RSS | ATOM | SEARCH
孫と対面

9月3日(日)

 

朝、8時半起床。 サンデーモーニング、後半の“喝“だけ。 快晴に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 久しぶりに風呂を沸かして、ゆっくりつかる。

 

髭を剃って、11時半にバスに乗り、三鷹。 中央線で西国分寺、武蔵野線に乗り換えて、北朝霞。 娘と孫娘と落ち合って、息子夫婦のマンション。 生まれたばかりの孫と対面。

 

ほんとうに、生まれて2週間の子どもの可愛らしさは、人知を超える。 見えているのかどうかは分からないが、つぶらな瞳がよく動く。 小さな瞬きと、小さな手足の羽ばたきには、癒しがある。

 

4時過ぎに、孫の手に触れ長男宅を辞し、駅前で娘と孫娘と、軽く食事。  北朝霞から、逆走し三鷹。バスに乗り、8時半に帰宅して、豚肉入り自家製焼きそばで、夕食。 

 

今日、孫の顔を見にいって、引っ越ししたばかりの長男から、1970年代前半の歴史的資料を渡される。  島崎藤村の“破戒”についての小論は、45年前の文章だが、恥ずかしながら、なかなかの論考。 近々、市川崑監督の、名作“破戒”が、BS,日本映画専門チャンネルで放映されるらしい。 楽しみ!

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 09:25
-, -, - -