RSS | ATOM | SEARCH
山の上ホテルで、今井照容さんの還暦祝いの会

5月21日(月)

 

朝、8時前に起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 「半分、青い。」朝の部。 途中2度、テレビ画面が凍てつくが、なかなか面白い展開になってきた。 

 

シャワーを浴びて、晴天下、来たバスに乗り駅。準特急〜鈍行で、久しぶりに10時前に神保町。

 

頭がさえている午前中に、次期新刊の第二次校正読みを精力的に実行、12時半に終了。 「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞の一面トップは、珍しく、カンヌ映画祭で、最優秀賞のパルムドール賞を受賞した、是枝裕和監督の、「万引き家族」。 スポーツ報知は、巨人が負けても一面。 中面で、サンスポも含めスポーツ新聞共同のダービー特集記事が、見開き二面のカラーで掲載され、ダービーウィークを初日から盛り上げている。

 

新聞を読み終えたところに、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 WIN5をまたしても4勝1敗で外したという。(これで7週連続) オークスは、荒れる要素がなく馬券対象ではないと判断し、見(ケン)したとのこと。 ダービー予想についていろいろ聞く。 やはり基本は、国際レーティングの評価だとする意見で一致。 明日のサンスポに載る。

 

5時に事務所を退出して、近くの神田・駿河台山の上ホテルで開かれる、燹嶌0羮藩憧堽顱出版人五周年」祝の一夕“に行く。 大勢の顔見知りの出版人と久闊を叙す。 本当に賑やかな還暦祝い。 

 

銀座の文壇バー狄寄屋橋”のママと、NHKの話。 ママと映像は良かったと報告。 大手出版のトップたちとも久しぶりの邂逅。一つ年上で、広島は尾道の、我が友、恵谷治さんの死を知らされる。 辛いが、合掌! 7時半前に、今井さんのお礼のあいさつで、面白くも、有意義な会がお開き。 

 

古い知人に誘われて、山の上ホテルの「地下二階」のバーで、『週刊現代』の著名な元編集長・元木さんと、夕刊紙の代表たちと、4人で楽しい二次会。 元木さんは競馬歴50年のつわもの。 

 

9時半にお開きにして、地下鉄神保町駅。 直行電車で、駅。 バスに乗って、10時半に帰宅。 柚子入り焼酎の水割り二杯で、フジTVの報道番組。 

 

スポーツニュースで、エンゼルス・大谷の4勝を確認して、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:03
-, -, - -