RSS | ATOM | SEARCH
すき焼き
 

36()

 

朝、8時半起床。 トマトジュース品切れのため、青汁二袋のみ。 シャワーを浴び、正装し、春日を受けて、10時に神保町。 

 

佐藤優著、『官僚階級論』の校正原稿、三回目の朱入れと削除を始める。 弓立社の新刊の勢いはまだ落ちていないが、書店店頭での動きが芳しくない。 善し悪しは別にして圧倒的にアマゾンからの注文が多い。

 

「マッサン」、昼の部を見ながら、ツナサラダと天麩羅蕎麦で、昼食。 今週の「マッサン」は戦争の非人間性を情感豊かに描いている。 それを、洗練されたエリーの演技が深めている。

 

来週行う研修レジュメを作り終え、送信。 今回パワーポイントは使用せず、話だけで行う。 野間易通さんから頂いた、『「在日特権」の虚構』(河出書房新社)の増補版を読む。 書き下ろしの8章は、〈「在日特権」のその後〉と題して、「天皇の玄孫」竹田恒泰の「在日特権」発言を、徹底批判。 知行合一野間さんならではの筆致。

 

5時半まで、朱入れ削除作業。 6時半に、新橋のすき焼き屋で、某テレビ局の人たちと懇親。 テレビ業界の差別語・差別表現に対する取り組みもかなり進んできていることを、実感。 美味しい肉を食べると、元気と勢いが出る。


ということで、とりあえず、“カフェカルヴァ”。 大家さんと常連+粋な若い衆と飲んで、多分1時前には帰宅して、寝たと思う。 以後記憶なし。

 

author:小林 健治, category:グルメ, 12:54
-, -, - -