RSS | ATOM | SEARCH
山尾志桜里議員の「不倫」に対する木村太郎氏の理性的発言(フジ・Mrサンデー)

9月10日(日)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBSで、サンデーモーニング。 北朝鮮の地下核実験とミサイル発射問題。 核兵器禁止条約に参加を拒否した、日本政府の北朝鮮批判に説得力はない。 スポーツコーナーは、やはり桐生の、日本初の100m9秒台。

 

産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で、人参ジュースと新鮮野菜などを買って、川縁を散歩。 若い夫婦数組が、幼子達とBQでいい匂い。 アブラゼミがまた鳴きはじめ、真夏の気候。

 

焼き豚とメンマ入り自家製ラーメンで、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ報知もサンスポも、一面から三面までぶち抜きで、桐生選手の快挙を称える紙面構成。 なんと、朝日新聞も一面トップの扱い。 当分日本列島は“9秒98”の余震に揺れる。 

 

中央競馬は、WIN5が、4勝1敗の惜敗だったが、これはと思った馬の、単勝と複勝で勝負したがハズし、マイナス収支で終了。 

 

夕方、再び湧き水汲み4ℓボトル×2本。 湧き水は、飲料と料理用に使っているが、暑いので使用量が多い。 夕陽に映える川面には、久しぶりに、美味しそうなマガモの群れ。

 

ゆっくり風呂に入って、夕食。 鶏肉とジャガイモの煮物と茄子焼、そして厚焼き玉子で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 NHK「おんな城主 直虎」。 柴咲コウと柳樂優弥の演技を見るだけで、ストーリーが全く分からない。 フジTVの、27時間放送終了間際の、タケシと池上彰さんのトーク。

 

フジ、Mr、サンデー。 桐生選手の快挙を、高野陸連理事が適切な解説。 民進党、山尾志桜里議員の問題について、木村太郎氏が、このスキャンダルが報じられてから、読んだり聞いたり見たりした中で、最も理性的な意見を主張。 

 

政治家の公的活動と犯罪とは関係ない、プライバシーの領域の問題を混同すべきではない。 つまり、プライベイトに関することと、公共圏における倫理的社会規範及び政治思想との区別をつけることの重要性。 MC・宮根は逃げ腰で江上剛も俗物的態度。

 

蓮舫の二重国籍問題の時もそうだったが、人権に関わる本質的な問題に対して、木村太郎氏にぶれはない。 さすがトランプ大統領を予測した唯一の日本人ジャーナリスト! 山尾議員は、木村太郎氏に教えを乞うべし。 コンプライアンスに縛られたデオドラントな“無菌社会”は、疑似ファシズムと言ってよい。

 

何度見ても飽きない、桐生の9秒98など、スポーツニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:34
-, -, - -