RSS | ATOM | SEARCH
川崎市のヘイトスピーチ規制条例

12月9日(月)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温5度の曇天下、小型バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

朝から電話とファックスで、新刊『在宅おひとりさまの生き方』と『ネット右翼vs.反差別カウンター』の注文が8件あり、忙しいが気分が良い。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、鶏唐揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 メールの点検に時間を取られる。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、出たばかりの競馬雑誌から、貴重なデーターをコピーさせてもらう。 

 

川崎市の市議会委員会で、罰則付きの画期的な「ヘイトスピーチ規正法」が全会一致で可決されたことを、カウンターのメンバーの速報ツイッターで知る。 12日(木)に可決成立する見込み。

 

5時までに、新刊注文は直送を含め10件。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温7度、小型バスに乗り6時半に帰宅。 

 

アオリイカの刺身と豚ロース照り焼きに千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は鹿児島県阿久根市で、ゲストは「スカーレット」にも出ている、大島優子。 大島優子が30歳になると聞いて驚くが、アイドルタレントから脱皮した。

 

風呂にゆっくりつかり、NHKで、「ストーリーズ」。 狎別「ゼロ」男女の枠超えて自分を探す若者“。 トランスジェンダーの当事者を6年に渡ってフォローした、秀逸のドキュメンタリー。

 

BS・プレミアムで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:23
-, -, - -
川崎カウンター〜有田芳生参議院議員

12月7日(土)

 

朝、10時起床。 トイレにも起きず爆睡で、遅くまで飲んだ割には体調良し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 BS・NHKで朝ドラ「スカーレット」一週間分。 

 

曇天の寒天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜、側の精肉店で鶏胸肉などを買い、野川縁を散策。 炊き込みご飯に岩海苔のスープで、昼食。 

 

気合を入れて、1時半に川崎駅。 12日にも成立する、罰則規定を持つ画期的な、川崎市のヘイトスピーチ規制条例に反対する、差別・排外主義の日本第一党のヘイト街宣粉砕のカウウンター行動。 たった10人ヘイトに100人を超えるカウウンターが超圧を加える。

 

3時半に終えて、カウンターに来ていた有田芳生参議院議員をガードして、池袋で開かれる有田さんの激励会に参加。 師岡康子弁護士、神原弁護士と有意義な会話。 中締めの挨拶を仰せつかる。 

 

新刊『ネット右翼VS・反差別カウンター』の著者・山口裕二郎さんなど、元狠冒“のメンバーを誘って、新宿ゴールデン街の爛襦Ε泪織”。 岩井志麻子、西原理恵子、中瀬ゆかりの、破壊力のあるオバサン三人組が乱入して、ハチャメチャな夜になる。

 

狠冒”のメンバーと電車で駅。 自宅に誘い、飲み直し3次会。 近所に住むカウンターのMさんを呼び出し、大宴会。 二人が寝て泊まり、以後記憶なし。 濃い一日だった。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 12:28
-, -, - -
「ネット上の人権侵害に対する議員立法をめざす」院内集会

 

12月3日(火)

 

朝、9時半起床。 トイレにも起きず、爆睡! シャワーを浴びて、気温16度の生暖かい晴天下、500m離れた以前の停留所からバスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、12時過ぎに神保町。

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 NHK、爐瓦乾淵“。 ゲストの須藤理彩さんを、倏侏”と紹介。 女性の役者に対し、「女優」と「俳優」をどんな基準で使い分けているのか不可思議。

 

昨日は新聞を読む暇もない忙しさだったので、2日の朝刊と夕刊、そして本日の朝刊二紙を読む。  新刊『在宅おひとりさまの生き方』の書店からの電話注文が、朝から8件とままず。 

 

読書感想文を一つ書いて、5時に永田町の議員会館で開かれる、立憲民主党の参議院議員・有田芳生さんが幹事の「人種差別撤廃基本法を求める議員連盟」主催の、「ネット上の人権侵害に対する議員立法をめざす」院内集会に参加。 報告者は、弁護士の師岡康子さんと金竜介さん、そしてネット中傷被害者の芸人Sさん。

 

有田議員の開会の辞と、議員連盟の議員の挨拶に続き、芸人Sさんの20年に渡る、ネット上での人権侵害被害のリアルな訴え。 金弁護士と師岡さんが法制定に向けての現状報告。 ヘイトスピーチに対する在日の金弁護士の言葉には怒りと感情がこもっていた。

 

朝日新聞の北野隆一記者とフォトグラファーのロディーに挨拶して、6時半に議員会館を後にする。 地下鉄に乗り、笹塚で乗り換え満員電車に揺られ駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温12度、バスに乗り7時半に帰宅。

 

刺身4点盛りと幕の内弁当で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各二杯の夕食。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率はまずまずだったが、プレミアムは的中できず。

 

テレ朝、報道ステーション。 犧を見る会“についてかなり突っ込んだ追及。 BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:36
-, -, - -
ポリティカル・コレクトネス、「キーマン」→「キーパーソン」

11月17日(日)

 

朝、8時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 晴天に布団干し。 TBSで、サンデーモーニング。 「桜を見る会」など、安倍政権の批判をするも、暖簾に腕押し的状況に、コメンテーターも言葉が少ない。

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 秋晴れの下、いい運動になるが、野川に大型鯉の姿見えず。 酵母パンにマーマレードを塗り、焼いたウィンナーを添え、淹れたてコーヒーで、ランチ。 

 

NHKの爐里票慢“を見て聴いて、中央競馬。 WIN5はタッチの差で、締め切り時間が過ぎ、購入できず。(買っていれば4勝1敗で不的中) ワイドは、穴馬該当馬が2〜3頭いて、軸馬を絞り切れず珍しく不的中が続き、歯軋り。

 

G機Ε泪ぅ襯船礇鵐團ンも外して落ち込んでいたが、京都の最終12レースを、世界のムーア騎手に託し、ワイドの高配当がやっと的中し、マイナスを最小限に抑える。 髭を剃り整髪して風呂に入り、極楽。 初めての自家製酢豚で、白ワイン3杯の夕食。 

 

NHK・7時のニュース。 アベノミクス検証で、「キーマン」の自民党の重鎮・甘利議員と紹介。 もう爛ーパーソン“を止めにして「キーマン」に戻したのか。 八千草薫さんの死去に際しても、今までの俳優(樹木希林、市原悦子)とは違って、女優(大女優)と表記。 NHKはポリティカルコレクトネスを放棄したのだろう。 「子ども」表記を「子供」に戻した、萩生田文科相から何か言われたのかと勘繰る。

 

チェアーマッサージ30分+転寝で、疲れを取る。 NHKで、サンデースポーツ〜韓国時代ドラマ猊毀任領人“。 今年の春まで、牘震燭僚 オクニョ”にハマっていたが、韓国の時代ドラマには、日本のように封建時代を持たなかった、宮廷の物語が目新しいから惹きつけられる。 歴代朝鮮に武士政権は成立していない。

 

日テレで、スポーツニュース・ゴーイング。 ストレッチをして、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
日清製粉の差別事件

11月6日(水)

 

朝、9時起床。 力仕事と加重筋トレで、寝過ごす。 シャワーを浴びて、気温16度の晴天下、小型バスで駅。 区間急行で、11時に神保町。

 

角岡伸彦著、『ノンフィクションに騙されるな』−百田尚樹と上原善広批判』(仮題)の、西岡研介さんとの対談部分の著者校が上がってきたので、最終校正。 山口祐二郎著『ネット右翼VS反差別カウンター』と同時発売の予定。 

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞を読んでいると、神保町の紙屋馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 Kさんも馬券構成の軸を爛錺ぅ“中心にしたという。 10番人気以下の人気薄から買うので、的中率は30~40%だがリターンは大きいという。 今週から有力外国人ジョッキーが多数参加してくるので、日本人騎手は大変だ、ということで意見の一致を見る。

 

送られてきている情報誌を読む。 解放新聞広島県版で、小森龍邦顧問が、「日清・正田事件」(1977年)について触れている。 

 

『部落地名総鑑』を購入していたことを指摘され、居直った日清製粉の正田巌氏(美智子上皇后の兄)と妻(元総理大臣、浜口雄幸の孫娘)に対する糾弾について、「県連再建50年のなかで」で少し詳しく書かれている。 美智子上皇后被差別部落出身説を流布した、上原善広批判を今月末に出る上記二冊の本が期せずして展開している。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温18度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレワンセット。 廉価な刺身の盛り合わせとすき焼きで、冷酒、白ワイン、レモン入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で、夕食。

 

NHK、「美と若さの新常識」で、猫背矯正法を学ぶ。 両腕を曲げ高くしての肩回しと鎖骨下のツボ揉みが効く。 壁を背に立つとその効果が実感できる。 今日から寝る前のストレッチのメニューに入れることにする。

 

チェアーマッサージを受けて、フジテレビの、「バックツゥスクール!」で、前から気になっていた、岡山の奇跡・桜井日奈子のバスケを見る。 小中も岡山の実家から近い庭瀬。 広瀬すずに似ている。 俳優として大きく伸びる可能性大。 ゴルフの渋野日向子をはじめ、岡山出身の若い女性が活躍していることが喜ばしい。

 

BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 新たに鎖骨下の指圧も導入したストレッチを入念にして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:42
-, -, - -
差別・人権研修セミナー

10月29日(火)

 

朝、8時前に起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 NHKの朝ドラ「スカーレット」朝の部。 顔を洗って気温14度、小雨降る肌寒い中、25年前にイタリアで買った、VARENTINO“の背広を着てバスに乗り駅。 区間急行で、10時に神保町。

 

昨日見れなかった、知人のツイッターやフェイスブックを飛ばし読み。 11時過ぎに、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、早めの昼食。 

 

今日行う研修のパワポのプリントアウトした紙に目を通して、1時に研修先の担当役員の方が迎えに来られ、雨中会場の赤坂・草月会館に向かう。  控室で社長さんとしばし懇談して、2時から研修セミナー開始。 題は、「メディアと差別問題 差別語〜差別表現、そしてヘイトスピーチについて」。 

 

差別語の使用=差別表現ではないことの徹底と、表現の差別性とは、客観的に侮辱の意志を持つ表現=差別表現であることを強調する。 ヘイトスピーチが単なる差別憎悪表現ではなく、差別的憎悪扇動であることの確認と、その撲滅を訴える。 コンプライアンス研修ではなく、差別表現とヘイトスピーチ根絶を目指す研修セミナー。

 

少し時間オーバーして終了。 車で神保町まで送ってもらう。 車中で部落解放運動関係者に電話。 気になるころがあったので真相を聞き、納得。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り以前の停留所で降り、6時半に帰宅。

 

教えてもらったユーチューブの段取りをして、愛知・トリエンナーレ文化庁前の抗議集会の動画を見る。 だいたい事情が分かる。 しかし便利になったものと感心する。 

 

少々高めの刺身3点盛りとヒラメの板刺し+鶏肉の照り焼きで、白ワインとレモン入りの鉄瓶焼酎のお湯割り、各二杯で夕食。 

 

NHKで、大阪メロディー特集。 上沼美恵子の独(毒)壇場。 側にいた天童よしみの顔が小さく可愛く見えた。 テレ東で「開運! なんでも鑑定団」。 真贋見分け率は70%だが、プレミアムは的中せず。 

 

テレ朝、報道ステーション。 NHKも冒頭から大きく報道していたが、元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんが天寿を全うされた。 直接の面識はなかったが、メディア規制なしの人権擁護法案成立時には、7人で構成される人権委員会の座長の予定だった。 解放同盟中央本部委員長・組坂の日和見で日の目を見なかったが、部落差別解消法などとは雲泥の差の実効性のある人権法案だった。

 

BS・NHKで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:42
-, -, - -
差別表現とヘイトスピーチ研修セミナー、その

10月7日(月)

 

朝、8時半起床。 涼しい。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温21度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 

 

 全国紙の著名な記者から、関電原発賄賂問題のキーパースン・高浜町の元助役・森山栄治について相談を受ける。 森山元助役が、「同和」、「人権」問題に関係した人物だったということと、金品授受の贈収賄事件とを結びつけるのは、関電側の描いたストーリーに乗ることになる。 

 

関電と元助役が持ちつ持たれつの関係で、お互い利用し合っていたのであって、一方通行の強制関係ではない。 賄賂を受け取り返さなかったことの理由に、「同和」怖いを持ち出す例は数多い。 それこそ差別意識の裏返しに過ぎない。

 

今日夕方からの、人権セミナーの段取り。 レジュメに沿って行うが、冒頭で、関電の賄賂問題とラグビーワールドカップ、日本代表の強さにある多文化・多民族共生の意義を話す予定。 2015年のイギリス大会の時、五郎丸選手は日本代表に外国人が多いことに対する苦言に、「彼らは母国の代表より日本を選び日本のために戦っている最高の仲間だ。国籍は違うが日本を背負っている。これがラグビーだ」と語り、2019年日本開催に向けて排外主義的意見を批判していた。

 

「スカーレット」昼の部を見ながら、鶏胸肉の唐揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 昨日電話があった週刊誌の副編集長が来られる。 関電賄賂問題のカギを握る人物・森山栄治について意見交換。  メールなどをチェックして、4時半に事務所を退出。 

 

四谷にある研修セミナー会場に向かう。 5時半セミナー開始。 7時半に終える。 本当に熱心に聞いてくれ、終了後の質問に意気を感じる。 近くの粋な小料理屋で主催者の方々と懇親会。 5日ぶりの生ビールが五臓六腑に滲みる。

 

11時前に終え、勢いついてゴールデン街の爛襯泪織”〜爛撻”。 ものすごい外国人の群れに驚く。 多分3時前には帰宅して寝たと思う。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 12:26
-, -, - -
別冊法学セミナー、『ヘイトスピーチとは何か』

10月5日(土)

 

朝、8時半起床。 真夏のような晴天に布団干し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 気温は30度超えだが凌ぎやすく、汗もさほどかかない。

 

市場で新鮮野菜、側の精肉店で和牛の切り落としと鶏胸肉+豚ロースを買って、野川の川縁を散歩。 一昨日の雨で川の流れは速く、水が濁って鯉が見えない。 炊き込みご飯とビーフシチューで、昼食。 「スカーレット」、昼の部。 子役は頑張っているが、今一つ展開が面白くない。

 

別冊法学セミナー、『ヘイトスピーチとは何か』を読み終える。 学術的体裁の本だが、執筆陣はヘイトスピーチと現場で対峙してきた人たちだけに、内容は極めて実践的で気合が入っている。 

 

とくに2009年から2010年にかけて繰り返された、京都朝鮮第一初級学校に対するヘイトクライムとの闘いの経緯は、刑事、民事の裁判闘争を通じて、ヘイトスピーチが人種差別撤廃条約の人種差別に当たるという画期的な判決を導き出した。 

 

その京都朝鮮学校襲撃事件と連動している、徳島県教祖襲撃事件の論考は、当事者からの震えるような訴えに心を動かされる。 高松高裁は「朝鮮学校を支援する日本人へのヘイトクライムも人種差別である」との判決を下した。

 

「ヘイトスピーチとは、言葉の暴力によって、ある集団を死に至らしめうる『いじめ』『ハラスメント』であり、・・・、『アイディンティティの殺人』である。それは、言葉のナイフによって、致命傷となる深さにまで心的外傷が及ぶ『魂の殺人』である」。

 

TBSで報道特集。 福井県高浜町の、原発を巡る関電の金品受領(賄賂)問題。 元助役・森山栄治に対する評価も、きちんとしている。

 

炊立て玄米ご飯にビーフシチューをかけて、ハヤシライス夕食。 アルコールなし、三日目。 ラグビーワールドカップ、日本対サモア。 見事な試合で、日本が三連勝。 それにしても強くなった日本チーム。 強さの秘密は多民族共生にある。

 

ラグビーのダイジェスト〜TBSで、世界陸上。 ストレッチをして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 12:05
-, -, - -
公人の差別的憎悪扇動

10月2日(水)

 

朝、9時起床。 寝過ごし。 朝から北朝鮮の猗翔体“発射で、NHKは安倍総理の緊急インタビューまで流し大騒ぎ。 前回の時は別荘にいたのか、何もなかった。 異常なメディア操作だが、隠したいのは、消費税に対する反発と関電、カンポ保険の不祥事か。

 

豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。 精力的に原稿読み。 「スカーレット」昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

朝日新聞が、排外主義政党・N国党の代表・立花孝志の人種差別を煽り、虐殺まで扇動する発言に怒りの社説を書いている。 日本維新の党から請われて入党した丸山穂高の、北方領土や竹島は戦争して取り戻せとの暴言を超える差別的憎悪扇動。 地方議員のみならず、国会議員の目的意識的な差別煽動が酷過ぎる。 

 

4時に原稿を読み終える。 金曜日に入稿予定。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をしてバスに乗り、気温27度、6時半に帰宅。 バスの中に大きなアブが紛れ込み、乗客を襲う。 半パニックな状況で、新聞紙を丸め後部座席で応戦。 アブは、一番前に座っていた部活帰りか短パンの女子高生に執拗に絡んでいた。 

 

刺身と天麩羅の定食で、冷酒とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各二杯で夕食。 NHKの、「ガッテン」で、腰痛の改善心理処方。 NHK、ニュース9〜テレ朝、報道ステーション〜TBSで、世界陸上。 今日明け方の男子200mと800mの決勝は見応えがあったが、夜明け前の4時過ぎではLIVEでは見れない。

 

12時からNHKEテレで、「爛ルド難民”家族の12年」の再放送を見る。 今度出版する本の中で書いている、ミャンマー(ビルマ)のイスラム教少数民族・ロヒンギャの人々と同じ境遇。 今朝の朝日新聞朝刊に、長崎の大村入管収容所で、仮放免を求めハンストをしていた、ナイジェリア難民の男性が死亡との記事。 死因は牴郢”。 日本の難民政策は異常。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:47
-, -, - -
在日女子高生暴行事件と「T4作戦」

9月19日(木)

 

朝、8時半起床。 涼しい。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温22度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

メールで、新宿にある韓国学校の近くで、50代の日本人女性が韓国人女子高生に暴行した事件を知る。 TBSの「ゴゴスマ」や小学館の『週刊ポスト』などが煽る嫌韓・反韓ムードが引き起こした、ヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)。 

 

N国党にいた杉並の区会議員・佐々木千夏が韓国に対する、無知丸出しの、反知性主義的ヘイトスピーチを議会で行っている。 軍靴の足音が聞こえるどころでの話ではない。 極めて危険な全般的状況が出現しつつある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 今日も千遥の子・千夏が好演していたが 杉並の佐々木千夏の名前に腹が立つ。 

 

1時のNHKニュースは、東電の元役員3人に対する福島原発事故の責任を問う裁判特番。 なんと全員無罪判決。 東京地裁の判断だが、時の権力におもねる判決。 検察も裁判所も、安倍政権に忖度。 

 

今日も、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』の注文が書店からある。 この三日間で、アマゾンを含め50冊近くの売り上げ。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が、「いのちに優劣 過ち繰り返さない」と題した、狆祿下圓鮖Τ押.淵繊T4作戦」80年“を載せている。 今月来月と行う研修セミナーで、最も強調している、「優生思想」と「経済効率=生産性」、そしてホロコーストに直結する、T4作戦。 新自由主義経済が差別意識を深刻化させている。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、気温25度、6時半に帰宅。 筋トレワンセット。 高いが美味い刺身3点盛りとカボチャ煮+豚ロースを焼き千切りキャベツを添えて、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各二杯で夕食。 

 

NHK・BSで、巨人対中日戦。 情けない負け方。 NHK、ニュースウォッチ9。 埼玉の小4児童殺害の容疑者として32歳の義理の父親が逮捕された。 昨日から、分かっていたこととはいえ酷い。

 

テレ朝、報道ステーション。 埼玉小4殺害事件の詳報。 BSプレミアムで「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:46
-, -, - -