RSS | ATOM | SEARCH
原稿読み

4月18日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温11度の霧雨の中、傘を差さずに、歩いて駅。 雨脚強くなり、濡れる。 区間急行で、11時に神保町。

 

スポーツ紙二紙。 サンスポは最終面だが、さすがスポーツ報知は、昨夜力投した、巨人・山口投手が一面トップ。 

 

「半分、晴れ。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。  今日の尾崎ゼミの予習。 

 

長谷川宏訳の、ヘーゲル『歴史哲学講義』、序論・Aのa〜b。 ヘーゲルの、民族の自由の認識の違いについての、有名な表現が出てくる。「東洋人はひとりが自由だと知るだけであり、ギリシャとローマの世界は特定の人びとが自由だと知り、わたしたちゲルマン人はすべての人間が人間それ自体として自由だと知っている」。 

 

午睡30分。 6時半まで、明日〜明後日行う、広島から上京して来てくれる著者との討議に備えて、原稿を読めるだけ読む。

 

7時に尾崎ゼミ開始。 9時に終了して、持ち寄った酒とつまみで、アフターゼミ。 11時半にお開きにして、地下鉄に乗り駅。タクシー基本料金で、12時半に帰宅。

 

ヤフーのネットニュースを確認して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:59
-, -, - -