RSS | ATOM | SEARCH
週末金曜日、“なんかおかしい”気分

10月6日(金)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度の曇天下、歩いて駅。 快速電車〜準特急〜急行で、10時半に神保町。 

 

相変わらず、弓立社の新刊の、『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』(大野益通著)の動きが良い。 昨日より多い、十数件の注文電話が書店から入る。 

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 立憲民主党のツィッターフォローが、15万に迫ってきている。 結党から四日、異例の事態だが、大きな民意の風を受けて、急速に支持を伸ばしていることが伺える。

 

昨夜の、各局テレビニュースもそうだが、号外を出しただけあって、朝日新聞は一面トップで、カズオ・イシグロ氏の、ノーベル文学賞受賞を大きく取り上げている。 見出しは、「ノーベル賞 長崎出身日系英国人」。 

 

しかし、オリンピックの、例えばマラソンで、“カズオ・イシグロ”氏が優勝したとしても、ここまで大騒ぎするのかと思う。 なんかおかしい。 イギリスのBBCの冷静さが対照的。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 府中・東京競馬場と淀・京都競馬場で、土、日、月の、三日連続開催を前に興奮を隠せない様子。 先週は、WIN5を同じく4勝1敗で取り逃がしたという。 日、月のWIN5にエネルギーを注ぎたい。

 

溜まっていた、差別・人権問題関係資料を読み込む。 『週刊金曜日』の“メディアウォッチング”で、田島泰彦が、「統制と監視から市民の自由と人権を取り戻そう」と題して、駄文を載せているが、その中で、共謀罪、児童ポルノ法改正と並べて、「差別的言動(ヘイトスピーチ)解消法成立」を、統制と監視が強められた悪法としている。 「味噌と糞」の区別もつかない、似非学者・田島泰彦を言論の公共圏から追放すべき。 

 

6時半に、事務所を退出。 直行電車で、駅。 狎城石井“で、10%オフの5点盛りの、美味しい刺身などを購入。 流行っているので、レジが終わるまで、7〜8分かかる。 雨中、バスに乗り8時に帰宅。 

 

サッカー、日本vsニュージーランド戦、後半。 イマイチの試合内容で、かろうじて勝利。  刺身の盛り合わせと、自家製豚肉とニラもやし炒め、後輩に頂いた干物を焼いて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 I CAN“なるNGO団体に、ノーベル平和賞。 広島の被団協の人達が複雑な表情。 NHKに出演していた、明治学院大学の教授も、核兵器禁止条約に参加しなかった、日本政府の批判は無し。 一方で、日本政府は、一切コメントなし。 なんかおかしい。

 

テレ朝、報道ステーション。 ゲストコメンテーター、東大の法哲学者、井上達夫教授がメチャクチャ面白い。 総選挙の論評で、全ての政党(立憲民主党を含め)をめった切り。 しかし、安倍政権を打倒することに、躊躇しない早口言葉が、小気味よい。

 

遅い、民放のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 09:31
-, -, - -