RSS | ATOM | SEARCH
朝日新聞の「キーマン」表示

10月10日(木)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温20度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

『ネット右翼VS・反差別カウンター』のゲラ読み。 「スカーレット」、昼の部を見ながら、鶏胸肉の唐揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

朝日新聞朝刊国際面、トランプの弾劾調査に関わる記事に、「ウクライナと接触していたキーマンの一人、ソンドランド駐欧州連合大使」との記述。 PC=ポリティカルコレクトネスを尊重するなら、「キーマン」→「キーパースン」と訂正すべき。 

 

午睡30分。 引き続きゲラ読み、半分読んだところで本日打ち止め。 今日は誤植なく安堵する。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温24度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

BS・日テレでCSファイナル、巨人VS阪神戦。 阪神相手に負けるわけがない、巨人の圧勝。 イカ刺しとヒラメで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎各二杯。 焼き飯で夕食を締める。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 トルコによるシリア領内クルド人支配地区攻撃で、民間人30人死亡。 米軍が撤退したことを見計らったように、攻撃。 トランプと、IS(イスラム国)と繋がっているトルコ・エルドアンとの出来レース。 

 

大型台風の影響か、雨が降ってきた。 台風関連ニュースを見て、BSで「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:29
-, -, - -
朝ドラ・「スカーレット」初日

9月30日(月)

 

朝、8時半、暑くて目が覚める。 有機人参ジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。 

 

事務所近くのコンビニで、集英社の堀内社長と遭遇。 今度夕食に誘ってくれるという。 (その後、夕方に日程が決まる)

 

週明けの事務作業とメールのチェック。 昨日岡山で行われた、日本第一党のヘイトデモに対する、カウンター行動の動画を、様々なカウンターのメンバーがアップしている。 10月13日に吉祥寺で予定されている、日本第一党の差別街宣デモも、徹底粉砕! 

 

今日から始まった、NHKの連続テレビ小説「スカーレット」を見る。 相変わらず子役が達者で、上上のスタート。 冷やし中華の大盛りで、昼食。 いつ食べても不味い。

 

新聞三紙を読んで、山口祐二郎さんの『ネット右翼VS・反差別カウンター』(仮題)の原稿読み。 読んでいる途中に、フォトグラファー(爛メラマン“とは言わない)島崎ろでぃーさんから、章扉の写真が数十枚送信されてくる。 金曜日に入稿予定。 100頁、三分の一読んだところで、本日打ち止め。 

 

5時に事務所を退出。直行電車で駅。 明日からの消費税10%を控え、混雑しているパルコフードマーケットで買い物をして、気温27度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は忍者の里・滋賀県甲賀市(爐海Δ“と読む)で、朝ドラの舞台の信楽市の近く。 ゲストは、その新朝ドラ「スカーレット」のヒロイン・戸田恵梨香。 新番組の宣伝も兼ねているが、面白い。

 

ヒラメと3割引きの4点盛りの刺身+豚ロースを焼き、千切りキャベツを添えて、白ワイン二杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割りで、夕食。

 

TBSで、世界陸上。 女子400m予選。 けた違いに強い選手が二人いる。 見たいレースは深夜3時過ぎなので諦め、ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:53
-, -, - -
「差別表現」研修セミナー

9月25日(水)

 

朝、7時半起床。 BSで「なつぞら」早朝の部を見て、豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 顔を洗って「なつぞら」、朝の部。 大泉洋にしらける。 

 

お笑い芸人コンビ・Aマッソが人種差別(黒人差別)ネタを行い、お詫び文を昨夜出したことを知る。 大坂なおみ選手に対して薬局で必要なものはと問いかけ「漂白剤」と返したという典型的な差別表現。 

 

急いでプリントアウトし、バスの中で読み、駅。 特急で新宿に出て、地下鉄丸ノ内線で 研修セミナー会場の四谷三丁目駅。 10時から、研修開始。 

 

大坂なおみ選手に対する差別表現の話を枕に、2時間たっぷり差別語〜差別表現〜ヘイトスピーチについて話す。 参加者は、映画、テレビ、ラジオなどの音声メディア関係者。 熱心に聞いていただいた。

 

地下鉄を乗り継いで、12時45分に事務所。 「なつぞら」昼の部を見ながら、冷やし中華の大盛りで空腹を満たす。 しかしゴムひもを噛んでいるようで味気ない。 

 

有難い直注文一箱梱包して発送。 収品に来た佐川急便の担当者から、千代田区を含め異常な数の依頼品があるという。 10月1日からの消費税アップを前に駆け込み注文が増えている。

 

午睡30分、読書感想文を一つ書いて、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温28度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

NHKで、「ガッテン」。 塩分摂りすぎ注意の、健康管理。 NHK、ニュースウォッチ9。 茨城の一家殺傷事件と行方不明の小1女児。 大型ヒラメの刺身で、白ワイン一本。 自家製キノコ入りスパゲッティ―で、夕食を締める。

 

夜遅く、知人から靖国神社問題で相談を受け、段取り。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:41
-, -, - -
毎日新聞社役員のOさんと遭遇

9月13日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の曇天下、小型バスで駅。 バス内で、毎日新聞社の旧知の役員と出会い、駅まで話し込む。 バス路線が同じで、いつもより遅いバスに乗ったとのことで遭遇。 9時半には、竹橋の本社に出勤しているとのこと。

 

区間快速で、10時半に神保町。 昨日出来上がった研修のレジュメに朱を入れる作業。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 サンスポは一面で、女子ゴルフの渋野選手がアンダーパーラウンドの新記録達成の記事。 スポーツ報知の一面は当然巨人の勝利で、渋野選手の活躍は最終面で大きく取り上げていた。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せ、今日発売の隔月刊雑誌の貴重な競馬記事をコピーさせてもらう。 しばし競馬談義。 三連休の3日間開催とあって、阪神・中山の出走頭数が少ない。 面白みに欠けるレースが多く、売り上げにも影響するだろうと、中央競馬の番組構成に苦言。

 

研修セミナー関連の資料を読み込んで、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、6時半に帰宅。 BS・日テレで巨人vs広島戦。 巨人が余裕の勝利。 

 

NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 刺身3点盛りとカサゴの単品をつまみに、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各二杯。 自家製イカとキノコ入りスパゲッティ―で、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 千葉の台風被害の現状を詳しく報道。 15日に行われる、男女マラソンのオリンピック決定一発勝負。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 ヒロイン・なつ(広瀬すず)の生き別れの妹役・千遥(清原果耶))が登場しそうな雰囲気。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 11:13
-, -, - -
今週の『週刊新潮』

8月29日(木)

 

朝、9時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温31度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、12時前に神保町。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 朝日新聞の社説、警察によるヤジ排除を容認する「文科相発言」を批判。 一方で、ヘイトデモは警察が守ってくれる。 「96年前の虐殺 追悼拒む都知事の誤り」は、小池都知事の差別的本性が表れている。

 

事務所内の片づけで、資源ゴミ4袋作り汗をかく。 かなり室内がスッキリした。 今日届いた『週刊新潮』に、詐欺師のなべおさみが、白血病と闘っている池江璃花子選手に牘簗深N“をしているとの記事。 誰が紹介したのか知らないが、即刻関係を断つべき。 被差別を騙るなべおさみは、根っからのカルトいかさま師。 今週の『週刊新潮』は読ませる記事が多い。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、朝と同じ気温31度、バスに乗り6時半に帰宅。 日テレで、巨人vs広島戦。 3回に丸の満塁ホームランでとどめを刺す。 NHKに切り替えて、名前の番組。

 

29日(肉の日)で2割引きの、岡山県産和牛の肩ロース(初めて買って食べたが美味)、ヒラメの刺し身で白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り各二杯で、夕食。 

 

台所の小窓からけたたましい鳥の鳴き声が消えたと思ったら、8時過ぎから虫の音が喧しい。 ほとんど秋気配だが、うるさくはない。 住居を移って初めての夏。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 韓国の文大統領の側近のスキャンダルを大きく報道。 韓国は側近だが、日本の森友・加計事件は首相そのもの犯罪。その点では韓国に勝っている。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:54
-, -, - -
『少年チャンピオン』(秋田書店)創刊50周年記念号

7月17日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しくいい気候で、トイレにも起きず熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて晴天下、500M歩いて昔のバス停で、10分待って満員の車内に乗り込み、駅。 

 

駅近くのパチスロ屋に、台の入れ替えか、200人を超える長蛇の列。 若い人の姿が目立つが、平日の朝からパチンコとは驚く。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半前に神保町。 

 

高野孟さんの原稿読み。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 相模原障害者殺傷事件から3年を前にして、朝日新聞が連載記事を開始。 決して風化させてはならない、戦後最悪のヘイトクライム事件。

 

『少年チャンピオン』の創刊50周年記念号が届く。 冒頭に1979年の“ドカベン”2週分を再掲。 最初のカラーページを読んで、すぐ全編を思い出した。 

 

ワンアウト満塁で、微笑みのスクイズがピッチャーフライとなり、三塁ランナー岩鬼はホームに突っ込でしまい、1塁ランナーのドカベンが飛び出しており、ピッチャー不知火が1塁に転送して、ダブルプレーとなったが、スコアーボードに1点入ったコマで終わった、超有名なシーン。 

 

その日の居酒屋ではどこもかしこもこの1点をめぐって喧々諤々の議論が行われていた、懐かしい伝説の一話。(その後甲子園で実際に同じようなプレーが起こった) 

 

引き続き、原稿読みを精力的に行う。 途中休憩して、書棚の断捨離。 本を捨てるのは重くて大変。 古本屋に引き取ってもらいたい。 5時まで読み進めて、本日打ち止め。 

 

直行電車で駅。 買い物をせず、気温28度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 筋トレ、ワンセット。 昨日もそうだったが、プロ野球の巨人戦の中継がない。 ほんとうに異常で、日テレ(地上波かBSで)は中継しろと本気で思う。 

 

生ワカメ、鯵の南蛮漬け、高級豆腐で冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 厚焼き玉子入り、自家製冷やし中華で夕食を締める。

 

転寝30分。 目覚めると、窓外の天空に少し赤みのかかった、満月。 いい眺めで、中秋の名月! 明日の晴天を願う。 NHKニュース。 直木賞と芥川賞の発表と、新井賞(書店員・新井見枝香さん)を同格で報道。 面白い!

 

テレ朝、報道ステーション。 動悸不可解なな事件が続発。 後藤謙次はいらない。 BS・NHKで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:49
-, -, - -
朝日新聞誤報の続報

7月10日(水)

 

朝、8時半起床。 涼しい! 熟睡。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。  NHKで、朝から自民党の、安倍総裁と三原じゅん子の、参議院選政見放送。 気分を害する。 

 

晴天下、500M歩いて以前のバス停から、駅。  ホームで電車を待っていると、前にいた60歳過ぎと思しき女性が、大きなタブレット画面でケントギルバードなどが出ている、DHCのネトウヨ番組を熱心に見ていた。 おぞましい風景。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

山口祐二郎さんの、追加原稿の校正を忘れていたので行う。 内容は、「ミャンマーのイスラム系少数民族・ロヒンギャとの交流」。 山口さんが生まれ育った群馬県舘林市にロヒンギャ難民が集中して住んでいる。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 朝日新聞朝刊の一面トップは、「ハンセン病家族訴訟 控訴せず」の見出し。その下に「誤った記事 おわびします」。 そして2面で「本社記事 誤った経緯説明します」、との政治部長の結構長い反省文。 

 

嵌められたとは口が裂けても言えないだろうが、口惜しさは分かる。 昨日深夜、朝日の記事を受けて、早朝に“断念”の首相声明を出し、朝日に大恥をかかせることに成功し、なおかつ参議院選挙を意識しての方針転換で支持率を上げるという、一石二鳥の狡猾な政治戦略。

 

2回目の断捨離。 1時間半かけて、ポリ袋二袋分。 とにかく雑誌や資料は重い! 明日から2回目の校正読みを始める、高野孟さんの『21世紀 世界地図の読み方』(仮題)の直し原稿をプリントアウトし、本日打ち止め。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温23度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 断捨離の大汗を風呂で流し、BS・朝日で巨人vs阪神戦。 1回表、丸の特大先制ホームランで、勝負あり。 リーグ優勝は間違いないが、クライマックスというわけのわからん、敗者復活戦はいらない。 

 

ヒラメの刺身と生ワカメ、豚ロースを焼き千切りキャベツを添えて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯で夕食。 日テレで、「今夜くらべてみました」沖縄女性特集。 仲間由紀恵がメインだが、後4人も濃い琉球人。 メチャクチャ面白いし、政治色はなかったたものの、沖縄のエネルギーを感じた。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:14
-, -, - -
吹田市千里山交番襲撃事件報道批判

6月18日(火)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

高野孟さんの『元祖 世界地図の読み方』(仮題)の一回目の校正原稿読みを終える。 A4版、50枚程度縮めないと、モナド新書にならないという。 2回目の校正読みはキツイ作業になりそう。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。  吹田市の千里山交番襲撃事件の報道を点検。 スポーツ新聞2紙も朝日新聞も、逮捕された容疑者が精神障害保健福祉手帳(2級)を持つていたと報道し、「社会のせいで症状が重くなっている」などと述べていたと、全く同じ記事を載せている。 昨日も書いたが精神障害手帳を保持していたことと犯罪を結び付けて報道する必要はない。 

 

昨年の刑法犯で検挙された人の内、精神障害者の割合は、1・8%に過ぎない。 母数を換算すると比率はもっと下がる。(精神科医の香山リカさん) 仮に飯森容疑者が歯医者や耳鼻咽喉科、内科の診察券を持っていたとしても、それを事件と関連づけて報道すべきではない。 

 

なぜ精神障害手帳を持っていたらそれをわざわざ事件と関連づけて報道するのか。 ここに社会意識としての差別観念に、無意識にとらわれているマスコミの姿がある。 それが精神障害者に対する社会的差別意識を助長することになる。

 

3時に、明治大学・森達也教官のセミの学生さんたちが、部落差別などの話を聞きに来る。 昨年から続いていて、今回で4回目。 5時まで話と意見交換。 真面目で熱心な学生さんたち。

 

5時半に水道橋の東京ドームで、孫娘と待ち合わせして、コンビニで食料と氷を仕入れ、6時から、セパ交流戦、巨人vsオリックス戦。 空いたペットボトルに焼酎とウウィスキー詰め(つまりハイボール用)、炭酸水2本持ち込んでいざ観戦。  接戦だったがなかなかいい試合内容で、1点差巨人逃げ切り。 孫娘は1回裏の丸の先制ツーランホームランに、狂喜乱舞!

 

三田線から神保町で乗り換えて、鈍行〜特急で駅。 タクシーワンメーターで、11時に帰宅。 テレビはすべてのチャンネルが地震報道。

 

15分遅れで、BSプレミアム、「なつぞら」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:21
-, -, - -
スポーツ報知の結婚スクープ

6月5日(水)

 

朝、8時15分起床。 夜中、トイレ一回で睡眠確保。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の曇天下、バスで駅。 区間快速で10時に神保町。

 

頭が冴えている午前中に、高野孟さんの『元祖 世界地図の読み方』(仮題)の原稿校正読み。 地図を見ながら世界情勢を分析・解説するというスタイル。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読むが、今日のビック紙面は、スポーツ報知のスクープ・南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚報道。 サンスポも朝日も一行も報じていない。 爽やかなカップルの誕生だが、ぶっちぎりの特ダネ。 スポーツ報知は芸能に強いのかと思う。

 

いつものことだが、昼食を食べた後、身体がだるくなり眠気に襲われる。 午睡30分。 頭のモヤモヤを振り払って、原稿読みに没頭。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物。 

 

広島風お好み焼きが、特設ブースで今日から1週間販売しているという。 バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 広島風お好み焼きと豚ロースをから揚げにして、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 広島風お好み焼きに、以前買った瓶の爛ープソース“をかけて、美味!

 

CS・グリーンチャンネルで、南関東公営競馬の祭典、大井の東京ダービー。 1着・2着フォメーションで勝負。 的中するも、3馬人気〜1番人気〜2番人気で万馬券にならず、夕食分を稼いだだけ。 BS朝日で、巨人vs楽天戦。 盛り上がりに欠けて敗戦。 

 

テレ朝、報道ステーション。 福岡の老人暴走事故の詳報。 後藤謙次はいらない。 BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:05
-, -, - -
川崎市登戸の殺傷事件から一週間

6月4日(火)

 

朝、8時半起床。 明け方4時(すでに薄明るく小鳥のさえずりが喧しい)にトイレに起き、窓全開にして二度寝し、体調良し。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温すでに26度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間快速で、10時半前に神保町。

 

川崎市登戸の殺傷事件に関わって、ダウンタウンの松本人志が、「人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品って何万個に1個、絶対に(生まれる)」との暴言をワイドショーの中で吐いたという。 ナチスの優生思想に繋がる差別発言と言ってよい。 きちっと社会的に糾弾する必要がある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、自家製鶏のから揚げ入り野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 「なつぞら」は、東京編に舞台が変わって、ヒロイン・広瀬すずの衣装とヘァースタイルが抜群に良い。 

 

午睡30分。 『ニューズウィーク』日本版の、「百田尚樹現象」を読む。 中途半端で、百田の差別性が掘り下げられていない。 高野孟さんの『元祖・世界地図の読み方』(仮題)の編集したラフ原稿を読み始める。 相当削らないとモナド新書として出版できないが、世界の政治・経済状況が刻一刻と変化する激動の時代だけに、夏までに出版しないと原稿が古くなる。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 駅上にあるデパートで、3500円の麦わら帽子を買う。 神田三省堂本店入り口横の民芸品売り場に良い麦わら帽子があると、高野孟さんがインサイダーに書いてあったので見に行ったが、安くて1万円、手が出なかった。

 

成城石井で買い物をして、気温24度、バスの乗り7時に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 イクラの和え物と1割引きのカツオの棒刺しを切って、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 アンチョビ入りのスパゲッティ―で夕食を締める。

 

BSテレ朝で、プロ野球交流戦、巨人vs楽天。 かろうじて勝利。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 プレミアムを一つ的中させまずまずの直観力。 TBS,ニュース23. 登戸の事件現場の献花台には手を合わせる人が絶えない。 先週の土曜日に行った時より多いような気がする。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:38
-, -, - -