RSS | ATOM | SEARCH
男組・高橋直輝組長出所祝い

4月25日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度の晴天下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時45分に神保町。 

 

注文と返品の処理をして、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 「ひょっこ」昼の部。

 

1時きっかりに、6月末出版予定の著者と、95%出来上がっている原稿を前に、内容検討。 書名について、長時間意見交換。 サブタイトルはいくつも思い浮かぶが、メインタイトルについては、いろいろ意見は出るものの決定に至らず。 最終的な日程の打ち合わせを行って、4時半過ぎ、羽田に向かう著者を見送る。

 

7時に、新宿で行われる、反差別カウンター集団、狠冒”の高橋直輝組長の出所祝いに駆け付ける。 沖縄・高江のヘリパット建設阻止闘争で、本当に軽い微罪で、不当にも199日勾留され、先週末やっと保釈が認められ、今日東京に戻って来て、急きょ設けられた祝いの宴。 

 

大人数が集まり、組長の獄中闘争をねぎらう。 二次会で、高橋組長が熱く、沖縄の構造的差別を語る。 組長をホテルに送って、2時前に帰宅。 

 

帰宅方向が一緒の、組員と自宅で大吟醸。 以後記憶なし!

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 12:31
-, -, - -
新宿・ヘイトデモ・カウンター行動

4月23日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 有機パンを焼いてコーヒーで、昼食。

 

1時前に、新宿。 拉致被害者を騙ったヘイトデモに対する、カウンター行動。 30人余りの、グロテスクなヘイトデモに対し、200人近いカウンターで圧倒する。 

 

警察の警備は、以前より少しマシ。 有田芳生議員が、横田めぐみさんのご両親は、拉致問題を利用したヘイトデモを容認せず、迷惑だと語っていることを、拡声器で強調。

 

4時に、カウンター行動を終えて、反差別集団“男組”の若いメンバー二人と、新宿の居酒屋。 勢いついて居酒屋をハシゴし、最後はゴールデン街。 なじみの店は日曜日なので、みな休み。 しかし、欧米系外国人の観光客で大賑わい。

 

以後記憶なし。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:44
-, -, - -
男組・高橋直輝組長釈放!

4月21日(金)

 

朝、9時15分起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時半に神保町。

 

メールとツイッター、フェイスブックの確認をして、「ひょっこ」昼の部を見ながら、自家製ウィンナーソーセージ入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

自民党の一強支配と、安倍政権の、有無を言わさない強権的国会運営は、もはやファシズムと言ってよい。 今朝の朝日新聞が、「議論封じ 沈黙の自民」と題し、自民党内部のモノ言えぬ状況を活写している。 

 

表題の、「パノプティコンの住人」については、ミシェル・フーコーの、『監獄の誕生』が描き出している。 権力者に服従し、規律を内面化させた従順で思考を放棄した、人の群れを生み出す。 小選挙区制度が生み出した、異常な事態だ。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 日曜日はヘイトデモに対するカウンター行動があるので、WIN5のみ事前投票しておく。 

 

読むより溜まる方が多い、切り抜きとプリントアウトした資料を読み漁る。 6時半まで読みぬいて、本日打ち止め。 7時に、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、9時前に帰宅。

 

巨人vs阪神戦を見ながら、5割引きの刺身で、柚子入り焼酎のお湯割りを飲んでいると、昨年10月、沖縄・高江のヘリパット基地建設反対闘争の渦中に、不当逮捕され、那覇拘置所に7カ月近く勾留され、昨日保釈申請が却下された、反差別カウンター集団、男組・高橋直輝(添田充啓)組長が、保釈却下に対する準抗告が受理され、釈放されるとの、吉報が入る。 

 

10時前から、インターネットで沖縄那覇の拘置所前で、釈放LIVE中継。 10時半過ぎ、高橋組長が釈放され、拘置所前につめかけた大勢の人から花束を渡され、感無量! 元気な組長の姿を11過ぎまで実況中継で見る。 

 

民放各社の、遅いニュースを見て、興奮を抑えるために、ウヰスキーのロックを飲んで、2時に就寝。

 

※ 朝起きて、スマホのメールを見ると、琉球新報も沖縄タイムスも、カラー写真入りで、大きく取り上げているが、朝日新聞には、一行もない。 本土と沖縄の温度差は、厳しい。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 07:46
-, -, - -
参議院法務委員会

4月13日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 NHK、「あさイチ」の番組構成が、金曜日バージョンだったので、訝しく思うも、明日の熊本大震災1周年に向け、スタジオごと熊本入りするとのことに、納得。 

 

シャワーを浴びて、昨日より3度低い、気温14度の晴天下、そよ風吹く中、歩いて駅。 準特急〜区間急行と乗り継いで、10時半前に神保町。

 

今日の東京新聞に、弓立社の新刊、『おひとりさまで逝こう』(三国浩晃著)の広告が載ったこともあり、事務所に入るなり、電話応対に追われる。 今日一日で10件近い注文があり、まずまずの手応え。

 

12時半に、大手出版社を退職された、Nさんが見えられ、近況を確認しあう。 署名入りの、著作本を頂く。 1時半に、自家製ウィンナーソーセージ入り野菜サラダで+おにぎり一個で、昼食。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、買ったばかりの競馬専門月刊誌二誌の、重要情報ページをコピーさせてもらう。 先週WIN5の高配当を、惜しくも逃したKさんは、皐月賞に向け、かなり気合が入っている様子。 情報過多になりそう。

 

4時に、やっと参議院法務委員会での、民進党・有田芳生議員の質問を、参議院のネットで、見ることができた。 

 

まず、「ヘイトスピーチ解消法」施行後、1年近くたった現状報告を求め、ネット上のヘイトスピーチ規制について質問。 「グーグル、ツイッター、フェイスブック」には一切対応できず、野放し状態について、人権擁護局長を質す。 規制を強化しているドイツなどに、大きく遅れている。

 

次に、4月9日に行われた、新宿におけるヘイトスピーチデモに対する警視庁の対応について、厳しく追及。 抗議者を排除し、ヘイトデモを守るかのごとき現場警察官の行為を、強く批判。 答弁に立った、警察庁の白川審議官は、トランプ当選以降の、安倍政権のファッショ的強権姿勢を、忖度しているような警察官僚の答弁に終始。

 

ロシアの翻訳本の原稿を、6時半まで読んで、本日打ち止め。 7時に事務所を、退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

5割引き、5点盛りの刺身と鯛刺しの塊+豚肉の野菜炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り、二杯の夕食。 日テレ〜BS日テレで、巨人vs広島戦。 逆転勝ち目前の、9回表に7点も入れられ、ぼろ負け。 監督が悪い! せっかくの夕食が不味くなる。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 米軍による、北朝鮮に対するミサイル攻撃が現実味を帯びてきた。 信頼している情報筋からも、トランプならやりかねないとのこと。

 

BSで、本日初めての「ひよっこ」夜の部。 民放各社のニュース&スポーツ。 NHK、Eテレで「バリバラ」の再放送を見る。 乙武を、いじりながら批判。 乙武の反省はまだ足りない。 1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:45
-, -, - -
ヘイトデモを容認する、警視庁

4月10日(日)

 

朝、7時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「ひょっこ」、朝の部を見て、バスに乗り、駅。 満員電車で、立ったまま、9時半に神保町。 

 

研修のレジュメを再点検して、地下鉄で、10時40分に大手町の産経新聞社。  例年、配属先が決まった後の、10月に新人研修を行っていたが、今年は入社早々の研修となった。 

 

50人を超える新入社員は、男女半々(若干女性の方が多いように感じた)で、初々しい爽やかさとやる気に満ちていた。  いつも通りの、「マスコミと差別表現」の研修だったが、冒頭、昨秋沖縄・高江での、大阪府警機動隊員による、「土人」「シナ人」発言の差別性と、沖縄(琉球)差別の歴史などを話す。 

 

サンフランシスコ条約(沖縄は米軍占領下に留められた)が発効した1952年に、日本に駐留している米軍基地の割合は、沖縄10%―本土90%。 1972年、本土復帰時には、沖縄50%―本土50%、そして今現在、日本国土の陸地面積の0・6%を占めるに過ぎない沖縄に、在日米軍基地の72%が集中している現実は、琉球民族に対する、本土中央政府の差別政策以外の何物でもないことを強調する。

 

研修終了後、担当者と高級幕の内弁当で、昼食。 今年二回目の、超美味しいランチをごちそうになる。 コーヒータイムを終えて、2時過ぎに事務所に戻る。 

 

弓立社の小俣社長が来て、にぎやかな話。 NHKの新体制について聞くと、やっと笑いが職場に戻ったと、現役社員が嬉しそうに語っていたという。 

 

ツイッターとファイスブックを開き、昨日日曜日に、池袋、新宿、中野で、ヘイトスピーチデモが行われたことを知る。 新宿の、たかだか20数人の排外主義デモに、警官百人近くが集合し、あろうことかヘイトスピーチに抗議する、カウンターのメンバーを排除する権力行動が行われたという。 

 

「ヘイトスピーチ解消法」成立に尽力した、民進党・有田芳生議員の抗議を阻む機動隊の映像がネット上にアップされている。 「解消法」を無視する警視庁の違法行為に対し、13日参議院法務委員会で追及するという。 ネットで見れるので、必見!

 

夕方、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の、3歳牡馬のクラッシック第一弾・皐月賞の展望。 馬友は、4000万近い配当になった、WIN5を最後の桜花賞で外したという。 単勝1・5倍の、一番人気馬が1着でも、100万はゆうに超える配当だっただけに、嘆くこといかばかりか。 6時まで慰めて、見送る。

 

7時過ぎに、事務所を退出。 直行電車に乗って、9時前に帰宅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 5割引きの刺身と自家製カボチャ煮、焼き飯少々で、柚子入り焼酎のお湯割りと水割り各二杯で夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 トランプによるシリアミサイル攻撃報道、中立的だが以前よりましというところ。 クローズアップ現代。 トランプの、シリア政府軍ミサイル攻撃。 ゲストも含めも無残な内容。 出だしの画面に映った、武田真一キャスターの暗い表情の意味が分かり、テレ朝、報道ステーションに切り替える。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。 浅田真央選手の、突然の現役引退宣言に、各社翻弄されていた。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
大相撲でのヘイトスピーチ

3月30日(木)

 

朝、10時起床。 顔を洗って、気温14度の春うららの、霞晴天下、歩いて駅。 直行快速電車で、11時半過ぎに神保町。 

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、空腹をポテトサラダと武州煮ぼうとううどんで、満たす。 応援に来ている娘と月末の支払いなど、会計処理。 

 

朝日新聞の論壇時評で、小熊英二氏が、「労働を買いたたかない国へ」と題した、思考実験を行っている。 「あえて言おう。フルタイムで働いても尊厳ある生活ができないレベルの対価で人間の労働が買われている状態は、人権侵害である。人間が尊重されない社会では、経済も成長しない」。

 

大相撲での、大関・照ノ富士に対する、「モンゴルに帰れ」ヤジが波紋を広げている。 れっきとした差別発言であり、ヘイトスピーチにもかかわらず、相撲協会はなんら対策を講じようとしていない。 

 

「日本人がんばれ、異様な空気が国技館を覆っている」と、小説家で相撲ファンの星野智幸氏が危惧している。 「明確に差別をしてやろう、と思って差別する人は少数派なんです。多くの人は明確に意識しないまま、差別に加担していきます。何が差別かは、差別意識の有無で決まることではないのです」。 至極真っ当な意見。

 

「森友学園」事件に関連する、安倍昭恵について、そのいかがわしい思想性を詳報している、『週刊文春』と『週刊新潮』を読んで、早め6時に、事務所を退出。 直行快速電車で、駅。  フードマーケットで買い物をして、バスに乗り。7時半に帰宅。 

 

BSジャパンで、「開運!なんでも鑑定団」。 昨年見た記憶が少しだけあるが、しかし、面白い。 定価のカツオの刺身、5割引きの刺身3点盛り+自家製肉じゃがで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9.。 「森友学園」疑獄事件の報道が無くなくなった。  TBS、ニュース23。 冒頭から、「森友学園」疑獄事件の追及。 さすが、報道のTBS。 

 

BSNHKで、「世界入りにくい居酒屋」、ホノルル編を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
相模原障害者殺傷事件の植松聖容疑者起訴へ

2月21日(火)

 

朝、8時起床。 「べっぴんさん」、朝の部。 野菜ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、雲一つない、気温7度の晴天下、まぶしいほどの光を受けて、歩いて駅。 

 

快速電車で〜準特急〜急行で、10時に神保町。 朝の、冴えた頭で、原稿に朱を入れる。 

 

今朝の朝日新聞一面トップは、相模原障害者殺傷事件の容疑者・植松聖の、起訴。  半年間にわたる精神鑑定で、「パーソナリティー障害」的傾向がみられるが、犯行に関しては「完全な責任能力」があると、結論づけられた。 

 

半年も時間を費やす必要はなかった。 なんとしても異常者に仕立て上げたかった企ては失敗したということだ。 裁判の中で、重度知的障害者虐殺という、戦慄すべき凶行が、差別的憎悪犯罪(ヘイトクライム)だということを明らかにし、障害者差別撤廃に寄与することを願う。

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製サラダとわかめ蕎麦で、昼食。 有り難い、直注文段ボール一箱梱包して、午睡30分。

 

今日の、尾崎ゼミの予習。 「主観は自力である、客観は他力である。我々が物を知り物を愛すというのは自力をすてて他力の信心に入る謂である」。  7時から、尾崎ゼミ『善の研究』。 9時に終えて、アフターゼミ。 持ち寄ったお酒とつまみで、宴会。 11時半にお開きにして、事務所を退出。 

 

鈍行〜特急電車で、駅。 タクシー基本料金で、気温3度の中、12時半に帰宅。

 

仕事関係の、書類の整理をして、2時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:15
-, -, - -
相模原障害者殺傷事件の容疑者・植松聖

2月20日(月)

 

朝、8時15分起床。 野菜ジュースと青汁二袋。  顔を洗って、気温9度の薄曇りの中、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜区間急行で、10時に神保町。

 

頼まれた原稿の、最終チェック。 推敲すればするほど、直しを入れたくなる。 強風吹き荒れ、外気温20度。「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダと冷やしたぬきうどんで、昼食。

 

早々に、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省。 かなりの高配当を逃した悔しさを、結果データーを見ながら説明を受ける。 G機Ε侫Д屮薀蝓璽好董璽スは、固いと判断して、参加しかったという、馬券師・Kさん。

 

寝違えたのか、右首の痛みが増してきた。 注文もそこそこあり、やや気分の好い午後を過ごし、原稿の細かな表現に手を加え、6時過ぎに事務所を退出。

 

直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問地は鹿児島県いちき串木野市で、ゲストは狆佚”の林家たい平。

 

5割引きの、マグロの切り身と、カツオの塊を切り、+自家製豚肉入り焼きそばで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

偶然海岸にいて、たい平が声をかけた女子高校生。 東シナ海に沈む、夕日を写真に撮りに来ていたという。 たい平が、“恋人は”と問うと、 “恋愛は重いから”と、詩的に応える美少女は、まちがいなく、鹿児島のアイドルになる。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 金正男暗殺事件の続報。 昨年7月26日未明、相模原の“津久井やまゆり園”で起こった障害者殺傷事件の、容疑者・植松聖に、「自己愛性パーソナル障害」との診断が下されたという。  何が何でも、精神的かつ性格的に問題があり“病人”にしたい、権力意志が如実に反映されている。 

 

植松は、ヒットラーの優生思想に基づいて、凶行に及んだのであり、ヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)であることを明確にすべき。  彼が正常な状態で、正気で凶行に及んだことは、大島衆議院議長あての手紙によって証明されている。 植松が異常と言うなら、安倍政権が異常と言うことになる。

 

テレ朝、報道ステーション。 在米ジャーナリストでコラムニストの、町山智浩氏がコメンテーターで登場。 トランプ政権のホワイトハウス、辛口人事論評。 しょうもない後藤謙次の代わりに、メインコメンテーターに採用すべき。

 

TBSニュース23〜フジ、ユアタイムで、金正男殺害事件の続報を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:31
-, -, - -
「アリさんマークの引越社」裁判闘争と「東京MXテレビ」本社前抗議行動

2月9日(木)

 

朝、8時45分起床。 暗くて時間感覚が危うい。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温2度の雨上がりの曇天下、白い息を吐き、歩いて駅。 直行快速電車で、10時過ぎに神保町。

 

娘の応援を得て、会計実務と請求書作り。 南スーダンに派遣されている、自衛隊の日報(隠ぺいされていた)に「戦闘」と書かれていたので、憲法上まずいと思い「武力衝突」と言い換えたと、稲田防衛大臣。 「全滅」を「玉砕」と言い換えたのと同じと、ツィッターで誰かがつぶやいていたが、あまりにもお粗末というより、魑魅魍魎の魔界。

 

サンスポの、名物コラムニストの今村忠氏が、“甘言辛口”で、アメリカ大リーグが、「敬遠」を時間短縮のため、ボールを投げない提案をしているという。 コラムにも書かれているが、我が長嶋茂雄は、敬遠球のトンデモボールを打って、ランニング・ホームランを記録している。 

 

四球が暴投になりサヨナラ負けし、涙を流した甲子園球児は数知れず。 経済的合理性・簡略性のみを至上価値とする、新自由主義がプロ野球界にも波及している。 イチローが言っているように、そのうちスタンド入りしたホームランは、ベースを一周しなくてもいいことになるだろう。(長嶋茂雄には、一塁ベースを踏まずに一周した、幻のホームランもある』)

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、野菜サラダと武州煮ぼうとううどんで、昼食。 2時から、東京地裁709号法廷で開かれる、超差別・ブラック企業、「アリさんマークの引越社」の裁判闘争に行く。 弁護士が、原告Nさんに質問している途中、口惜しさ、辛さと恐怖がフラッシュバックし、一時涙で質問に答えられなくなる。 

 

証拠書類によって、会社側のあくどいやり方が次々と明らかにされる。 掲示板に、罪人と書かれた顔写真を付けて、「北朝鮮へ帰れ」と大書きされるなど、重大な民族差別事件でもある。(障害者差別、部落差別もある)

 

被告側の質問が始まる前に、法廷を後にし、4時過ぎに、みぞれ雨降る中、事務所に戻る。 一息入れて、半蔵門にある、東京MXテレビに対する抗議行動に参加。 氷雨降る、悪天候にもかかわらず、百数十人の抗議者が詰めかけ、「ニュース女子」のデマと沖縄差別を、糾弾。

 

腰の痛みに加え、痺れるような寒さに、悪寒が走ったので、抗議集会を終える前に、地下鉄を乗り継いで家路を急ぐも、人身事故があり30分遅れの、満員電車で駅。 バスに乗り、9時に帰宅。 万歩計の数字はは12000歩。 

 

遅い夕食。 タラと白菜の鍋料理、自家製ほうれん草のおひたし、鶏のから揚げで、柚子入り焼酎のお湯割り、二杯。

 

NHK,ニュースウォッチ9。 安倍首相の屈辱訪米の露払い報道。 LIFEで笑い,BSで「世界入りにくい居酒屋」、中国の成都編を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:27
-, -, - -
元『ガロ』の版元・青林堂の変節

2月7日(火)

 

朝、9時過ぎ起床。 8時間以上熟睡しても、まだ眠たい! 年寄りは睡眠時間が短くてもいいと、昔誰かがゆうとったが、“責任者出てこい!” 

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、雲一つない、青空から降り注ぐ陽光を今日も浴び、気温9度の中、歩いて駅。 直行快速電車で、11時に神保町。

 

地方自治体の会計年度末決算に合わせ、『最新 差別語・不快語』の動きが良い。 予算消化という意味あいもあるが、有り難い。 「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、昨日と同じ、自家製サラダとわかめ蕎麦で、昼食。

 

朝日新聞の一面及び「社説」でも取り上げられている、沖縄・辺野古沖の埋め立て作業が再開され、大型コンクリートが投下されている。 環境破壊は深刻ではなく、回復不可能。 瑞穂の国・日本の自然を破壊するな! 

 

NHKの、昼のニュースやネット上に、反対派住民を排除する映像が流れている。 車椅子の抗議者を排除している映像に、怒り心頭に発す。

 

ネット上で、昨夜NEWS 23が報道した、差別、ブラック企業で、ヘイト本の青林堂に対する抗議が沸騰している。 『カムイ伝』の白土三平(設立に関わっている)をはじめ、多くの漫画家の登竜門だった、『ガロ』の版元とは信じられない堕落と腐敗。 

 

『ガロ』は、岡山で小学校5年生の時から読んでいた。 この漫画雑誌で、部落問題をはじめ多くの社会問題を学んだ。 昔、掲載漫画の差別表現問題で抗議に行った時の、長井勝一編集長の苦渋に満ちた表情は、忘れられない。 その漫画家は、現役の東洋大学生だった、根本敬。 後に、“幻の名盤解放同盟”で、一矢放つ。 

 

元をたどれば、途中で青林堂を乗っ取り、元中企連(現ティグレ)を辞めさせられた、事実上山口組顧問税理士Oが、買収した時から、青林堂の変節は始まっている。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 Kさんは、さく裂したエニグマ馬券を取りそこなったという。 金曜日に、発売されたばかりの、新たな情報誌を持って参上するとのこと。

 

税理士さんから、確定申告の段取り用紙が送られてくるが、マイナンバーが、なんと事務所の大家さんまで、義務付けられている。 別の店子から、すでに事情を察していた大家さんは、快く応じてくれたが、怒りは共有していた。

 

超古代の時代小説の、第一章を読み終えて、6時半に事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率、75%でまずまず。 5割引きの、マグロの切り身落とし、ホタルイカ、野菜のつくね、コマ切りゴボウで、柚子入り焼酎のお湯割り三杯で、夕食。 

 

テレ朝、報道ステーション。 民放各社の、ニュース。  日テレで、「今夜くらべてみました」を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:30
-, -, - -