RSS | ATOM | SEARCH
ぐらつく安倍政権

3月6日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 朝から、北朝鮮がミサイルを発射したと、臨時ニュース並みの態勢で、NHKが報道。 「森友学園」疑惑から、何とか世論の目を逸らせたい、安倍政権の意を受けての事だろう。 もくろみ通りにはいかない。

 

顔を洗って、気温10度の曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時半に神保町。 銀行振り込みなど、週明けの事務仕事を終えて、原稿読み。 「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダと天婦羅蕎麦で、昼食。

 

参議院の予算委員会。 「森友学園」疑惑の追及。 安倍首相の、論理一貫性のないはちゃめちャの長舌は、委員長から二度も注意を受けるほどで、速記者も大変だろうと、同情する。 インサイダーの高野孟さんが強調しているが、安倍首相の、「親米保守」と「反米愛国」の、矛盾した思想の同居が破綻しつつある。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 日曜日は、結構な実入りになったという。 雨の中、3時に、かかりつけの病院で、常備薬を処方してもらう。  引き続き、原稿読み。 6時まで読んで、本日打ち止め。 

 

直行快速電車に乗って、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時前に帰宅。  「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は福岡県糸島市で、ゲストは「べっぴんさん」のヒロイン・芳根京子。 立ち寄った牡蠣焼き店では、女子高3年生と遭遇。 2歳しか年が違わないとは思えないシーン。 芳根京子の将来は計り知れない。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 北朝鮮の弾道ミサイル発射、それと関連して北朝鮮マレーシア大使の“ペルソナ・ノン・グラータ”を、延々と放送。 「森友学園」問題こそ、第一に報道すべきだろう。 報道内容も、ダメ!

 

テレ朝、報道ステーション。 「森友学園」問題を、国会論議を含め、時間をかけて詳報。 後藤謙次のコメントを除けば、よくやったと言いたい。 安倍政権崩壊が現実味を帯びてきた。

 

民放各社の、ニュースをハシゴして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:07
-, -, - -