RSS | ATOM | SEARCH
抜けるような青空!

11月3日(金)

 

朝、9時起床。 雲一つない輝く晴天。 二週間ぶりに布団干し。 トマトジュースと青汁二袋。 

 

晴れ渡った青空から降り注ぐ陽光ほど、心地好いものはない。 陽を浴びながら、ゆっくり歩いて、産地直産市場前の、湧き水汲み4ℓボトル×2本。 水量も豊富で冷たく、おいしい。 

 

市場で、無農薬・有機野菜を買い込んで、川縁を散歩。  川面は煌いているが、水の流れはまだ早く、魚影も見えず、シロサギが二羽のみで、マガモもいない。 若い子供連れの家族が、バーベキュー。 

 

「わろてんか」、昼の部を見て、焼き豚入り、野菜たっぷりのラーメン出汁のうどんで、昼食。 面白くない、『わが闘争』を読み進めて、午睡。

 

中央競馬。 といっても三日間開催で、今日は福島と京都のみで、東京・府中はない。 重要なのは、大井競馬場で開催される、G技哀譟璽垢離献礇僖鵐澄璽肇澄璽咫次 

 

なぜか今日は、WIN5もあるので、検討していたら、白金の馬友から電話。 大井のG汽譟璽垢砲弔い討琉娶交換だったが、発走時間が中央競馬の最終レースの前から始まるということを教えられ、慌てる。 

 

WIN5を諦め、大井のG機∋哀譟璽垢暴乎罎靴童‘ぁ 結果、一勝二敗だったが、中央と地方できちんと調整して、番組編成をすべきと思う。 

 

大きな月(満月か)を見ながら、400M歩いて、コンビニに寄り、サンスポの競馬データーを入手。 陽が落ちてもいい気候で、日曜日まで天候がくずれないことを願う。

 

カボチャ煮と鶏ささみ肉と胡瓜を和えて、柚子入り焼酎の水割り二杯。 自家製マカロニグラタンで、夕食を締める。 

 

テレ朝、報道ステーション。 アメリカ・カリフォルニア在住の、映画評論家でコラムニスト、かつジャーナリストの町山智浩さんが、ゲストコメンテーター。 恥知らずの後藤謙次のコメントとはレベルと深さがが違う。 差別問題を身体で理解している、今注目の、数少ないジャーナリスト。

 

中央競馬、JRA・VANデーターが、見れなくなっていた。 セキュリティー会社とJRAの相性が悪く、一時的にアクセスができなくなったという。 それも、再入力しようとして、JRAのホームページで分かったこと。 寝る前のトラブルは、勘弁してほしい。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:健康, 09:29
-, -, - -