RSS | ATOM | SEARCH
元毎日新聞社代表取締役・白根邦男さんの“お別れの会”

11月10日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて晴天下、気温13度、清々しい気候の中、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。

 

昨日からの、メールに対する返信。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が、昨夜の夕刊と同じく、川崎市の「ヘイトデモ事前に警告」指針を大きく取り上げている。 ヘイトスピーチ対策法を強化する条例で、歓迎すべき政策。

 

大阪の、畏友から電話。 部落解放運動をめぐる、いろいろと面白い話を聞かせてもらう。 同盟中央の日和見主義と権力すり寄りが、部落解放運動を壊滅的状況に追い込んでいることで、認識の一致を見る。

 

3時から、歩いて7分、一ツ橋、毎日新聞社の、パレスサイドビル地下にある、毎日ホールで開かれる、社会部長の時にお世話になった、元毎日新聞代表取締役・白根邦男さんのお別れの会に行く。 

 

神保町と一ツ橋で、距離が近いこともあり、いろいろと解放運動について意見を伺った。 解放同盟中央役員と在京社会部長会との、新年に開く懇談会結成に尽力を尽くして頂いた。 福岡出身だけに、部落差別を皮膚感覚で理解していた、新聞人。 合掌 

 

知り合いの役員、OBの人達と懇談。 5時に事務所に戻り、一休みして、7時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、8時半に帰宅。

 

最後に一つ残っていた、2割引き5点盛りの刺身がことのほか美味かった。 文字通り、残り物に福! ワカメの刺身と豚肉と牡蠣入りの水炊きで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 腰のある讃岐うどんで、夕食を締める。

 

サッカーの国際親善試合、日本対ブラジル。 実力差は圧倒的で、3対1で負けたが、よく戦ったと思う。  遅い民放の、ニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:人物, 09:08
-, -, - -