RSS | ATOM | SEARCH
NHK朝ドラ、「半分、青い。」

5月31日(木)

 

朝、7時半起床。 2度目のトイレに起きて、新刊のタイトルに思いをめぐらし寝れなくなる。 「半分、青い。」、早朝の部〜「半分、青い。」朝の部。 

 

ここのところ、テレビ画面がスウィッチを入れてから10分以内に4度凍てつく。 (計60秒、その後は何ともない)“世界の亀山モデル”もシャープと共に寿命が来たということか。

 

有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の幾分涼しい曇天下、歩いて駅。 区間急行で、10時に神保町。

 

早朝ひらめいた新刊の書名は、『被差別部落の真実−〈受難〉の〈神聖化〉が生み出した虚構』。 著者に原稿とともに送信。

 

『最新 差別語 不快語』の増刷に向けての、誤字・脱字探し。 昨日の大手出版社の校閲経験者からの指摘のおかげで、新たに間違いを発見することができた。 特に、“〇〇ページ参照”のページがいずれも3ページずれていた個所を二つ見つける。 増刷時の費用を考えると頭が痛い。(1ページ当たり800円) 

 

本日3度目の、「半分、青い。」、昼の部。 今日のシーンは、本当にヒロイン・楡野鈴愛〈にれのすずめ)を演じる、永野芽郁の個性全開でなかなか面白い。 さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

「ごごナマ」のゲストが、リリーフランキーだったので見る。 カンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した「万引き家族」の話。 神保町の“金ペン堂“の万年筆を絶賛。(今日届いた『週刊新潮』でも称賛)

 

睡眠不足気味で、夕方から気合入らず。 『週刊文春』と『週刊新潮』を読む。 “文殊のストレッチ”を解いて、本日打ち止め。 6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、7時半に帰宅。 

 

BS・NHKで、巨人vs日ハム戦。 歯がゆい展開で、負け試合。 生シラスとイサキの刺身+自家製豚肉入り焼きそばで、焼酎のお湯割りと水割り各一杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 離婚が明らかになった、桑子アナに元気がない。 テレ朝報道ステーション〜TBS、ニュース23。 

 

本日4度目の(爐△泙舛磴“以来)、「半分、青い。」を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:コラム, 08:35
-, -, - -