RSS | ATOM | SEARCH
朝日新聞の両論併記癖

7月28日(土)

 

朝、8時起床。 トイレに起きて、そのままNHK、「半分、青い。」朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

大雨予報が出ているので、10時前に産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 まだ地下水の冷たさを感じる。 市場で酵母パン(豚まんは台風で休みとのこと)と人参ジュースなどを買って川縁を散歩。 大型鯉20匹近くが所定の場所に戻り、雨で冷え水かさが増した川で大はしゃぎ。 美味しそうなマガモも元気。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、酵母パンを焼いて自家製ジャムを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

朝日新聞が、昨夜の自民党本部前の、杉田水脈議員の辞職を求める抗議行動を社会面で大きく報じている。 しかしなぜ、藤岡信勝のような札付きのオールドネトウヨの、杉田擁護のコメントを載せる必要があるのか疑問。 両論併記の弊害が分かっていない。 「1+1は2ですが、3という人の意見も聞いてみましょう」は、中立・公正ではなくフェイクの片棒担ぎ。 情けない!

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんから読めと言われた、『オッズ キングダム』(ガイドワークス刊)を読み終え、指示に従って、単勝と馬連の人気順の、9時半のオッズをプリントアウト。(深夜12時のオッズはプリント済み)  しかし、あまりにも情報処理に時間がかかり、馬券投票時間に間に合わず。 

 

確かに高配当を演出した人気薄の馬の激走がそこそこあったが、アナログでは無理。 事前にエクセルで段取りをしておかないと時間的に間に合わない。 ということで、明日は番外で、WIN5だけに絞って試みることにする。

 

大雨が吹き荒れる中、早めに店じまいするという隣の精肉店で仕入れた、熱々のローストンカツ+メンチカツ、コロッケに千切りキャベツを添えて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。

 

NHK、バカボンパパのドラマ。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 NHKプレミアムで、「半分、青い。」夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:40
-, -, - -