RSS | ATOM | SEARCH
財務省、佐川理財局長の「陳腐さ」と「凡庸さ」

4月7日(金)

 

朝、9時起床。 シャワーを浴びて、生ぬるい、気温18度の曇天下、歩いて駅。 快速〜準特急〜区間急行と乗り継いで、11時前に神保町。

 

駅に向かう途中、大阪の畏友から電話。 「森友学園」疑獄事件が、大阪では沈静化している気がするが、東京はどうかという内容。 大阪と同じく東京も、安倍政権が、「森友学園」事件から、世間の関心と野党の追及をかわす意図で、急遽審議入りした共謀罪に、時間とエネルギーを取られ、追及の声が弱くなっていると答える。

 

それにしても、一切具体的に応えず、居直っている財務官僚・佐川理財局長の国会答弁を聞いていて、ハンナ・ア―レントが言うところの、「悪の陳腐さ」「悪の凡庸さ」を思い出した。 

 

思考の欠如した軍事官僚・アイヒマンと同じ、「紋切り型の決まり文句や官僚用語をくりかえす」佐川理財局長は、「無思考の紋切り型の文句は、現実から身を守る」ことを無意識に身に付けたのだろう。 「森友学園」事件は、このような「思考の欠如」した官僚が「忖度」して実行された犯罪だ。

 

「ひょっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 せっかく美味しい料理が並んだ時に、増田明美のナレーションが入り、料理の味が台無し。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、春クラッシック第一弾・桜花賞の展望。 2強の戦いで、“見”するレースだという。 ウェブ連載「差別表現」の初めにを書き終え、アップする。 

 

7時に 事務所を退出。 直行快速電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。 鶏肉とニラ、もやし炒めで、炊立てご飯一杯の、夕食。 アルコールなし。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 トランプ米大統領による、シリア政府軍ミサイル攻撃。 アサド政権による、化学兵器使用の事実確認抜きの暴挙。 ISを利する行為と言ってよい。 民進党都連の幹事長・長島昭久議員が離党するという。 ついでに、都連会長の松原仁も、連れて出てくれと言いたい。

 

遅い民放各社の、ニュース&スポーツ、巨人の勝利を確認して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:53
-, -, - -