RSS | ATOM | SEARCH
東京22区 立憲民主党・山花郁夫候補

10月17日(火)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨降る中、すぐ来たバスに乗り、駅。 

 

駅前で、東京22区で立候補している、立憲民主党の山花郁夫候補の応援演説を、岡山から駆け付けた、江田五月元参議院議長が行っていた。 駆け寄る山花候補と握手し、激励。 区間急行で、10時半に神保町。

 

研修先の担当者からの意見を参考に、レジュメの再構成を行い、B41枚削る作業。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 引き続き、レジュメ作りに没頭。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきたが、忙しくて5分ほどの立ち話。 Kさんは、買い損ねたWIN5を、的中させたのではないかと思っていたとのこと。 

 

3時過ぎに、新たに構成を変えたレジュメを担当者に送信。 もう一件のレジュメも少し直し、パワ−ポイントの図柄に添えるキャプションに、考えをめぐらし、一応の形を付けて、本日打ち止め。

 

早め、6時前に事務所を退出。 直行電車で、駅。 夜も頑張っている、山花郁夫候補。 遠回りして、中級スーパー・マルエツに寄り買い物。 主な目的は、古くなった、湧き水用4ℓボトルの新品を買うこと。 ついでにチラシにあった、40%割引の和牛などを購入。

 

8時に帰宅し、 鯵の刺身とマグロの切り身落し+和牛を玉葱とニンニクで炒め、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 なんと真贋見分け率20%で、意気消沈。 総選挙の事前予想で、自公圧勝の報道に、直感も冴えない。

 

テレ朝、報道ステーション。 とくに論評するニュースなし。 後藤謙次だけが邪魔。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:47
-, -, - -