RSS | ATOM | SEARCH
連休の谷間、二日目

5月2日(水)

 

朝、10時起床。 暑くて寝汗をかく。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、蒸し暑い気温25度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、12時に神保町。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読んで、午睡30分。 デザイナーのHさんが来て打ち合わせ。

 

『福音と世界』(新教出版社)5月号の、特集=マルクス主義とキリスト教、の不破哲三氏と柄谷行人氏の、小論を読む。 

 

共産党委員長でもあった、御年87歳の不破氏の論文は、年齢を感じさせない。 「エンゲルスとキリスト教」を寄稿している柄谷氏は、エンゲルスが、「階級を揚棄(止揚)する階級闘争が、何よりも宗教としてあらわれるということに注目し・・・・。宗教はさまざまな形をとります。しかし、階級と国家を揚棄(止揚)する階級闘争は先ず、『普遍宗教』としてあらわれた。原始キリスト教がそのようなものです」。 きわめてエンゲルスに好意的な評価が書かれている。

 

雨が降ってきたので、早め6時に、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 

 

安いイサキの刺身と餃子を焼いて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

昨日の雪辱を期す巨人vs広島戦を見ようと思うも、地上波もBSも中継なし。(後で知ったが雨で中止になっていた) 本当に腹が立つが、やむなくBSで日ハム対楽天戦。 一軍デビューの清宮幸太郎。 ホームラン性の2塁打で、デビューを飾る。 持って生まれた素質がこれから開花するだろう。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 TOKIOの釈明を長々と放送。 解散しようが山口を受け入れようが、どうでもよい。 貴重な時間を割く必要はない。

 

テレ朝、報道ステーション。 冒頭からTOKIOで、見るのを止め、NHKの、幸せホームレス〜歴史秘話・ヒストリアで、西郷隆盛。 TBS、ニュース23を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:25
-, -, - -