RSS | ATOM | SEARCH
香山リカ+入不二基義・永井均・中島義道著、『明るい哲学の練習 最後に支えてくれるものへ』(ぷねうま舎)

4月16日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBS、サンデーモーニング。 残り少ない、良心的な時事番組。 

 

暖房いらずの、爽やかな日曜日。 自家製焼き豚入りもやしラーメンで、昼食。 

 

香山リカ+入不二基義、永井均、中島義道著、『明るい哲学の練習 最後に支えてくれるものへ』(ぷねうま舎)を読み終える。

 

精神科医で、社会問題に率先して取り組んでいる香山リカさんが、哲学者、入不二基義さんとは、「レスリング」、永井均さんとは「瞑想」、そして、中島義道さんとは「死と哲学」について、肩の凝らない哲学対話。

 

“人生とは何か”“生きるとはどういうことか”“なぜ私は存在しているのか”などで、悩み苦闘している読者を対象とはしていないので、それを期待して読んでも納得は得られない。 つまり答えはないということ知ることになる。 

 

「哲学的には親は体を生んだけれども、子としてのその人はほんとうは心なのです・・・、言語は…体と心を独立させてしまう」(中島義道) 香山リカさんの持つ哲学的な素養の深さが、この本を成立させている。

 

中央競馬、皐月賞。 3連単・100万円を超える高配当に、手も足も出ず完敗。 WIN5は、締め切り時間に間に合わず買えなかったが、1700万円超えの配当。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 トマトなどを買って、川辺を散歩。 暖かい気候に誘われ、花びら舞う桜の下で、近所の人と思しき若い住人達が数組、宴会。  隣の精肉店に寄り帰宅。 

 

6時半に、自家製厚焼き玉子と牛肉の野菜炒めで、柚子入り焼酎の、水割りとお湯割り、各二杯。  NHK大河「おんな城主 直虎」。 柴咲コウを見るだけ。 

 

サンデースポーツを見て、早め11時に就寝。  帯状疱疹の強い薬を飲んでいる所為か、ふらつくような眠たさに、恒常的に襲われる。

author:小林 健治, category:読書, 09:18
-, -, - -