RSS | ATOM | SEARCH
差別者・長谷川豊を徹底糾弾

6月14日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度、蒸し暑い晴天下、バスで駅。(1年ぶりに整備された以前の停留所に戻る) 準特急〜区間急行で、10時に神保町。 40分の快速到着。

 

高野孟さんの原稿校正読み。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 昼のニュースで、大リーグの大谷がサイクルヒットを達成したことを知る。 打者としても、本当にすごい!

 

目薬を買いに神保町交差点を歩くが、異常な蒸し暑さに閉口。 クーラー強めにして、ウェブ連載「差別表現」の原稿を完成させ、アップする。 題は、長谷川豊糾弾の第二弾。 嘘を平気でついても、なんら恥じるとこがないばかりか、あまりの反知性主義的言動にうんざりするが、徹底糾弾しかない。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、 気温23度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 BSテレ東で、巨人vs日本ハム戦。 吉田輝星が先発でなくホッとするが、この3連戦でも投げないでもらいたい。

 

スーパーで買った惣菜と鯵の南蛮漬けなどで、冷酒2杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。 NHKで、「チコちゃんに叱られる」。 巨人、7回裏に逆転されるも、9回表1点差に詰め寄ったものの、力尽きる。

 

フジTVで、なでしこジャパンVSスコットランド戦。 アルゼンチン戦とは打って変わって積極的な攻め。 前半岩渕の見事なミドルシュートが決まる。 PKもあり2点先取。 後半終了間際1点入れられるも逃げ切り、勝ち点3で予選通過にめどが立った。

 

遅いスポーツニュースを見て、ストレッチ、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:07
-, -, - -
差別者・長谷川豊の居直りブログの追記

6月13日(木)

 

朝、8時半起床。 青汁のみ二袋。 シャワーを浴びて、気温23度の晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間快速で10時半前に神保町。 

 

長谷川豊の居直りブログの批判文を書いていて、 昨日追加ブログ(6月11日付)があることを知る。 読んで見て驚く。 切り取り、編集された動画ではなく、そのまま生の動画だとして、1月に千葉で行った講演動画をアップしている。 問題となった部落差別講演動画は2月末に東京都内で行われた、選挙応援講演動画(切り取りも編集もされていない)。 なんで、千葉の講演動画をアップして、差別発言をしていない反証になるのか理解に苦しむが、反知性主義的脳内経路では、それでいいのだろう。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ報知が、昨日プロ初先発初勝利を挙げた、日ハムの吉田輝星投手を大きく取り上げている。 投球数84の内8割を、キレのある直球で勝負していた。 何せ、セリーグトップの広島相手に勝ち星を挙げたのだから大したものだ。次も応援したいが、巨人戦では投げないでほしいと、強く願う。

 

ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 『週刊金曜日』先週号に載せた、長谷川豊糾弾文が、今日13日のヤフーニュースの項目に入っていてビックリ。 仕組みはよくわからないが、批判第二弾に弾みがつく。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温24度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 BS朝日で、巨人vs西武戦。 ヒラメのと刺身生ワカメをつまみに、井筒屋の白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯。 自家製富士宮焼きそばで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 安倍総理のイラン訪問を冒頭から大きく取り上げているが、外交やってる感の演出に過ぎない。 ホルムズ海峡で日本関係の船が襲われるし、トランプ・アメリカはイラン経済制裁強化を発表するし、イランの最高指導者ハメネイ師は、アメリカ・トランプを一切信用しないと断言するし、安倍は何しにイランへ行ったのか。 はっきり言えることは、イランことをするなと言うこと。

 

BS・プレミアムで、「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:56
-, -, - -
差別者・長谷川豊の居直り

6月11日(火)

 

朝、9時半起床。 なでしこジャパンの不甲斐なさに、寝過ごす。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温22度、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

頭がスッキリしているうちに、高野孟さんの原稿を読む。 そこそこはかどるが、編集者の入力段階でのミスが目につく。 習金平→習近平など。 

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 テレビ、雑誌で活躍しているジャーナリストの、Aさんから電話。 長谷川豊が昨日アップしたブログで、日本維新の党からの参議院選出馬を辞退したことに関し、その舞台裏と経緯を書いているが、直接の原因となった部落差別講演については、完全に居直っているとのことを教えてもらい、早速ブログにアクセスして記事を読む。 

 

長谷川は、「士農工商・穢多、非人」という、暗い身分制度はなかった、が最新の学説だと「新知見」を披歴。 学的事実は、「士農工商・穢多、非人」ではなく「武士・平人・賤民」という身分差別だったことが最新の学説で、身分制度がなかったとは誰も言っていない。 一知半解というか、歴史修正主義でもなく、反知性主義のなせる業としか言いようがない。 改めてウエブ連載「差別表現」で糺すが、長谷川豊個人をを徹底糾弾しない限り、今回の部落差別煽動講演事件は終わらない。

 

引き続き、高野孟さんの『元祖・世界地図の読み方』(仮題)の原稿読み。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅、 パルコフードマーケットで、今日が最終日の犢島風お好み焼き”を買い、バスに乗り、気温22度、6時半に帰宅。 筋トレ、ワンセット。 

 

BS・TBSでセパ交流戦・巨人vs西武戦。 盛り上げに欠ける試合展開に、NHKの高齢者向け牴離灰“を楽しむ。 お好み焼きと鯵の南蛮漬けで、白ワインとシークヮーサー入り焼酎の水割り各二杯で、夕食。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 プレミアム鑑定はいずれも、真贋見分けられずで、 今日の巨人と一緒で、情けない。 NHK、クローズアップ現代。 「LGBTの理解進む?」を見る。 まともな番組。

 

BSプレミアムで、「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:12
-, -, - -
東京地方裁判所

6月7日(金)

 

朝、8時起床。 朝方トイレ一回で、熟睡。 「なつぞら」、朝の部、3回凍結。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の曇天下、バスで駅。 区間快速で10時に神保町。 

 

三田線に乗り換えて、内幸町駅で降り、東京地裁で行われる、ヘイトスピーチ・カウンターの山口祐二郎氏に対する、在特会などの集団暴行傷害事件の判決を傍聴する。 物々しい警備法廷が満員の中、「原告の請求を棄却する」との一言で終わる。 弁護士を交え判決文を点検しながら、不当判決であることを確認し、1時から地裁2Fにある司法記者クラブで記者会見。 

 

「暴行傷害実行犯らの民事責任は認められたものの、人種差別主義者らが路上やインターネット上で雲霞のようにマイノリティ当事者や抗議者に襲い掛かっていた2014年当時の状況や、『インフルエンサー』としての高田誠(通称・桜井誠)の責任が適切に判断されたとは到底思えない、遺憾な判決であり、原告山口氏としては控訴の予定である」(プレスリリースより)

 

2時に事務所に戻り、ウェブ連載「差別表現」の原稿をアップ。 先週の『週刊金曜日』に投稿した長谷川豊糾弾のもとになった論稿。 題は“長谷川豊の部落差別講演を糺す!”。 

 

大雨が降るというので、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温20度、バスに乗り6時半に帰宅。 BS日テレで、巨人vsロッテ戦。 筋トレ、ワンセット。 

 

野球と「チコちゃんに叱られる」を交互に見ながら、アオリイカの刺身と自家製パッタイもどき焼きそばで、白ワイン2杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。 ベテランと若手の打線がかみ合い、先発メルセデスも立ち直り逆転で巨人の一点差勝ちだが、試合内容はなかなかのもの。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝報道ステーション。 語るべき内容なく、NHK・Eテレで、「ヒットラー死の真相」。  BSプレミアムで、「なつぞら」完全版。

 

 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:12
-, -, - -
『週刊金曜日』に投稿掲載

5月31日(金)

 

朝、8時起床。 今日で5月も終わる。 昨夜寝付かれずトイレに二回も起き、寝不足気味。 「なつぞら」、朝の部。 3回、画面凍結。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温23度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

読書感想文を一つ書き上げて、「なつぞら」昼の部完全版を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ二紙も朝日新聞も川崎登戸の殺傷事件を、社会面で大きく取り上げている。 

 

『週刊金曜日』が郵送されてくる。 投稿した、「長谷川豊氏への糾弾が必要 確信犯的な部落差別発言で参議院選公認停止」の見出しで、本文トップに掲載されていた。 記事を読んだ旧知のジャーナリストから電話がある。 長谷川豊に代表される、差別排外主義に対する危機感は大きい。

 

送ってきてくれる、『解放新聞』の各県連版を読む。 長谷川豊の度し難い部落差別をキチット、コラムで追及している県連もある。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。

 

BS・日テレで巨人vs中日戦。 7時半から、NHKの“ネタドリ”で登戸の殺傷事件特集を見るも、あまりにも酷い内容で、この番組自身が批判対象と言ってよい。 時間を無駄にした。 つまらない野球を見るのをやめて、「チコちゃんに叱られる」。

 

割引なしの少々高めの刺身3点盛りと鯵の南蛮漬け+炊立ての白米とラッキョの漬物で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の夕食。

 

NHKニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 登戸の殺傷事件。 野村何某の発言に怒! なんで毎週野村を出すのか分からん。 

 

「なつぞら」、夜の部。 ストレッチをして12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:59
-, -, - -
長谷川豊糾弾原稿

5月24日(金)

 

朝、8時半起床。 明け方のトイレは避けられないが、二度寝はスムーズ。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温25度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町駅に着くも、暑い! 日本維新の会の関係者から、長谷川豊の今夏の参議院選比例代表公認を「停止」したとの連絡を受ける。 実質公認取り消しだが、「停止」表現の内情を聞く。 

 

週刊誌に投稿する、長谷川豊糾弾の原稿の縮小作業。 「なつぞら」、昼の部を見ながら、初めて食す“冷やし焼あごラーメン”で昼食。 塩味が珍しい。 朝日新聞が社説で、「日本維新の会 政党の見識が問われる」と題し、長谷川豊の部落差別や丸山穂高の暴言などを厳しく批判している。 

 

引き続き削減作業に集中し、4時に終えて、担当者に送信。 一息ついて、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、なんと気温28度、バスに乗り6時半に帰宅。

 

BS日テレ〜地上波日テレで、巨人vs広島戦。 最後まで放送しろと、怒! 生シラスと5割引きのヒラメの板を切って、白ワイン、初めて飲む八朔サワーがなかなかイケる。 シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 ホタルイカのスパゲッティ―で、夕食を締める。

 

あまりの暑さにクーラーを付ける。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。  BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。  ダービー関連番組を見ながら、ダービーの検討。 勝つのは、皐月賞上位3頭との確信を持つ。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 11:24
-, -, - -
長谷川豊の部落差別講演

5月23日(木)

 

朝、8時起床。 明け方トイレ一回でまずまずの睡眠。 「ノコギリヤシ」は買わなくて済みそう。 8時ジャストにテレビを付け、「なつぞら」朝の部。 付け始めの20分は凍結しないことが判明。 

 

豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、すでに気温24度の晴天下、小型バスで駅。 区間快速で10時半前に神保町。

 

長谷川豊の度し難い部落差別についての資料読み。 今日の朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、東京新聞はキチット報道。 読売新聞は載せてないが、スポーツ報知が記事にしているのはさすが。 「なつぞら」、昼の部を見ながらウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

長谷川豊が2月下旬に世田谷で行った、選挙応援講演の部落差別についての糾弾文章を書きはじめる。 手書で始めたが、なぜかパソコン画面で書き進めることになる。 4時間かけ、6時に原稿を書き上げ、一息つく。 多分少し削ることになると思うが、解放同盟の抗議文の内容と抗議の仕方が情けないので批判。

 

7時に事務所を退出。 人身事故で電車が遅延し大混雑。 やっと座れたと思ったら、途中で運休になり立ったまま満員電車で、30分遅れで駅。 疲れて買い物せず、気温22度、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

鯵とイカの南蛮漬け+昨日の筍ご飯で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯で夕食。 BS日テレで、巨人対DeNA戦。 何とか巨人が逃げ切る。

 

テレ朝、報道ステーション。 元フジテレビのアナウンサーで次期参議院選に日本維新の会から比例区代表で立候補する、長谷川豊の部落差別発言報道。 内容は今一つ物足りないが、取り上げたことを評価したい。 TBS,ニュース23。 BSプレミアムで、「なつぞら」朝の部。 明後日のダービーの調教ビデオを見る。 今日の段階では、皐月賞の1〜3着馬で決まる可能性大。 

 

ストレッチをして、トイレのタイミングを計り、2時に就寝。  

 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:09
-, -, - -
長谷川豊の度し難い差別講演

5月20日(月)

 

朝、7時半起床。 明け方一度トイレに起きたが、熟睡。有機トマトジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 青汁はカタログハウスに限る。  「なつぞら」朝の部を見るも、途中画面が二度固まる。 

 

気温23度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜鈍行で、10時前に神保町。 冴えた頭で、『反差別』本の原稿を校正しながら読む作業。 

 

今日は、「鳥取ループ」を名乗る、示現社の差別者・宮部龍彦に対する糾弾行動と、日本における黒人差別意識。 そして男組組長・高橋直輝の沖縄反基地闘争への思いなどの項を読み進める。著者の山口祐二郎さんから一昨日「群馬県館林市に暮らす難民―ロヒンギャと交流」という追加原稿が送られてきた。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 “ごごナマ”のゲストが、なんと広瀬すずだったので、引き続き見ていたら、携帯に電話があり、次期参議院選挙に日本維新の会から全国比例区で立候補予定の、札付きの差別者・長谷川豊が講演会で度し難い部落差別を行ったという知らせを受ける。 

 

江戸時代の賤民、穢多・非人を、極悪非道な犯罪のプロ集団として語った内容だが、歴史的な事実誤認というレベルではなく、差別意識に基づく悪質なデマで、直撃される被差別部落出身者に対する差別扇動と言ってよい。 醜悪な差別者・長谷川豊には、徹底糾弾あるのみ。

 

せっかく原稿読みに気合が入っていたのだが、腹立たしくなり読み進めず。 ツイッターとフェイスブック上にも、怒りの声が溢れている。 関係する人物に電話して、5時に事務所を退出。 

 

直行電車で駅。 パルコで、夏蒲団を見て回り、薄手の掛布団を購入。 フードマーケットで買い物をして、気温22度、バスに乗り7時に帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストはハリセンボンの近藤春菜。 訪問先は、またしても岡山県の井原市。 2ヵ月ほど前にも、千鳥・ノブのファミリーヒストリーでも取り上げられていたが、母親の故郷でもあり懐かしい。 小学生を含めほとんど岡山弁をしゃべらない。 吉備文化が衰退している。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 ニュースの内容よりも、降り始めた強い雨の方が気にかかる。 引き続き、NHKで「逆転の人生」。 カウターのメンバーからラインで教えてもらった、ネット炎上被害者が顔の見えないネットユーザーと対決する姿をドキュメントで映像化した優れもの。 バーチャル空間の闘いがリアルな現実を変える。

 

TBS、ニュース23〜BSで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:30
-, -, - -
川崎駅前のヘイト街宣粉砕行動!

5月12日(日)

 

朝、9時起床。 心房細動が起きているわけでもないのに、明け方まで4回もトイレに起き、睡眠不足で頭がくらくらする。 豆乳と有機人参ジュース一杯。 酵母パンに、ミカンの皮ジャムを塗って、淹れたてコーヒーでブランチ。 

 

時間がなく湧き水汲みは止めて、気温25度、バスで駅。 1時半に川崎駅前で行われる、差別・排外主義団体・日本第一党のヘイト街宣粉砕行動に行く。

 

悔い改めないというより、排外主義に身も心も囚われた不可逆的な差別主義者のゲス20人足らずが、ヘイト街宣。 300人を超えるカウンターの犁△“コールの爆音で、ヘイト演説を無化する。 本年度中に川崎市は罰則規定のある差別街宣禁止の条例を制定する予定。

 

ヘイト街宣を粉砕した後、国会活動が忙しい中、カウンター行動に参加していた、立憲民主党の沖縄県代表でもある、有田芳生参議院議員としばし情報交換。 

 

南武線を乗り継いで、駅。 成城石井で買い物。 気温23度、小型バスに乗って4時半に帰宅。 風呂に入って、汗を流し、狄実膸ビール“で喉を潤す。 

 

プリプリのホタルイカと廉価なマグロの赤身〜中トロ〜大トロの盛り合わせ+市場で買った、タラの芽を天麩羅にして、梅干し入り焼酎のお湯割り一杯の夕食。

 

NHK、ニュース7。アメリカのフロリダ大学に留学している、サニブラウン・アブデル・ハキームが現地の大会で、100M、9・99で優勝したとの吉報。 映像を見る限り、太ももと腕・肩の筋肉が発達している。 ついに日本男子短距離界の本命が躍り出てきた。 父親はガーナ人で母親は短距離で活躍した日本人。 父親よりも圧倒的に母親の影響が大きい。 ステレオタイプの評論は恥をかく。

 

巨人がまたヤクルトに負けた、情けない。 坂本の記録は続いている。 早め、11時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:52
-, -, - -
アイヌ新法成立

4月19日(金)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温すでに22度、バスで駅。 準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

昨日は1回しかワセリンを塗らなかったので花粉症が防げなかったと反省し、今日は朝から繰り返し5回以上鼻の中にワセリンを塗った効果か、くしゃみは一回のみで鼻水はない。 やはりワセリンは花粉症予防に効果がある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 JALの飛行機に広瀬すず。  

 

神田三省堂書店本店に寄って、昨夜提示された企画・ダイエット関連本のコーナーを見て回る。 類似本の多さに驚くが、しかし、本の奥付を見るよく売れていることが伺える。 夏の陽射しに汗をかく。 『客室乗務員』本の編著者に、出版する方向で検討するとの返信メールを送る。 ついに冷房を付ける暑さ。

 

アイヌ新法が可決成立したことを、ヤフーニュースで知る。 付帯決議が充実した内容だというが、法的強制力がないことは覚えておくべき。 アイヌ協会の加藤理事長は喜んでいるが、アイヌ差別をよく知る識者の評価を待ちたい。 2020東京五輪を前にした、駆け込み先住民族人権法案であることは疑いないが、やっとここまで来たかという気はしている。

 

原稿の校正読みをして、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温23度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

BS・NHK で巨人vs阪神戦。 巨人の先発は、エース・菅野。 菅野の完封勝利を期待していたが、叶わなかったが、巨人圧勝。 テレ朝、報道ステーション。 池袋の痛ましい自動車事故。 年寄りの運転ではないかと思ったが、その通りで言葉がない。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:27
-, -, - -