RSS | ATOM | SEARCH
月刊『卓球レポート』(タマス社)休刊

10月20日(金)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、8時間熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温14度の霧雨の中、歩いて駅。 駅前で、立憲民主党の山花郁夫候補が、頑張っている。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

昨日、暖房を消し忘れ、温かい事務所。 数件のメールでのやり取りを終えて、ネットで情報収集。  60年続いた、月刊「卓球レポート」(タマス社)が、休刊するとのお知らせが目に入る。 

 

1987年に、差別表現問題としては珍しく、南阿佐ヶ谷にあるタマス社本社まで、阿佐ヶ谷駅から抗議デモをしたことがある。 詳細は、拙著『部落解放同盟「糾弾」史』(ちくま新書)に詳しいが、「特殊部落」という差別語を使用した、差別表現に対する抗議を恐れ、タマス社が東京法務局に逃げ込んだという事件。 

 

最終的には、誤りを認め、謝罪したものの、当時は差別表現の問題でも、相手が居直れば抗議デモと集会まで開いて、徹底的に糾弾をおこなっていた。 今の体たらくな解放同盟中央本部とはえらい違いだ。 「糾弾は解放運動の生命線」。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとワカメスープで、昼食。 研修のレジュメに対する、研修先からの意見を組み入れ、若干の手直しなど。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、菊花賞の展望。 ダービー1〜3着馬が不在で、なおかつ重〜不良馬場が不可避な状況であり、乱菊になるとの、Kさんの予想。 確かに、ルメールやデ・ムーロ騎乗で、人気になりそうな馬たちが、外枠になったこともあり波乱の予感がする。 今日のところは、逃げ馬で重の実績もある、1枠2番・ウィンガナドルが面白いということになった。

 

自民党の、丸山和也議員が、岩手の応援演説で、「相手候補に投票する人は脳がおかしい」といい放ったという。 どうしようもない輩で、こんなゲスな人間がが議員をしていること、自体がおかしい。

 

溜まっていた、雑誌や資料を読み飛ばして、7時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、8時半に帰宅。

 

にぎり寿司+豚肉とニラモヤシ炒めで、夕食。 アルコールなし、二日目。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 とくにコメントする内容なし。

 

TBS、ニュース23を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:51
-, -, - -