RSS | ATOM | SEARCH
『琉球新報』と友からの手紙

3月7日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温7度の、寒くない曇天下、歩いて駅。 直行快速電車で、10時半過ぎに神保町。

 

沖縄の琉球新報社から、掲載紙が送られてきた。 3月3日付で、文化面の「沖縄ヘイトの底流にあるもの」シリーズの第二回に、登場。 内容は、金曜日アップの、ウェブ連載「差別表現」の中で公開予定。 

 

ちなみに、144万人が住む、沖縄県での新聞購読者数(2014年上半期)は、全国紙の、日本経済新聞→5794部、朝日新聞→1105部、読売新聞→795部、産経新聞→285部、毎日新聞→280部だが、地元の琉球新報→16万3475部、沖縄タイムス→16万625部で、地元二紙でシェアー率、なんと97・5%。  差別・排外主義者、百田尚樹は、この二紙を潰せと、自民党の会合でうそぶいた。

 

「べっぴんさん」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダと野菜満載タンメンで、昼食。 午睡30分の後、気合を入れて、原稿読み。 5時過ぎに読み終える。 途中、有り難い、直注文段ボール一箱梱包して発送。

 

「森友学園」疑獄事件で、自民党は国会参考人招致に反対。 違法性が明らかではないからという理由だが、すでに多くに人がネット上で指摘しているように、違法性があれば刑事事件で検察の捜査対象となる。 反知性主義的言い訳。 

 

日経新聞が、「森友学園」事件を受けて世論調査を行っている。 支持率→36%、不支持率→64%で、前回調査から支持率が24%も急落していることが判明した。 安倍内閣打倒が現実味を帯びてきた。 国会証人喚問に向け、大集会とデモを行おう!

 

7時に事務所を、退出。 直行快速電車で、駅。 フードセンターで買い物をして、バスに乗り9時前に帰宅。 

 

ポストに那覇拘置所に、不当に長期拘留されている友から、手紙。 開けると、『琉球新報』の記事を読み、急ぎ手紙をしたためたとのことで、便箋一枚の短い文面。 3月3日、12時に『琉球新報』を読んでいて、19面の記事に気付き、金曜日の午後1時を過ぎると、手紙の投函が月曜日になるというので慌てて書いたという。 臨場感あふれる手紙に感無量!

 

5割引きの2点盛りの刺身とマグロの切り身、+男爵コロッケと野菜サラダ、薩摩揚で、焼酎のお湯割り二杯のところを、嬉しい手紙を受けとったので、四杯。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 今日の朝日新聞が、2500万円と評価された、猴吠囘渓榁穗”について、専門家がBOP(放送倫理・番組向上機構)に審議依頼したと報じている。 本物なら12億円するという。 真贋見分け率75%でまずまず。

 

テレ朝、報道ステーション。 「森友学園」疑獄にを追及するも、安倍昭恵の言い訳を長時間流し、バランスを取る姿勢に、不快感。

 

日テレ、フジのニュースを見て、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:友人・知人, 09:47
-, -, - -