RSS | ATOM | SEARCH
クラブ“数寄屋橋”50周年

4月14日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 NHK、熊本から中継の「あさイチ」を見ていると、ベトナム人の、女子小学生・リンちゃん殺害容疑者に、逮捕状が出たとの、速報が流れる。 

 

後でわかったが、容疑者(46歳)は被害者の学校のPTA会長で、近所に住んでおり、朝の登校児童の見回りもしていたという。 小学校5年生の孫娘のことを考えると、警察・検察は動機をきちんと明らかにし、徹底解明し厳罰に処すべき。

 

シャワーを浴び、正装してバスで駅。 快速電車〜準特急〜区間急行と乗り継いで、10時半過ぎに神保町。 11時15分に、神保町クリニックの皮膚科。 

 

だいぶ良くなっているが、麻痺と痺れは、あと二週間レベルアップした薬を飲み、様子を見ることになる。 右肘の激痛は、帯状疱疹とは、全く関係ないと、即断される。

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、自家製ウィンナー入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 リクライニングチェアを170度倒して、転寝1時間。 薬の副作用で眠くなると、皮膚科の美しい先生から言われた。 自己責任ではない、午睡。

 

5時に事務所を出て、日比谷の帝国ホテルで行われる、銀座の文壇クラブ狄寄屋橋”の開店“50周年記念の会”に、顔を出す。 

 

26年前に、主婦と生活社・発行の『週刊女性』が、重大な部落差別事件を引き起こし、出版関係では例を見ない公開糾弾会が、三宅坂の、社会党本部のあった社会文化会館の大会議室で、多くのマスコミ関係者の参加を得て行われた。

 

その後、差別問題の研修会の折、終了後、夕食会を経て、初めて連れていかれたのが、“数寄屋橋”だった。 当時は、名前通り、有楽町の数寄屋橋に店を構えていた。  

 

講談社、文藝春秋、集英社などの社長に挨拶し、顔見知りの編集者たちと業界話。 帝国ホテルの、富士の間を埋め尽くす、1000人余りの参加者。 名にし負う“数寄屋橋”の園田ママの、人力に恐れ入る。

 

『日刊ゲンダイ』の元代表・Sさんと、有楽町の中華料理店。 『週刊ポスト』のI編集長が、部下たちの慰労会を開いていた。

 

Sさんに京王線・明大前まで送ってもらい、特急電車に乗って、駅。 バスに乗り、10時に帰宅。 テレ朝、報道ステーション。

 

TBS、ニュース23〜フジ、ユアタイムで、リンちゃん殺害事件の詳報。 容疑者を絶対に許せない。 吐き気を催す醜悪な犯罪。 スポーツニュースを見て、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:09
-, -, - -