RSS | ATOM | SEARCH
原寿雄著、『デスク日記』(弓立社)

12月11日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温7度の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

事務所に着いたとたん、弓立社の『デスク日記』の書店からの客注電話が、立て続けに鳴る。 その後も断続的に注文があり、原寿雄さんを慕う人の多さを知る。

 

日本維新の会、片山虎之助の「特殊部落」発言のニュース記事を、フェイスブックなどで検索し、事実関係の調査。 この差別発言事件については、今週のウェブ連載「差別表現」で取り上げるつもり。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

1時過ぎに、スポーツ報知のYさんが、年末の挨拶を兼ねて事務所に来られる。 待望の、競馬のカレンダーと巨人軍のカレンダーを頂き、業界話。

 

右上腕部が異常に凝っているので、中国整体に行こうと思っていたところに、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 奇しくも昨日のWIN5は、二人とも同じ第二レースで外し、4勝1敗だったことを知る。 発売されたばかりの、貴重な競馬に関する単行本を譲り受ける。

 

話し終わって4時になり、すでに窓外も薄暗く、今日の整体を諦める。 溜まっていた雑誌と切り抜きを読んで、6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 

 

30%引きの刺身の盛り合わせと昨夜の鍋に牡蠣を入れ、野菜を追加し、二度煮した寄せ鍋で、梅干し焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

「 鶴瓶の家族に乾杯」。 20周年記念特番で、スタジオゲストに、ミューズ・美輪明宏さん。 本当に、鶴瓶の個性が全面展開した、歴史に残る長寿番組。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーションではなく、日テレで、女芸人NO1決定戦を見ながら、『ビックコミック』を読む。 黒鉄ヒロシの「赤兵衛」のギャグは相変わらず面白い。 先日の文藝春秋の忘年会で見かけたとき、杖をついていたので心配していたが、漫画は健在。

 

日テレ、ZERO、TBS、ニュース23を、交互に見る。 ニュース23が番組後半で、有田芳生参議院議員の民進党離党を伝えていた。  

 

スポーツニュースを見て、12時に就寝。 

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:07
-, -, - -