RSS | ATOM | SEARCH
自民党衆議院議員・杉田水脈の辞職を求める声

7月25日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温33度の蒸し暑い曇天下、歩いて駅。 バスが行った直後だったので仕方なく歩いたが、大汗をかく。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

腹が減ったので、早めに竹輪入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」、昼の部。 弓立社の小俣社長が来ていて、賑やか。 落ち着いて見れず。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が社説で、自民党衆議院議員・杉田水脈のLGBTに関わっての差別記事を徹底批判している。 社会面では、自民党の二階幹事長が、「生産性ない」との杉田水脈を、「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観もある」と無知丸出しで擁護していることを、大きく報道している。 

 

安倍政権と自民党総体が持つ差別犯罪思想。 フェイスブックやツイッターなどネット上も、杉田水脈の議員辞職を求める声で溢れている。 明日は、相模原の障害者殺傷事件から2周年。

 

蒸し暑い中、神保町クリニックで検査結果と胃のピロリ退治の薬を処方してもらう。 暑さのせいか、病院も薬局も空いていて助かるが、地面から熱気が立ち上つている中を歩くのはしんどい。

 

新刊のゲラを本格的に読むことにする、ほとんど朱を入れる個所はないが、念には念を入れておきたい。 6時半まで読んで、本日打ち止め。 

 

7時前に事務所を退出し、直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。  2割引きのイサキの刺身とヒラメの板刺身+小エビを焼いてトマトソースで味付けし、柚子入り焼酎のお湯割り二杯と水割り一杯の、夕食。 

 

BS日テレで、巨人vsヤクルト戦。 逆転され再逆転のチャンスをものにできず、2連敗。 情けない。 テレ朝、報道ステーション。 夏甲子園、石川県代表に、松井秀喜の星稜高校。 全試合無失点で打撃もすごい。 100回記念大会も盛り上がってきた。

 

NHK・Eテレで、「旧優生保護法・障害者への強制不妊手術」。 今からでも遅くない、自民党の杉田水脈は見るべき。 2時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:19
-, -, - -