RSS | ATOM | SEARCH
銀座の夜

7月30日(月)

 

朝、10時起床。 夜中に暑くて目が覚め、その後寝付かれず。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、バスに乗り駅。 区間急行で、12時前に神保町。

 

週明けの事務作業をこなし、「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げと焼き豚入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞3紙を読む。 スポーツ二紙は、甲子園出場を決めた、南神奈川代表の横浜高校・万波選手が一面。 オコエ瑠偉をほうふつとさせるスラッガー。 100回記念大会の目玉選手の一人。 

 

そういえば、事務所の側で、元巨人の駒田徳広選手に出会った、身長190以上、体重100k近いデカさで、道行く人も振り向いていた。 奈良は桜井商業出身。 高校野球の県予選で4連続敬遠されたが、その中には満塁の場面や先頭打者の時もあったという、逸話が残っている。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんが興奮してやって来て、オッズ本の効果をひとしきり熱く語る。 しかしみんなが知ってしまえば効果は薄れ、旨味がなくなるので、あまり吹聴しないことにするという。 

 

新刊のゲラを6時まで読んで、、6時半に銀座7丁目のライオンで、某全国紙のトップ幹部の方々と恒例の暑気払い。 

 

 率直な意見交換をして、楽しい時を過ごし、20数年来の友と二次会をお約束の、数寄屋橋“四馬路”。 ママも元気! 超常連のK弁護士もやってきて、熱い銀座の夜。 記憶はこの辺まで。 

 

タクシーに乗って2時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 10:55
-, -, - -