RSS | ATOM | SEARCH
老人力同盟の例会

6月18日(月)

 

朝、9時起床。 咳も出ず、トイレにも起きず、久しぶりに8時間熟睡! 有機トマトジュースと青汁二袋。 

 

テレビをつけて驚く。 7時58分に、大阪北部で震度6弱の地震発生。  NHKをはじめ民放各社も通常番組を休止して、地震災害報道一色。 昨日群馬で起きた、震度5弱(体感震度3はだった)と、何か関連があるのかと思う。 いずれにしろ関東大震災への備えは急を要す。

 

顔を洗って、涼しい曇天下、ブレザーを羽織り、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。 週明けの事務仕事を済ませ、ツイッターやフェイスブックを流し読み。 

 

大阪の地震にかこつけて、特にツイッターでデマが拡散しているという。 三浦瑠璃子の、北朝鮮スリーパーが大阪に多いなどの、ヘイト発言に煽られたネトウヨが意識的に差別デマを流しているという。 東日本大震災〜熊本震災などでも同様のデマがツイッターなどで拡散されていた。 ツイッター社の日本本社の対応が酷い。

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」は、朝の部と共に休止。 午後には、民放は半分ぐらい通常番組に戻っていたが、NHKは相変わらず震災報道。 

 

咳も止まりホッとしていたら、なんとくしゃみと鼻水が頻発。 1週間前に克服したはずだったが、タオルが離せなくなった。 涙にぬれたハンカチには詩情があるが、鼻水にぬれたタオルには悲哀しかない。

 

鼻をすすりながら、新刊の原稿読みを、5時半まで精力的に行い、本日打ち止め。 6時から、駿河台の居酒屋で開かれる、“老人力同盟”の会合に参加。 賑やかな飲み会。 

 

意気投合した元テレビ局のプロデューサーと、神保町〜白金。 プラチナ通りの“カフェカルヴァ”と“モレスク”。 以後記憶なし。 多分3時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 11:32
-, -, - -