RSS | ATOM | SEARCH
新橋の夜

12月1日(土)

 

今日から師走・12月。 朝、9時起床。 昨夜の筋トレが影響したのか、動悸がする。 有機人参ジュースと江ごま油入り青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 精肉店で和牛と鶏もも肉を仕入れ、市場で新鮮野菜と有機人参ジュースなど。 動悸が止まらず肩が凝り、帰り道がきつい。

 

炊き込みご飯で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 動悸を収めるべく、ストレッチ体操。 バスで駅。 神保町で乗り換えて内幸町。 

 

5時に新橋で開かれる、立憲民主党の有田芳生議員の集いに参加する。 浪花の巨人・バキやんと面白い会話。 二次会を新橋駅前の洋風居酒屋で、反差別・カウンターのメンバーと弁護士Hさん。 

 

濃い夜を過ごし、帰宅方向が一緒のメンバーとタクシーに乗り、2時過ぎに帰宅。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:友人・知人, 12:59
-, -, - -
遠方より来たる朋と語らう

10月30日(火)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の晴天下、爽やかな陽を浴び、25分歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時半に神保町。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪とハム入り自家製野菜サラダで、昼食。 メールとツイッター、FBなどをチェック。 

 

昨夜、NHKの「クローズアップ現代+」が放送した、「大量懲戒請求  異例の裁判で賠償命令」の内容に対し、ネトウヨの差別煽動行為という視点が欠落しているとの批判がほとんど。 今のNHKの限界を示している。

 

今日は一人なので、電話が鳴らないことを祈り、午睡30分。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来るも、先週日曜日は競馬に参加しなかったので、とくに反省することもなし。ただ、5番人気馬と7番人気馬が1着になったにもかかわらず、WIN5の配当が異常に低かったことを、二人で訝しむ。

 

情報誌などを読んでいると、日が暮れ窓外が見えなくなった。 しかし、まだ5時になっていない。 6時半過ぎに、遠方から上京してきていた、朋たちと懇親会。 途中で若い朋も加わり、盛り上がる。 意気に感じる夜を過ごす。 

 

タクシーに乗って、2時頃に帰宅。 以後記憶なし。 たぶん3時前には寝たと思う。 

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:34
-, -, - -
フィリピン在住の、旧友Hさん

10月25日(木)

 

朝、10時起床。 爆睡! 気温21度、雲一つない晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、12時前に神保町。 

 

杉田水脈が国会内で記者団の取材に応じ、『新潮45』の記事について、「不適切な記述」との認識を示すも、「生産性ない」の寄稿文は撤回もしないし謝罪もなく、議員辞職する意思もないと、居直っている。 徹底糾弾あるのみ!

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、熱々の掻き揚げ蕎麦で、昼食。 昨夜の美味しい刺身とにぎり寿司に比べるべくもない、情けない味。 

 

昔、神保町で印刷会社に勤め、その後結婚して大分は国東半島で、有機農業に精を出していたが、昨年からフィリピンに終の棲家を構え、悠々自適の生活を送っている、Hさんがビザの手続きなどで、一時帰国したついでに20数年ぶりに訪ね来てお会いする。 

 

雨季と乾季があるものの、一年中真夏のフィリピン。 日焼けした精悍な顔がなかなか絵になっている。 近況と、共通の友人たちの消息の話。 公用語は英語で、韓国人もたくさん移住しているとのこと。 長寿家系のHさん、優雅な生活がうらやましい。

 

書店からの新刊注文電話が、5件と半減してしまった。 『最新 差別語不快語』40冊梱包して、全国紙の新聞社に発送。 有り難い注文に感謝。

 

早め5時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温20度、バスに乗り6時半に帰宅。 鯵(アジ)の刺身と鰤(ブリ)の照り焼き+水餃子で、調布ビールと梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュース7。 3年半ぶりに解放され成田に到着した、安田純平さんの映像。 本当によかったと思う。 強靭なジャーナリスト精神を見る。 

 

ゆっくり風呂に浸かってくつろぐ。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 ドラフトで中日が引き当てた、大阪桐蔭の根尾。 いい面構えで必ず活躍すると思う。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:14
-, -, - -
偲ぶ会と生誕祭

7月22日(日)

 

朝、9時起床。 暑い! 焼けつくような炎天下に寝具干し。 産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜を買い込んで、セミの鳴き声も弱々しい川縁を散歩。 大型鯉30数匹は昨日と同じ岩のある場所から動かず。

 

自家製冷やし中華で昼食。 分厚い本を読んで、午睡。 暑いのでジョギングも中止し、冷房の効いた室内に留まり意識的に水を飲む。 今年最高の暑さと、気象庁。 

 

7時に六本木で開かれる、若くして旅立った同志を偲ぶ会と、仲間の生誕祭を兼ねた懇親会に、お祝いを持って駆け付ける。さすが六本木という個室で、 楽しいひと時を過ごす。 

 

二次会を西麻布の、若者たちで賑わう、でかいロフト居酒屋。  帰る方向が一緒の若い衆とタクシーに乗ったことまでは憶えている。

 

以後記憶なし。 多分2時過ぎには帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:友人・知人, 11:19
-, -, - -
靖国神社の遊就館

7月4日(水)

 

朝、9時半起床。熟睡! 有機トマトジュースと青汁二袋。 顔を洗って晴天下、バスで駅。 区間急行で、11時半に神保町。 

 

新聞三紙を読む。 スポーツ新聞二紙も朝日新聞も、サッカー日本対ベルギー戦を大きく紙面を割いて報道しているが、如何せん時間が経ち過ぎていて新鮮味がない。 

 

「半分、青い。」、昼の部。 終わると同時に、白金のショットバー、“カフェカルヴァ”の常連IMさんが訪ね来る。 今年の1月に定年退職したという、IMさんと近くの中華料理店、新世界菜館で、ビールを飲みながら、昼食。 五目冷やし中華の美味しいこと。 もう絶対にコンビニの冷やし中華は食べられない。

 

歩いて、靖国神社内にある、遊就館。 昼間の自然光の下では、過ぎ逝く現実を隠せないバーのママ・AKさんも合流して、2か月ほど前から遊就館で働いている、バーの常連ODの様子伺いに行く。 

 

神武天皇から始まり第二次世界戦争の敗北までの展示を、1時間かけて見て回る。 1937年の、南京大虐殺には一切触れていない。 『失敗の本質』(中公文庫)を陳列したらどうかと思う。 

 

ODに境内のいろいろなところに連れて行ってもらい、展示場の1Fで、冷たい“軍艦コーヒー”。 欧米系、アジア系を問わず、外国人観光客の多いのに驚く。 しかも熱心に見入っていた。

 

4時前に別れて、事務所に戻る。 有田芳生さんがツイッターで、東京都美術館で始まる「没後50年藤田嗣治展」の原稿に「戦争画」と書いてあったところ、「作戦記録画」にしろとチェックが入ったことをつぶやいている。 「アッツ島玉砕」のどこが「作戦記録画」なのか、ふざけるなと言いたい。 

 

「武器輸出」→「防衛装備移転」、「盗聴法」→「通信傍受法」、「監視カメラ」→「防犯カメラ」、「公害問題」→「環境問題」、「共謀罪」→「テロ等準備罪」、「墜落」→「不時着」、そして、「(差別)禁止法」→「解消法」。 権力の言葉の操りに注意!

 

宅配便の段取りで、早め6時前に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をしてバスに乗り、7時前に帰宅。 お中元の美味な豆腐セットを受け取り、付き物のカツオと醤油で、早速つまみにして、梅干入り焼酎のお湯割りで食す。 秀逸!

 

BS日テレで、巨人vsDeNA戦。 昨日も見たとたん、陽岱鋼と宇佐見の連続2塁打で逆転し勝利したが、今日も5点差を逆転して、と思っていたら澤村がぶち壊す。

 

民放各社の、大雨ニュースとタイの洞窟に閉じ込められた、サッカー少年13人の救出情報。 

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:52
-, -, - -
ダービー前夜、代々幡斎場

5月26日(土)

 

朝、8時半起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 曇天に布団干せず。 眠りの深さに影響する。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンと豚まんを買おおと思うも、見当たらない。 薩摩揚の袋詰めと別のパンを買ってレジ。 

 

今日は酵母パンの入荷がないのですか、と聞くと、レジを離れ帰ってきて、売り切れているとのこと。 親切にも、レジの女性が個人的に購入していた、豚まん一個を分けてもらう。 その優しい配慮に感謝!

 

川は大型鯉が集団でジャンプし、賑やか。 分けてもらった豚まんを蒸し、パンを焼きバターを塗って、淹れたてコーヒーで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 

 

中央競馬で、明日のダービーの予行演習。 浮き沈みの激しい戦績だったが、明日に繋がる確信を持つ。 

 

6時前に、京王新線・幡ヶ谷駅近くの、代々幡斎場で行われた、故・恵谷治さんの通夜に行く。 小学館の関係者が受付などを手伝っていて、記帳。 

 

予想をはるかに超える会葬者らしく、恵谷さんの人柄が偲ばれる。 俳優の西島秀俊さんをまじかに見る。 親しい人に挨拶をし、直会を遠慮して、8時に帰宅。 

 

牴饒鮓耄“の中に、「浄土真宗では、葬儀の時、清めるために塩を用いる事をいたしません。」と書かれたハガキが入っていた。 死をケガレとは考えないと、仏教の立場を明らかにしている。

 

NHK・BSで、「世界最高のマジック殿堂」を3時間、11時まで見る。 面白いが寝れなくなりそう。 ポテトサラダとワカメ+肉入り野菜炒めで、柚子入り焼酎の水割り二杯で夕食。

 

BS、グリーンチャンネルで、明日のダービー大型特集の再放送。 深夜2時まで見て、就寝。 

 

今のところ、ダービーは、一番人気の1枠1番・ダノンプレミアムと皐月賞馬・6枠12番のエポカドーロの二頭軸で勝負する予定。

author:小林 健治, category:友人・知人, 08:55
-, -, - -
後輩、遠方より訪ね来る

5月10日(木)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨降る中、バスで駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。 

 

気温11度、あまりの寒さに、暖房をつけ、コンセントを抜いていた、机下の電気ストーブも付ける。 昨日群馬では雪が降ったという。 

 

早めにさつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読んで、「半分、青い。」昼の部。 スポーツ新聞は、二紙とも日ハム・清宮幸太郎の初ホームランがトップ紙面を飾っていた。

 

メールのチェックなどをしていると、どでかい音を轟かせながら、雷が数回落ちる。 するとにわかに暗雲去り、陽が照りだし、気温も上昇し、暖房器具がいらなくなった。 午前中から6度も温度が上がった。

 

3時に、福岡から仕事で上京してきていた、後輩のOさんが来る。 ネットを舞台にジャーナリスト関係の仕事をしているという。 十数年ぶりに会ったが、引き締まった身体と表情に元気さが溢れていた。 近況を聞き、かつ貴重な情報も教えてもらい、再会を約し、見送る。

 

今日届いた、『週刊新潮』と『週刊文春』を読んで、6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

日テレで、巨人vs阪神戦。 阪神の年寄りに打たれているようでは、心もとないが抑えがしっかりしているので何とか勝利し、2連勝。

 

ホタルイカと海老の刺身で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 握りずしで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 柳瀬元首相秘書官の参考人招致。 自民党の質問に答える忖度映像が中心だが、社会部の担当記者も出て、中立的な演出。 

 

テレ朝、報道ステーション。 柳瀬参考人招致〜北朝鮮から解放された韓国系アメリカ人が、トランプに迎えられる映像。 NHKとは違い、柳瀬発言の矛盾点も衝く報道。 後藤謙次はいらない。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:46
-, -, - -
“老人力同盟”、創立大会

4月30日(月)

 

朝、9時半起床。 熟睡で体調も良い。 有機トマトジュースと青汁二袋。 三日連続の晴天に布団干し。 ゆっくり朝風呂に浸かって、髭を剃り頭髪を整える。

 

「半分、青い。」昼の部を見て、酵母パンと卵焼き+トマト、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

溜まっていた、『ビックコミック』、『ビックコミックオリジナル』、『週刊文春』、『週刊新潮』、などのコミック誌と週刊誌誌を読み倒す。 BGMは、NHK・BSで、巨人vsヤクルト戦を初回から狡阿”。 巨人、8連勝の圧勝で、溜飲を下げる。

 

夕方まで、のんびりと時を過ごし、歩いて駅。 6時半に、新橋の“銀座ライオン”で催される、「老人力同盟」の創立大会に参加。弓立社の小俣一平社長の指示で行くも、有田芳生議員たちが深く関わってた段取りと知る。

 

浪花の歌う巨人 バキやんこと、趙博さんと久しぶりに邂逅。 “老人力同盟”の党歌を披露してくれる。 吉永みち子さんとも久しぶり。 BS・11の二木さんを、満場一致で委員長に選出し、結集した二十数名の、闘う老人が、気勢を上げる。

 

九州地区選出・立憲民主党のE議員夫妻と懇談。 元教師で日教組の妻は同和教育にも詳しい。 毎日新聞と朝日新聞の、ロートル記者(一応取材として)も参加し、異常に盛り上がり、二次会を赤坂の 。“も〃”。  

 

あんまり覚えてないが、多分、赤坂〜明大前〜駅経由、タクシーワンメーターで、帰ったと思う。 以後記憶無し!

author:小林 健治, category:友人・知人, 11:25
-, -, - -
男組・高橋直輝組長

4月17日(月)

 

朝、9時起床。 暖かい。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、夕方には雨が降るという予報だが、なんと今年初の、気温25度の晴天下、ジャンバーを脱ぎ捨て、軽装で歩いて、駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、11時に神保町。

 

暖房いらずの送風のみで、週明けの事務仕事(主に返品処理と迷惑メールの削除)をこなし、「ひよっこ」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食

 

サンスポと朝日新聞を読み、切り抜き作業。 サンスポの名物コラムニスト・今村忠氏が、犂展辛口”で、ベトナム人の少女・リンちゃん殺害事件について、怒りを抑えて書いている。 

 

日本は、治安のよい安全な国と思い、ベトナムから来て働いていた両親から、「愛する娘の命が理不尽に奪われた」残酷な事件。  「『日本の恥』をさらした今回の事件は、・・・・、東京五輪・パラリンピックを控え、うわべだけをいくらきれいに見せかけても、子供や社会的弱者が守られないような社会では心許ない」。 今村忠氏の諫言。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省だけで、今週の展望はなし。 皐月賞を、1着馬・アルアインを軸に、三連単の1・2着固定で大勝負したが、惜しくも外し100万馬券を逃したという。 帰り際には元気を取り戻していた。

 

大阪の畏友から電話。 ある組織の人事と組織改編について、詳しい話を聞く。 その組織が、いい方向に進むために、協力を惜しまないことを伝える。

 

沖縄関係の情報収集。 琉球新報に、目取真俊氏が微罪で半年も不法勾留されている、添田氏(高橋直輝氏)について、〈狒世し發”明らか〉〈政府、反差別の連帯分断〉の見出しでインタビュー記事を寄せている。 

 

〈彼の逮捕・勾留は明らかに政治的意図を持った狒世し發”だと断じる〉〈添田さんは、ヘイト運動に対抗する活動を全国で展開する「男組」の組長。反ヘイト・反差別の「象徴的存在」だからこそ狙われたと指摘する〉。  不当逮捕・勾留が、半年を超えた男組・高橋直輝組長。 琉球新報は紙面上で、即時釈放を要求する連載もしている。

 

6時時半まで資料整理をして、事務所を退出。 小雨降る中、直行電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問場所は、地震から1年の、熊本県南阿蘇村。 ゲストは、3年前にも訪れた、指揮者の佐渡裕さん。

 

5割引きの、マグロのトロ入り3点盛りと、鯛の刺身一本、ホタルイカ+3点1080円のセット惣菜で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯と水割り一杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべきニュースはない。 「森友学園」疑獄事件は、 財務省の理財局長・佐川の答弁が、虚偽であることが明らかな資料が出てきたのだから、野党は徹底的に真相究明し、安倍政権打倒を目指すべし。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:21
-, -, - -
『琉球新報』と友からの手紙

3月7日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温7度の、寒くない曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時半過ぎに神保町。

 

沖縄の琉球新報社から、掲載紙が送られてきた。 3月3日付で、文化面の「沖縄ヘイトの底流にあるもの」シリーズの第二回に、登場。 内容は、金曜日アップの、ウェブ連載「差別表現」の中で公開予定。 

 

ちなみに、144万人が住む、沖縄県での新聞購読者数(2014年上半期)は、全国紙の、日本経済新聞→5794部、朝日新聞→1105部、読売新聞→795部、産経新聞→285部、毎日新聞→280部だが、地元の琉球新報→16万3475部、沖縄タイムス→16万625部で、地元二紙でシェアー率、なんと97・5%。  差別・排外主義者、百田尚樹は、この二紙を潰せと、自民党の会合でうそぶいた。

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダと野菜満載タンメンで、昼食。 午睡30分の後、気合を入れて、原稿読み。 5時過ぎに読み終える。 途中、有り難い、直注文段ボール一箱梱包して発送。

 

「森友学園」疑獄事件で、自民党は国会参考人招致に反対。 違法性が明らかではないからという理由だが、すでに多くに人がネット上で指摘しているように、違法性があれば刑事事件で検察の捜査対象となる。 反知性主義的言い訳。 

 

日経新聞が、「森友学園」事件を受けて世論調査を行っている。 支持率→36%、不支持率→64%で、前回調査から支持率が24%も急落していることが判明した。 安倍内閣打倒が現実味を帯びてきた。 国会証人喚問に向け、大集会とデモを行おう!

 

7時に事務所を、退出。 直行快速電車で、駅。 フードセンターで買い物をして、バスに乗り9時前に帰宅。 

 

ポストに那覇拘置所に、不当に長期拘留されている友から、手紙。 開けると、『琉球新報』の記事を読み、急ぎ手紙をしたためたとのことで、便箋一枚の短い文面。 3月3日、12時に『琉球新報』を読んでいて、19面の記事に気付き、金曜日の午後1時を過ぎると、手紙の投函が月曜日になるというので慌てて書いたという。 臨場感あふれる手紙に感無量!

 

5割引きの2点盛りの刺身とマグロの切り身、+男爵コロッケと野菜サラダ、薩摩揚で、焼酎のお湯割り二杯のところを、嬉しい手紙を受けとったので、四杯。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 今日の朝日新聞が、2500万円と評価された、猴吠囘渓榁穗”について、専門家がBOP(放送倫理・番組向上機構)に審議依頼したと報じている。 本物なら12億円するという。 真贋見分け率75%でまずまず。

 

テレ朝、報道ステーション。 「森友学園」疑獄にを追及するも、安倍昭恵の言い訳を長時間流し、バランスを取る姿勢に、不快感。

 

日テレ、フジのニュースを見て、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:47
-, -, - -