RSS | ATOM | SEARCH
民進党・有田芳生議員と、神保町の夜

11月16日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温13度の晴天下、歩いて駅。 快速〜準特急〜区間急行で、何故か段取り悪く、立ち放しで、10時半に神保町。

 

意識鮮明な内に、昨日の原稿読みの続き。 近代=資本主義社会は、すべてを商品化する。 部落差別もまた“商品”化される。 従来の、“差別を商う者”とは位相が違ってきている。 近代は、次々と近代化を図っていかないと生き延びられない社会。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 引き続き、朱入れしながら原稿読み。 途中、弓立社の注文段ボール一箱梱包して、発送。 

 

昨日から各メディアがトップニュースで報じている、大相撲・日馬富士の暴行事件だが、今日のサンケイスポーツは、一面で貴乃花親方の不可解な行動について、大きく紙面を割いている。 貴乃花親方の行動は、事態を複雑にし、何か意図的なものを感じる。 基本は相撲協会内部で、とりわけ親方同士の話し合いで解決すべき事柄で、被害届を出す様な事案ではない。

 

5時過ぎに、第一回目の原稿読みを終える。 来年早々の出版に期待が持てる内容。 

 

6時に、神保町の小料理店で、民進党の参議院議員・有田芳生さんと数年ぶりに一献。 話題はもちろん、日本の行く末。 永田町と民進党、立憲民主党、そして・・・。(絶望の犂望の党“については一切話題にもならず) ヘイトスピーチ対策法の強化をも視野に入れた、人種差別撤廃基本法の取り組み状況について詳しく聞く。 

 

トイレに入って出てきたら、お店の常連さんと有田さんの会話が弾んでおり、有田さんの人気を知る。 さすが、参議院全国区選出議員。 我らの代表! 有田さんも私も、お互い、千代田区神田神保町で、人生40年。

 

二次会を、すぐ近くのショットバー。 ここで出会ってめでたくゴールインしたという、うらやましいほど、仲の良いカップル。 性格・気性の相性よりも、何よりも体型がマッチしているのではと、余計なことをしゃべって、お開き。 

 

有田さんに促されてお店を後にし、鈍行〜準特急で立ったまま、駅。 タクシーワンメーターで、11時に帰宅。

 

NHKBS、「世界入りにくい居酒屋」。 韓国の、明洞。 NHKも頑張ったと思う。 いろいろコメントしたいが、有田さんに御馳走になった、薩摩の芋焼酎牋忘竿“が効いてきて、睡魔に襲われ、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:政治, 10:42
-, -, - -