RSS | ATOM | SEARCH
日本郵政、住宅手当廃止!

4月13日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の春風そよぐ晴天下、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。

 

今日は13日の金曜日。 不吉なことが起こらないことを願う。 注文電話もあり、まずまず。 「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。  新聞三紙を読む。 悪夢の巨人6連敗の記事は飛ばす。 

 

朝日新聞一面に、日本郵政が正社員と非正規社員の格差をなくすという名目で、正社員の住宅手当(月2万7千円で、年間32万4千円))を廃止するという記事。 本末転倒も甚だしいが、よく日本郵政の労働者も黙っていると思う。 

 

どう考えても格差是正とは、非正規社員にも住宅手当を支給するということでしかないだろう。 国家権力を後ろ盾にした、資本家に、とことん舐められている労働者階級。 ホンマに心の底から怒りが湧いてくる。 

 

『週刊新潮』の音声サービスで、財務省事務次官、福田のセクハラ発言を聞く。 先日発覚し、辞職を余儀なくされた、福岡高検刑事部長のセクハラと同じで、アウト。 失職は免れない。 

 

午睡していると、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、皐月賞展望。 3頭に決めたという。 いろいろ裏事情を聞かせてもらう。

 

溜まっていた切り抜きやプリントアウトした記事をまとめて読み、7時前に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時10分に帰宅。 

 

日テレで巨人vs広島戦。 やっとエース菅野が復活し、大差で勝利し7連敗を免れる。  マグロの中トロ盛り合わせと、餃子を焼いて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 加計学園疑惑で、農水省でも「首相案件」の文書の存在が明らかになる。 本来なら万事休すとなるはずが、そうはならないところに、異常さがある。

 

LIFEで笑って、民放各社の遅いニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 11:43
-, -, - -