RSS | ATOM | SEARCH
神保町の夜

9月13日(水)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、バスで駅。 

 

満員のバスの中で、恰幅の良い兄ちゃんに挨拶される。 顔に見覚えはあるものの、誰かわからない。 悶々としながら、いろいろ脳内検索をしていて、明大前駅でやっと、いつも焼酎を買っている、近所の酒屋さんの息子さんと判明(多分)。 引っ越して1年半、50回以上お店に通っているのに、記憶力の衰えを感じる。 

 

10時半過ぎに、神保町。 娘の応援を得て、各取り次ぎ店への、常備寄託書店リストとの作成と明細そ作成、そして請求書発送と精算など、会計処理をしてもらう。 

 

「ひよっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 研修のレジュメ作りに精を出す。 午睡30分。 

 

6時半に、近所の居酒屋で、毎日新聞のTさんと懇親会。 共通の友人の話で盛り上がる。 二次会を、お約束の神保町の文壇バー“燭台”。  積もる話を、最終電車が打ち切り、地下鉄神保町駅。 

 

途中で終点となり、タクシーに乗って、1時過ぎに帰宅。 即寝。

author:小林 健治, category:お酒, 09:57
-, -, - -