RSS | ATOM | SEARCH
トランプ騒動

11月6日(月)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時前に神保町。

 

午前中の、意識がしっかりしている時間帯に、明日の研修レジュメに書き込み作業。 行っている最中に、アメリカでまたしても教会が銃を持った男に襲われ、26人が死亡し負傷者多数のニュース。 

 

詳細はわからないが、アメリカ本土での銃射殺事件の激発は、銃規制の問題でも、精神的に病んで(トランプ発言)いる人の問題でもなく、社会的病理の問題。

 

12時半まで、根を詰めて作業を行い、準備万端。 「わろてんか」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞四紙を読む。 スポーツ紙は、手持無沙汰の記事だが、全国紙はトランプ来日と、「米閣僚、ロシア企業から利益」「租税回避地資料1340万件を入手」(朝日新聞) 「パナマ文章」に次ぐ「パラダイス文書」、末期金融資本主義の醜悪な実態と、取り締まれない国家の関係が見える。

 

三連休明けの、メールを読み返信。 溜まったいた、切り抜きの資料などに目を通していたら、5時の知らせが鳴る。 一日が立つのが早い。 6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、佐賀県武雄市で、ゲストは、ムロツヨシ。 さすがは、佐賀の武雄市だけに、陶器が素晴らしい。

 

ネギを加えて再加熱した、肉じゃがと自家製スパゲッティ・ポモドーロで、夕食。 デザートにメロン。 アルコールなし、三日目。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 すでに見飽きた、トランプ来日騒動。 マティス国務長官と同じく、米軍横田基地から入国したことの意味を問うべき。 「クローズアップ現代」、爛肇薀鵐廚離▲瓮螢はいま“。 白人貧困層の支持が固い背景に、雇用問題がある。 今回の訪日の最大の目的は、日米貿易赤字解消を理由にした、兵器の売り込みなど経済圧力。 

 

テレ朝、報道ステーションを見て、早め11時半に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 08:29
-, -, - -