RSS | ATOM | SEARCH
新刊、最終原稿読み開始

6月14日(木)

 

朝、9時半起床。 明け方咳で起こされ、寝不足気味。 有機リンゴジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度だが心地よい、薄曇りの下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

咳は出るが、カラ咳ではないので、苦しくはない。 鼻水とくしゃみは一回もなしで、克服。 しかし、咳のせいで、腰と横隔膜と背中の筋肉が固まっていて、チェアーマッサージでは、何ともならない。

 

7月末刊行予定の、新刊本の著者校正を終えた原稿読み。 これを読み終えて、印刷所に入稿することになる。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、超久しぶりにコンビニの、冷やし中華の大盛りで、昼食。 満足度60%とというところ。

 

新聞三紙を読む。 今日の深夜サッカーワールドカップがロシアで開催されるというが、全く盛り上がっていない。 開催国がロシアだからと、何にか意図的なものを感じないこともないが、監督交代などごたごたも響いていると思う。 

 

午睡30分。 原稿を読み進めているが、校閲的個所で時間をとられ、一向に進まず。 1871年(明治4年)「賤民廃止令」の、太政官布告が出されたが、同時に、穢多頭・弾座衛門配下の「雑種賤民」に適用されている。 その中に相撲取りが含まれており、名は「角觗者」と書かれている。 多分「カクシシャ」だろうと思うが、読み方が分からない。 

 

7時まで読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 BS・日テレで、7回から巨人vsソフトバンク戦。 

 

昨日の負け方が今日に生き、6対4で勝ち、ルーキー・鍬原がうれしい初勝利。 お立ち台で、ウィニングボールは母親に送るという。 母子家庭であるなしに関わらず、父親は劇的かつ感動場面では、あまり登場しない。 確かに、初勝利のボールを父親に送りたいと聞けば、感動が今一つ薄れる。

 

ヒラメの刺身とハンバーグを焼き千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 闇サイトで知り合った輩が犯した、看護師の女性殺害事件の詳報。 まだ理解不能。

 

NHKで、サッカーワールドカップ、ロシア大会開会式を見ながら、チェアーマッサージで、背中と肩を解す。 Eテレで、“バリバラ”、「低身長の世界」を見て笑い、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:24
-, -, - -