RSS | ATOM | SEARCH
川崎でヘイト街宣カウンター行動

8月14日(水)

 

朝、9時半起床。 トイレにも起きず、ほとんど夢も見ず、8時間熟睡。 ジョギングなど身体を動かしたおかげ。 コンビニで買っていたパン二個を淹れたてコーヒーで、ブランチ。

 

気温30度、小型バスで駅〜京王稲田〜歩いて南武線の稲田駅から川崎駅。 1時過ぎに着いて、日本第一党が行うヘイト街宣カウンター行動に参加。  牴い改めない“レイシスト20人弱に対し、総勢300人を超えるカウンターメンバーの徹底した大音量行動で、日本第一党のヘイト演説を無化する。 

 

元狠冒“のメンバーをはじめカウンターの若い人たちの行動は迫力がある。 柵を飛び越え突進したMさんと、『愛国という名の亡国』(河出新書)著者・安田浩一さんと立ち話。 カウンターのメンバーに、ヘイト連中の名前を教えてもらう。 W、K、そして本命のOについて認知。 街中で見つけた時は、優しく猴,”予定で、ロックオン。

 

3時半まで、ヘイト街宣粉砕の大音量カウンター行動。 警察に守られ狃乎腸執“するヘイト集団に罵声を浴びせ、南武線。 乗った時、川崎は晴れていたが、武蔵小杉駅近くでは豪雨。 しかし、稲田駅では晴れて、狐の嫁入り状態。 

 

パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り、気温34度、5時過ぎに帰宅。 自宅周辺は大雨が降ったとのことだが、晴れで彼方には入道雲。 

 

シャワーで大汗を流し、冷えた白ワインで水分とアルコール補給。 ヒラメの刺身とオクラ、自家製ミートソースで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り二杯で、夕食を締める。 今日も窓外に、明日満月を迎える月が、夕食に彩りを添える。 

 

転寝1時間。 テレ朝、報道ステーション。 台風情報。 明日の甲子園は順延となり、新幹線も小倉〜新大阪間が運休だという。

 

BS・プレミアムで、本日初見の「なつぞら」夜の部を、しっかり見て、ストレッチ。 だらだらお笑い番組を眺めて、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:52
-, -, - -
天皇制は部落差別の原因ではない!

7月30日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温32度、小型バスで駅。 バス停でキャリーバックを引いた、80歳ぐらいと思しきお婆さんが時刻表をのぞき込み、振り返って,“今日は何曜日ですか”と尋ねられる。 火曜日です、と答えたが、あまり経験したことのない問いかけ。 お婆さんには、毎日が休日なのだろう。

 

区間快速で、10時半に神保町。 娘の応援を得て、月末の支払いなど会計処理。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷やし焼豚つけ麺」で昼食。 まずまずの味。

 

『政治文化情報』誌(第四百五号)で、発行人の四宮正貴さんが、「天皇制は部落差別の原因ではない」との小論を展開している。

 

 “「一君萬民」の國體精神こそ身分差別などの「旧来の陋習」解消の原基である”とし、“徳川幕藩体制下の時代こそ部落差別が制度的に強固に確立されたのである”と強調。 小社発行の、『部落差別の謎を解く』(川元祥一著)も引用しながら、なかなかの論を展開しており傾聴に値する。 

 

松本治一郎の、「貴族あれば賤族あり」のスローガンが独り歩きして、身分差別と天皇制に対する認識不足があると指摘。  昨年亡くなった、解放同盟の元中央副委員長・松本龍さんの遺族が、「叙従三位、旭日大綬章追贈を拝受」している事実、そして先の参議院選挙に立憲民主党から立候補した、徳川家の末裔・徳川家広氏に対して無反応で、松本治一郎が1927年(昭和2年)、徳川家達公爵爵位返上勧告闘争で「徳川公爵暗殺未遂」の罪により実刑判決を受け下獄したことについて皮肉を込めて記している。 なかなか面白い指摘と論を展開している。

 

取り次ぎ書店からの依頼で、来年度の常備寄託の段取りなど。 10月以降になるため、消費税10%でセット金額を表記しなければならないことなど、ややこしい。   

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温32度、バスに乗り6時半に帰宅。 自家製鯖の南蛮漬けと今日が最終日の広島風お好み焼きを食しながら、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各二杯の、夕食。

 

BS・日テレで、巨人VS広島戦。 圧勝と思いきや8回にスリーランを喰らうも、逃げ切り、原監督1000勝達成。 広島風お好み焼きは秀逸!

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率ほぼ100%ながら、プレミアム鑑定は惜敗。 平場の鑑定では、本物と見分け鑑定額の的中もあった。

 

NHKの7時のニュースも報じていた稀代の競走馬・ディープインパクトの死を、テレ朝・報道ステーションは冒頭から長く惜しむ映像を流しその死を悼んだ。 本当に記録と記憶に残る名馬。

 

BS・プレミアムで「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:18
-, -, - -
解放同盟広島県連大会運動方針

7月26日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 すでに気温32度、真っ青な夏空の下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

気温23度に設定したエアコン最強で、事務所内を冷やす。 銀行に行くため外に出たが、体感気温は35度超え!。

 

解放新聞広島県版に載っている、明後日28日に開かれる、県連大会の運動方針書を読む。 「差別糾弾闘争について」では、「悪質な差別事件が発生する背景には新自由主義がもたらす格差社会のなかで深刻化する人間疎外・自己疎外状況」があることを指摘している。 自己承認要求が無視されることでもあり、これは京都アニメ製作所放火殺人事件や川崎で起きた児童殺傷事件の社会的背景でもある。 

 

「共同闘争について」では、「差別排外主義者『在特会』によるヘイトスピーチ・ヘイトクライムに対するカウンター行動を組織的に取り組むとともに『ヘイトスピーチ解消法』に罰則規定を盛り込ませる闘いを進めます」とある。 いいね!

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 スポーツ新聞二紙が、昨日の大船渡高校の件を大きく取り上げ議論しているが、やはりエース佐々木を投げさせなかったことに対する批判が多い。 佐々木自身は投げたかったという。 監督は佐々木のことを思ってのことだというが、それではナインは納得しないだろう。 大船渡高校には朝から抗議電話が鳴りっぱなしだという。 

 

溜まっていた雑誌と新聞切り抜き+プリントアウトした記事を読み、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットと、奥にある全品10%引きの北野エースで買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

NHK、首都圏ニュースが今日で3年目を迎える、相模原障害者殺傷事件について、献花が絶えない狡典廾罎笋泙罎蟇“からの中継を中心に時間をかけて報道。 7時・9時の全国ニュースも同じ。

 

秀逸のヒラメの板と広島風お好み焼きをつまみに、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎、各一杯で夕食。   BS・NHKで巨人vs阪神戦と、NHKの「チコちゃんに怒られる」。 巨人・菅野が心配。

 

テレ朝、報道ステーション。 コメンテーターを何とかしろと思う。  BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:14
-, -, - -
フランスのヘイト投稿規制法

7月11日(木)

 

朝、9時起床。 涼しいのでよく寝られる。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 曇天下、500M歩いてバス停〜駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

高野孟さんの『21世紀 世界地図の読み方』(仮題)の、2回目の原稿読み開始。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

朝日新聞朝刊国際面に、「仏、ヘイト投稿規制法成立へ」という大きな見出し。 FBやユーチューブなど、ネット上のヘイト投稿規制法案で、IT企業が削除しなければ、罰則規定もある画期的な内容。 ニュージーランド・クライストチャーチでの銃乱射事件が法成立の背景にある。 

 

「フランスでも、テロだけでなく、ユダヤ人やイスラム教徒への差別発言や少数民族ロマ人への襲撃などが相次いでおり、今回の法案はこうした行為の芽を摘む狙いだ」という。 日本も早急に見習うべし。 とくにツイッター社・日本法人のヘイト投稿に対する対応は悪質。

 

引き続き5時まで精力的に原稿を読み進めて校正し、本日打ち止め。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温23度、小型バスに乗り、階下のおば様と一緒に、6時半に帰宅。  筋トレ、ワンセット。

 

ヒラメの刺身と生ワカメ+カマスの開きを焼き、大根おろしを添えて、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割り、各一杯で夕食。ホタルイカのスパゲッティ―ナポリタンで、夕食を締める。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 語るべき内容なし。 Eテレで、「哲学者に人生相談」。 ヘーゲル哲学の弁証法を基に番組構成。 意欲は良いが内容が追い付いていない。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:58
-, -, - -
中日の応援歌、「サウスポー」自粛

7月2日(火)

 

朝、9時起床。 涼しくて、冷房なしで熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、蒸せるような異常に湿度の高い、気温25度、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。 ドアtoドアで40分。 

 

角岡伸彦さんの原稿読み。 「なつぞら」、昼の部。 ヒロイン・なつの生き別れていた妹・千遥役・清原果耶がいい。 ドラマチックな展開。

 

午睡なしで、原稿を読み進め、3時過ぎに読み終える。 上原善広批判は圧巻で、差別・売文業の似非ノンフィクション作家にとどめを刺す内容。 タイトルは、今のところ『ノンフィクションに騙されるな』だが、著者と意見交換しながら決定したい。 

 

プロ野球・中日の応援歌「サウスポー」の歌詞にある、「お前が打たなきゃ誰が打つ」の、「お前」が不適当だとする、与田監督の意見を尊重し当面自粛するという。 チーム内の選手から疑問の声が上がったのだが、確かに子供を含む年下のファンから、「お前」と言われたくないという、選手の気持ちは尊重すべきだろう。  しかし、この問題は差別表現に関係するのではなく、社会的不快感と嫌悪感、つまり不快語の問題として論ずるべきで、「言葉狩り」という表現は的が外れている。

 

補正下着、「KIMONO」のネーミング、安倍首相の大阪城エレベーター設置失敗発言など、世間は差別問題に敏感になっている。 SNSですぐに思いを発信できることが、根底にある。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せ、先週の1億円配当・WIN5をまたしても4勝1敗で逃したという。 確かに単勝14番人気の8歳馬を、別定斤量59kでは買えない。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 スーパーに寄らずに、バスに乗り、気温26度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。BS・日テレで、巨人vs中日戦。 巨人のエース・菅野が復活し、今季初完封勝利。 ピッチングの水野とバッティングの元木、二人のコーチが画面に映り、思わず笑う。 巨人も変わった。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 安藤緑山の象牙彫刻。 出品を見たとき、裏庭で取った柿がなぜそこにあるのか、テレビ画面を通しても理解できなかった。 すごいと思い300万円の値を付けるも、350万で惜敗。 最後のプレミアム・東山魁夷のスケッチを偽物と判断し、5000円と値付けするも400万円で、完敗。

 

テレ朝、報道ステーション。 西日本の大雨情報。 日テレ〜TBSもニュース内容は同じ。 「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。 雨は降っていないが、蒸し暑い。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:09
-, -, - -
川崎市のヘイトスピーチ禁止条例

6月25日(火)

 

朝、8時半起床。 ほぼ熟睡。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温24度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、10時半に神保町。

 

ネット上で、川崎市のヘイトスピーチを含む差別禁止条例について好意的な意見が溢れている。 とくに行政罰ではなく刑事罰で、常習者に罰金上限50万円を科す内容が評価されている。 今年も二回カウンターを行った川崎市駅前での、排外主義団体・日本第一党の差別街宣はこの条例を阻止することに目的があった。 川崎市はヘイトスピーチと闘う最前線。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 持ち込み原稿の素読み。 やはり出版は難しいとの思いを強くする。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが顔を見せる。 なんと先週のWIN5をまたしても4勝1敗で逃したのだが、第2レースの14番人気馬は買っていたとのことで、明るく振舞っていたが、1200万円馬券を取り逃がした口惜しさがにじみ出ていた。 

 

買った理由は、スポーツ報知の注目馬で、WIN5予想でも推奨していたからだという。 孫と遊ぶことに気を取られ、まったく見ていなかったので帰って確認する。(確認したところ、スポーツ報知は一押しの注目馬で、かつサンスポZUBTも推奨していたことが判明。 狙うべき穴馬だった)

 

5時まで草稿を読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温24度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。

 

5割引きの高級刺身の盛り合わせと茹でた枝豆+すき焼きで、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯で、夕食。 転寝の後、 テレ東で、「開運! なんでも鑑定団」。 直感冴えずプレミアム鑑定は空振り。

 

テレ朝、報道ステーション〜NHKで、「プロフェッショナル・仕事の流儀」。 腰痛を治す名医。 今のところ足指指圧で何とかしのいでいるが、この名医はすごい。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 テレ東で、「鶴瓶のチマタの噺」。 ゲストはリリー・フランキーで思いっきり笑う。  ストレッチをして、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:13
-, -, - -
川崎市のヘイトスピーチ禁止条例ニュース

6月24日(月)

 

朝、地震で起こされる。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 小雨降る中、肌寒い気温19度、小型バスに乗り駅。 区間快速で、11時に神保町。 

 

千代田区で震度4というニュースが気になっていたが、事務所内は何事もなく平穏。(東日本大震災の時は本棚からすべての本が床に落ちて大変だった)週明けの事務作業とメールの点検。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 ネット上で、昨日の沖縄慰霊祭での安倍首相へのヤジがすごかったことを知る。 傲岸不遜、厚顔無恥!

 

大学教授の読者から送られてきた、草稿を読み始める。 出版してほしいとの持ち込み原稿だが、難しい気がする。 5時まで読んで、事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温22度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 

 

NHKの首都圏ニュースがいい! 川崎市のヘイトスピーチ禁止条例の意義を時間をかけて解説。 締めは師岡康子さんのインタビューで、いうことなし。 東京大空襲の新たな歴史資料が見つかったニュースも、締めは早乙女勝元さんで、よく分かっている。

 

7時や9時のニュースと大違い。 ヒラメの板刺しと鯖の南蛮漬けで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 自家製チャーハンで夕食を締める。

 

引き続きNHKで、ファミリーヒストリー。 ゲストは賀来千香子。 先祖は大分で、父親は2代続く三菱銀行マン。 芸能界入りに対する母親の怒りに、芸能人=賤民差別を見る。 いい番組。 

 

7時過ぎの、熱海での震度4の地震を通常番組を中止して大げさに報道。 危機感と不安感を煽ることの政治的意味を問いたい。(民放各社は通常番組)

 

9時50分のニュースで再び、川崎市のヘイトスピーチ禁止条例報道。 罰則規定のある現時点で最高の条例。 ニュースウォッチ9。 なんと冒頭から、7時過ぎの地震のニュース。 今日2度の震度4の地震が、関東大地震の前触れなら、それとしてしっかり報道すべきで、いたずらに不安を煽るべきではない。

 

NHK、「ノーナレ」で、ベトナム人技能実習生の、奴隷労働の実態告発。 有田芳生議員の国会追及の映像もあり、秀逸の番組。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
朝日新聞夕刊の「ジプシー」表現

6月19日(水)

 

朝、9時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

メールを点検して、「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 震度6強の地震で、けが人は出たが死者がいなかったことに、日ごろからの地震に備えた心構えを知る。

 

朝刊新聞3紙と昨日の朝日の夕刊を読む。 朝日新聞夕刊「朝日カルチャー」面の紹介記事に、「ジプシー音楽 演奏とお話で」の見出し文句。 差別表現ではないが、ここで差別語「ジプシー」を使う合理性と必然性はない。 「ロマ」と表記すべきだろう。 

 

例えばの話、「被差別部落の文化を語る」という見出しを、「穢多の文化を語る」と記すようなもので、この場にふさわしい表記ではない。 日本に「ヂプシー」の一行が初めて連れてこられた時、「西洋の穢多」舶来(京都日出新聞)と見出しに書かれたことを忘れてはならない。 その朝日夕刊の社会面では、関西テレビでの岩井志麻子の韓国人に対する差別発言問題を大きく取り上げているが、まずは足元を見よといいたい。

 

溜まっていた雑誌を読んでいると、次期参議院選に立憲民主党から立候補する、弓立社の社長で元NHKの敏腕記者・小俣一平さんが突然の訪問。 選挙運動の大変さと事務所の混乱を面白おかしく聞く。 選挙のポスティング用チラシを明日もらうことにして、祈・当選。 

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温27度、バスに乗り6時半に帰宅。 NHKの、「ガッテン」で、「オレオレ詐欺」に注意。 電話を直接聞くのと留守電との違いに、納得!

 

2割引きの刺身盛り合わせと、定価のヒラメ、氷解したウニとイクラ+鶏胸肉をから揚げにして、冷酒と白ワイン、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割りで、夕食。 

 

NHKのニュースが、川崎市が行政罰則規定を盛り込んだヘイトスピーチ規制条例を制定するとの報道。 理念法のヘイトスピーチ解消法を、実効あるものにする画期的な条例になる。

 

巨人vsオリックス戦を、8回裏ノーアウト1・2塁から。 4対3の1点ビハインド。 三者連続三振。 9回裏もツーアウト1・2塁で丸。レフトフライでジ・エンド。 昨日でなかってよかった。

 

「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:29
-, -, - -
差別者・長谷川豊を徹底糾弾

6月14日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度、蒸し暑い晴天下、バスで駅。(1年ぶりに整備された以前の停留所に戻る) 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 40分の快速到着。

 

高野孟さんの原稿校正読み。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昼のニュースで、大リーグの大谷がサイクルヒットを達成したことを知る。 打者としても、本当にすごい!

 

目薬を買いに神保町交差点を歩くが、異常な蒸し暑さに閉口。 クーラー強めにして、ウェブ連載「差別表現」の原稿を完成させ、アップする。 題は、長谷川豊糾弾の第二弾。 嘘を平気でついても、なんら恥じるとこがないばかりか、あまりの反知性主義的言動にうんざりするが、徹底糾弾しかない。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、 気温23度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 BSテレ東で、巨人vs日本ハム戦。 吉田輝星が先発でなくホッとするが、この3連戦でも投げないでもらいたい。

 

スーパーで買った惣菜と鯵の南蛮漬けなどで、冷酒2杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。 NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 巨人、7回裏に逆転されるも、9回表1点差に詰め寄ったものの、力尽きる。

 

フジTVで、なでしこジャパンVSスコットランド戦。 アルゼンチン戦とは打って変わって積極的な攻め。 前半岩渕の見事なミドルシュートが決まる。 PKもあり2点先取。 後半終了間際1点入れられるも逃げ切り、勝ち点3で予選通過にめどが立った。

 

遅いスポーツニュースを見て、ストレッチ、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:07
-, -, - -
差別者・長谷川豊の居直りブログの追記

6月13日(木)

 

朝、8時半起床。 青汁のみ二袋。 シャワーを浴びて、気温23度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間快速で10時半前に神保町。 

 

長谷川豊の居直りブログの批判文を書いていて、 昨日追加ブログ(6月11日付)があることを知る。 読んで見て驚く。 切り取り、編集された動画ではなく、そのまま生の動画だとして、1月に千葉で行った講演動画をアップしている。 問題となった部落差別講演動画は2月末に東京都内で行われた、選挙応援講演動画(切り取りも編集もされていない)。 なんで、千葉の講演動画をアップして、差別発言をしていない反証になるのか理解に苦しむが、反知性主義的脳内経路では、それでいいのだろう。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ報知が、昨日プロ初先発初勝利を挙げた、日ハムの吉田輝星投手を大きく取り上げている。 投球数84の内8割を、キレのある直球で勝負していた。 何せ、セリーグトップの広島相手に勝ち星を挙げたのだから大したものだ。次も応援したいが、巨人戦では投げないでほしいと、強く願う。

 

ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 『週刊金曜日』先週号に載せた、長谷川豊糾弾文が、今日13日のヤフーニュースの項目に入っていてビックリ。 仕組みはよくわからないが、批判第二弾に弾みがつく。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温24度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 BS朝日で、巨人vs西武戦。 ヒラメのと刺身生ワカメをつまみに、井筒屋の白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 自家製富士宮焼きそばで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 安倍総理のイラン訪問を冒頭から大きく取り上げているが、外交やってる感の演出に過ぎない。 ホルムズ海峡で日本関係の船が襲われるし、トランプ・アメリカはイラン経済制裁強化を発表するし、イランの最高指導者ハメネイ師は、アメリカ・トランプを一切信用しないと断言するし、安倍は何しにイランへ行ったのか。 はっきり言えることは、イランことをするなと言うこと。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:56
-, -, - -