RSS | ATOM | SEARCH
正月三日・箱根駅伝復路

1月3日(水)

 

朝、7時半起床。 晴天に布団を干し、箱根駅伝復路をスタートから。 有機人参ジュースと青汁二袋。

 

選手層の厚さと、力の違いを見せつけ、青山学院大学が圧勝で、4年連続優勝。 強いの一言で、当分は青学時代が続く。 

 

出雲の駅伝とか全日本駅伝で優勝した、神奈川大や東海大は、コンディションと目標を箱根駅伝に定めるべし。 テレビ局などスポンサーの思惑に惑わされて、真の目的を見失ってはならない。

 

それにしても法政大学の力走には、驚きと感動。 途中、3位を窺うシーンでは、72年ぶりの3位か、というアナウンサーの絶叫に笑う。 来年のシード権を確保し何より。 

 

駅伝を見終え、少し遠くまで歩いて、中級スーパーで、今日と明日の食料を仕入れる。 天気は最高だが、風邪がきつく寒い。 コンビニで、2リットル入りの、天然水ペットボトル2本を買って、帰宅。

 

NHKで、初笑い番組などを見て、6時に夕食。 正月のみの、豪華な刺身の盛り合わせ+ブリの照り焼きで、柚子入り焼酎のお湯割り三杯。

 

日テレで、牴両РΑ〆能決戦“。 出場者はみんな上手いと思うが、選曲が合わない。 美空ひばり、都はるみ、森昌子、そして北島三郎を誰も歌わない。 NHKの、紅白と一緒。

 

年末特番を、少し見て12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:35
-, -, - -