RSS | ATOM | SEARCH
新宿・ゴールデン街の夜

9月22日(金)

 

朝、8時半起床。 シャワーを浴びて、晴天下バスが来たので飛び乗り、駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。

 

弓立社の新刊『一人暮らしで生きていくための任意後見人入門』(大野益通著)の、広告掲載日がすべて決まり、ひと段落。 

 

朝から鼻水が出て、クシャミも治まらず、気合が入らない。 「ひよっこ」、昼の部を見て、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

今日の尾崎ゼミ、デカルトの『方法序説』の予習。  ネット右翼が、高麗神社などを参拝した、天皇・皇后両陛下を、「反日左翼の遊び好き夫婦」との妄言を吐いている。 こんな暴言、民族派右翼は黙っていていいのかと思う。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、競馬の話もそこそこに、衆院解散総選挙の話題。 野党共闘がきちっとまとれまれば、固い共産党の票で、一人区で浮上する候補もある。 

 

7時前に、事務所を退出し、地下鉄で西馬込駅 今日の尾崎ゼミは、ゼミ生の一人、Kさんの新居で行う、出張ゼミ。 各人飲み物を持参し、Kさんのパート―ナー手作りの、秀逸のスペイン料理で、アフターゼミ。

 

11時半過ぎにお開きにして、地下鉄〜山手線を乗り継いで、新宿。  最終電車に間に合わなかったことを言い訳に、ゼミ生Iさんと、新宿・ゴールデン街。 

 

以前よりは、ヨーロッパ系とアジア系の観光客は減ったとはいえ、賑やか。 “ル・マタン”の、みやこママと、帯状疱疹の話。 まだ治らない上に、痛風を発症したという。 勢いついて、“ペグ”。 記憶はこの辺まで。 

 

多分、5時前には帰宅して、寝たと思う。

author:小林 健治, category:お酒, 14:44
-, -, - -