RSS | ATOM | SEARCH
人工知能囲碁
 

312()

 

昼前、11時半に起床。 爆睡! トマトジュースのみ。 猛烈な空腹を、メンマ大盛りの自家製ラーメンで、満たす。 NHK、“のど自慢”は、震災からの復興を願う、福島県広野町。 1時半までの拡大版。 特別ゲストの、香取慎吾の司会さばきが、番組を盛り上げる。

 

2時から、中央競馬。 あまりの難しさに、WIN5は少額投資にとどめる。 案の定的中8票で、5千万円を超える、超高額配当。 14敗で、完敗。 3場のメインレースも不的中で、見せ場なく終える。

 

6時半に夕食。 つまみに、厚焼き玉子を作って、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 具だくさんの、スパゲッティ―ナポリタンで締める。

 

NHK、7時のニュース。 囲碁のコンピューター対決で、世界No・韓国の李世9段が、4局目でやっと勝ったニュース。 李9段は、人工知能(コンピューター)には、碁の“美学”がないと語る。 そう、美、つまり感情がないということは、超越性がないということだろう。 今手元にある電卓は、「1÷3×3」を「0.9999・・・」としか表示できない。 人は、1と認識する超越性をもつ。

 

NHKの大河ドラマ、現代版時代劇、「真田丸」〜NHKスペシャル。 「原発メルトダウン 危機の88時間」。 東電の、福島第一原発現場は良く頑張ったという内容に、違和感。

 

サンデースポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:神学, 09:29
-, -, - -