RSS | ATOM | SEARCH
人種差別を許さないアメリカ+「スポーツ報知」

8月17日(木)

 

朝、9時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の、蒸し暑い曇天下、歩いて駅。準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

理由が納得できないので、払うかどうか迷った挙句、市役所に介護保険料を支払う決断をして、歩いて20mの郵便局。 しかし、5万5千円の出費は痛い!

 

迷惑メール150件の駆除作業。 高校野球、大阪桐蔭対智辯和歌山戦を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで+おにぎり一個で、昼食。 高校野球の熱戦に気を取られ、「ひょっこ」昼の部を見逃す。 どちらが優勝してもおかしくない、攻守に鍛え抜かれた強豪同士の戦いは、見応えがあった。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が今日も、アメリカ大統領・トランプの人種差別容認発言を徹底的に批判している。一面トップは、「トランプ氏、差別容認か」、白抜きで「白人至上批判の翌日『両者に非』」。 

 

2面の、“時時刻刻”でも「トランプ氏 分断を助長」の見出しのもと、紙面の半分近くを割いて、トランプの対応を批判し、アメリカの人種差別主義者の活動実態を暴露している。 

 

眼光紙背に徹すれば、日本の極右政権・安倍晋三と「日本会議」、そして院外排外主義団体「在特会」などに対するジャーナリズム的闘争宣言を発していることは明らか。

 

この事件に関連して、秀逸のツイッターを見たので、リツィートのリツィートになるが紹介したい。 「80年代の右傾化のなかで、左は理想主義的で、右は現実主義的だというイメージが形づくられた。現在の極右は、現実主義とは程遠い妄想のなかに生きていながら、同時に自分たちが現実主義であるかのような幻想のなかに生きている。だからこそ、彼らは事実の否認と捏造を繰り返さざるを得ない。」(「むろやねい」さん) 妄想と幻想の排外主義的レイシスト=反知性主義!

 

お盆休みの疲れをとるためという、意味不明な理由をつけて、久しぶりに神保町の中国整体“萬寿堂”。 システムが変更され、代替わりしてから二度目。 女性従業員3名でやっているが、お客も女性ばかりで、成年男子は小生ただ一人。 夏休みで北米に行ってきたが、マッサージ店がなく困ったなどの、セレブな会話が耳に入る。 電話予約もひっきりなしで、ずいぶん流行っている。 前にも書いたが、整体の技量は2割方落ちたが、値段が4割方安くなったし、隣でイビキをかくオッサンも居ないので、お得感がある。

 

明日(つまり今日18日)の、「スポーツ報知」に、新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の紹介記事が大きく載るとの連絡を頂く。 今朝7時半、文化放送でも「スポーツ報知」の担当者が、前宣伝してくれたという。 アマゾンがすぐ反応していた。 明日(18日)の、スポーツ報知」をぜひ買ってください!

 


 

 

 

 

6時半に事務所を、退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 BS・TBSで巨人vsヤクルト戦。 ふがいない、一点差負けで、明日(18日)の「スポーツ報知」のスタンド売り上げが減少することを懸念する。 

 

昨日の5割引きの刺身が、超不味かったので、3割引きの、高いが美味い、器も高級な刺身3点盛りで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 豚肉入り自家製焼きそばで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 北朝鮮のミサイル問題などの後に、アメリカトランプの人種差別容認発言批判。 米軍の陸海司令官を含めペンタゴンが反旗を翻し、経済界も離反。 トランプ政権崩壊寸前。

 

イギリスの首相も批判しているが、日本の安倍首相はどうなのか、メディアは追及すべき。 安倍晋三は、トランプの和製ミニュチュア版に過ぎない。 

 

朝日新聞夕刊が、“素粒子”で、〈興奮するとすぐ本音。白人至上主義を認めるような。トランプにとっては人種差別反対派が「こんな人たち」。〉と、都議選最終日の秋葉原で、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」との、ヤジに対する安倍晋三の発言を取り上げている。 打倒トランプ、打倒安倍晋三の機は熟した。

 

テレ朝、報道ステーション。 人種差別者・トランプ追求の報道が少ない。 BSで、「世界入りにくい居酒屋」〜本日初見の「ひょっこ」夜の部。 

 

Eテレで、“バリバラ”。 全盲女性の一人旅を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:16
-, -, - -