RSS | ATOM | SEARCH
喪中ハガキ

11月20日(月)

 

朝、8時半起床。 明け方、寒くて目が覚め、暖房をつけて、ついでにトイレ。(後で知ったが、36年ぶりの低気温で3度だったらしい) 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、曇天下、乳白色の鈍い太陽を見て、気温6度の真冬並みの寒さの中、厚手のジャンバーを羽織り、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半前に神保町。 

 

事務所が寒い! エアコンを、28度の強に設定し、足下にはストーブという体制で、寒さをしのぐ。 休日中のメールに返信して、フェイスブックやツイッターの確認。

 

榊寧子さんの、「猫と花の切り絵カレンダー」の、書店発売には、ニューメディア商品として、新たに取り次ぎ口座開設が必要とのことで、急遽、日販、トーハン、大阪屋栗田に出向き、取引契約書を交わしてもらうが、条件が厳しい。 明日以降に返事をもらうことに。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ+ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 日馬富士問題で、サンスポの名物コラムニスト、今村忠さんの「甘口辛口」。 事態を十分に把握するだけの情報を得ていないためか、今一つ歯切れが悪い。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 反省点は多々あるが、今週のG機Ε献礇僖鵐ップは、ルメールとM・デムーロで決まり、という点で一致。 WIN5の検討も楽になる。 

 

テレビメディア関係者からの、再放送番組にある、差別語・差別表現問題について相談を受ける。 今回の相談事案はさほど難しくはなかったが、過去20年〜40年前に放送されたテレビや映画の番組には、きわどい表現が多々ある。 差別語・差別表現問題は、極めて現実的で実践的課題。

 

早め、6時に出版社を退出。 駅ホームで、『週刊ポスト』の編集長、I氏に遭遇。 神保町の文壇バー狄ぢ“閉店の話。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、大分県日出町で、ゲストは俳優の、寺島進氏。 麦焼酎二階堂の本店。 10%引きの刺身5点盛り(旨い)と自家製チヂミで、梅干し入り焼酎の、お湯割り二杯の夕食。 

 

日馬富士問題で揺れる大相撲、モンゴル出身の横綱・白鵬の強さは圧巻。 一方、待望の狷本出身力士“横綱・稀勢ノ里の不甲斐なさが目立ち5敗目。 露骨に八百長ができないだけに、休場でもしない限り負け越しもありうる。 無理して、日本出身力士横綱を作り上げた、相撲協会と横綱審議会の見識が問われている。

 

今日も、郵便受けに喪中ハガキが入っていた。 すでに20枚近く来ているが、御両親のいずれかが死去されたとのこと。 驚くべきことは、ほとんどが90歳を超えて、長寿を全うされていることだ。 平均94歳ぐらいだが、最高齢は、98歳だった。  

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべきニュースなし。 民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:社会, 09:04
-, -, - -