RSS | ATOM | SEARCH
久しぶりに、高野孟さんと懇親

3月29日(木)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず熟睡でき、体調良し。 ほぼ食中毒を克服。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

顔を洗って、早くも桜の花びら舞う、気温20度の雲一つない晴天下、歩いて駅。 区間快速で、10時半前に神保町。

 

『最新 差別語・不快語』を、仕事読み。 もう少し詳しく書いた方が良いと思われる個所もあり、朱入れし付箋を貼り読み進める。

 

後2回で終了する、「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 サンスポとスポーツ報知は、あす開幕のプロ野球セ・パ両リーグの盛り上げ記事満載。 

 

両紙(スポーツ紙全てかと思う)に、今年の正月明けに亡くなった、岡山県倉敷生まれの野球人・星野仙一氏の顔と言葉が、まるまる1ページ載っている。「ありがとう 野球よ 友よ 星野仙一」。 いい広告。

 

引き続き『最新・・』を読み続けていると、情報誌インサイダーの主宰者、高野孟さんから電話があり、近くにいるので寄ってくれるという。 事務所で少し懸案の出版の打ち合わせをして、タバコを止めたというので、当初考えていた寿司屋ではなく、近所の老舗中華店・新世界菜館で上海料理を食しながら、久しぶりの懇親。

 

話しのほとんどは、アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮など、激動する世界と日本の政治・経済情勢。 そして語るに値しないが、みじめな安倍政権の末路。 枝野・立憲民主党の話も少し聞く。 沖縄問題の重要性を強調し、佐川国会喚問は出来レースと、一刀両断。

 

お店の別の席にいた、元警視庁の幹部で危機管理のエキスパート・Yさんに挨拶し、高野さんを紹介。 千葉の鴨川に東京駅から帰る、高野さんを見送って、地下鉄神保町駅。 直行電車に座って、駅。 バスに乗って9時半に帰宅。 

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 甲子園野球の結果を見て、1時に就寝。 明日は、東京ドームで巨人の開幕戦!

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:26
-, -, - -