RSS | ATOM | SEARCH
吉祥寺で、旧友と一献

2月20日(火)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢。 シャワーを浴びて、気温9度の晴天下、歩いて駅。 区間快速で、11時に神保町。

 

事務所内も、さほど寒くない。 NHKで、衆議院予算委員会。 裁量労働制問題で、比較データーの意識的「偽造」が発覚。 裁量労働者は、実際の労働時間で、一般労働者は、「一ヵ月の内残業時間の最長の日」のデータを比較して、裁量労働者の労働時間が短いとした、厚生労働省。 安倍政権の腐敗も極地に達してきている。 しかも、誤りを認めたものの、再調査はしないとの、安倍総理の答弁に、ことここに極まる。

 

新聞二紙で、オリンピック関連の記事を読んで、「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで+おにぎり一個で、昼食。 

 

届いた情報紙誌を読みながら、午睡30分。 眠気冷ましに、女子カーリング、日本対イギリス戦のLIVEを、後半から見る。 惜しくも敗退。 

 

野間易通著『実録・レイシストをしばき隊』を、6時まで読んで、事務所を退出。 都営新宿線で明大前。井の頭線に乗り換えて、吉祥寺。 改札口で、35〜6年近い付き合いの、元毎日新聞のUさんと待ち合わせして、駅そばのしゃれた焼き鳥店で旧交を温める。

 

Uさんは、皇室担当記者だった時、今の皇太子のお妃候補を突き止める取材をしていたが、恒例の夏山登山での皇太子を囲んだ懇親会の場で、「好きな子がいるんだろ」と気軽に皇太子の後頭部(当人は肩だと主張)を叩いたという、武勇伝がある、ユニークな記者。

 

十数年ぶりに一献傾け、近況報告から会話がはじまる。 10時まで、焼酎と美味しい焼き鳥で、昔話に花を咲かせる。 共通の知人、元警視総監Yさんの話題で、がぜん盛り上がる。 またの会食を約し、お開き。

 

Uさんにバス停まで送ってもらう。 10分待っても、バスも人も来ない。 最終が9時50分だった。 もう一つのバス停で10分待っていつもの駅。 途中たくさんの乗客があったが、みんなサラリーパースンで、酒を飲んでいなかった。 

 

駅から、タクシー基本料金で、11時前に帰宅。 吉祥寺でタクシーに乗っていれば、10時15分に帰宅できたが、2000円の支払いを強いられる。 いずれを選択するかは気分の問題。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:お酒, 10:34
-, -, - -