RSS | ATOM | SEARCH
ゴールデンウィーク、後半初日

5月3日(木)

 

朝、10時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 雨も上がり、蒸し暑いが天気は良い。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 明日孫たちが来るので、凝ったお菓子を買う。 川縁では、バーベキューの用意をしている家族が3組ほど。 川面は穏やか。

 

「半分、青い。」、昼の部。 自家製冷やし中華で、昼食。 午睡30分。 地上波とBSで、巨人vs広島戦と、日ハム対楽天戦を見る。 巨人はまたしても逆転負けを喫す。 日ハムは清宮のヒットもあり、清水がバックスクリーンに満塁ホームランを放ち試合を決める。

 

夕方、再び産地直産市場に行き、着いたばかりの野菜や薩摩揚の袋詰め、さらに有機トマトジュースを2本買い、黄昏の川岸を散歩。

 

早め、6時に夕食。 窓の外は、夕焼けが映えている。 ということは明日は晴れということだろう。 これは迷信ではなく俗信で、生活の経験の中から生まれた知恵。 ちなみに茶柱が立つと良いことことがあるは、害のない迷信。

 

自家製ポテトサラダと5割引きで買っていた、しわい(かたくて美味しくない、岡山弁)和牛をつまみに、レモン入り焼酎のお湯割り三杯の、夕食。 

 

憲法特集の、NHKの討論は見る気がせず、憲法記念日にふさわしい、録画していた、アニメ狎こΔ諒匐に”を見る。 双葉社の連載の時から読んでいた。 アフレコの、爛離“が良い。 広島の軍港・呉が主な舞台。 今度出版する新書も、呉の被差別部落形成史に紙面を割いている。

 

民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:休日, 09:26
-, -, - -