RSS | ATOM | SEARCH
神楽坂の夜

9月2日(金)

 

朝、10時起床。 爆睡! 青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、バスで、駅。 焼き鳥屋の女将さんから、今頃出勤?と、手を振られる。 

 

準特急〜区間急行で、12時に神保町。 猛烈な空腹を、ツナサラダと冷やしきつね蕎麦で満たし、「とと姉ちゃん」、昼の部。 

 

新刊『最新 差別語・不快語』の注文電話が、昨日より多く、手ごたえを感じる。  遠方の知人から、大部数の新刊直注文を受ける。 有り難い。 

 

沖縄・高江で、ヘリパット基地建設阻止闘争を支援している香山リカさんが、車で現地に向かう途中、機動隊に3時間にわたり車中に軟禁されたという。 今沖縄・高江は、法の秩序がない、完全な無法地帯と化している。

 

5時半頃、徳間書店のMさんが、焼酎の一升瓶を持って、ほろ酔い気分で事務所に乱入! 30分だけビールを飲んで、歓談。

 

6時半に、神楽坂の鉄板焼き屋で、大手出版社の知人と、遅い暑気払い。 うまい料理にコクのある焼酎で、連日の宴。  二次会を、昔、神楽坂芸者だったママの、小粋なバー。 「芸子・舞子が京の華なら、辰巳芸者は江戸の粋」(九鬼周造)

 

記憶はこの辺まで。 多分、1時前には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:お酒, 11:54
-, -, - -