RSS | ATOM | SEARCH
弥生・3月気温21度 花粉症全開

3月1日(木)

 

朝、9時起床。 今日から、弥生3月。 シャワーを浴びて、気温9度の、雨上がりの晴天下、歩いて駅。 区間急行で、11時前に神保町。

 

新聞二紙を読む。 朝日新聞に、朝鮮総連中央本部に銃弾が撃ち込まれた事件に抗議する、緊急集会が開かれた記事。 打ち込んだ一人は、ヘイトデモの常連で、度し難い差別排外主義右翼・桂田智司。 

 

ヘイトスピーチ(差別的憎悪煽動)からヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)へ移行が現実化してきた。 その先はジェノサイド(ホロコースト)であることは歴史が証明している。

 

ヘイトスピーチはヘイトクライムの構成部分であり、猊集“の問題ではない。 ヘイトスピーチ規制法を、罰則と救済の実効性ある法律に高める必要性が増している。

 

第二社会面には、東京MXテレビの、「ニュース女子」が打ち切られるという記事。 沖縄の米軍基地反対運動デマ放送によって、BPOの審査対象になっており、今月8日に結論が出る予定。 ヘイトスポンサーのDHCは、他局でも酷い番組を作って放送している。 これを機に、排外主義的ヘイト番組を一掃したい。

 

サンスポの、犂展辛口“で、今村忠氏が、27日のNHK、ニュース9と、テレ朝、報道ステーションが共にトップニュースに爛ーリング娘”を持ってきたことに対し、友人に仮託して、「予算案や裁量労働データをめぐる国会の動きなど」を率先してやるべきだと、怒っている。 政治的獨崚“報道ではないので、怒りを収めてもらいたいと思う。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

休憩していると、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、頼んでいた種牡馬とコース相性のデーター本を買ってきてくれ、代金を支払う。 2週連続で、最終レースで、400万円超の配当を逃した(それも、ハナ、首差!)、WIN5について、やはり少し落ち込んでいるという話を聞いて、なぜか安心する。

 

神保町クリニックで常備薬を処方してもらう。 気温21度の花粉舞う中、往復300M ほど歩いただけにもかかわらず、くしゃみと鼻水が止まらなくなった。 信号待ちしていた時も反対側にいた男性が、ものすごい音を出してくしゃみしていた。 春の足音と共に、花粉症全開。

 

鼻水をタオルで拭いて、くしゃみを連発しながら、『週刊文春』と『週刊新潮』を読んで、6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、8時前に帰宅。

 

春菊の胡麻和えとピクルス+高級和牛の焼肉にキャベツとタマネギの野菜炒めを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り、三杯の夕食。

 

通常、アルコールが入ると花粉症は治まるが、今日は一杯多めに飲んだにもかかわらず、一向にくしゃみと鼻水が収まる気配がない。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜「クローズアップ現代」で、マラソン日本新記録を出した、設楽選手生出演。 独自の練習スタイルと、メンタル面の強さがある。 日本陸上長距離、これで箱根駅伝出場者に対する批判は、消える。

 

古典落語の映像化を見ていたら、 途中で番組を中断して、沖縄の石垣島と西表島など、先島諸島で震度5弱の地震報道。(沖縄本島は震度3)

 

BSプレミアムで、「世界入りにくい居酒屋」。 舞台は韓国・済州島〜「わろてんか」、夜の部。 

 

テレ朝で、アメトーク。 千鳥の岡山弁を聞いて、1時に就寝。

author:小林 健治, category:健康, 09:24
-, -, - -