RSS | ATOM | SEARCH
気温20度・春模様 明日は啓蟄

3月5日(月)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きずに、熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

寝汗をシャワーで流し、花粉症対策のマスクをつけ、気温なんと18度の曇天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時半に神保町。

 

週明けの事務作業を終えて、メールなどのチェック。 マスクのおかげで、くしゃみも鼻水もなく、快調。

 

近所の大手出版社の知人が来て、新入社員用にと、『最新 差別語 不快語』を購入してくれる。 小学館の『月刊コロコロコミック』問題などの意見交換をして、12時半。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

新聞二紙を読み終えたところへ、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 やっとWIN5を的中させたという。 しかし、31万の配当にかなり不満気味。 まずはおめでとう!

 

届いた機関紙など情報紙誌に目を通し、午睡30分。 雨で、窓外が5時過ぎには暗くなる。 早め6時に事務所を退出。 

 

来た電車は、社内でトラブルがあり遅延で満員。 帰宅方向が一緒の、元岩波書店のMさんが九段下から乗車してきて、車内会話。 昨日、多摩川上水近くまでサイクリングしていて、鷹を見たという。 数分遅れで駅に着き、成城石井で買い物をして、雨上がりのバスに乗り、7時半に帰宅。

 

昨日のすき焼きに、ネギと牛肉を足して、レモン入り焼酎のお湯割り二杯。 うどんをすき焼きに入れて、夕食を締める。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストはテニスの伊達公子で、訪問場所は、宮城県利府町。 東日本大震災から7年、復興の街を歩く。

 

テレ朝、報道ステーション。 参議院予算委員会。 森友学園疑惑と裁量労働制偽造データー問題を追及するも、暖簾に腕押し。 「仮定の質問には答えられない」の紋切答弁。 しかし、後藤謙次はいらない。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:50
-, -, - -