RSS | ATOM | SEARCH
苫米地英人博士の還暦祝賀会

9月7日(土)

 

朝、8時起床。 有機トマトジュースと爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 「なつぞら」、朝の部。 BSで「なつぞら」、一週間分を見て、蒸し暑い中、産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜、側の精肉店で和牛の霜降り切り落とし、鳥胸肉、豚ロースを買い、川縁を散歩。 橋の上から老人が大型鯉に餌を与えていて、迫力ある鯉踊り。

 

大汗をシャワーで流し、豚まんと酵母パンを淹れたてコーヒーで、昼食。 「なつぞら」、昼の部。 今日から始まった、秋の中央競馬。 阪神、中山とも出走頭数が少なく、見てても面白くないので、読書。

 

4時過ぎに家を出て、気温33度、背広を着てバスに乗る。 いつもは10分で駅に着くが、一向に進まない。 調布の花火大会の余波で大渋滞。 駅前には浴衣姿の女性などが溢れ、駅のホームにたどり着くのに時間がかかる。 

 

6時から、帝国ホテルで開かれる、狷冓特榔竸祐堽饅鵬豌“に余裕を持って出席予定が、なんと20分遅れで到着。 苫米地英人さんは、今も売れている小社の『スピリチュアリズム』の著者。

 

指定されたテーブルで、美味しい料理に舌鼓を打ち、シャンパンと白ワインで渇いた喉を潤す。 400百人を超える参加者 で大賑わい。 エグザイルのメンバーとのコラボ演奏と水道橋博士とのトーク。 

 

隣のテーブルに元『週刊朝日』編集長のYさんがいたので、隣に座り話しこむ。 最後の30分、耳をつんざくようなロック演奏に耐え、9時前に祝賀会場を後にする。

 

日比谷〜神保町で、直行電車で駅。 バスに乗るも、10時だというのに花火見物客で超満員。(30万人集まるという) 這う這うの体で家に着き、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎の水割りで、息を整え気分を落ち着かせる。

 

BS・プレミアムで、本日4回目の「なつぞら」夜の部。 明日の中央競馬、WIN5の検討をして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 10:44
-, -, - -
猛暑に萎える

8月7日(水)

 

朝、10時起床。 睡眠はとれたが、暑く身体が怠い。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温33度の炎天下、満員(夏休みで子供が多い)の小型バスで駅。 準特急〜区間快速で、11時半に神保町。 電車で隣に座ってきた100kg近い若い女性の迫力に圧倒される。

 

娘の応援を得て、会計処理と売り上げの少ない請求書作り。 幸手市の渡辺市長が、出張先の飲食店で相手をしていた女性を暴行した疑いで逮捕されたとのニュース。 中学生を数人連れて広島の原爆式典に参加した夜のことだという。 情けないし、幸手市には書籍の販売を委託している、出版流通代行の大村紙業がある。

 

「なつぞら」、昼の部を見ながら、とみ田の濃厚豚骨魚介冷やしつけ麺で、昼食。 あまりの暑さに、 対談原稿を読むも気合入らず。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温31度、バスに乗り6時半に帰宅。 BS・TBSで巨人vs中日戦。 まずまずの試合内容。

 

ヒラメの刺身ともずく酢+カボチャ煮と鶏の胸肉のから揚げで、冷えた白ワイン一本とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯で、夕食。 白ワインは、昨年550円で今年に入り650円と突然100円値上げした、欧州のホン物ワインで、コルク栓もしっかりしている。 安価だが美味い。

 

テレ朝、報道ステーション。 小泉進次郎と滝川クリステルの、官邸での結婚記者会見を冒頭から、ワイドショー並みに長々と放送。 

 

BS・プレミアムで「なつぞら」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 08:55
-, -, - -
元東京新聞記者・村串栄一さん逝く

7月4日(木)

 

朝、9時起床。 涼しいのでよく寝れる。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度、霧雨の中、定時より早く来た小型バスに乗り遅れ、400m先の昔のバス停から駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

娘の応援を得て、会計実務。 民族派・山口祐二郎さんのネトウヨと既存右翼批判の原稿読み。 「なつぞら」、昼の部。 ちょっと展開に無理感。 ウィンナー入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡なしで、原稿読み続行。

 

今日届いた『週刊文春』で、元東京新聞の編集委員で、弓立社から『がんと明け暮れ』(2013年刊)を出版した、村串栄一さんが6月26日に亡くなっていたことを知る。 享年70歳。 がんと共存しながら強靭な意思で生き抜いたジャーナリスト。 

 

70歳は今では「早世」といえるが、ここ10年は30年に値する時熟した人生を送っていた。 『文春』の、元朝日新聞・村山治さんの追悼記事がいい。 参議院選挙に、立憲民主党から全国比例区に立候補している弓立社の、元NHK記者・小俣一平さんはライバルで盟友。

 

5時まで原稿を読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 レジが混んでいたので、何も買わずにバスに乗り、気温22度、6時半に帰宅。 

 

筋トレ、ワンセット。 部屋の汚れが目につき、塵取りローラーをかける。 物凄いゴミに閉口するが、ここのところのくしゃみと鼻水の原因が分かった気がする。

 

BS・日テレで、巨人vs中日戦。 2回裏、ツーアウト満塁で坂本が、6年ぶりのグランドスラム。 危なげなく巨人5連勝! NHK、ニュースウォッチ9。 参議院選挙情報。 テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 

 

BSプレミアムで、「なつぞら」夜の部。ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 08:54
-, -, - -
趙博(パギヤン)と故・岡留『噂の眞相』元編集長 

3月30日(土)

 

昨夜食べ過ぎたのか、夜中に腹痛で目が覚める。 太田胃散を飲むも効かず、明け方一個残っていた、鎮静剤で事なきを得るが、睡眠不足で10時起床。 

 

肌寒い曇天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンなどを買い、側の精肉店ですき焼き用の和牛と鶏胸肉を購入。 野川の桜は八分咲きで、河川敷にはブルーシートが敷かれ、すでに花見宴会をはじめている組もあるが、少し寒いのには同情する。 

 

髭を剃り整髪し、風呂に入る。 炊き込みご飯で、昼食。 「まんぷく」昼の部で、最終回。 なんとなく終わったか、と言う感じ。  2時にバスで駅。 京王線・千歳烏山駅近くで開かれる、浪速の歌う巨人・趙博さんの一人芝居を観に行く。 

 

目取真俊さんの芥川賞受賞作・『水滴』を基にした、三線の弾き歌ありの一人語り舞台を1時間半。 感動の舞台。 その場での懇親会に6時前まで参加して、6時半に市ヶ谷の私学会館で行われる、犖機惘修伶蛋蝓“の編集長・岡留安則さんを狷やかに送る会”に参加。 

 

500人近い故人と縁のある人々が参集。 司会は、青木理さん。 30年来の付き合いのある顔見知りも多く、久闊を除す、ほんとうに賑やかな会。 挨拶と会話に忙しく、食べる暇も、飲む暇もなく、あっという間に2時間半が経ち、9時。

 

久しぶりに会った、管直人元首相としばし歓談。 7月参議院選挙に向けた政界動向を聞く。 納得すること大。  ゴールデン街に流れる、二次会に方々から誘われるも、睡眠不足を自覚し、直行電車で駅。小雨降る中、以前の停留所で降り、歩いて500m、10時半に帰宅。

 

小魚の南蛮漬けと少しだけすき焼きを作り生卵を落し、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯で、空腹を満たす。

 

スポーツニュースで、巨人が広島に雪辱したことを確認して、2時に就寝。 しかし、濃い一日だった。

author:小林 健治, category:友人・知人, 11:01
-, -, - -
朋遠方より来たる

2月28日(木)

 

朝、9時起床。 寒い! 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温7度、小雨降る中15分待たされて、バスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時前に神保町。(昨日逢った新婚のIさんと今日も遭遇)

 

地方から上京してきていた朋と、事務所で待ち合わせして、社会状況について意見交換。 政治と組織の貧困を嘆く。 近くの中華料理店、狄契こ菜館“で昼食を共にし、再会を約し見送る。

 

朝日新聞スポーツ欄に、「陸上女子 男性ホルモン値制限の新規則 妥当?」と見出しのついた大きな記事。 南アフリカの、陸上女子中距離のアスリート・セメンヤ選手を排除しようとする動きに懸念を表明。 オリンピック憲章は、性差別を含めあらゆる差別を許さないと宣言している。

 

4時に、ある新聞社の旧知のジャーナリストが訪ねてくる。 部落解放同盟に関わる暗部について取材を受ける。 全面的に協力することを伝える。 ヘイトスピーチ問題で深く意見交換。

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温7度、氷雨降る中バスに乗り、8時に帰宅。

5割引きのヒラメの板刺身とトンカツ+大型きつね寿司で、鉄瓶焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 米朝首脳会談の不首尾に、湿った報道。 トランプは穴(ケツ)に火がついている。 TBS、ニュース23は「決裂」と断言。 ハノイでインタビューした有名美人女性を、倏侏“と表記。 

 

BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。 ストレッチをして、1時半に就寝。 明日は、19時半から行われる首相官邸前の牋打椒筌瓮“抗議行動に行く予定。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:08
-, -, - -
友の結婚披露宴

2月23日(土)

 

朝、9時半起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 晴天下、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンと豚まんを購入し、川縁を散歩しながら、腕の筋トレ。

 

大汗をシャワーで流し、チェーマッサージを受け、礼服並みの背広を着て、バスに乗り駅。 市ヶ谷で乗り換えて、有楽町。 銀座2丁目で行われる友人・Iさんの結婚披露宴に出席。

 

有楽町で、牋打椒筌瓮“のデモ行進に遭遇。 大音量で気合の入った抗議行動。 「差別を許さない」とのプラカードに回りには、カウンターの見知ったメンバーの姿も。

 

1時半から、披露宴開始。 各界の著名人の挨拶。 テーブルには、『月刊日本』の主幹と編集長、そして執筆者で大手出版社の敏腕編集者の、Sさん。 突然の指名挨拶にそつなく応え、二次会を銀座爛薀ぅン“。 尾崎ゼミのメンバーも参加して盛り上がる。

 

ゼミのメンバーと、数寄屋橋の“四馬路”に行くも店開いてなく、有楽町駅近くの満員のドイツ風居酒屋で、3次会。 4次会に行くというメンバーを見送って、地下鉄に乗り駅。 深夜バスに乗り、500M歩いて11時半前に帰宅。

 

「まんぷく」、夜の部。 乾いた喉を湧き水だけで癒し、1時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 11:06
-, -, - -
友の結婚式前夜

2月22日(金)

 

朝、11時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温13度、晴天下バスで駅。 区間快速で、12時50分に神保町。 

 

「まんぷく」の最後の方を見て、熱々のホウトウ幅広麺と野菜サラダで、昼食。 新聞を読んで、雑誌(天皇制特集の『SAPIO』など)を斜め読み。 

 

昨日、大部数の採用注文を受けた、新刊『被差別部落の真実』の増刷に向けて、段取り。  5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 気温12度、バスに乗り6時過ぎに帰宅。 

 

鯖のミリン干しに秀逸の大根おろし、鶏胸肉を揚げて、白ワイン三杯とシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の夕食。

 

髭を剃り、整髪し、風呂に入り、明日の友の結婚式の、身体的準備。 濃紺の背広に、限りなく白に近い淡いブルーのネクタイと白いワイシャツなど、外的衣装合わせに時間をかける。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべし内容なし。 BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部。 

 

テレ東で、「フルーツ宅配便」。 デリバリー嬢に筧美和子が登場。  ストレッチをして、1時半に就寝

author:小林 健治, category:友人・知人, 10:36
-, -, - -
新橋の夜

12月1日(土)

 

今日から師走・12月。 朝、9時起床。 昨夜の筋トレが影響したのか、動悸がする。 有機人参ジュースと江ごま油入り青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 精肉店で和牛と鶏もも肉を仕入れ、市場で新鮮野菜と有機人参ジュースなど。 動悸が止まらず肩が凝り、帰り道がきつい。

 

炊き込みご飯で、昼食。 「まんぷく」、昼の部。 動悸を収めるべく、ストレッチ体操。 バスで駅。 神保町で乗り換えて内幸町。 

 

5時に新橋で開かれる、立憲民主党の有田芳生議員の集いに参加する。 浪花の巨人・バキやんと面白い会話。 二次会を新橋駅前の洋風居酒屋で、反差別・カウンターのメンバーと弁護士Hさん。 

 

濃い夜を過ごし、帰宅方向が一緒のメンバーとタクシーに乗り、2時過ぎに帰宅。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:友人・知人, 12:59
-, -, - -
遠方より来たる朋と語らう

10月30日(火)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の晴天下、爽やかな陽を浴び、25分歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時半に神保町。 

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪とハム入り自家製野菜サラダで、昼食。 メールとツイッター、FBなどをチェック。 

 

昨夜、NHKの「クローズアップ現代+」が放送した、「大量懲戒請求  異例の裁判で賠償命令」の内容に対し、ネトウヨの差別煽動行為という視点が欠落しているとの批判がほとんど。 今のNHKの限界を示している。

 

今日は一人なので、電話が鳴らないことを祈り、午睡30分。 神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来るも、先週日曜日は競馬に参加しなかったので、とくに反省することもなし。ただ、5番人気馬と7番人気馬が1着になったにもかかわらず、WIN5の配当が異常に低かったことを、二人で訝しむ。

 

情報誌などを読んでいると、日が暮れ窓外が見えなくなった。 しかし、まだ5時になっていない。 6時半過ぎに、遠方から上京してきていた、朋たちと懇親会。 途中で若い朋も加わり、盛り上がる。 意気に感じる夜を過ごす。 

 

タクシーに乗って、2時頃に帰宅。 以後記憶なし。 たぶん3時前には寝たと思う。 

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:34
-, -, - -
フィリピン在住の、旧友Hさん

10月25日(木)

 

朝、10時起床。 爆睡! 気温21度、雲一つない晴天下、小型バスで駅。 準特急〜区間急行で、12時前に神保町。 

 

杉田水脈が国会内で記者団の取材に応じ、『新潮45』の記事について、「不適切な記述」との認識を示すも、「生産性ない」の寄稿文は撤回もしないし謝罪もなく、議員辞職する意思もないと、居直っている。 徹底糾弾あるのみ!

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、熱々の掻き揚げ蕎麦で、昼食。 昨夜の美味しい刺身とにぎり寿司に比べるべくもない、情けない味。 

 

昔、神保町で印刷会社に勤め、その後結婚して大分は国東半島で、有機農業に精を出していたが、昨年からフィリピンに終の棲家を構え、悠々自適の生活を送っている、Hさんがビザの手続きなどで、一時帰国したついでに20数年ぶりに訪ね来てお会いする。 

 

雨季と乾季があるものの、一年中真夏のフィリピン。 日焼けした精悍な顔がなかなか絵になっている。 近況と、共通の友人たちの消息の話。 公用語は英語で、韓国人もたくさん移住しているとのこと。 長寿家系のHさん、優雅な生活がうらやましい。

 

書店からの新刊注文電話が、5件と半減してしまった。 『最新 差別語不快語』40冊梱包して、全国紙の新聞社に発送。 有り難い注文に感謝。

 

早め5時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温20度、バスに乗り6時半に帰宅。 鯵(アジ)の刺身と鰤(ブリ)の照り焼き+水餃子で、調布ビールと梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュース7。 3年半ぶりに解放され成田に到着した、安田純平さんの映像。 本当によかったと思う。 強靭なジャーナリスト精神を見る。 

 

ゆっくり風呂に浸かってくつろぐ。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 ドラフトで中日が引き当てた、大阪桐蔭の根尾。 いい面構えで必ず活躍すると思う。

 

BSプレミアムで、「まんぷく」、夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:14
-, -, - -