RSS | ATOM | SEARCH
望月衣塑子×森ゆうこ著、『追及力』(光文社新書)

2月3日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢一杯。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み。 4ℓボトル×2本を、蛇口で注水。 市場で、酵母パンと、さつま揚げの盛り合わせなどを購入し、川縁を散歩。 相変わらずマガモのみで、魚影は見えず。

 

酵母パンにバターを塗って、淹れたてコーヒーで昼食。 「わろてんか」、昼の部。

 

望月衣塑子×森ゆうこ著『追究力』(光文社新書)を読む。 東京新聞の社会部記者として、官邸に乗り込み、菅官房長官に鋭い質問を浴びせ一躍その名を知られた、望月衣塑子記者。 

 

院内で舌鋒鋭く政権を追及する、森ゆうこ議員の二人が、「森友」、「加計」、そして伊藤詩織さんのレイプ事件など、安倍政権の不正・腐敗と傲慢がもたらした権力犯罪を、縦横無尽に批判し語った書。 元気がいい女性二人の今後の活躍に期待する。

 

土曜競馬。 東京は、府中の馬場の氷結が解ける11時から、1時間遅れで開催。 トントンで終了。

 

6時半に、隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツを仕入れ、キムチ入り豚汁で、梅干し入り焼酎のお湯割り一杯で、夕食。

 

7時半から、BSプレミアムで、「美輪明宏 ヨイトマケの唄」。 感動する素晴らしい番組だが、なぜ一時期放送禁止歌とされたのか、そしてなぜまた再びテレビで唄われるようになったのか、についてもう少し説明があっても良かったのではと思う。 しかし、本当に素晴らしい、美輪明宏さんの爛茱ぅ肇泪韻留“。

 

TBSで、タケシのニュースキャスターを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:09
-, -, - -