、野鳥に啄まれていた。 全部飲み込んでもまだ鳴いていて、昼間のミステリー。

 

冷凍していた酵母パンを焼いて、自家製ブルーベリージャムを塗り、冷コーで昼食。 一息入れて、引っ越しの準備。 本棚の本を全て小さめの段ボール箱に詰め、小物をタオルなどでガードして梱包。 ガラス戸をあけマスクをして、夕方まで精力的に段ボールの山、10箱。 大汗をかき結構運動になる。

 

日テレ、24時間テレビで、生“笑点”を見ながら、安売りで買い置きしていた、1本900円のスパーリングワインで、自家製サラダをつまみに喉を潤す。 

 

NHK・Eテレで、爛丱螢丱“。 昨年日テレの24時間テレビ”を「感動ポルノ」と生放送で徹底批判し話題になった。 障害者の奮闘する姿を見て、「健常者」が感動する、「感動爛櫂襯“」。  今年も、7時から、爛丱螢丱”29分生テレビ。 テーマは狆祿下×テレビ“で、手話が聴覚障害者の犖生”であること(視覚障害者の言語には狹聖“もある)批判精神全開! メインはやはり「障害は寝てからや”の、爛▲愁疋奪”。

 

夕食を自家製冷やし中華で締めて、大河ドラマ、「西郷どん」。 薩長同盟の歴史を、小説的に表現。 すでに、国父狹臘典弩“の殿様=封建権力の政治的力は衰えている。 

 

NHK、サンデースポーツ〜TBSで、アジア大会、男女100m決勝。  山縣亮太、惜しくも同着銅メダル。 もっと悔しいのは、10・00で9秒台を出せなかったことだろう。(実測では、9・997秒だったという) しかし、良いレースだった。

 

民放の、スポーツニュースを見て、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:28
-, -, - -
”俳優”か“女優”か、菅井きんさん大往生

8月23日(木)

 

朝、9時半と5時45分を間違えて起き、その後寝れず、8時に起床して、睡眠不足。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「半分、青い。」朝の部。 シャワーを浴びて、炎天下バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。

 

メールの点検。 応援に来ている娘に、常備寄託の段取りと、大手書店への新刊一括注文の依頼とデーター送信をやってもらう。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、半熟卵と竹輪の天婦羅入りぶっかけうどん+おにぎり一個で、昼食。 新刊と常備、そして個人的な引越が重なって、いろいろと忙しい。 

 

午睡30分。 昼のNHKニュースが、菅井きんさん死去の報道。 「俳優・菅井きんさん」とPC(ポリティカル・コネクトネス=政治的かつ性差のない中立で公正な表現)を踏まえた表記。 

 

ヤフーは、「女優 菅井きんさん」と従来通り。ちなみに、朝日新聞夕刊は、「俳優、菅井きんさん」。 狢耕“とは言うが狢溝子”とは言わない。 対語のない非対称の言葉に隠された差別性。

 

6時から、神保町の居酒屋で開かれる“老人力同盟”の定例会に参加。 前回は2次会が深夜に及び疲れたので、9時前に、今回は1次会のみで辞す。 女帝・吉永みち子さんの話に大爆笑! 電車、バスに抜群のタイミングで乗れ、9時半過ぎに帰宅。

 

NHKニュースウォッチ9。 広島がヤクルトに5回までの、7点差をひっくり返し、9回裏ホームランなどで4点入れ、マツダスタジアムで逆転サヨナラ勝ちだと。 悪いのは球界の盟主・巨人の体たらくということは重々承知しているが、ヤクルトも情けない。 巨人は筒香に二本喰らって最悪。

 

テレ朝で、報道ステーション。 ここのところ、後藤謙次が出ていないので、悪くない雰囲気。 テレ朝は、狃優“菅井きんさん。 日テレZEROも、”女優“菅井きんさん”。 TBS、ニュース23は、猝晶優“と見出しにあったが、本番では倏侏”の菅井きん死去。 フジTVは確認できず。

 

NHK・BSプレミアムで、本日3回目の「半分、青い。」、夜の部。 甲子園の陰に隠れていた、アジア大会のスポーツニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:17
-, -, - -
銀座の夜

7月30日(月)

 

朝、10時起床。 夜中に暑くて目が覚め、その後寝付かれず。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、バスに乗り駅。 区間急行で、12時前に神保町。

 

週明けの事務作業をこなし、「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げと焼き豚入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞3紙を読む。 スポーツ二紙は、甲子園出場を決めた、南神奈川代表の横浜高校・万波選手が一面。 オコエ瑠偉をほうふつとさせるスラッガー。 100回記念大会の目玉選手の一人。 

 

そういえば、事務所の側で、元巨人の駒田徳広選手に出会った、身長190以上、体重100k近いデカさで、道行く人も振り向いていた。 奈良は桜井商業出身。 高校野球の県予選で4連続敬遠されたが、その中には満塁の場面や先頭打者の時もあったという、逸話が残っている。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが興奮してやって来て、オッズ本の効果をひとしきり熱く語る。 しかしみんなが知ってしまえば効果は薄れ、旨味がなくなるので、あまり吹聴しないことにするという。 

 

新刊のゲラを6時まで読んで、、6時半に銀座7丁目のライオンで、某全国紙のトップ幹部の方々と恒例の暑気払い。 

 

 率直な意見交換をして、楽しい時を過ごし、20数年来の友と二次会をお約束の、数寄屋橋“四馬路”。 ママも元気! 超常連のK弁護士もやってきて、熱い銀座の夜。 記憶はこの辺まで。 

 

タクシーに乗って2時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:55
-, -, - -
朝日新聞の両論併記癖

7月28日(土)

 

朝、8時起床。 トイレに起きて、そのままNHK、「半分、青い。」朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

大雨予報が出ているので、10時前に産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 まだ地下水の冷たさを感じる。 市場で酵母パン(豚まんは台風で休みとのこと)と人参ジュースなどを買って川縁を散歩。 大型鯉20匹近くが所定の場所に戻り、雨で冷え水かさが増した川で大はしゃぎ。 美味しそうなマガモも元気。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、酵母パンを焼いて自家製ジャムを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

朝日新聞が、昨夜の自民党本部前の、杉田水脈議員の辞職を求める抗議行動を社会面で大きく報じている。 しかしなぜ、藤岡信勝のような札付きのオールドネトウヨの、杉田擁護のコメントを載せる必要があるのか疑問。 両論併記の弊害が分かっていない。 「1+1は2ですが、3という人の意見も聞いてみましょう」は、中立・公正ではなくフェイクの片棒担ぎ。 情けない!

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんから読めと言われた、『オッズ キングダム』(ガイドワークス刊)を読み終え、指示に従って、単勝と馬連の人気順の、9時半のオッズをプリントアウト。(深夜12時のオッズはプリント済み)  しかし、あまりにも情報処理に時間がかかり、馬券投票時間に間に合わず。 

 

確かに高配当を演出した人気薄の馬の激走がそこそこあったが、アナログでは無理。 事前にエクセルで段取りをしておかないと時間的に間に合わない。 ということで、明日は番外で、WIN5だけに絞って試みることにする。

 

大雨が吹き荒れる中、早めに店じまいするという隣の精肉店で仕入れた、熱々のローストンカツ+メンチカツ、コロッケに千切りキャベツを添えて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。

 

NHK、バカボンパパのドラマ。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 NHKプレミアムで、「半分、青い。」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:40
-, -, - -
「半分、青い。」、突然の場面展開に戸惑う

7月5日(木)

 

朝、9時半起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、そぼ降る雨の中、バスで駅。 区間急行で11時半前に神保町。 

 

暑気払いのお誘いメールなどをチェックして、返信作業。 新聞三紙を読む。 横綱・稀勢の里が今場所も休場するという。 実力もなく無理して作り上げた、“日本人出身横綱”。 だれが責任をとるのかと言いたい! 

 

「サムライ・ジャパン」の西野監督が、7月の任期切れで退任すると報じられた。 ポーランド戦の、恥さらしな采配が背景にあることは疑いない。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」の、場面が一挙に転換しているのに、面食らう。

 

ブラックコーヒーを飲んで、著者朱入れ、加筆原稿読みに集中する。 30分の休憩をはさんで5時間、午後7時にすべて読み終え、本日打ち止め。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。

 

頂き物の秀逸の豆腐とゴーヤチャンプルで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 成城石井の刺身、午後8時にもかかわらず値段も高いし割引も無い刺身の盛り合わせ。 しかも、トロ(中トロの時もある)がいつの間にか筋入りの赤身に変わっていた。 強欲新自由主義が食品売り場まで浸透してきている。 バス乗り場の位置が変わったので、パルコフードマーケットに行っていないが、考えす必要ありと強く感じる。

 

BSで、巨人対DeNA戦。 ふがいないので、最後まで見ずに、NHKニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 昨日と同じく大雨情報。 しかし、テレ朝は報道ステーションの放送時間を、通常の場合は一定にすべき。 民放各社の、ニュース。 

 

NHK・BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部。 二回見ても、場面展開について行けない。 救いと期待は、イケズおばちゃん・キムラ緑子が出てきたことだけ。

 

NHK・Eテレで、“バリバラ”、「精神障害者監禁事件を考える」。 最近あいついで発覚した監禁事件に真正面から向き合った番組。 さすがは“バリバラ”。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:43
-, -, - -