RSS | ATOM | SEARCH
『少年チャンピオン』(秋田書店)創刊50周年記念号

7月17日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しくいい気候で、トイレにも起きず熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて晴天下、500M歩いて昔のバス停で、10分待って満員の車内に乗り込み、駅。 

 

駅近くのパチスロ屋に、台の入れ替えか、200人を超える長蛇の列。 若い人の姿が目立つが、平日の朝からパチンコとは驚く。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半前に神保町。 

 

高野孟さんの原稿読み。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 相模原障害者殺傷事件から3年を前にして、朝日新聞が連載記事を開始。 決して風化させてはならない、戦後最悪のヘイトクライム事件。

 

『少年チャンピオン』の創刊50周年記念号が届く。 冒頭に1979年の“ドカベン”2週分を再掲。 最初のカラーページを読んで、すぐ全編を思い出した。 

 

ワンアウト満塁で、微笑みのスクイズがピッチャーフライとなり、三塁ランナー岩鬼はホームに突っ込でしまい、1塁ランナーのドカベンが飛び出しており、ピッチャー不知火が1塁に転送して、ダブルプレーとなったが、スコアーボードに1点入ったコマで終わった、超有名なシーン。 

 

その日の居酒屋ではどこもかしこもこの1点をめぐって喧々諤々の議論が行われていた、懐かしい伝説の一話。(その後甲子園で実際に同じようなプレーが起こった) 

 

引き続き、原稿読みを精力的に行う。 途中休憩して、書棚の断捨離。 本を捨てるのは重くて大変。 古本屋に引き取ってもらいたい。 5時まで読み進めて、本日打ち止め。 

 

直行電車で駅。 買い物をせず、気温28度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 筋トレ、ワンセット。 昨日もそうだったが、プロ野球の巨人戦の中継がない。 ほんとうに異常で、日テレ(地上波かBSで)は中継しろと本気で思う。 

 

生ワカメ、鯵の南蛮漬け、高級豆腐で冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 厚焼き玉子入り、自家製冷やし中華で夕食を締める。

 

転寝30分。 目覚めると、窓外の天空に少し赤みのかかった、満月。 いい眺めで、中秋の名月! 明日の晴天を願う。 NHKニュース。 直木賞と芥川賞の発表と、新井賞(書店員・新井見枝香さん)を同格で報道。 面白い!

 

テレ朝、報道ステーション。 動悸不可解なな事件が続発。 後藤謙次はいらない。 BS・NHKで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:49
-, -, - -
朝日新聞誤報の続報

7月10日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しい! 熟睡。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。  NHKで、朝から自民党の、安倍総裁と三原じゅん子の、参議院選政見放送。 気分を害する。 

 

晴天下、500M歩いて以前のバス停から、駅。  ホームで電車を待っていると、前にいた60歳過ぎと思しき女性が、大きなタブレット画面でケントギルバードなどが出ている、DHCのネトウヨ番組を熱心に見ていた。 おぞましい風景。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

山口祐二郎さんの、追加原稿の校正を忘れていたので行う。 内容は、「ミャンマーのイスラム系少数民族・ロヒンギャとの交流」。 山口さんが生まれ育った群馬県舘林市にロヒンギャ難民が集中して住んでいる。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 朝日新聞朝刊の一面トップは、「ハンセン病家族訴訟 控訴せず」の見出し。その下に「誤った記事 おわびします」。 そして2面で「本社記事 誤った経緯説明します」、との政治部長の結構長い反省文。 

 

嵌められたとは口が裂けても言えないだろうが、口惜しさは分かる。 昨日深夜、朝日の記事を受けて、早朝に“断念”の首相声明を出し、朝日に大恥をかかせることに成功し、なおかつ参議院選挙を意識しての方針転換で支持率を上げるという、一石二鳥の狡猾な政治戦略。

 

2回目の断捨離。 1時間半かけて、ポリ袋二袋分。 とにかく雑誌や資料は重い! 明日から2回目の校正読みを始める、高野孟さんの『21世紀 世界地図の読み方』(仮題)の直し原稿をプリントアウトし、本日打ち止め。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温23度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 断捨離の大汗を風呂で流し、BS・朝日で巨人vs阪神戦。 1回表、丸の特大先制ホームランで、勝負あり。 リーグ優勝は間違いないが、クライマックスというわけのわからん、敗者復活戦はいらない。 

 

ヒラメの刺身と生ワカメ、豚ロースを焼き千切りキャベツを添えて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯で夕食。 日テレで、「今夜くらべてみました」沖縄女性特集。 仲間由紀恵がメインだが、後4人も濃い琉球人。 メチャクチャ面白いし、政治色はなかったたものの、沖縄のエネルギーを感じた。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:14
-, -, - -
吹田市千里山交番襲撃事件報道批判

6月18日(火)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

高野孟さんの『元祖 世界地図の読み方』(仮題)の一回目の校正原稿読みを終える。 A4版、50枚程度縮めないと、モナド新書にならないという。 2回目の校正読みはキツイ作業になりそう。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。  吹田市の千里山交番襲撃事件の報道を点検。 スポーツ新聞2紙も朝日新聞も、逮捕された容疑者が精神障害保健福祉手帳(2級)を持つていたと報道し、「社会のせいで症状が重くなっている」などと述べていたと、全く同じ記事を載せている。 昨日も書いたが精神障害手帳を保持していたことと犯罪を結び付けて報道する必要はない。 

 

昨年の刑法犯で検挙された人の内、精神障害者の割合は、1・8%に過ぎない。 母数を換算すると比率はもっと下がる。(精神科医の香山リカさん) 仮に飯森容疑者が歯医者や耳鼻咽喉科、内科の診察券を持っていたとしても、それを事件と関連づけて報道すべきではない。 

 

なぜ精神障害手帳を持っていたらそれをわざわざ事件と関連づけて報道するのか。 ここに社会意識としての差別観念に、無意識にとらわれているマスコミの姿がある。 それが精神障害者に対する社会的差別意識を助長することになる。

 

3時に、明治大学・森達也教官のセミの学生さんたちが、部落差別などの話を聞きに来る。 昨年から続いていて、今回で4回目。 5時まで話と意見交換。 真面目で熱心な学生さんたち。

 

5時半に水道橋の東京ドームで、孫娘と待ち合わせして、コンビニで食料と氷を仕入れ、6時から、セパ交流戦、巨人vsオリックス戦。 空いたペットボトルに焼酎とウウィスキー詰め(つまりハイボール用)、炭酸水2本持ち込んでいざ観戦。  接戦だったがなかなかいい試合内容で、1点差巨人逃げ切り。 孫娘は1回裏の丸の先制ツーランホームランに、狂喜乱舞!

 

三田線から神保町で乗り換えて、鈍行〜特急で駅。 タクシーワンメーターで、11時に帰宅。 テレビはすべてのチャンネルが地震報道。

 

15分遅れで、BSプレミアム、「なつぞら」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:21
-, -, - -
スポーツ報知の結婚スクープ

6月5日(水)

 

朝、8時15分起床。 夜中、トイレ一回で睡眠確保。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の曇天下、バスで駅。 区間快速で10時に神保町。

 

頭が冴えている午前中に、高野孟さんの『元祖 世界地図の読み方』(仮題)の原稿校正読み。 地図を見ながら世界情勢を分析・解説するというスタイル。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読むが、今日のビック紙面は、スポーツ報知のスクープ・南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚報道。 サンスポも朝日も一行も報じていない。 爽やかなカップルの誕生だが、ぶっちぎりの特ダネ。 スポーツ報知は芸能に強いのかと思う。

 

いつものことだが、昼食を食べた後、身体がだるくなり眠気に襲われる。 午睡30分。 頭のモヤモヤを振り払って、原稿読みに没頭。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物。 

 

広島風お好み焼きが、特設ブースで今日から1週間販売しているという。 バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 広島風お好み焼きと豚ロースをから揚げにして、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 広島風お好み焼きに、以前買った瓶の爛ープソース“をかけて、美味!

 

CS・グリーンチャンネルで、南関東公営競馬の祭典、大井の東京ダービー。 1着・2着フォメーションで勝負。 的中するも、3馬人気〜1番人気〜2番人気で万馬券にならず、夕食分を稼いだだけ。 BS朝日で、巨人vs楽天戦。 盛り上がりに欠けて敗戦。 

 

テレ朝、報道ステーション。 福岡の老人暴走事故の詳報。 後藤謙次はいらない。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:05
-, -, - -
川崎市登戸の殺傷事件から一週間

6月4日(火)

 

朝、8時半起床。 明け方4時(すでに薄明るく小鳥のさえずりが喧しい)にトイレに起き、窓全開にして二度寝し、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温すでに26度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間快速で、10時半前に神保町。

 

川崎市登戸の殺傷事件に関わって、ダウンタウンの松本人志が、「人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品って何万個に1個、絶対に(生まれる)」との暴言をワイドショーの中で吐いたという。 ナチスの優生思想に繋がる差別発言と言ってよい。 きちっと社会的に糾弾する必要がある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、自家製鶏のから揚げ入り野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 「なつぞら」は、東京編に舞台が変わって、ヒロイン・広瀬すずの衣装とヘァースタイルが抜群に良い。 

 

午睡30分。 『ニューズウィーク』日本版の、「百田尚樹現象」を読む。 中途半端で、百田の差別性が掘り下げられていない。 高野孟さんの『元祖・世界地図の読み方』(仮題)の編集したラフ原稿を読み始める。 相当削らないとモナド新書として出版できないが、世界の政治・経済状況が刻一刻と変化する激動の時代だけに、夏までに出版しないと原稿が古くなる。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 駅上にあるデパートで、3500円の麦わら帽子を買う。 神田三省堂本店入り口横の民芸品売り場に良い麦わら帽子があると、高野孟さんがインサイダーに書いてあったので見に行ったが、安くて1万円、手が出なかった。

 

成城石井で買い物をして、気温24度、バスの乗り7時に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 イクラの和え物と1割引きのカツオの棒刺しを切って、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 アンチョビ入りのスパゲッティ―で夕食を締める。

 

BSテレ朝で、プロ野球交流戦、巨人vs楽天。 かろうじて勝利。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 プレミアムを一つ的中させまずまずの直観力。 TBS,ニュース23. 登戸の事件現場の献花台には手を合わせる人が絶えない。 先週の土曜日に行った時より多いような気がする。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:38
-, -, - -
川崎市登戸の殺傷事件余波

6月3日(月)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、8時間熟睡で、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の蒸し暑い晴天下、小型バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町。 

 

週明けのメールを確認し、先週あまりチェックできなかった、ツイッターとフェイスブックを見る。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昨年秋の新刊・『被差別部落の真実』の増刷を決め、訂正か所を添付して印刷所に送る。

 

川崎市登戸の殺傷事件関連情報を集中して読む。 「ひきこもり」と事件を関連つけて報じるメディアを批判した声明文は危機感に溢れている。 被差別マイノリティーと、凶悪かつ動機不可解な猟奇的事件を結び付ける思考に潜む差別意識に気づくこと。 

 

今回も事件の報道姿勢は、「犯人は精神科への通院歴があった。 警察は刑事責任能力を問えるか慎重に判断」と同種の差別助長報道。 真相は分からないが、元農水事務次官が「ひきこもり」の息子を殺害した背景に過剰な報道が影響したことがうかがえる。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温26度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。訪問地は富山県南砺市でゲストは三宅健。 三宅はV6のメンバーだと言うが、初めて見た。

 

イカの刺身と鶏から揚げ+ビーフシチューで、白ワイン、赤ワイン、日本酒、焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 羽虫の残党5匹殲滅。 てんとう虫が二匹どこからか侵入するが、居住を許す。

 

NHKニュースウォッチ9。 トップニュースは、元農水事務次官の長男殺害事件。 テレ朝、報道ステーション。 またしても羽虫が飛んでいる。 再度ソファー裏を大掃除してアルコール消毒。 しかしどうも巣の本丸ではないようで、部屋の蛍光灯の電気傘周辺に小さな羽虫が蝟集しているのを発見。 30匹近く掃討するが、どこから湧いてくるのかは、まだ不明。

 

11時、TBSのニュース23。 今日から登場のメインキャスター・小川彩佳。 30分間見るが、なかなかのもので、イイネ!を押せる。 日テレの有働由美との違いが鮮明になる。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:40
-, -, - -
高田馬場で一水会のフォーラム

4月16日(火) 朝、9時起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温19度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

明日取り次ぎに見本を持ってゆく、『客室乗務員本』の最終委託部数確認。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、鶏肉入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 広瀬すずがまぶしい。 

 

『客室乗務員本』の著者が、全力で書店営業活動を行ってくれており頻繁に連絡を取りあう。 とくに大学生協を対象にして販売促進をかけてくれているので、本当に感謝!

 

『反ファッショ愛国』本の原稿を、校正しながら読み進める。 5時半まで集中して行い、事務所を退出。 6時半から、高田馬場駅前の会議室で行われる、民族派組織・一水会主催のフォーラムに行く。 

 

講師は「インサイダー」の主宰者・高野孟さんで、テーマは「平成の30年を振り返り令和の課題を考える」。 平成の30年、最悪の首相・安倍晋三の政策を徹底批判。 竹中平蔵と同じく、対米従属で国益を毀損している。 

 

『反ファッショ』の著者・山口祐二郎さんは主催者側の一人で、冒頭で活動報告。 一水会の代表・木村三浩さんは、ロシアのクリミアに出張中で、会えず残念。 講演終了後、高野さんに、遅れに遅れている『元祖・世界地図の読み方』の原稿を渡す。 夏前に爛皀淵豹圭“2点同時発売の予定。

 

地下鉄東西線で、三鷹駅。 駅で惣菜を買いタクシーに乗り10時に帰宅。 最終バスが終わっていることに気付かず、予期せぬ出費。 テレ朝、報道ステーションを見ながら、ほんとうに美味いコロッケと惣菜でサントリーのプレミアムロング一缶とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯で、遅い夕食。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 北海道が舞台だけに、宇梶剛士が出演。 〜「ダークサイトヒストリー」。 ヒットラー・ナチスの犯罪を暴く番組だが、濃い内容。 ユダヤ人600万人のホロコーストは経済的略奪殺人との鋭い指摘。 アウシュビッツ=ビルケナウに強制収容され虐殺されたユダヤ人から、行の列車乗車賃を取っていたとは、初めて知った。

 

ストレッチをして、トイレのタイミングを計り、3時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:27
-, -, - -
朝日新聞の社説

4月11日(木)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと“EXVオリーブ油”入り青汁二袋。 昨日とは一変、気温13度抜けるような青空の下、10分遅れのバスで駅。 区間快速で、10時半過ぎに神保町。 

 

今日の朝日新聞の“社説”、「自由な言論 守り続ける覚悟を」で、香山リカさんの京都での講演会が、ネトウヨの妨害で中止になったことなどを踏まえ、「憎悪むき出しのヘイト行為などは健全な言論活動とは言えない。憲法が保障する表現の自由は、個人の尊厳を傷つけないことが前提である」と、他の女性(議員)に対する具体例も挙げしっかりした論説。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昨日書いた、「アイヌ新法」には、重大な問題があり審議の推移を見守りたいが、とくに過去の反省(「北海道旧土人保護法」下での同化主義政策と差別など)がなされていず、先住権(土地権、漁業権)も一顧だにされていない。

 

16日に見本が出来上がる、『客室乗務員本』の取り次ぎ搬入の段取り。 10連休前に、書店店頭に並べるための連絡調整。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、風が冷たい気温11度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

筋トレワンセット。 髭を剃り整髪して風呂に入り、7時半に夕食。 にぎり寿司ときつね寿司+カボチャ煮を岩海苔スープで、頂く。 アルコールなし。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 桜田五輪担当相辞任詳報。 自民党と安倍内閣の政治的劣化を象徴する事件。

 

「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:43
-, -, - -
NHKニュース7 臨月

3月18日(月)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温9度の晴天下、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 

 

週明けの事務作業に、メールのチェック。 とくに友人登録しているツイッターとフェイスブックの閲覧に時間がかかる。 ニュージーランドのヘイトクライムに対する反応。 ホロコーストはなかったという高須克弥は、サイモンビーゼンタールが今一度キチット、糾弾すべき。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。  NHKの国会中継を見る。 参議院予算委員会で山本太郎議員が、北方領土問題の進捗具合を質問する中で、矢部宏治氏の『知ってはいけない2』(講談社現代新書)に依拠しながら、日米安保条約と地位協定の裏に隠された、密約について安倍総理を追及するが、もう少し噛み砕いて、自分の言葉で分かり易く追い込めばと思う。 時間切れで答弁はなかったが、多分ニュースでは取り上げられないだろう。

 

午睡30分。 『客室乗務員』本の編集者、Kさんが見えられて、最終確認。 今月末か4月の初めには印刷開始となりそう。  5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温13度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

筋トレワンセット。 5割引きの、カツオとヒラメの板刺しと人参と牛蒡の炒め物、鶏胸肉のから揚げで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

NHKニュース7。 敢えて書かなかったが、メインの鈴木奈穂子キャスターのお腹の膨らみ具合が、臨月! 大丈夫かと思うが、素晴らしい。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」、鶴瓶スペシャル。 日テレの、マリナーズ対巨人戦を少し。 NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から爛リンピックオジサン“が亡くなった話を5分間。 本当に異常で変! そういえば、昼12時のトップニュースは、”ピエール瀧“ だった。

 

テレ朝、報道ステーション〜日テレ、〜TBS、ニュース23。 BS・NHKプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:29
-, -, - -
ニュージーランドのヘイトクライム事件報道

3月17日(日)

 

朝、8時起床。 TBSで、サンデーモーニング。 ニュージーランドのクライストチャーチで起きた、人種差別主義者による銃乱射事件を、キチンとヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)として分析報道。 コメンテーターの一人、青木理さんは、2016年7月の相模原障害者殺傷事件と、根は同じヘイトクライムと指摘。 早く起きて見た甲斐があった。

 

マスクをして、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜を仕入れ、川縁を腕の筋トレをしながら、散歩。 二組ほどバーベキューをしていた。 桜の木の蕾は膨らみ、21日の春分の日に開花しそう。

 

豚まんと酵母パンを淹れたてコーヒーで、昼食。 中央競馬。 WIN5は3勝2敗で敗退。 特別レースも惜敗続きで、マイナス収支で終了。 三連複二頭軸で挑むのだが、一頭は3着以内に来る(しかもほとんど人気薄の馬の方)ので、買う形式に問題があると思う。 今後の課題。

 

風呂にゆっくり浸かり、身体を清め夕食。 牛蒡と人参の炒め物と豚ロース焼きとチキンライスで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

NHKニュースの大相撲が、全て貴景勝中心。 「日本出身力士」を煽る報道で、どう考えても、全勝の横綱・白鵬がメインだろうと思う。 

 

フジ、Mr、サンデー。 ニュージーランドの事件報道。 しかし、テロとしてしか見ていないし、木村太郎氏の「リベンジテロ」の危険性強調には、あ然とする。 今まで見たニュースの中で最低の論評。 チャンエルを替えて、NHKのサンデースポーツ。

 

「オクニョ 運命の女」。 ストレッチをして1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:45
-, -, - -